logo
ホーム •  フォーラム •  日本語wikiトップ •  アカウント情報 •  サイト内検索 •  新規登録
 ログイン
ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録
 メインメニュー
 米国サイト
 オンライン状況
14 人のユーザが現在オンラインです。 (2 人のユーザが フォーラム を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 14

もっと...

コンコルドのマニュアル訳(前回の続きです)

このトピックの投稿一覧へ

通常 コンコルドのマニュアル訳(前回の続きです)

msg# 1.1.1.1.1.1.1.1.1.1.1.1.1.1.1.1.1.1.1.1.1.1.1.1.1.1.1.1.2.1.1.1.1.1.1.1.1.1.1.1.1.1.1.1.1.1.1.1.1.1.1.1.1.1.1.1.1.1.1.1.1.1.1.1.1.1.1.1.1.1.1.1.1.1.1.1.1.1.1.1.1.1.1.1.1.1.1.1.1.1.1
depth:
90
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿.1 | 投稿日時 2008-1-29 1:21
hide  長老 居住地: 兵庫県  投稿数: 626
hideです。
 …いよいよ超音速飛行のルポを、と思ったのですが。まとまった時間がなくて飛べずにいます。コンコルド・マニュアルの翻訳は進みましたので、前回に引き続きご紹介します。

 今回は、燃料関係とキーボードのショートカット、バーチャル・クルーの使い方などをお届けします。まだ全体の半分くらい残っているのですが(^^;)、残りは、各種計器盤のアラーム・ランプ類の解説や、実際にロンドン=ニューヨーク間の、大西洋横断をしてみる際の手引き、今後の改良目標などですから、一番肝心な部分は、すでにカバーできたかな、と思います。


■■Installation
============
3ボタン式マウスか、その代用品がお勧め。

Fuel load(燃料搭載)
---------
デフォルトでは最大着陸重量の245000 lb (19000 kg fuel)。
搭載量を選択するには、"ctrl-I"でメニューを開き、fuelを選択。
(注:メニューからは、以下の8種の搭載量が飛行中に選べる。
 同時に、飛行状態に応じた重心位置が設定される。またバーチ
 ャル・クルーの機関士を使うと、飛行中に自動的に重心位置を
 調整してくれる)

Max landing weight =総重量245000 lb /燃料19000 kg
Max take off weight =総重量408000 lb /燃料93000 kg
Min fuel =コレクター・タンクに1000 kg入っているだけ
Max fuel =総重量411000 lb, 燃料94400 kg
Supersonic climb (高々度へ上昇する重心位置)燃料86000kg
 =大西洋横断時はMERLYフィクスの30nm手前。26000 ft M0.95。
Supersonic cruise(高々度を巡航する重心位置)燃料67500圈
50000 ft Mach 1.99。
Supersonic descent(高々度から降下時の重心)燃料28000圈
57800 ft 350 kt (28000 kg fuel)
Low level, バーチャルエンジニアのテスト用(燃料8000kg)

サウンド
------
コンコルド実機の音響をインストールするには Sounds/Concorde-real-sound.xml を参照すること。
 (バーチャル・クルーによる)音声のコールアウトは、Festival (festival --server in a separate shell)機能を必要とする。(Brouse internal propertyから)sim/sound/voices/Festivaiを開いてtrueを選択する。コールアウトのテキスト表示は"shift-ctrl-R"を押す(トグルスイッチになっている)。

フレームレート
----------
表示計器の個数は、以下のように決まる:
(注:本機の計器は、座っている場所の分しか見えない。例えば機長席から機関士席を振り返っても、機関士の計器は見えない。これは多分、パソコンの負荷を少なくするための仕様)

(機長の視点から)55度の範囲内の計器が視覚化される。着陸時は、機長の前方だけを最低限表示する。視界を切り替えるには「シフト+矢印」を使う。
基本的なパネル以外の、以下のものはModels/Concorde_ba.xml にコメントがある:電気系統、油圧系統、与圧、燃料タンクへの通気、温度。

知られている互換性
-------------------
- 0.9.11 : 最低限のバージョン。

■■キーボード
========
"ctrl-D" : オートパイロットを切る。
 (button A/P DISC on the yoke=操縦桿A/Pディスコネクトボタン)。
"ctrl-F" : アフターバーナー(オンオフ)。
"f" : フルコクピット画面"f"ull cockpit (all instruments).
"q" : "q"uit speed up.(注:以上2件は動作確認できず)

