logo
ホーム •  フォーラム •  日本語wikiトップ •  アカウント情報 •  サイト内検索 •  新規登録
 ログイン
ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録
 メインメニュー
 米国サイト
 オンライン状況
39 人のユーザが現在オンラインです。 (5 人のユーザが フォーラム を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 39

もっと...

Re: シーナリー2.0 リリース

このトピックの投稿一覧へ

なし Re: シーナリー2.0 リリース

msg# 1.1.1.1.1.1
depth:
6
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿.1 | 投稿日時 2015-10-3 10:58 | 最終変更
toshi  長老   投稿数: 1415
toshiです。

FlightGear v3.6.0rcでterrasyncサーバをgooglecodeに変更する方法としては、preferences.xmlを修正する方法の他に、コマンドラインオプションで
--prop:/sim/terrasync/svn-server=http://terrascenery.googlecode.com/svn/trunk/data/Scenery
と指定する方法があります。

一時的にterrasyncサーバを変更したい場合に有用かと思います。
私の方では未検証ですが、良かったら試してみてください。

fgrunから--propオプションを追加する方法は以下のとおりです。

1. FlightGear ウィザードの最後の画面で、[Advanced] > [Properties] を選択

2. [New] ボタンを押してから、Poperties: の右側の空欄に
/sim/terrasync/svn-server=http://terrascenery.googlecode.com/svn/trunk/data/Scenery
と入力し、[OK] をクリック

3. FlightGear ウィザードの最後の画面で、[Show command line] にチェックし、以下の行が含まれていることを確認
--prop:/sim/terrasync/svn-server=http://terrascenery.googlecode.com/svn/trunk/data/Scenery

googlecodeからシーナリーファイル群を取得した後、terrasyncサーバをmgras.netに切り替えて同じエリアで起動すると、期待通り差分のみを更新してくれるかどうか、念のために検証していただいたほうが良いと思います。

多分大丈夫だと思うのですが、万が一再度全ファイルを取得するようだと、来年1月より前にgooglecodeを使う意味がなくなってしまうので。
投票数:2 平均点:5.00

投稿ツリー

  条件検索へ


 検索

高度な検索
 新しい登録ユーザ
sloton 2021-12-6
kbcwebsite 2021-12-6
daftarsuk 2021-12-6
Tecmryh 2021-12-6
kqbongda 2021-12-6
xsmbhn68 2021-12-6
badidam 2021-12-6
Ecobank607 2021-12-6
yjyjizy 2021-12-6
uhido 2021-12-6
 最近の画像(画像付)
F117 nighthawk (2021-5-19)
F117 nighthawk
HiTouchさん宛の画像... (2020-11-8)
HiTouchさん宛の画像...
E170/175用 FDA全号... (2020-10-27)
E170/175用 FDA全号...
あきづきに着艦訓練 (2020-5-24)
あきづきに着艦訓練
反映確認飛行 (2020-5-17)
反映確認飛行
Powered by XOOPS Cube 2.1© 2001-2006 XOOPS Cube Project
Theme designed by OCEAN-NET