logo
ホーム •  フォーラム •  日本語wikiトップ •  アカウント情報 •  サイト内検索 •  新規登録
 ログイン
ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録
 メインメニュー
 米国サイト
 オンライン状況
28 人のユーザが現在オンラインです。 (2 人のユーザが フォーラム を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 28

もっと...

Re: ヘリで曲技とオートローテーションを試す

このトピックの投稿一覧へ

なし Re: ヘリで曲技とオートローテーションを試す

msg# 1.6.1.1.1.1.1.1.1.1.1.1.1.1.1.1.1.1
depth:
19
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿.1 | 投稿日時 2014-4-9 14:20
hide  長老 居住地: 兵庫県  投稿数: 634
hideです…うううううむっ、これはすごい機能ですね。
 以前からバキュームやスタティック・プレッシャーなど、主に計器関係のトラブルを起こす機能はあったと思いますが、ついにエンジンを含む広範囲に及んだのですね。平均故障間隔を設定できる、というのが何ともお洒落ですね。
 さっそくユーロコプターEC135p2で、エンジンを故障させてみたのですが、最初の数回は見事に墜落しました。開始時の気速が十分でも、即座にコレクティブを最小にしても、なぜか機首が下がって垂直の急降下に入り、引き起こし不能になってしまうのです。計器を十分確認していませんが、挙動から見てローターがほぼ止まっていたと思います。従って「System Failures を使ってエンジンを止めた場合は、残念ながらオートローテーションには入りません」というご返事を書くつもりでした。

 しかし…ダメ元で5000ft近く上昇し、Vneの少し下まで加速して、もう一度やってみたところ、どんどん機首が下がった時点で、まったく新しい操縦法が頭にひらめきました。サイクリック・ピッチレバー(つまりジョイスティック)を思い切り前に突いて、強いマイナスGを掛けてレッドアウトを食いながら、背面飛行に入れたのです。数秒間、意識的に背面を維持したと思います。そして、このままではどうしようもないと思い、必死でロールを掛けて水平飛行に戻しました。いわば背面スプリットSです。
 結果的にこれで十分なローター速度を得て、非常に快調なオートローテーションに移行しました。羽田空港に戻るには高度が足りず、西側の市街に強行着陸かと思いましたが、対気速度とローター回転数にゆとりを感じて粘りに粘り、高度50ftくらいで空港の境界越えに成功。Bラン南西端付近か、あるいは誘導路に降りるものと思ったのですが、コレクティブを軽く利かせると、相当強い揚力が出まして、空港北西部の広大な三角空き地の一角に滑り込み、まんまと軟着陸に成功しました。

 ヤケクソの操舵でしたが、結果的には、いわばローターを裏返しにすることによって、事実上の逆ピッチに入れたと言いますか、普通のオートローテーションより有利な条件(風の通る向きと迎え角)で強引にローターを増速し、失速を止めたことになるのでしょうか。誠に不思議な、おもしろい体験でした。ただしマイナスGが強かったし、ローターが派手に過回転を起こしていたと思いますので、万一実機でやったら、ローターマストやブレードが破断してしまうかも知れません。
投票数:0 平均点:0.00

投稿ツリー

  条件検索へ


 検索

高度な検索
 新しい登録ユーザ
ojijaxet 2019-11-19
ymorabuk 2019-11-19
ojowotigu 2019-11-18
phenqsale 2019-11-18
ymeguwa 2019-11-18
imoxeke 2019-11-18
amesoxesy 2019-11-18
ofokotary 2019-11-17
Keller190 2019-11-17
iselitavu 2019-11-17
 最近の画像(画像付)
植生図を利用した北... (2019-6-16)
植生図を利用した北...
空が真っ暗に (2019-5-18)
空が真っ暗に
植生図を使用した富... (2019-4-15)
植生図を使用した富...
春の嵐METAR回復 (2019-2-23)
春の嵐METAR回復
FlightGear 2018.3.2... (2019-2-14)
FlightGear 2018.3.2...
Powered by XOOPS Cube 2.1© 2001-2006 XOOPS Cube Project
Theme designed by OCEAN-NET