logo
ホーム •  フォーラム •  日本語wikiトップ •  アカウント情報 •  サイト内検索 •  新規登録
 ログイン
ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録
 メインメニュー
 米国サイト
 オンライン状況
16 人のユーザが現在オンラインです。 (3 人のユーザが フォーラム を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 16

もっと...

Re: Re: 磁北極を探検する

このトピックの投稿一覧へ

なし Re: Re: 磁北極を探検する

msg# 1.6.1
depth:
4
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿.1 | 投稿日時 2013-10-18 2:47
toshi  長老   投稿数: 1237
toshiです。

先の私の投稿(タイトル変えました)は、1つ矛盾した点があることを言い忘れていました。

磁北極の緯度経度について、IGRF-11の表(2013年と2013年の欄)と、IGRF-11 online calculatorで私が計算結果とが一致していない点です。

同じIGRF-11磁気モデルなのに一致しないのはおかしいので、たとえばElevation=0kmで計算したためであるとか、WGS84楕円体のxy平面でBx=By=0であっても、実際の地表面では水平成分が0にならないとか、何か原因があるはずですが、まだ分かりません。

ただ直感的には、ご紹介したIGRF-11の論文にも表の緯度経度が掲載されていることから、私の計算よりも、IGRF-11の表のほうが実際の位置を良く表しているに違いない、と思っています。

あと、WMMとIGRFのモデルの違いについても、モデルの有効期間が異なることは分かっているのですが、それ以上のこと(向き、不向きなど)はよく分かってません。
NOAAのサイトが復活したようなので、また暇な時にちょろちょろ見てみようと思います。
投票数:4 平均点:0.00

投稿ツリー

  条件検索へ


 検索

高度な検索
 新しい登録ユーザ
love2java 2020-5-29
oramu 2020-5-29
ypuhe 2020-5-29
pubg3435 2020-5-29
ivepoxexo 2020-5-29
photogift 2020-5-29
js6664078 2020-5-29
hookstefan 2020-5-29
ucaqohi 2020-5-29
savex 2020-5-29
 最近の画像(画像付)
あきづきに着艦訓練 (2020-5-24)
あきづきに着艦訓練
反映確認飛行 (2020-5-17)
反映確認飛行
AI艦船 護衛艦あき... (2020-5-16)
AI艦船 護衛艦あき...
コックピット内の謎... (2020-5-16)
コックピット内の謎...
FA-200に180ps仕様を... (2020-2-22)
FA-200に180ps仕様を...
Powered by XOOPS Cube 2.1© 2001-2006 XOOPS Cube Project
Theme designed by OCEAN-NET