logo
ホーム •  フォーラム •  日本語wikiトップ •  アカウント情報 •  サイト内検索 •  新規登録
 ログイン
ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録
 メインメニュー
 米国サイト
 オンライン状況
18 人のユーザが現在オンラインです。 (2 人のユーザが フォーラム を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 18

もっと...

Re: Re: 磁北極を探検する

このトピックの投稿一覧へ

なし Re: Re: 磁北極を探検する

msg# 1.6.1.1
depth:
5
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿.1 | 投稿日時 2013-10-19 17:29
hide  長老 居住地: 兵庫県  投稿数: 632
toshiさん、hideです。
 地磁気に関しまして、豊富な追加情報のご案内を、どうもありがとうございました。
磁気モデルというものは、ずいぶんたくさんあるのですね。地磁気の原動力にあたる、中心核の部分の状態は直接観測できないので、将来の地磁気パターンは結局のところ、過去の地球表面の磁場の変化を分析して、現在のトレンドが将来も続くものと仮定し、外挿法で予測するしかない、という印象を受けました。となると高精度の予想は、今後もなかなか難しそうですね。

 京大を中心に、ご紹介いただいたサイトに目を通しましたが、おもしろいコンテンツがどっさり。ナショナルジオグラフィックの公式日本語版ページには、磁北移動の関連記事で「世界各地のウシやシカたちは、地球の磁場に沿った方向を向く傾向がある」という研究成果も紹介されていて、びっくりしました。渡り鳥に地磁気センサーがある、という話は読んだことがありますが、草食動物も地域や時代によっては過去、渡りに似た行動をしていても、不思議はないような気もします。

 少々お話は変わりますが。私は何年か前、ある集落の遺跡の現地説明会に行って、多数の建物の痕跡がいずれも南北方向にほぼ正確に並んでおり、しかもその向きが、地層=時代によって若干変化していることに気付きました。解説の学芸員に「古代日本で、すでに原始的な方位磁石が使われた可能性はありませんか。この方位のずれは、磁気偏差の経年変化のようにも見えるのですが」と質問しました。そんな定説はまだなさそうですけれども、相手はにっこり笑い、小声で「私も実は同意見です」と答えました。磁北極の移動について考えていたら、ふとこんなことを思い出しました。
 それにしても、FlightGearは高精度で磁場を再現しているのですね。地球のほぼ全域で、現実とほぼ同じコンパス示度を得ようとすると結局、こうなってしまうのでしょうが、綿密な「地球シミュレーター」ぶりに、改めて感心します。
投票数:0 平均点:0.00

投稿ツリー

  条件検索へ


 検索

高度な検索
 新しい登録ユーザ
epyse 2019-9-17
willxmithy 2019-9-17
younglex 2019-9-17
awenlie 2019-9-17
chutich 2019-9-17
ytyqoko 2019-9-17
etytypox 2019-9-17
ynoxeja 2019-9-17
awudicax 2019-9-16
amorumys 2019-9-16
 最近の画像(画像付)
植生図を利用した北... (2019-6-16)
植生図を利用した北...
空が真っ暗に (2019-5-18)
空が真っ暗に
植生図を使用した富... (2019-4-15)
植生図を使用した富...
春の嵐METAR回復 (2019-2-23)
春の嵐METAR回復
FlightGear 2018.3.2... (2019-2-14)
FlightGear 2018.3.2...
Powered by XOOPS Cube 2.1© 2001-2006 XOOPS Cube Project
Theme designed by OCEAN-NET