logo
ホーム •  フォーラム •  日本語wikiトップ •  アカウント情報 •  サイト内検索 •  新規登録
 ログイン
ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録
 メインメニュー
 米国サイト
 オンライン状況
14 人のユーザが現在オンラインです。 (2 人のユーザが フォーラム を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 14

もっと...

Re: 手探り航法・旅日記

このトピックの投稿一覧へ

通常 Re: 手探り航法・旅日記

msg# 1.1.1.1.1.1.1.1.1.1.1.1.1.1.1.1.1.1.1.1.1
depth:
20
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿.1 | 投稿日時 2006-3-17 19:25
hide  長老 居住地: 兵庫県  投稿数: 629
hideです。

●伊豆大島ナビ実験・おまけ●
同じフライトプランで、「a」キーを使って4倍速の飛行を試みました
が、推測航法の精度は変わりませんでした。
 風によるドリフトの影響は、加速しても、通常速度の飛行とまったく
同じです。当たり前と言えば、当たり前なのですが、実証できました。
これで安心して、あらゆる長距離飛行で、加速モードが使えます。

 ただし時間経過の加速は、私の場合、どうもうまく行っていません。
うっかり使うと、タイムマシン映画みたいに、恐ろしい勢いで朝になっ
たり夜になったりします…。そのため加速時には「t」キーは使わず、
機内の時計表示をメモして、倍速計算をしています。

     ○

 今回の航法計算を、劇的に簡単にしたナビ・ツール「Virtual e-6b」
の全機能を、以下にまとめておきます。

●Conversion(換算機能が盛りだくさん)
・Distance:
  距離。nm、sm、Kmの相互換算。
・Crosswind:
  横風。滑走路に吹く風の、滑走路に対する角度と風速(kt)を入力
  すると、横風成分を出す。
・Temperature:
  気温。摂氏と華氏の換算。
・Pressure:
  気圧。インチHGとミリバールの換算。
・Mass
  質量。ポンドとキログラムの換算。
・Volume
  容積。ガロンとリットル換算。
・Climb Rate
  対地速度と1分あたりの上昇・降下率(昇降計の読み)を入れると
  1nmあたりの上昇・降下率が出る。
  (例えば、目的地までの距離に応じて、高々度からの降下開始タイ
   ミングを逆算することが可能です)
●D-Alt
  海面からの高度、高度計の気圧設定値(inchHG)、気温を入れると
  Density Altitude(密度高度=エンジンや機体構造解析に使う)と
  Pressure Altitude(気圧高度=空力や操縦の解析に使う)が出る。
  (FlightGearでは、あまり使わないと思います)
●Lat/Long
  出発点と目的地の緯度・経度を入れると、2点間の距離と針路を、
  大圏コースとラームライン(等角航路)の両方で出す。
  (超便利! 無線施設はもちろん、山や岬など任意のランドマーク
   も、Atlasで緯度経度を計れば、航法計算の中継点に使えます。
   つまり、これさえあれば自由自在にコースが引けます。ただし、
   大圏コースについては、距離は正確ですが、針路は出発点の部分
   しか表示してくれません。
    そこで、もし本当に、大圏コースで長距離を飛んでみるのでし
   たら、リンドバーグがやったように、全コースを幾つもの区間に
   分割し、それぞれを直線のラームラインと見なして、個別に距離
   と針路を算出し、一覧表に書き出す必要があります。ただし以前
     ■ラーム・ライン(rhumb line=等角航路)をつかう■
    …でご紹介しましたように、大圏コースとラームラインの距離
   差は、想像以上に小さいので、通常はラームラインで飛べば十分
   だと思います)
●PP Nav
  出発地の気圧と到着地の気圧、平均緯度とTAS、nmを入れると
  Pressure Pattern Navigation(気圧差による追い風利用航法)の
  ドリフト量と修正角が出る。高気圧の吹き出しと低気圧への吹き込
  みは、いずれもコリオリ力(緯度により変化する)でカーブするの
  で、そのカーブに乗る経路で飛ぶと、時間と燃料の節約になる。
  (この航法は第二次大戦中、米国で実用化されました。FlightGear
  には、高気圧と低気圧が特にないので、使えそうにありませんが)
●Speed
  CASと高度、気圧、外気温を入れると、TASとマッハ数が出る。
●W&B
  重心位置の計算表。(FlightGearの一部機体は、同乗者の体重や、
  手荷物の重量まで設定できるので、利用価値があるかも)
●Wind
  風向と風速、TCとTASを入れると、GSとTrue Heading、WCAが出る。
  (便利!!! これは、推測航法の計算には欠かせない機能です)
投票数:19 平均点:3.68

投稿ツリー

  条件検索へ


 検索

高度な検索
 新しい登録ユーザ
ugynale 2019-7-20
ymoqe 2019-7-20
podanid 2019-7-20
uwajyky 2019-7-19
ymarez 2019-7-19
iwykura 2019-7-19
entaplay 2019-7-19
adatsm55 2019-7-19
hipaacerti 2019-7-19
ewihory 2019-7-19
 最近の画像(画像付)
植生図を利用した北... (2019-6-16)
植生図を利用した北...
空が真っ暗に (2019-5-18)
空が真っ暗に
植生図を使用した富... (2019-4-15)
植生図を使用した富...
春の嵐METAR回復 (2019-2-23)
春の嵐METAR回復
FlightGear 2018.3.2... (2019-2-14)
FlightGear 2018.3.2...
Powered by XOOPS Cube 2.1© 2001-2006 XOOPS Cube Project
Theme designed by OCEAN-NET