視界
-----
"ctrl-E" : 機関士ビュー。
"ctrl-J" : 副操縦士ビュー。
"ctrl-K" : オブザーバー(機長席後方の補助席)のビュー。
"ctrl-O" : オーバーヘッド・コンソールのビュー。
"ctrl-W" : 客室乗務員のビュー(機外電源のスイッチあり)。
"shift-ctrl-X" : restore floating view.(確認できず)

バーチャル・クルー
------------
"shift-ctrl-R" : クルー・テキスト(発言)をテロップ表示。
"ctrl-Z" : バーチャル・クルー(のオンオフ)。

変更されていない操作
-------------------
"left / right : オートパイロット針路変更。
"x / X" : ズームイン・アウト。"ctrl-X"でリセット。

同じ操作
--------------
"b / B" : パーキング・ブレーキ(オンオフ)。
"g / G" : ランディング・ギア出し入れ。
"s" : 機長ビューと2Dパネル切り替え(作動確認できず)。
- "ctrl-A" : 設定高度に到達する。
- "ctrl-G" : (ILSの)グライドスロープに乗る。
- "ctrl-N" : NAV1の設定針路を保持。
- "ctrl-P" : ピッチ角を保持。
- "ctrl-R" : 無線周波数。
- "ctrl-S" : オートスロットル。

改良された操作
------------------
- "a / A" : スピードアップ(倍速飛行モード)は、亜音速で5倍速まで、超音速では7倍速まで、速度と時間経過の両方(に対して有効になった)。(●注:FlightGearでは、まさに画期的!!●)上昇・降下率毎分3500ft以上では、自動的に1倍速にリセット。

"ctrl-H" : ヘディング(機首方位)保持。
"page up / page down" : 保持速度、保持マッハ数を増加/減少。
"up / down" : 保持高度、上昇・降下率、保持ピッチ角を増加/減少。
ピッチ角による速度保持、マッハ数保持にも有効。
- "home / end" : 上記の変更と同じ(スローモード)。

補充された操作
-------------------
- "ctrl-B" : スピードブレーキと同様に使える逆噴射(FDM not implemented=航空力学は実行されない? 意味不明)。
- "ctrl-I" : コンコルドメニュー。
- "ctrl-T" : 高度保持。
- "[ / ]" : 可動ノーズ(上げ下げ)。
(注:以下4行は詳細不明、視界を上下左右・前後に動かす機能)
- "left / right" : move floating view in width.
- "up / down" : move floating view in length.
- "home / end" : move floating view in length (fast).
- "page up / page down" : move floating view in height.

■■マウス
=====
3ボタン式マウス:
一つのボタンを押すと、第1ボタンを切り替えられる。例:針路/機首方位。
使っていない第3の状態を切り替え。例:ギア・ニュートラル、非常スイッチ。(以上2行は、よく分からず)

オートパイロット
---------
「TH」(針路/機首方位保持ボタン)を押す前に、マウス第3ボタンで「HDG」(磁気方位)か「TRK」(真方位の針路)を選択すること。
「HH」(機首方位保持ボタン)は、常に磁気方位である。
「CL」(最大上昇ボタン)は、オートスロットルを最大運用速度に保ち、ピッチ角を保持する。
「AA」(高度獲得ボタン)は、獲得した高度で働く:目標高度には「CL」「PH」「VS」など他の高度モードによって到達する。(注:AAは、設定した高度に達するためのスイッチではなく、実質的には高度保持ボタンである、と言っているらしい。事実、そのように働くようだ)
 Panels/Concorde-autopilot.xml (全ボタンのリスト)を参照のこと。

電気系統
----------
オートパイロットと若干の計器は、特有のACC ESSバス(交流主電源系統)に依存している。

エンジン
------
■エンジンを始動するには(燃料タンクの)HP(高圧加圧)弁を
 開く前に、スターターを起動する。
 (操作はオーバーヘッド・コンソールで行う)。
 (注:コンコルドのタンクは、加圧によって燃料を送り
  出す仕組み。通常の燃料供給は、低圧加圧弁によって
  行われるが、始動の際はフィードタンクの高圧加圧弁
  を使うらしい)
■スターターには、高圧空気が必要である。グラウンド・
 サービス(地上の始動車など=1番クロスブリード・バ
 ルブを開く)か、すでに動いているエンジンから抽気す
 る(2番クロスブリード・バルブを開く)。
■スターターは、もし十分な速度があれば、飛行中は必要ない。
 (注:飛行中のエンジン停止時は風圧を利用する、いわゆる
  エアスタートが可能らしい)
■第1エンジンを始動するには、地上サービス(電源車など)
 の交流電圧が必要である。(客室乗務員ビューにスイッチがある)
■飛行中の4エンジン停止時は、非常発電機が必要:
(注:操作手順は以下の通り)
・バーチャル副操縦士を起動する(機体の姿勢を保ってくれる)。
・ラムエア・タービン(注:非常用発電機を駆動する、格納式
 の小型風車)を展開:予備計器が働く。
・非常発電機が自動起動すれば、他のほとんどの計器も働く。
・非常再点火用(電力)母線(のスイッチ。スターター下に
 ある)で、第1エンジン始動を選択する。
・(オーバーヘッド・コンソールで)このエンジンの、燃料タンク高圧加圧弁を開く前に、エンジンを再始動する。
・このエンジンが始動したら、再点火セレクターをオフに。
・他の3エンジンを、通常通り始動する。

