logo
ホーム •  フォーラム •  日本語wikiトップ •  アカウント情報 •  サイト内検索 •  新規登録
 ログイン
ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録
 メインメニュー
 米国サイト
 オンライン状況
21 人のユーザが現在オンラインです。 (6 人のユーザが フォーラム を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 21

もっと...

Re: 新旧のシーナリーを併用する

このトピックの投稿一覧へ

なし Re: 新旧のシーナリーを併用する

msg# 1.6.1.1.1.1.1.1.1.1.1.1.1.1.1.1.1.1.1.1.1.1.2.1
depth:
25
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿.1 | 投稿日時 2015-3-23 1:32 | 最終変更
hide  長老 居住地: 兵庫県  投稿数: 634
toshiさん、こんばんは。hideです。
 タイルファイルのインデックス番号について、ご教示をありがとうございました。ヘリの操縦に熱中していた昨年7月、一体どういう表記ルールになっているのだろう、という疑問を書かせて頂いて以来、まったく見当が付きませんでしたので、とうとう命名法則が分かる日が来たことに感銘を受けています(^^)。

 番号の生成は非常に手の込んだ方法ですので、なぜここまで手間を掛けるのか、とても不思議に思いました。以下の推論が正しいかどうか自信はありませんが…取りあえず、次のように考えています。
 地球の表面を緯度経度でそれぞれ、ご指摘の最小8分の1度(7.5分角)まで分割すると、最大で180×360×8^2個のタイルを区別する命名法が必要になりますね。その場合、タイルの個数は7ケタ(10進法)の数になりますが、通常の「北緯南緯・東経西経」を並べる表記法では、小数点を省略したり、南緯や西経のマイナス記号の代わりに360度表記を使っても、数値は12ケタになってしまいます。しかしご案内の方法ですと、緯度と経度の両方を、必要とする精度を維持した上で1個の数字にまとめ、サイズを7ケタに収めることが出来ます。考えてみると、これはものすごい圧縮効果ですね。

 なぜこんな劇的な圧縮が可能になるのか、済みません…私はきちんと原理を理解していません。が、多分タイルの横幅が「緯度に応じて0.125〜360度の間で離散的に変化」することと、緯度経度の「小数部分をタイルの大きさで割り算」すること、あたりがキモかなと思っています。いずれにしましても、FlightGearの開発が始まった当時は、パソコンの性能限界か何かの理由により、インデックス番号をファイル管理上、8ケタ以内に抑えたい切実な事情があって、こういう計算法・表記法を選んだのだろうと想像しています。

 ユーザーの立場からは、あるインデックス番号がどこなのか、或いはその逆が迅速に知りたいわけですが、今回 mapserver 地図の利用法を教えて頂き、非常に助かりました。現状では軽い旧シーナリーを常用し、必要に応じて一部分だけ、高精細なシーナリー2.0のタイルに差し替えるのがベターではないかと思いますが、これまでは目的のタイルを特定するため、インデックス番号の一覧表を4列のマトリクスに書き出したり、実際に1枚待避させてはUFOで確認するなど、結構苦労しました。お陰様で、それも過去のお話です(^^)/。
投票数:0 平均点:0.00

投稿ツリー

  条件検索へ


 検索

高度な検索
 新しい登録ユーザ
iselitavu 2019-11-17
ucybaqiz 2019-11-17
odaqo 2019-11-16
evawudyl 2019-11-16
ymapub 2019-11-16
liamalger 2019-11-16
dentistry 2019-11-16
yfiga 2019-11-16
jesicawang 2019-11-16
qufuzuj 2019-11-16
 最近の画像(画像付)
植生図を利用した北... (2019-6-16)
植生図を利用した北...
空が真っ暗に (2019-5-18)
空が真っ暗に
植生図を使用した富... (2019-4-15)
植生図を使用した富...
春の嵐METAR回復 (2019-2-23)
春の嵐METAR回復
FlightGear 2018.3.2... (2019-2-14)
FlightGear 2018.3.2...
Powered by XOOPS Cube 2.1© 2001-2006 XOOPS Cube Project
Theme designed by OCEAN-NET