FrontPage

Table of Contents

はじめに

FGComが利用しやすくなり、気軽に音声でのやり取りができるようになりました。 これによって編隊飛行や空中給油、グランドハンドリングなどが可能になり、遊びの幅が大幅に広がりました。

しかし、音声チャットで航空管制を受けて飛ぶ、航空交通を管制するのも醍醐味のひとつです。 ここでは航空交通管制の下、フライトを楽しむ方法をご紹介します。

FlightGearや音声チャットソフトFGComの使い方、航空機の取り扱い方は他の文書に譲るとして、管制官とのやり取りの仕方だけにスポットを当ててみたいと思います。 できるだけ現実のものに近づけるつもりでいますが、ソフトウェアの仕様や限界があります(例えば、トランスポンダが使えない、管制官がフルラインナップしない、など)ので、FlightGearに特化させた部分があります。また、実際の航空機の運航には絶対に使わないでください。

それでは、勇気を出して航空管制の世界に一歩踏み出してみましょう。

前提条件

  • FlightGearの操作・設定、マルチプレーヤの利用、FGComの設定、起動ができること。
  • 航空機の基本的な操作、離着陸、水平飛行、直線飛行、旋回ができること。
  • トラフィックパターンという用語を知っていて、それぞれのレグの名称がわかっていること。

気象について

TOD(Time of Day)は日中でも夜でもかまいません。ただし、風と雲については管制官と航空機間で整合が取れている必要がありますので、Real-Weatherの設定はONにしておきましょう。

滑走路の向きは、風向で決まり、VFRが可能かどうかは概ね視程で判断されます。

フォネティック・コード(欧文通話表)

無線通信は聞き間違いやすく、またそれは重大な事故になりやすいものです。例えば、E(イー)とB(ビー)とP(ピー)、A(エイ)と8(エイト)などです。

そこで無線通信ではそういった聞き取りの間違いをできるだけ防ぐためにアルファベットや数字、ひらがななどを一文字ずつ単語で置き換えることが時々行われます。 これらは日本語で「欧文通話表」、「和文通話表」と呼ばれており、無線通信の世界では重宝しています。

航空無線、陸上無線、船舶無線といった別に独特の用語が割り当てられています。 航空無線でよく使われるのは「欧文通話表」のほうで、「和文通話表」はほとんど耳にする機会はないため覚える必要は特にありません(覚えていると役に立つときはありますが)。

すでに、ICAOフォネティックコードとモールス符号で紹介されていますので、ここでは割愛いたしますが、数字については特に注意をしてください。

数字の9を英語ではNine(ナイン)といいますが、航空無線ではNiner(ナイナー)といいます。ご注意ください。

自分のコールサインは言えるようにしておきましょう(例:JA4030>ジュリエット・アルファ・フォー・ゼロ・スリー・ゼロ)。

VFR(有視界飛行方式)編

さて、難しいことは今は考えず、とにかく飛んでみましょう。間違いを恐れる必要はありません。聞き取れなければ何度でも聞き返してかまいませんので。

それでは、はじめましょう。

Lesson 1!場周経路を飛んでみよう!

場周経路:Traffic Pattern

場周経路はトラフィック・パターンと呼ばれるものです。通常は滑走路を辺の一部に持つ長方形が設定されています。これについてはWikipediaのほうに説明が記載されておりますので参照ください。

場周経路には二種類あります。Left Hand PatternとRight Hand Patternです。右回り、左回りです。これは、航空機の位置、地形、その他地上の都合(騒音・安全など)で決まります。

場周経路の部分で特に重要なのは以下のものです。

  • Downwind
  • Base
  • Final
  • Downwind Departure
  • Left/Right Turn Departure(出発方式。Crosswindからの出発)
  • Straight Out Departure
  • Straight In
  • Direct Base

以下は他機との間隔を設定するために行われます。

  • Make 270(two-seventy) --- DownwindからBaseに入る際、逆方向に270度の旋回を行う
  • Make 360(three-sixty) --- Middle Downwind(Downwindの真ん中)手前で指示をされ、場周経路の外向きに360度の旋回を行う
  • Extend Downwind --- Downwindを延長する。Continue Approachの指示でBaseに進入をする

と、いろいろ書きましたが、飛んでいるうちに覚えますのでご安心を。

滑走路の呼び方

ここでは細かい説明は控えますが、滑走路の呼び方について軽く説明いたします。

滑走路には34とか22といった番号が付いています。これ自身は十倍すると概ね滑走路の磁気方位を示しています。4本以上の平行滑走路がある場合はこれは当てはまらないことがありますが……。

さて、この番号の呼び方です。一桁ずつ区切って読むことに注意をしましょう。 Runway 34なら、"Runway Three Four"と読みます。"Thirty Four"ではないですよ!

