想定条件

  • ある程度開発用ツールやバージョン管理システムをインストールしている(automake,,cmake,gcc,git,svn等…)
  • Linuxクイックインストールのハードウェア要件を満たしている
    • Redhat系の場合、/etc/ld.so.confの修正が必要な場合がある。 デフォルトでは以下のディレクトリに共有ライブラリを置いても認識しないため、rootで以下の作業を行って、/etc/ld.so.confに以下の行を追加したあと、root で ldconfigと入力して共有ライブラリのキャッシュを再構築する必要がある。
      /usr/local/lib 
      #以下は64bit版のみ
      /usr/local/lib64 

OpenSceneGraphのインストール

  • 依存している物
    • cmake (パッケージを使用)
    • libtiff (開発用パッケージが必要。)
    • libjpeg (同上)
    • libgif (同上。Fedoraではgiflib-develパッケージを使用)
    • libpng (同上)
    • libz (同上。Fedoraではzlib-develパッケージを使用)
    • freetype (同上)
    • librsvg-2 (同上。Fedoraではlibrsvg2-develパッケージを使用)
    • libXi (同上)
    • libXmu (同上)
    • libcurl (同上)

SimGearのインストール

  • 依存している物
    • OpenSceneGraph (開発用パッケージが必要。バージョン失念)
    • OpenAL (開発用パッケージが必要。)
    • ALUT (同上。Fedoraではfreealut-develパッケージを使用)
    • plib (同上)
    • Boost (同上)

FlightGearのインストール

以降、既出の物は省略する

  • 依存している物
    • Glut (Fedoraではfreeglut-develパッケージを使用。)

FlightGearの基本データのインストール

  • FlightGear-data-2.10.0.tar.bz2をダウンロードして、/usr/local/share/FlightGear/data (fgfsの起動オプションや環境変数、あるいはランチャーで$FGROOTを明示するなら、どこでも良い)に展開する。
    • 参考
  • virt_flyさんのwebページ「仮想飛行」の「FlightGearのインストール」(http://www.geocities.jp/virt_fly/fgfs_inst.htm )

FGRUN (FlightGear起動用ランチャ:Windows版と同じ)のインストール

  • 依存している物
    • fltk (開発用パッケージが必要。Fedoraではfltk-develパッケージを使用)
    • fluid
    • インストール手順
      • 以下のコマンドを入力する
        $ git clone git://gitorious.org/fg/fgrun.git
        $ cmake ./
        $ make
        $ sudo make install

FGCOMのインストール

  • 依存している物
    • 未検証。
  • インストール手順1(推奨)
    • gitリポジトリからソースを取得する
      $ git clone git://gitorious.org/fg/fgcom.git
      $ cd fgcom
    • 以下のコマンドを入力
      $ cmake ./
      $ make
      $ sudo make install


  • インストール手順2

fgcomguiのインストール

  • 依存している物
    • scons (sconsパッケージを使用)
    • qt (開発用パッケージが必要)
  • インストール手順: 以下のコマンドを入力する
    $ svn co http://fgcomgui.googlecode.com/svn/trunk/ fgcomgui
    $ cd fgcomgui
    $ scons
    $ sudo scons install
    • 備考: Fedora12では、fgcomgui/SConstruct の29行から31行を
                    "/usr/include/qt4",
                    "/usr/include/qt4/QtCore",
                    "/usr/include/qt4/QtGui"
      から、
                    "/usr/include/Qt",
                    "/usr/include/QtCore",
                    "/usr/include/QtGui"
      に置き換える必要がある。

依存パッケージの一覧部分のみ作成 2010/3/6 sambar
プロンプトを追加 2010/3/7 sambar
整形してみた。2010/3/31 sambar
推奨ハードウェアと、3Dアクセラレーションに付いて追加。 ただし、パッケージからのインストールについて書く機会があればそっちに移管したいと思う 2010/4/1 sambar
ちょっと修正 2010/4/7 sambar パッケージからのインストールを追加。 近日中に当該部分を分割 2010/4/1 sambar
推奨ハードウェア、3Dアクセラレーション、パッケージからのインストールをLinuxクイックインストールに分割 2010/4/17 sambar
誤記、書き忘れ等修正 2010/9/9 sambar
誤記・古くなった情報を修正 2011/4/25 sambar
2.0.0のままになっていた部分を2.4.0になるように修正。リンク修正漏れあったら直していただけると助かります sambar
fgcomのパッチについて削除(正常に当てられないため) 2013/04/10 sambar fgcomに関して、より更新頻度が多い(そしてdownload_and_compile.shでも使用している)gitorious版を推奨、という形に変更 2013/05/08 sambar Download_and_compile.shのCentOS向け改造版についてのリンクを修正 2013/10/19 sambar


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2013-10-19 (土) 23:30:13 (1376d)