FrontPage > Linuxクイックインストール

作業の前に

  • FlightGearの推奨環境を満たしているか確認してください
    • メモリの空きが512-1024 MB以上あること
    • 1-2 GHz CPU (マルチコアプロセッサの場合、タイルローダ等、FlightGearのいくつかのコンポーネントで有益です)
    • OpenGL 1.2以上をサポートする、VRAM容量が128-256MB以上のビデオカード(OpenGL 2.0を推奨)
      確認方法:ターミナルから、以下のコマンドを入力してください。
      $glxinfo | grep direct
      3Dアクセラレーションが有効な場合、以下のように表示されます。
      direct rendering : yes

      以下の表示が出た場合でも、とりあえずplib1.8.5(と、それに依存する物)のインストールに進んでください。(mesaをインストールしていない場合、glxinfo自体が使えない)
      その後、再度このコマンドを入力し、それでも以下の表示が出るならばドライバが正常にインストールされているか確認してください。
      direct rendering : no


ディストリビューションの公式リポジトリからのインストールについて

FlightGearや依存パッケージのバージョンが古いかもしれませんが、「手軽にFlightGearを試したい」なら、公式リポジトリからパッケージを取得してインストールできます。
ここでは、ディストリビューションごとに、利用可能な最新の安定版パッケージ一覧と、インストール用コマンドを挙げます。
安定版だけに限った場合でさえLinuxのディストリビューションは多数有り、日本国内でメジャーな物に限った場合でも膨大な量になってしまうので、開発/テスト用パッケージについては触れません。

Debian、Ubuntu等deb系のディストリビューションについて

通常どおりapt(もしくはGUIフロントエンドのSynaptic)を使用してインストールできます。

これらのディストリビューションでは、以下のように端末から入力するか、synaptic等のaptのGUIフロントエンドをすれば依存関係を解決しながらインストールできます。

$ sudo apt-get install flightgear fgfs-atlas

Ubuntu で Launchpad の Personal Package Archives (PPA) を利用する場合は、Synapticまたはコマンドラインで以下のように入力するとインストールできます。

  • Synaptic パッケージマネージャ
    • [設定] > [リポジトリ] > [他のソフトウェア] > [追加] > APT ラインに PPA リポジトリ名 (ppa:jacob/flightgear など) を入力 > [ソースを追加] > [閉じる] > [再読み込み] でリストを更新
    • あとは通常どおりパッケージを検索してインストール
  • コマンドライン
    $ sudo add-apt-repository ppa:jacob/flightgear
    $ sudo apt-get update
    $ sudo apt-get install fgrun

また、Debian/Ubuntu向けにはFlightGear、FGRUN、Atlas、FGCOM及びこれらの依存パッケージのコンパイル/インストール作業を自動で行うスクリプトがbrisa氏によって提供されているので、これを使用するのも良いでしょう。詳しくは、ソースからのインストールを参照してください。

Debian GNU/Linux(6.0 squeeze)(最新安定版) のリポジトリから取得できる最新パッケージ(2013年2月2日現在)

  • FlightGear本体 (必須): 1.9.1
  • Atlas (任意):0.3.1-2 (パッケージ名はfgfs-atlas)
  • fgrun、fgcom、fgcomgui (任意)についてはパッケージの提供無し

Debian GNU/Linux(sid)(不安定版)のリポジトリから取得できる最新パッケージ(2013年2月2日現在)

  • FlightGear本体 (必須): 2.6.0(amd64,i386) それ以外の大半のアーキテクチャでは2.4.0
  • Atlas (任意):0.3.1-2 (パッケージ名はfgfs-atlas)
  • fgrun (任意):1.6.0
  • fgcom、fgcomgui (任意)についてはパッケージの提供無し

Ubuntuのリポジトリから取得できるパッケージ (2013年2月2日現在)

  • Ubuntu 12.10 (Quantal Quetzal)
    • FlightGear本体 (必須): flightgear (2.6.0)
    • fgfs-aircraft-base (推奨): 2.6.0
    • fgfs-models-base (推奨): 2.6.0
    • fgfs-scenery-base (推奨): 2.6.0
    • fgrun (推奨): 1.6.0
      ※ファイル一覧によれば、fgdataだとサイズが大きいので分割した模様。
    • Atlas (任意): fgfs-atlas (0.3.1)
    • fgcom、fgcomgui (任意)については公式パッケージの提供無し

rpmパッケージ管理システムを採用しているディストリビューションについて

通常は、yumやapt-rpm等、自動で依存を解決する上位コマンドを使用します。

Fedora等、標準でyumを使用するディストリビューション

  • Fedora (最新バージョン: 18)のリポジトリから取得できる最新パッケージ(2013年2月2日現在)
    • FlightGear本体 :2.8.0
    • Atlas : FlightGear-Atlas-0.4.9
    • fgrun : 1.6.2 fgcom、fgcomguiについてはパッケージの提供無し


これらのディストリビューションでは、以下のように端末から入力するか、yumex等のGUIフロントエンドを使用してください。

$sudo yum install FlightGear FlightGear-Atlas

Slackware

有志によるバイナリパッケージが提供されています。
(Slackwareの公式リポジトリではありませんが、FlightGearのダウンロードページに掲載されているので、ここに掲載。)

  • Slackware (最新バージョン:13.0)向けの最新バージョン
    • openal-soft-1.11.753
    • freealut :1.1.0
    • OpenSceneGraph: 2.9.6
    • FlightGear本体: v2.0.0
    • FlightGear-data: v2.0.0

pkgtoolは依存関係の解決を自動では行わないため、これら全てをインストールする必要があります。
なお、筆者(sambar)がSlackwareを使用したことが無いのでコマンドの解説は出来ません。どなたか加筆お願いします。

FlightGearのパッケージをリポジトリで提供していないディストリビューション

ソースからのインストール(Unix編)を参照願います。


  • ソースからのインストール(Unix編)から分割 2010/4/17 sambar
  • 大幅に改変。コマンド等を追加 2010/4/18 sambar
  • Slackwareについて追加。2010/4/18 sambar
  • Fedora13、OpenSUSEの部分をアップデート 2010/9/7 sambar
  • Debian、Ubuntu、Fedoraの部分をアップデート。 OpenSUSE、Mandrivaの項目をアップデートを追いきれないので削除 2011/4/22 sambar
  • 誤記修正 2011/5/6 sambar
  • 目次のスタイルを変更、Ubuntu情報を更新、誤記を修正(ディストリビュージョン-->ディストリビューション) -- toshi 2011-05-15
  • パッケージ情報を更新。同時にディストロ毎のバグフィックス番号(ハイフン以降)を削除 --sambar 2013-02-02

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2013-02-02 (土) 21:59:53 (1661d)