平行滑走路を持つ飛行場なら"Left, Center, Right"といった単語が後ろに付くこともあります。

タッチアンドゴーをします

今日はタッチアンドゴーをしましょう。 タッチアンドゴーはご存知のとおり一旦滑走路に接地をしたあと、再び出力を上げて離陸をすることです。タッチアンドゴーをしたら再び場周経路に入り、何度も行うことができます。また、そこから場周経路の外にでていくこともできますが、今日はタッチアンドゴーを繰り返すだけ、としましょう。

タッチアンドゴーを一通り終えたら、普通に着陸をして機体を駐機しなければいけません。この着陸のことをタッチアンドゴーと区別して、「フルストップ(Full stop)」と呼びます。

飛行機は?

今日つかう飛行機はCessna 172Pにしましょう。あまりスピードの出る機体ははじめのうちはお勧めしません。

飛行場は羽田!非現実的ですけど

タッチアンドゴーを行う飛行場は羽田としましょう。ICAOコードはRJTTです。 羽田のどこかゲートなりパーキングなりに最初の場所を設定しましょう。

まずは管制官にコンタクト

では思い切って管制官にコンタクトを取りましょう。 言うことの基本は

  • 相手のコールサイン
  • 自分のコールサイン
  • 今の場所
  • 今の高度
  • したいこと です。覚えておきましょう。

まず、相手のコールサインです。羽田に管制官がいれば、そのコールサインになります。 今日は羽田の管制塔を呼びますので"Tokyo Tower"になります。

  • 自分のコールサインは……大丈夫ですね。
  • 今の場所は、地上にいるならとくに気にする必要はありません(FlightGearでは特に)。
  • したいこと、それはタッチアンドゴーです。

管制官から言われることもある程度予測しておく必要があります。

  • 使用滑走路
  • 風向、風速
  • 高度計規正値(QNH)
  • 許可

そうそう、言われた指示は復唱する必要があります。 ここでは

  • 使用滑走路
  • 高度計規正値(QNH)
  • 許可 を復唱する必要があることを覚えておきましょう。

では、いよいよ管制官に声をかけます。

Pilot: Tokyo Tower, JA4030, good afternoon.

管制官からの返事です。

Tower: JA4030, Tokyo Tower, good afternoon, go ahead.

はい、Tokyo Towerです、どうぞ。という内容です。次も定型文です(シミュレータでは)。

Pilot: Tokyo Tower, JA4030, How do you read?

感度はいかがですか?という意味です。

Tower: JA4030, Tokyo Tower. Loud and Clear.

感度良好、ということですね。ではこちらの感度も伝えて、地上滑走許可と出発情報をもらいましょう。

Pilot: Tokyo Tower, JA4030, Roger. Loud and Clear. Request taxi instructions for Touch and Go.

なれないうちはメモをとりましょう。

Tower: JA4030, Tokyo Tower. Wind 330 at 4, QNH 2992. Taxi to Runway 34R. Report when ready for departure.

復唱しましょう。ここで必要なのはQNH、地上滑走許可と滑走路、出発準備ができたら報告する、ということです。

Pilot: Tokyo Tower, JA4030, roger. QNH 2992. Taxi to Runway 34R. Report when ready for departure.

それでは滑走路まで地上滑走していきましょう。気をつけなければいけないのは、"Taxi to runway"は滑走路「手前の停止線」までの許可です。滑走路に入ることができるのは"Line up and wait"や"Cleared for takeoff"の指示です。もちろん、滑走路を横断するときにも許可が要ります("Request cross runway XX" -> "Cleared to cross runway XX")。

離陸許可をもらいましょう

滑走路手前で離陸前のチェックをすべて済まし、あとはスロットルを開くだけという状態にしておきます。おっと、滑走路の向きはあっていますか?反対側に来ていませんか?確認して間違いがなければ、管制官に許可をもらいましょう。

Pilot: Tokyo Tower, JA4030, ready for departure.
Tower: JA4030, Tokyo Tower. Wind calm. Runway 34R, cleared for takeoff. After airborn, join right traffic.

風が無風になったようです。離陸許可を得たので復唱して離陸しましょう。場周経路は右回りを使うようです。

Pilot: Runway 34R, cleared for takeoff, Join right traffic. JA4030.

このような省略した言い方もあります。コールサインは管制官が省略した言い方をしない限り、こちらも省略した言い方はできません。

例:Tower: 4030, Tower. Runway 34R, cleared for takeoff.
  Pilot: Roger, Runway 34R, cleared for takeoff, 4030.

いよいよ離陸です!