燃料
----
バーチャル機関士(または2Dパネル)を使って始動する。
・第1〜4コレクター(燃料供給)タンクから、それぞれ
 第1〜4エンジンに燃料を供給する。
・第5、第7(メイン)タンクから、コレクタータンクに
 燃料を供給する。

油圧系統
----------
可動ノーズ、車輪、ブレーキは、グリーン系統(上げのみ)
とイエロー系統の(油圧)回路に依存している。
グラウンド・ポンプは、地上電源が必要。

無線
-----
Ctrl-RまたはCtrl-I rのみ。NAV 0(デフォルト無線メニュ
ー)は、オートパイロットのインターフェイスのために取っ
てある。

■■2Dパネル
========
2Dパネルには、単純化された以下のボタンがある。
・燃料移送(取り入れバルブは、自動的に開いている)
・エンジン始動(電力と高圧空気は必要ない)

燃料
----
・「Aft」ボタン:前方トリムタンク(9、10番タンク)から後方
 トリムタンク(11番タンク)へ燃料を移す。
・「Forward」ボタンは、その逆の移送を行う(9番だけへ)。
・「Engine」ボタン:トリムタンクからメインタンク(5、7番)
 へ燃料を移送。後方(Aft)か前方(Forw)か、向きを選べる。
・トランスファーバルブは、補助タンク(翼端部の5A、7A)から
 メインタンクに供給する。
・「Jettison」ボタンは、トリムタンク(9〜11番)とコレクター
 タンクから、燃料を投棄する。
・1、2、3、4ボタン:トリムタンクをポンプから切り離す。
・「Cross」を起動:(燃料の分量が)左右(両翼で)非対称の
 タンクをバランスさせる。

■■バーチャル・クルー
============
・1人だけ起動するには、CtrlI cを押す。
・バーチャルクルーは、音声コールアウトから独立している。
・グリーン(のテロップの)クルーは、チェックリストが読める。
・イエロー(のテロップの)クルーは、読めない。

3D
--
3D(のバーチャル・クルー)を起動するには、Ctrl-I cを押す。
・ヘッドホンをしていないクルーは、チェックリストを読み上げ
ない。

機長
-------
ブレーキを開放すると、離陸前のカウントダウンをする。

副操縦士
-------
4エンジン停止時に、再始動までの間、機体の姿勢を保つ以外は、パイロット・イン・コマンド(操縦担当パイロット)を務めることはない。
車輪、可動ノーズ、ライト類を操作する(亜音速の時だけ)。

機関士
--------
・重心位置、燃料タンクとエンジンの調整をする。
(FDMにサポートされていない=意味不明)
・着陸後、エンジン2基でタキシングする。

**************************************(続く)****

 …さて、次回こそフライトを再開したいものです。
投票数:12 平均点:8.33

投稿ツリー

  条件検索へ


 検索

高度な検索
 新しい登録ユーザ
thethao06 2019-4-18
adatsm35 2019-4-17
omisefoc 2019-4-17
ikyzykyp 2019-4-17
itimiqa 2019-4-16
ifowen 2019-4-16
ugewi 2019-4-16
thethao05 2019-4-15
ulase 2019-4-14
ywona 2019-4-14
 最近の画像(画像付)
植生図を使用した富... (2019-4-15)
植生図を使用した富...
春の嵐METAR回復 (2019-2-23)
春の嵐METAR回復
FlightGear 2018.3.2... (2019-2-14)
FlightGear 2018.3.2...
自作9機目 F-4EJ AD... (2018-12-25)
自作9機目 F-4EJ AD...
F-15J 特別塗装の機... (2018-11-17)
F-15J 特別塗装の機...
Powered by XOOPS Cube 2.1© 2001-2006 XOOPS Cube Project
Theme designed by OCEAN-NET