FrontPage

AtlasはFlightGearのナビソフトです。 http://atlas.sourceforge.net/ のDownloadページからソフトを入手してください。

  • Windowsユーザの方は、atlas-0.X.Y-win32-setup.exe の最新版をご利用ください。
  • Linuxユーザの方は「Linux版Atlas」をご参照ください。

Atlasのスクリーンショットです。

atlas1.jpg

こんな風に、FlightGearと並べて使っています。

atlas2.jpg
 
atlas3.jpg

インストールはいたって簡単です。
ウインドウズの場合atlas-0.X.Y-win32-setup.exeをクリックしてウィザードを起動し、FlightGearをインストールしたフォルダと同一のフォルダを指定してください。

例) C:\Program Files\FlightGear

ウィザードの最後にデスクトップアイコンを作成するか聞かれますので、チェックを入れてください。

次に、サンフランシスコ湾周辺以外の追加シーナリー上でもAtlasの地図を表示させるために、以下の手順でmap.exeを実行してAtlas用の地図データを作成します。


  1. map.exeの使い方
    1. メモ帳等のテキストエディタで下記3行(スクリーンショット参照)のバッチファイルを作成し、ファイル名をmap.batとして保存します。

      cd /d "C:\Program Files\FlightGear"

      bin\win32\Map.exe --fg-root=data --fg-scenery=scenery --atlas=data\Atlas

      PAUSE

      • 1行目の"C:\Program Files\FlightGear"は、FlightGearとAtlasのインストール時に指定したフォルダ名と同一になるよう、適宜修正してください。
      • 2行目の --fg-scenery=scenery は、追加したシーナリーの存在するディレクトリを相対パスで指定してください。例えば、C:\Program Files\FlightGear\data\WorldSceneryにシーナリーを追加した場合は、--fg-scenery=data\WorldScenery になります。
    2. 作成したmap.batを実行し、シーナリーデータをAtlas用地図(PNGファイル)に変換します。数十分〜数時間かかります。

Atlasのデスクトップアイコンを右クリックし、[プロパティ] の [リンク先] に「--udp=5500」を追加してから、Atlasを起動してください。

リンク先の例) "C:\Program Files\FlightGear\bin\win32\atlas.exe" "--fg-root=C:\Program Files\FlightGear\Data" --udp=5500

そして最後に、FlightGearの起動です。
FlightGear Wizard(起動ランチャ)の最終画面にあるAtlasのチェックボックスにチェックを入れ、Hostname:localhost:5500としてRunボタンを押します。

atlas102.jpg

以上でAtlas上にマッピングされます。


編集メモ

  • デフォルトどおりにインストールする手順に書き換えました。旧文書中のバッチファイルは以下にあります。2007/06/17 toshi
  • Win版クイックスタートV2から、Atlasの項目をこちらに移動。  2008/12/29 sambar
  • 旧JP FlightGearのフォーラムにリンクしていた項目を修正 2009/01/12 sambar

添付ファイル: fileC_atlas.bat 2982件 [詳細] fileatlas.bat 2898件 [詳細] fileAtlas_Copy.bat 2909件 [詳細] fileatlas102.jpg 1576件 [詳細] fileatlas3.jpg 2257件 [詳細] fileatlas2.jpg 2260件 [詳細] fileatlas1.jpg 1612件 [詳細]

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2009-01-12 (月) 21:54:52 (3205d)