FrontPage

FlightGear Features FlightGearの特徴

High degree of Freedom 高い自由度 FlightGear is an open-source project. FlightGearはオープンソースプロジェクトです。

This means as long as you abide by the terms of the GPL license you may freely download and copy FlightGear. あなたがGPLライセンスに則り利用するのであれば、自由にFlightGearをダウンロードして、コピーする事ができます。

Anyway can have easy and open access to the latest development source code. とにかく、最新の開発ソースコードを簡単に入手できるという事です。

Being an open-source project, we have made our file formats open and easily accessible. オープンソースプロジェクトとする事で、私たちはファイル形式に容易にアクセスしやすくしました。

We support standard 3d model formats and much of the simulator configuration is controlled through xml based ascii files. 私たちは標準の3Dモデル形式を指示します。そして、シミュレーターシステムの多くがXMLファイルによって制御されます。

Writing 3rd party extensions for FlightGear (or even directly modifying the FlightGear source code) is straightforward and doesn't require a large amount of reverse engineering. FlightGear(直接ソースコードを変更しても可)の為のサードパーティーのプログラムを書く事は、多量のリバースエンジニアリングを必要としないため簡単にできます。 This makes FlightGear an attractive option for use in private, commercial, research, or hobby projects. これは、個人利用や商用化の為の研究、または趣味によるプロジェクトでFlightGearを利用する事に魅力的なオプションになります。

FlightGear is known to run on Windows, Linux, Mac OS-X, FreeBSD, Solaris, and IRIX platforms allowing the user run on their platform of preference. FlightGearは以下のプラットフォーム上で動作する事がしられています。Windows,Linux,Mac os X,FreeBSD,Solaris,IRX

Flight Dynamics Models 飛行力学モデル

With FlightGear it is possible to choose between three primary Flight Dynamics Models. FlightGearでは、3種類の飛行力学モデルを選べます。

It is possible to add new dynamics models or even interface to external "proprietary" flight dynamics models: 新しい飛行力学モデルを追加する事や、外部の「独占的な」飛行力学モデルに連結する事さえ可能です。

  1. JSBSim: JSBSim is a generic, 6DoF flight dynamics model for simulating the motion of flight vehicles. It is written in C++. 

1.JSBMSim:JSBSimで一般的に使われている6自由度飛行力学は航空機の動きをシミュレートするためにモデル化され、C++で書かれています。

JSBSim can be run in a standalone mode for batch runs, or it can be the driver for a larger simulation program that includes a visuals subsystem (such as FlightGear.) JSBSimはバッチ処理のためのスタンドアロンモードで動作させる事もできますが、画像表示のサブシステムを含んでいる(FlightGearのような)より大きいシミュレーションプログラムのためのドライバーとしても利用されます。

In both cases, aircraft are modeled in an XML configuration file, where the mass properties, aerodynamic and flight control properties are all defined. どちらの場合も、航空機は質量特性、空力、航空管制特性の定義はXMLファイルでモデル化されます。

  2. YASim: This FDM is an integrated part of FlightGear and uses a different approach than JSBSim by simulating the effect of the airflow on the different parts of an aircraft. 

2.YASim:この飛行力学モデルはFlightGearに実装されており、機体における気流効果をシミュレートするというJSBSimと異なったアプローチを使用します。

The advantage of this approach is that it is possible to perform the simulation based on geometry and mass information combined with more commonly available performance numbers for an aircraft. このアプローチの利点は、一般的な幾何学計算と重量バランスに基づく航空機シミュレーションに対し、より実機に近いシミュレーションが可能です。 This allows for quickly constructing a plausibly behaving aircraft that matches published performance numbers without requiring all the traditional aerodynamic test data. これで、全ての空力テストデータが無くても、すぐに精度の高い飛行をシミュレートできます。

  3. UIUC: This FDM is based on LaRCsim originally written by the NASA. 

3.UIUC:この飛行力学モデルはNASAによって書かれたLaRCsimを基にしています。 UIUC extends the code by allowing aircraft configuration files instead and by adding code for simulation of aircraft under icing conditions. UIUCは、アイシング条件を航空機構成ファイル追加し、拡張されます。

     UIUC (like JSBSim) uses lookup tables to retrieve the component aerodynamic force and moment coefficients for an aircraft... and then uses these coefficients to calculate the sum of the forces and moments acting on the aircraft.

UICは(JSBSimと同様に)航空機のコンポーネントによる空気力とモーメント係数を検索するのにルックアップ表を利用して・・・そして、航空機に与える力やモーメントを計算するのにこれらの係数を利用します。

Extensive and Accurate World Scenery Data Base 大規模で正確な世界の風景データベース

   * Over 20,000 real world airports included in the full scenery set.

