FrontPage > フライトデータの記録と再生 > playbackEx

FlightGear v0.9.10用

playbackExプロトコル

playbackプロトコルを拡張したplaybackExプロトコルを使い、 フライトデータをファイルに記録、再生します。

FlightGear JP の JPオリジナルダウンロード内「フライトログカテゴリ」で、ユーザが作成したフライトデータを共有出来ます。

注意: FlightGear v1.0.0 には、機外視点で再生すると画面が激しく振動するバグがあります。



必要なファイルのダウンロード

  1. 定義ファイルをダウンロードします。

    playbackEx_0.1.zip (フライトログカテゴリ内)

  2. 解凍したplaybackEx.xmlファイルを
    $FG_ROOT/protocol/
    に保存してください。

    例: C:\Program Files\FlightGear\data\protocol

  3. 必要に応じて、再生確認用のフライトデータのサンプルをダウンロードします。
    • Ex070515_c172p_5Hz.zip (フライトログカテゴリ内)
      • 機種: c172p
      • 記録周波数: 5Hz (Windows環境の場合は10Hzで再生してください)
      • シーナリーデータ: e130n30
      • 記録時間: 1'00"
    • Ex070515_c172p_10Hz.zip (フライトログカテゴリ内)
      • 機種: c172p
      • 記録周波数: 10Hz (Windows環境の場合は20Hzで再生してください)
      • シーナリーデータ: e130n30
      • 記録時間: 1'00"
    • サンプルの記録内容
      • 0秒後: 起動
      • 約5秒後: エンジン停止
      • 約10秒後: エンジン始動
      • 約15秒後: 滑走開始
      • 約45秒後: 離陸
      • 60秒後: エンジン停止状態で終了

記録

  • FlightGearウィザード (FlightGear Launcher, fgrun)を使用する場合

    Advanced... ボタンから下記の項目を設定します。

    • Input/Output
      • Protocol: generic
      • Medium: file
      • Direction: out
      • Hz: 10 <--記録周波数(回/秒)、動作環境により要調整
      • File: Exflight.fgfs <--フライトデータ名
      • Generic: playbackEx

        Newボタンを押すとFile名などを入力できるようになります。
        ただし、File:の右側の「...」ボタンは機能しないようです。
        また、時々トリッキーな挙動を示しますので、 入力した項目が正しく反映されているかを、 下記コマンドラインオプションの書式を参考にして良く確認しましょう。

  • コマンドラインオプションを使用する場合
    --generic=file,out,10,Exflight.fgfs,playbackEx
    • このオプションは、playbackExプロトコルを使って10Hz(毎秒10回)で FDM(flight dynamics model)を記録し、Exflight.fgfsファイルに書き込むことを意味しています。
  • 注意点
    • 設定周波数が高すぎると、記録処理が間に合わなくなる場合があります。
    • 動作環境により、設定周波数を調整する必要が生じる可能性があります。

再生

  1. 記録時と同じ機種を選択します。
  2. 空港は、Tower view を使わない限り、適当に選択します。
  • FlightGearウィザード (FlightGear Launcher, fgrun)を使用する場合

    Advanced... ボタンから下記の項目を設定します。

    • Flight Model
      • FDM: external (デフォルト値はjsb(JSBSim))
    • Input/Output
      • Protocol: generic
      • Medium: file
      • Direction: in
      • Hz: 20 <--再生周波数(回/秒)、記録周波数の2倍に設定
      • File: Exflight.fgfs <--フライトデータ名
      • Generic: playbackEx
  • コマンドラインオプションを使用する場合
    --generic=file,in,20,Exflight.fgfs,playbackEx
    --fdm=external
    • このオプションは、playbackExプロトコルを使って記録されたExflight.fgfsファイルを読み込み、 20Hzで再生することを意味しています。
  • 注意点
    • 周波数が高すぎると、再生処理が間に合わなくなる場合があります。
    • 本来は記録時と同じ周波数を設定すべきですが、現時点では 記録時の2倍の周波数を設定しないと正常に再生しません (FlightGear 0.9.10 for Winで確認)。

フライトデータの共有

FlightGear JP 管理者のtetsuさんのご好意により、 FlightGear JP の JPオリジナルダウンロード内「フライトログカテゴリ」で、ユーザが作成したフライトデータを共有することが出来るようになりました。

ダウンロード方法

  • フライトログカテゴリ」 からお好みのフライトデータをダウンロード。
  • 解凍したフライトデータを FlightGear ディレクトリに移動。
  • 本ページ内の「再生」に従ってFlightGearを起動。

アップロード方法

(フォーラム登録ユーザ限定)

  • 本ページ内の「記録」に従って、フライトデータを作成。
    • 他の方の動作環境を考慮し、記録周波数は10Hz以下にすることをお勧めします。
    • ファイル名には、出来れば機種名と記録周波数を入れてください。

      (例) 070517toshi_A6M2_10Hz.fgfs

  • フライトデータをzipやlhaで圧縮します。
  • フライトログカテゴリ」 の画面左側のメインメニューで「登録する」をクリック。
    • ダウンロードタイトル: 必須 (例: ウルトラ着陸シーン)
    • 添付ファイル: 必須 (zipやlhaで圧縮して下さい)
    • カテゴリ: 「フライトログ」でお願いします。
    • 利用可能なOS/ソフト等: 「playbackEx 0.1」でお願いします。
    • 説明: 機種と記録周波数は必ず記入してください。

      (例)

      • 機種: c172p
      • 記録周波数: 5Hz (Windows環境の場合は10Hzで再生してください)
      • シーナリーデータ: e130n30
      • 記録時間: 1'00"
  • 入力した内容に間違いが無いかよく確認してから「送信」ボタンをクリック。
  • 誤ったデータを登録した場合は、管理者のtetsuさんに削除をお願いしてください(参考記事)。

報告

(フォーラム登録ユーザ限定)

参考

  • 既知の問題
    • 再生時に、下記のパラメータは正常に読み込まれません(playback.xmlでも同じで す)。 そのため、例えば離着陸時にタイヤが「きゅっ」と鳴るはずのところで音が出 ないなどのちょっとした不具合があります。
      • speed_fps
    • Light関連のパラメータは対応していません。
    • 火器類のパラメータには対応していません。
    • 空母Nimitz等の AI Model のパラメータには対応していません。
  • バージョン履歴
    • 2007/05/17 ver0.1
      • playback.xmlに対して、主にエンジン関連のパラメータを追加。
      • 初期インストール済みの機体に概ね対応(したつもり)。
      • 記録時の位置精度を1桁向上(分解能:約10cm --> 1cm) ---緯度、経度の形式を%.7fにした。
      • 再生時の位置精度を向上(分解能:約1m --> 1cm) --- float, %.7fの形式では指定できなかったので、 文字列(string, %s)として無理やり解決。

作業メモ

  • 新規作成。2007/05/26 toshi
  • forumのURL変更に伴い、リンク先を修正。2007/06/11 toshi
  • リンク先を新サーバに変更。2008/07/12 toshi

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2008-07-12 (土) 20:20:46 (3418d)