Climb, Right Hand Pattern, Touch and Go

離陸をし、滑走路末端を1nmほど過ぎたところで右に90度旋回をします。旋回した先にほかの交通がないことを確かめましょう。 滑走路の末端が45度右後ろに見えたらもう一度右に90度旋回をします。 高度は1000ftまで上昇しましょう。

Downwind 中ほどやや手前で管制官にコンタクトをします。

Pilot: Tokyo Tower, JA4030, on downwind. Request Touch and Go.
Tower: JA4030, Tokyo Tower. cleared Touch and Go, wind 340 at 1.
Pilot: Tokyo Tower, JA4030, cleared Touch and Go.

タッチアンドゴーの許可が出ました。この後特に指示のない限りタッチアンドゴーを行って問題ありません。ただし、目視で他の交通を確認することは怠らないようにしましょう。

着陸チェックリストを実施して、タッチアンドゴーをしましょう!

着陸

タッチアンドゴーを数回繰り返し、そろそろ着陸をして戻る時間になりました。 先ほどと同じようにDownwind中ほどやや手前で管制官にコンタクトをします。

Pilot: Tokyo Tower, JA4030, on downwind. Request make full stop.
Tower: JA4030, Tokyo Tower, Runway 34R, cleared to land, make full stop.
Pilot: Tokyo Tower, JA4030, Roger, Runway 34R, cleared to land, make full stop.

着陸許可がでました。今度は完全に停止します。

着陸をしたらいつまでも滑走路上にいてはいけません。すぐに近くの誘導路に入ります。

Tower:JA4030, Turn left E-9.Contact ground 118.320.

Pilot: Tokyo Tower, JA4030, request taxt to spot.

Tower: JA4030, Tokyo Tower, Taxi to spot 24.
Pilot: Tokyo Tower, JA4030, Roger, taxi to spot 24.

スポットまでの地上滑走許可がでました。スポットで飛行機を止め、エンジンをきりましょう。

お疲れ様でした!

Lesson 2!場周経路から離れてみよう!

タッチアンドゴーのATCはマスターしましたか?必ずしも例のとおりではないので、管制官の指示に従って臨機応変に対応してくださいね。

今後は、新しく出てきた部分以外は説明をしません。

出発

Pilot: Tokyo Tower, JA4030, good afternoon.
Tower: JA4030, Tokyo Tower, good afternoon, go ahead.
Pilot: Tokyo Tower, JA4030, How do you read?
Tower: JA4030, Tokyo Tower. Loud and Clear.

無線の感度チェックを行った後、地上滑走許可と出発情報をもらいましょう。

Pilot: Tokyo Tower, JA4030, Roger. Loud and Clear. Request taxi instructions for departure, North-east bound.

Lesson1ではタッチアンドゴーだったのですが、今度は「北東へ向けて出発」に変わっていることに注意してください。(離陸後どちらに向かうかを伝える必要があります。)

Tower: JA4030, Tokyo Tower. Wind 330 at 4, QNH 2992. Taxi to Runway 34R. Report when ready for departure.
Pilot: Tokyo Tower, JA4030, roger. QNH 2992. Taxt to Runway 34R. Report when ready for departure.

このように、復唱を忘れないようにしましょう。出発準備が出来たら、

Pilot: Tokyo Tower, JA4030, ready for departure.

と出発準備が出来た事を報告します。

Tower: JA4030, Tokyo Tower. Wind 330 at 4, Runway 34R, cleared for takeoff. Right turn Departure.

離陸後、ひとまず右のトラフィックパターンに入り、クロスウインドレグで離脱するように指示がありました(左のダウンウィンドレグの離脱の場合、Left Downwind Departureなどといわれます)。

Pilot: Runway 34R, cleared for takeoff, Right turn Departure. JA4030.

さて、離陸しました。右パターンに入り、クロスウインドレグに入ります。
このときの注意点は、トラフィックパターンの出入りは、各レグを基準に45度で離脱・進入する事、となっていますので、
クロスウインドレグを基準に左に45度(つまり、方位で言うと25度)でパターンを離脱して、その後で右旋回して、北東(45deg)に針路を向けてください。

Pilot: Tower, JA4030. Break Traffic, North East bound.
Tower: JA4030, Tower, Roger.




なお、今回は管制圏内(管制塔を中心に半径5マイル=9.27km)の飛行です。管制圏から出る時の通報は、Lesson3で行います。

着陸

管制圏内のみを飛ぶ場合、現実世界では位置通報点が設定されていて、その場所を通報しますが、シミュレータの場合は概ね以下のように位置通報を行います。

Pilot : Tokyo Tower, JA4030. Now 3 miles North East of you, Two-thousand feet. Request Landing Instruction for full stop.
Tower : JA4030, Tokyo Tower, roger. Using runway 34R, Right Traffic. QNH 3008.  Report Right Downwind.
Pilot : (復唱)

ここで、管制官は「Report Right Downwind」と、ダウンウインドに入ったら報告するように、と指示がありました。 ダウンウインドに入る直前に以下のように報告します。

Pilot : Tokyo Tower, JA4030. On Right Downwind.
Tower : JA4030, Tokyo Tower. Wind 330 at 4, Runway 34R, cleared to land, make full stop.
Pilot: (復唱)

さて、着陸許可が下りたので着陸します。

Tower:JA4030,Turn left E-9. Contact ground 118.350.
Pilot: Tokyo Tower, JA4030. Request taxi to spot.
Tower: JA4030, Tokyo Tower, Taxi to spot, good day.
Pilot: Tokyo Tower, JA4030, Roger, taxi to spot, good day.