世界中にある2万以上の空港を用意しました。

   * Correct runway markings and placement, correct runway and approach lighting.

正しく滑走路マーク、プレースメント、滑走路、及びアプローチ照明を用意しました。

   * Taxiways available for many larger airports (even including the green center line lights when appropriate.)

多くの、大きい空港で誘導路灯を用意しました。(センターラインは緑色に光ります。)

   * Sloping runways (runways change elevation like they usually do in real life.)

現実の滑走路と同じく傾斜を再現しています。

   * Directional airport lighting that smoothly changes intensity as your relative view direction changes.

あなたの航空機からの視点が変化するに従って航空機照明はスムーズに変化します。

   * World scenery consumes 11 CD's. (I'm not sure that's a feature or a problem!) But it means we have pretty detailed coverage of the entire world.

全世界の風景は11枚のCDに収まります。(特に問題は無いと考えています。)それは、全世界の詳細な飛行区域を持っている事を意味します。

   * Accurate terrain worldwide, based on the most recently released SRTM terrain data.) 3 arc second resolution (about 90m post spacing) for north and south america, 30 arc second resolution (about 1km post spacing) for the rest of the world. When the 3 arc second data becomes available for other areas of the world we will generate new scenery based on the higher resolution terrain.

世界中の地形データは最新のSRTM地勢データに基づき、北・南アメリカは3アークセコンドソリューション(およそ90mのポストスペース)他の国々は30アークセコンドソリューション(およそ1Kmのポストスペース)で作成されています。全世界の地形データが3アークセコンドソリューションで作成されれば、より高い精度の風景を見られるでしょう。

   * Scenery includes all vmap0 lakes, rivers, roads, railroads, cities, towns, land cover, etc.

風景は多くの湖、川、道路、鉄道、都市、町、などを含んでいます。

   * Nice scenery night lighting with ground lighting concentrated in urban areas (based on real maps) and headlights visible on major highways. This allows for realistic night VFR flying with the ability to spot towns and cities and follow roads.

夜間飛行での風景では、都市部(本当の地図に基づいています)の夜景が灯され、主要高速道路では車のヘッドライトが点灯されます。実際の夜間飛行と同じように、町と道路を見つけて飛ぶ事ができます。

   * Scenery tiles are paged (loaded/unloaded) in a separate thread to minimize the frame rate hit when you need to load new areas.

風景は、あなたが飛びたいと考えている飛行区域のモジュールを必要に応じてインストールして利用します。詳しくはシーナリーのインストールを御覧下さい。

Accurate and Detailed Sky Model 正確で詳細な天空モデル FlightGear implements extremely accurate time of day modeling with correctly placed sun, moon, stars, and planets for the specified time and date. FlightGearは日時にあわせ正しく配置された太陽、月、星及び惑星モデルを生成します。 FlightGear can track the current computer clock time in order to correctly place the sun, moon, stars, etc. あなたのコンピュータのシステムクロックから時間を読み取り、リアルワールドと同期して星などを配置します。 in their current and proper place relative to the earth.

If it's dawn in Sydney right now, it's dawn in the sim right now when you locate yourself in virtual Sidney. 

今シドニーが夜明けならば、シミュレータの中のバーチャルなシドニーに居るあなたも夜明けになります。 The sun, moon, stars, and planets all follow their correct courses through the sky. 星や惑星たちは天空の正しいコースを通過します。 This modeling also correctly takes into account seasonal effects so you have 24 hour days north of the arctic circle in the summer, etc. さらに、四季をも正しくシミュレートするので、夏の北極圏では白夜を体験できるでしょう。 We also illuminate the correctly placed moon with the correctly placed sun to get the correct phase of the moon for the current time/date, just like in real life. また、私達は月の満ち欠けを太陽の位置から正しく再現しています。

