FrontPage > 翻訳作業場 > 訳)スクリーンショット > 訳)スクリーンショット/v0.9.10


このドキュメントは http://www.flightgear.org/Gallery-v0.9.10/ の日本語訳です。

FGFSフォトギャラリー

2006年6月 夕暮れを飛行する777-200

777-dusk-1.jpg
777-dusk-1
777-dusk-2.jpg
777-dusk-2
777-dusk-3.jpg
777-dusk-3
777-dusk-4.jpg
777-dusk-4

2006年4月 v0.9.10のスクリーンショット

バージョン0.9.10では、衛星画像から得られる地形テクスチャを完全に作り替えました。 以下にあるのは、コロラド・ロッキー地域を飛行するPA-24コマンチです。

longs-peak.jpg
longs-peak
grand-lake.jpg
grand-lake
depart-gramby.jpg
depart-gramby

バージョン0.9.10では、マルチプレイヤーのサポートが大いに改善されました。 マルチプレイヤー・マップサーバ(Google マップのテクノロジーに基づいています)を利用して、飛行中のパイロットをGoogle マップ上に重ね合わせることも出来ます。

fgmap-0.0-03.jpg
fgmap-0.0-03

以下に示すのは、南ドイツ カスタムシーナリープロジェクトからのスクリーンショットです。

south_germany_01.jpg
south_germany_01
south_germany_04.jpg
south_germany_04
south_germany_05.jpg
south_germany_05

2005年11月 v0.9.9のスクリーンショット

FlightGearの航空機は、完全に3Dで、完全にアニメーション動作し、完全にクリック可能でインタラクティブなコックピットを搭載しました。

bravo-cockpit.jpg
bravo-cockpit

コンコルドの画像は、「テーマが選択可能な」新GUIシステムに加えて、機体自体及び地面に航空機が影を落とす新しいシステムも示しています。

concorde-gui.jpg
concorde-gui

今回、季節ごとのテクスチャセット及び三次元の雲をサポートしました。そしてユーザは、世界中のビルやランドマーク、タワー、橋のモデルをFlightGearのシーナリーに収録するために投稿できるようになりました。

winter-clouds-bo105.jpg
winter-clouds-bo105

素晴らしくモデル化された空母と、発艦及びアレスター・フックを用いた着艦が可能な様々な航空機を用意しました。

seafire-nimitz01.jpg
seafire-nimitz01

雷雨、稲妻、雨といった新しい気象効果が加わりました。 そして、地面と機体自体に影を落とす効果も見ることが出来ます。 アプローチの画像は、夕暮れにバーミンガム国際空港(EGBB)にアプローチ中のb1900dで、完全にクリック可能な3D計器パネルを備えています。

Citation-II-weather.jpg
Citation-II-weather
lightning-rain-b1900d.jpg
lightning-rain-b1900d
b1900d-01.jpg
b1900d-01
b1900d-02.jpg
b1900d-02

飛行機雲を放出するように航空機を設定することが出来ます。

contrails_001.jpg
contrails_001

時折、FlightGearが現実世界で面白いことをすることを見出しています。 ここではFlightGearが、ミネソタ大学UAV(無人航空機)プロジェクトのための実時間合成表示器(real time synthetic display)として使われています。 二つの画像(ライブビデオ+人工合成風景)は同じ展望から同時にキャプチャーされました。 これらがどんなに良く一致しているかを見てください。 このプロジェクトの目標のひとつは、もっぱら人工合成風景だけで航空機を操縦することです。 このプロジェクトに関する詳細は、Curtis L. Olson氏のホームページに行き、'news'投稿をご覧ください。 FlightGearは、狭いエリアに対してカスタム化され、非常に詳細で写実的な風景モデルを盛り込むことをサポートしています。

jensen2-vid.jpg
jensen2-vid
jensen2-synth.jpg
jensen2-synth

次の写真では、コラム状の映像機器を備えた747コックピット・シミュレータの一部としてFlightGearが使われています。 このプロジェクトについての詳細はここで見ることが出来ます。

125_2561.jpg
125_2561
125_2566.jpg
125_2566
125_2572.jpg
125_2572

ウィスコンシン州ミルウォーキーの北西部上空におけるクラスCとクラスD空域の3D可視化。

airspace01.jpg
airspace01

編集メモ

  • 翻訳完了。ページ閲覧時には本ページにアップロードした低解像度の画像を表示し、画像をクリックすると米国サイトの高解像度のオリジナル画像を表示するようにしてあります。2007/09/19 toshi
  • v1.0.0のリリースに伴い、v0.9.10のスクリーンショットのページを移動しました。 また、低解像度の画像ファイルも米国サイトから取得するように変更しました。2008/01/06 toshi

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2008-01-06 (日) 10:14:08 (3633d)