logo
ホーム •  フォーラム •  日本語wikiトップ •  アカウント情報 •  サイト内検索 •  新規登録
 ログイン
ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録
 メインメニュー
 米国サイト
 オンライン状況
21 人のユーザが現在オンラインです。 (3 人のユーザが フォーラム を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 21

もっと...

Re: 北西航路を行くテレビをコクピットに

このトピックの投稿一覧へ

なし Re: 北西航路を行くテレビをコクピットに

msg# 1.6.1.1.1.1.1.1.1.1.1
depth:
12
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿.1 | 投稿日時 2013-11-15 1:56
hide  長老 居住地: 兵庫県  投稿数: 632
こんばんはsambarさん、hideです。お手数お掛けします。
 色々とお調べ頂きまして、大変ありがとうございました。お陰様で取りあえず、ツインオッターの高度・磁針路保持が可能になり、フロントグラス越しに舞う雪を眺めて、ホッとしております(^^)。

 FlightGearの汎用オートパイロット・プログラムは、アプリケーション本体にバイナリで書き込まれているのかと、漠然と考えていたのですが、実際は Aircraft/Generic フォルダの中にあったのですね。勉強になりました。参考として一応試しましたが、最初は高度・磁方位保持が有効だったものの、なぜか途中から利かなくなってしまい、使えそうにありませんでした。

 いっぽう Aircraft/dhc6/autopilot.xml は、私の環境でも速度保持は無反応ながら、高度・磁針路の保持は、けっこう精度も高い印象で、ほぼ問題ありませんでした。針路保持については、真方位モードが使えませんが、睡眠中も一晩飛び続ける(飛行距離が長く、磁気偏差が変化する)ような使い方をしない限り、磁方位で十分です。また、アプローチを想定して90Kt付近まで減速したところ、ロール方向に自励振動を起こし、次第に激しく蛇行しましたが、巡航さえ出来ればいいので、これも問題ありません(もしかすると、かなり旋回角速度が大きいのが原因でしょうか)
 ともかくこれで、ツインオッターの実戦投入が可能になりました。重ねてお礼申し上げます。
投票数:0 平均点:0.00

投稿ツリー

  条件検索へ


 検索

高度な検索
 新しい登録ユーザ
ezohyr 2019-9-22
adatsm69 2019-9-21
marcel0321 2019-9-21
orijuq 2019-9-21
ykadureq 2019-9-21
umohed 2019-9-20
adatsm66 2019-9-20
ovimad 2019-9-20
ixiva 2019-9-20
exutaq 2019-9-20
 最近の画像(画像付)
植生図を利用した北... (2019-6-16)
植生図を利用した北...
空が真っ暗に (2019-5-18)
空が真っ暗に
植生図を使用した富... (2019-4-15)
植生図を使用した富...
春の嵐METAR回復 (2019-2-23)
春の嵐METAR回復
FlightGear 2018.3.2... (2019-2-14)
FlightGear 2018.3.2...
Powered by XOOPS Cube 2.1© 2001-2006 XOOPS Cube Project
Theme designed by OCEAN-NET