logo
ホーム •  フォーラム •  日本語wikiトップ •  アカウント情報 •  サイト内検索 •  新規登録
 ログイン
ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録
 メインメニュー
 米国サイト
 オンライン状況
20 人のユーザが現在オンラインです。 (3 人のユーザが フォーラム を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 20

もっと...

ちょっと課題も…V2.6.0.感想

このトピックの投稿一覧へ

なし ちょっと課題も…V2.6.0.感想

msg# 1.2.1.1.1.1.1.1.1.1.1.1.1
depth:
12
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿.1 | 投稿日時 2012-2-21 22:28 | 最終変更
hide  長老 居住地: 兵庫県  投稿数: 634
hideです。Ver2.6.0の正式リリースおめでとうございます。
 皆様お試しのことと思います。私も18日夜(日本時間)に、ダウンロード可能になったのを確認してすぐ入手し、さっそく伊丹RJOOの周辺を飛ぶ程度の、簡単なテストを重ねました。が、私の環境ではグラフィック関係などに、あれこれ課題が散見されまして、どうもうまく使いこなすことが出来ずにいます。

●雲について:
 起動後の第一印象では、3D雲などが変化しました。本家サイトの紹介文によりますと、高々度の雲の描写がリアルになったそうですね。ただ低空の層雲の形には、少々違和感があります。2.4.0では、文字通り綿をちぎったような、繊維質の美しい断雲でしたが、2.6.0の雲はポップコーン状の白い塊に戻り、輪郭が不自然に青みを帯びて、2世代ほど昔のバージョンにおける雲の描写に、先祖返りしてしまった観があります。また雲と同じくらいの高度に、短い線分状のノイズが若干発生します。「小雨が降り始めたかな、いや、違うな」という程度で、困るほどではありませんが、やや目障りです。

●AI機:
 本家の紹介文によりますと、今回のバージョンアップではAI機のコントロールに関して、かなりの改良があった由。使い方は分かりませんが、確かに東京都内や大阪平野を低空飛行していると、空港へアプローチする全日空機にしばしば出逢いまして、少なくともAI機のランダムな行動が活発になっているようです。空がにぎやかになりますので、これは歓迎です。
 一方…わが母港の伊丹RJOOでは、困ったことが起きました。エプロンに近いRWY-32Rの着地点付近に、起動後必ず737が出現し、そのまま居座って滑走路を塞いでしまうのです。737は、同じ地点に重複して何機も出現し、次第にANAとJALの塗装が入り交じって、不気味な眺めになります。どうやらジェイエアの小型機も、2機ほど交じってくるようです。伊丹では、ANAの777を自作シナリオで反復離陸させていますので、AI機能自体を切るわけにはいきません。試行錯誤の末、preferences.xmlの中にある、

 <traffic-manager>
  <enabled type="bool">true</enabled>
   (中略)
 </traffic-manager>

…という項目の、true を false に書き換えると、この「居座り機」が出現しなくなることが分かりました。ただし、これを追い払うと、たまに空港周辺をランダムに飛ぶ飛行機もいなくなりますので、どちらを取るかは利用する空港の事情と、お好みによりそうです。

●テクスチャーのShader効果:
 そのほかグラフィック関係では、Shaderの設定方法が改善・整理されました。特に水面の描写は美しく、これまではわずかな動きであった、波の表現が豊かになり、実際の風向・風速とリンクするようになりました。しかも風浪(wave=風で直接起きる波)と、うねり(swell=風域外に残るwave。波頭が丸い)を、ちゃんと別々に動かしているようで、感心しました。洋上航法では、偏流の判断に利用できるかも…。
 その一方、都会を彩る urban effect は、ちらつきが増えたようで、見づらくなりました。スライダーで利きを弱くすると、今度は遠距離で都市テクスチャーの解像力が極端に落ちて、ぼんやりした草原のような印象になってしまい、あまり都市には見えなくなります。また、パソコンへの負荷が少し大きくなりました。それやこれやで新環境は、まだ期待したほど楽しく感じられません。

 Shader設定のあらゆる組み合わせを試したり、テクスチャー・フィルタを強くしたり弱めたり、あれこれ改善策を探していたところ、今度は地上テクスチャーの一部が、夏景色でテストしていたにもかかわらず、真っ白な雪景色風の描写に変わってしまいました。この現象は2回発生し、1度はパソコンのリスタートで解決しましたが、2度目はこの方法も無効で、Shader機能そのものをオフにするしかありませんでした。(ただし水面の波描写は、メインのShaderスライダをオフにしても、サブメニューに並ぶ個別の設定スライダを動かすことで単独起動できます)

 この、テクスチャーが真っ白になる問題を解決しようと、ついにVer2.6.0のインストールをやり直しました。従来は、アンインストール後も残る各種データや設定ファイルをそのままにしておき、重ね書きで再インストールや別バージョン導入を行っていたのですが、今回は念のため徹底的に消して、まっさらなインストールを試みました。ところが、伊丹に駐機しておいた旅客機群が(待避先から戻しても)出現せず、原因不明…という問題も新たに生まれ、いよいよ収拾が付かなくなってきたので、極めて異例のことながら、最終的にはCドライブの丸ごとバックアップデータを使って、起動環境そのものをVer2.4.0使用時の状態に、すっかり書き戻してしまいました。なので現在は、空港は元通りだし、雲や街並みはきれい…というわけで、取りあえずはホッとしています。(しかしMy Picturesフォルダを上書きしてしまい、前記トラブルの記録写真を失いました)(笑)

 ではこのまま、2.4.0を使い続けるかというと、そうも行きませんね。いつまでも旧バージョンで「旅日記」その他のご報告を続けるのも、あまり意味のないお話です。遅かれ早かれ、再びVer2.6.0(もしくは、それ以降のバージョン)に切り替えなくてはなりませんが…JSBsimが改良されたことに伴い、Ver2.4.0用の機体には不具合も出る(ピラタスPC-9M改は、駐機場でバランスが取れず竿立ちする)ため、2.6.0用機の再改造とか結構手間が掛かりますので、ちょっと一休みして、様子を見てからにしようかとも思っています。

 皆さんは、Ver2.6.0の調子はいかがでしょうか。ご参考ながら私の環境は、Core-i7 Q720@1.6GHzにWinXP-proのSP3、グラフィックが GeForce GT240M 790MHz 1024MBです。

     ●

 このメッセージは、「FlightGear v2.6.0 リリース」に返信させて頂くか、各種設定フォーラムで新規の項目にするか悩みましたが、感想的な内容も多いので、取りあえずこちらへ納めておきます。
投票数:2 平均点:5.00

投稿ツリー

  条件検索へ


 検索

高度な検索
 新しい登録ユーザ
iselitavu 2019-11-17
ucybaqiz 2019-11-17
odaqo 2019-11-16
evawudyl 2019-11-16
ymapub 2019-11-16
liamalger 2019-11-16
dentistry 2019-11-16
yfiga 2019-11-16
jesicawang 2019-11-16
qufuzuj 2019-11-16
 最近の画像(画像付)
植生図を利用した北... (2019-6-16)
植生図を利用した北...
空が真っ暗に (2019-5-18)
空が真っ暗に
植生図を使用した富... (2019-4-15)
植生図を使用した富...
春の嵐METAR回復 (2019-2-23)
春の嵐METAR回復
FlightGear 2018.3.2... (2019-2-14)
FlightGear 2018.3.2...
Powered by XOOPS Cube 2.1© 2001-2006 XOOPS Cube Project
Theme designed by OCEAN-NET