Lesson 3!管制圏から出てみよう!

さて、Lesson2 で離着陸は出来るようになりましたね? じゃあ次は管制圏から出てみましょう。

管制圏から出る時の位置通報

管制圏から出る場合、それを管制官に告げる必要があります。 実際には管制圏の外側は(大きな空港なら)進入管制区(APP)があって、さらにその外には管制区(航空交通管制部の管轄)に入ります・・・が、シミュレータではとりあえずTokyo CTRLにコンタクトするか、APPの周波数にあわせるように要求される事が多いです。 いずれにせよ、管制官の指示に従うべきでしょう。

出発するときに管制官から Report 5miles from Airport とか、Report leaving control zone などといわれることがありますが、いわれなくても管制圏から出る前には報告をします。

Pilot: Tokyo Tower, JA4030. 5 miles south from you, leaving control zone.
Tower: JA4030, Tokyo Tower. Roger, monitor this frequency.

この場合、引き続き現在の周波数を聴取してください。

Tower: JA4030, Tokyo Tower. Roger, Contact Tokyo control 134.15.

この場合、周波数を134.15MHzにあわせて、東京コントロールにコンタクトしてください。(ただし、FGCOMに東京コントロールの周波数の割り当てが無いので、FlightGear上ではこの指示を出す事はありませんが、参考までに。)

管制圏に着陸のために入るときの位置通報

Pilot: Tokyo Tower, JA4030, good afternoon.
Tower: JA4030, Tokyo Tower, good afternoon, go ahead.
Pilot: Tokyo Tower, JA4030. 10 miles east from you, three-thousand five-hundred feet, Request landing instruction.

現在位置は、VFRでは上記の例の「10 miles east from you, three-thousand five-hundred feet」(Tokyo Tower;RJTT管制塔より東10マイル、3500feet)といった形式で通報する場合が多いです。 正確な距離・方位を計算するのが面倒な場合は「over Shinagawa Station, five-thousand five-hundred feet」(品川駅上空5500フィート)といった表現でも良いでしょう。

Tower: JA4030, Tokyo Tower. using runway ・・・ right traffic, join ・・・ downwind and report ・・・. Wind 330 at 4, QNH 2993

どうやら、聞き取れない部分があったようです。その場合はもう一度言ってもらうよう要請すべきです。

Pilot: Tokyo Tower, JA4030. Say again.
Tower: JA4030, Tokyo Tower. using runway 34R right traffic, join right downwind and report downwind. Wind 330 at 4, QNH 2993.

これは、「34Rの滑走路を使用するため、右ダウンウインドに入れ。入ったら報告せよ。風向きは330、風速は4kt。飛行場の気圧高度規正値は29.93inHg」です。

Pilot:(復唱)

ダウンウインドに入ったら、やっぱり報告を。

Pilot : Tokyo Tower, JA4030. On right downwind.
Tower : JA4030, Tokyo Tower. Runway 34R, cleared to land runway 34R, make full stop.
Pilot: (復唱)

さて、着陸許可が下りたので着陸します。

Pilot: Tokyo Tower, JA4030. Request taxt to spot.
Tower: JA4030, Tokyo Tower, Taxi to spot, good day.
Pilot: Tokyo Tower, JA4030, Roger, taxi to spot, good day.

今回は通信内容を聞き返す表現が出てきましたが、聞き取った内容に疑問があったり、不安なときは「Confirm, Runway 34R?」などと聞いてみましょう。

Lesson 4!レーダーサービスを受けてみよう!

執筆予定

IFR(計器飛行方式)編

執筆予定

参考資料


  • 書き始めました。 -- takehiro 2009-03-23
  • Lesson2を追加 -- sanbar 2009/06/18
  • 細かな修正 -- takehiro 2009-06-18
  • Break Traffic xxx bound の表現を追加 -- takehiro 2009-12-07
  • 実際にあわせて内容修正。Cleared 〜 runway … を Runway …, cleared 〜 に。Enter 〜 Traffic を Join 〜 Traffic に変更。 -- takehiro 2010-02-04
  • スペルミス、おかしな状況、文章足らずがあったので修正 -- takehiro 2010-09-03
  • 消されてたので復旧 --sambar 2011-04-15

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2014-09-27 (土) 19:35:56 (909d)