Flexible and Open Aircraft Modeling System フレキシブルでオープンな航空機システム FlightGear has the ability to model a wide variety of aircraft. FlightGearはさまざまな航空機をモデル化する事ができます。 Currently you can fly the 1903 Wright Flyer, strange flapping wing "ornithopters", a 747 and A320, various military jets, and several light singles. FlightGear has the ability to model those aircraft and just about everything in between. 1903年のライト・フライヤー号、奇妙な「羽ばたき機」,747,A320,さまざまな軍用ジェット機、単発機などを操縦できます。 FlightGearはそれら全てをモデル化することができます。 FlightGear has extremely smooth and fluid instrument animation that updates at the same rate as your out-the-window view updates (i.e. as fast as your computer can crank, and not artificially limited and chunky like in some sims.) また、コックピットのアニメーションは非常に滑らかに描かれます。 FlightGear has the infrastructure to allow aircraft designers to build fully animated, fully operational, fully interactive 3d cockpits (which even update and display correctly from external chase plane views.) それは航空機設計者がビジュアル的にそして操作的にも完全な3Dコックピットを作成するインフラが整っています。(2D画像を新しくして、外部から表示させる事もできます。) FlightGear realistically models real world instrument behavior. Instruments that lag in real life, lag correctly in FlightGear, gyro drift is modeled correctly, the magnetic compass is subject to aircraft body forces -- all those things that make real world flying a challenge. また、リアルワールドの計器と同じ動きを再現します。実際と同じように計器の反応の遅れや、ジャイロドリフトは正しくモデル化されていますし磁気コンパスは航空機に作用する力を受けて振れます。 FlightGear also accurately models many instrument and system failures. If the vacuum system fails, the HSI gyros spin down slowly with a corresponding degradation in response as well as a slowly increasing bias/error. さらに、システム障害まで再現します。例えば、負圧システムに障害が出ればHSIジャイロコンパスはゆっくりエラーが増、反応が遅れスピンダウンに至ります。 Moderate Hardware Requirements 適切なハードウェア要件 The intention of FlightGear is to look nice, but not at the expense of other aspects of a realistic simulator. FlightGearは格好良く見えますが、シミュレータの精度を犠牲にして格好良く見せているわけではありません。 Our focus is not on competing in the "game" market and not on the ultra-flashy graphic tricks. 私達は表面的なグラッフィク技術で競争している『ゲーム』市場で競争する事を望んでいません。 The result is a simulator with moderate hardware requirements to run at smooth frame rates. よって、滑らかなフレームレートで快適に操作する為には適切なハードウェアが必要です。 You can be reasonably happy on a $500-1000 (USD) machine (possibly even less if you are careful) and don't necessarily need $3000 (USD) worth of new hardware like you do with the many of the newest games. しかし、最新のゲームで必要な30万円もするような高価なPCは不要で、5万ー10万くらいのPCでも十分動作します。

That said, the more hardware you throw at FlightGear, the better it looks and runs, so don't feel like you have to chuck your expensive new hardware if you just purchased it. そうは言うものの、より奇麗に、より快適な環境を求めてコンピュータに大金を注ぎ込まないように注意しないといけませんよ。:-) Internal Properties EXPOSED! 内部特性は公開されています! FlightGear allows users and aircraft designers access to a very large number of internal state variables via numerous internal and external access mechanisms. FlightGearは多くの内部及び外部へのアクセスメカニズムで、ユーザーと航空設計者が内部変数へアクセス可能です。 These state variables are organized into a convenient hierarchal "property" tree. これらの変数は体系立てられたツリー構造で構成されています。 Using the properties tree it is possible to monitor just about any internal state variable in FlightGear. 外部スクリプトからFlightGearを制御可能です。 It's possible to remotely control FlightGear from an external script.

You can create model animations, sound effects, instrument animations and network protocols for about any situation imaginable just by editing a small number of human readable configuration files. ごく限られた人たちに向けた、アニメーションやサウンド、コックピットモジュールやネットワークプロトコルを作成する事もできます。 This is a powerful system that makes FlightGear immensely flexible, configurable, and adaptable. FlightGearはたいへんフレキシブルで融通がきく強力なシステムです。

Networking options ネットワークオプション

A number of networking options allow FlightGear to communicate with other instances of FlightGear, GPS receivers, external flight dynamics modules, external autopilot or control modules, as well as other software such as the Open Glass Cockpit project and the Atlas mapping utility. 多くのネットワークオプションでFlightGear同士や、GPS受信機、外部の航空力学モデル、自動操縦モジュールや他のコントロールモジュール、他のソフトウェアとしてOpen Glass Cockpitプロジェクトやアトラスマッピングユーティリティなどと接続します。 A generic input/output option allows for a user defined output protocol to a file, serial port or network client. 一般的なシリアルポートの入出力オプションファイル、またはユーザー定義のネットワーククライアントの出力プロトコルを考慮します。 A multi player protocol is available for using FlightGear on a local network in a multi aircraft environment, for example to practice formation flight or for tower simulation purposes. マルチプレーヤープロトコルはLAN環境でマルチ航空機環境で使用したり、管制塔シミュレーションを目的に利用可能です。

The powerful network options make it possible to synchronize several instances of FlightGear allowing for a multi-display, or even a cave environment. 強力なネットワークオプションでマルチディスプレイや、大規模なシミュレーター環境を構築する事もできます。

If all instances are running at the same frame rate consistently, it is possible to get extremely good and tight synchronization between displays.

全てのシステムが同じフレームレートで同期しているならば、きわめてすばらしい画像表示が可能です。


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2005-03-02 (水) 22:26:20 (4439d)