このドキュメントはFlightGear Flight Simulator - Installation and Getting Startedの一部を日本語に訳したものである。 Original URL:http://www.jp.flightgear.org/Docs/InstallGuide/getstartch2.html#x6-100002

第2章
飛行機を造る: プログラムをコンパイルすること。
本中央の章は数個のシステムの上にFlightGearを造る方法を説明する。 Win32(i. e. Windows95/98/ME/NT/2000/XP)プラットホームか2進のexecutablesが利用可能である他のプラットホームのどれかにいるといけないので、あなたはそんなに潜在的に厄介な過程であるが、行くが、代わりにその章をスキップして、straightlyに次のものに行きたがっていないかもしれない。 (皆は自己の飛行機自体か自分を建てたがっているというわけではないか?なんでしょう?) しかしながら、シミュレータを少なくとも組立てようとする良い理由があるかもしれない:

あなたがUNIX/リナックスプラットホームにいるといけないので、あなたのシステムに利用可能なbinariesはプレコンパイルされないかもしれない。 実際には、それらを「再-コンパイル」するのによってUNIXシステムの上のこのようなプログラムをインストールするのは共通である。 あなたがコンパイル時だけの間に設定することができるいくつかのオプションがある。 あなたはそうしたのを誇りに思っているかもしれない。 他方では、FlightGearをコンパイルするのは、初心者ユーザへのタスクでない。 したがって、あなたがbinariesが利用可能であるプラットホームの初心者である(一度我々は皆、そうであった)ならば、我々は、このタスクを延期して、あなたを2進の分配からただ飛ばせ始めると勧める。

あなたが気付くように、この章は完全な状態でない。 基本的に、我々は、2台のオペレーティングシステムだけと、Windowsとリナックス、および1つのコンパイラだけ、GNU Cコンパイラのためにコンパイルすると説明する。 FlightGearは、また、異なったシステム(マッキントッシュ)と同様に異なったコンパイラ(マイクロソフトVisual Cを含んでいる)の下で建てられるために見せられた。 これらの制限の理由は以下の通りである。

個人的に、我々は、Cygnusコンパイラだけを走らせながら、Windowsマシンに近づく手段を持っている。 メーリングリストによると、これらは最も大きいユーザベースがあるシステムであるように思える。 これらはFlightGearをコンパイルするのが最も簡単であるシステムである。 他のコンパイラはコードの特別な付加物(作業場所など)か変更さえ必要とするかもしれない。 GNUコンパイラはFlightGearのようにGPLの同じ感覚で無料である。 何かが編集の間失敗するならば、あなたはセクションA、Missedアプローチをチェックしたがっているかもしれない。 これが助けない場合では、我々は、メーリングリストの1つに手紙を書くのを勧める(申し込みのヒントが章Cを参照するので)。

市販のいくつかのリナックス配がある、そして、彼らの大部分は働くべきである。 何かがFlightGearの(しばしば時代遅れ)のバージョンで束ねられさえした状態で来る。 しかしながら、あなたが分配をダウンロードするか、または買うならば、Debian(ウディ)はほとんどの人々によって勧められる。 また、SuSEはよく働いている。

リナックス/Unixシステムとは逆に、通常、Windowsは少しも開発ツールなしで来る。 このように、あなたは最初に、開発環境をインストールしなければならない。 Windowsでは、あなたが造る飛行機を造ると、以前、ある意味で、プラントはビル飛行機のために建設されなければならない。 これは以下のセクションの話題になるだろう。(リナックスユーザはそれを省略することができる)。

2.1 Windowsの下で開発環境を準備すること。 Windowsとこれに利用可能な強力な開発環境がただでさえある: Cygnus開発ツール、resp。 Cygwin。 それらの家がある。

http://sources.redhat.com/cygwin/,

そして、いつもそこで時折先へ進むのは、チェック後部への名案である。

この頃は、Cygwinをインストールするのはほとんど自動である。 まず最初に、あなたがCygwin、PLIB、SimGear、およびFlightGearに生きて欲しく、およそ1GBを持っているドライブがディスクのスペースを解放するのを確実にしなさい。 一時的なディレクトリを作成しなさい、そして上で指定されたサイトからそのディレクトリまでインストーラをダウンロードしなさい。 (インストーラはCygnus環境の自動インストールをするが、時々新しいインストーラをダウンロードするのは、良い考えである。)

現在、インストーラを呼び出しなさい。 それは3つのオプションをあなたに与える。 2番目のマシンへの再インストールかインストールの場合に二度ものをダウンロードしなければならないのを避けるために、我々はツーステップ手順を撮影に非常に推薦した。 まず最初に、インターネットからオプションDownloadを選択しなさい。 あなたの一時的なディレクトリ、あなたのインターネット接続設定のパスを挿入しなさい、そして次に、鏡のフォームにリストを選びなさい。 ほぼサーバで好まれるかもしれないが、ミラーリングと共に少しの後ろにというのに時々あるかもしれない。 我々は見つけた。

ftp://mirrors.rcn.net

非常に最近の、そして、速い選択。 隣の窓では、通常、デフォルト設定は良い始めである。 今度は、Nextを選びなさい、そして深く座りなさい、そして待ちなさい。

あなたが完了したならば、別の時に現在、オプションInstallと共にローカルディレクトリからインストーラを呼び出しなさい。 一時的なディレクトリを確認した後に、あなたはルートディレクトリを選択することができる(あなたの疑似UNIXファイルシステムに関するルートディレクトリとして機能して)。 白鳥座はドライブの実際のルートディレクトリを取るのを勧めて、その結果、cを選ばない: /Cygwin(もう一方はc: また、仕事よりも追い立てられるが)。 今度は、すべてのCygwinものとすべてのFlightGearがこのディレクトリの下で人生を詰める。 添加で選ぶ。

デフォルトテキストファイルタイプ: unix

さらに、あなたには、すべてのユーザかまさしくあなたのためにコンパイラをインストールする選択がある。

インストールの前の最終的な窓が、インストールするためにいくつかのパッケージをあなたに変形する。 それは、FlightGearと付随のライブラリをインストールしなければならなかったパッケージの最小の種類を提供するために困難である。 我々は働くために以下の(非最小)の組み合わせを観測した:

Admin skip Archive install Base install Database skip Devel install Doc install Editors skip Graphics install Interpreters install Libs install Mail skip Net skip Shells install Text install Utils install Web skip XFree86 do not install!

注意 ビルFlightGearと付随のライブラリにXFree86を設置してはいけない。 それがインストールされるならば、あなたは最初に、それを取り外さなければならない。 さもなければ、FlightGearの構成スクリプトはXFree86 OpenGLライブラリを検出して、それらにリンクされるが、コードはそうするように準備されない。

最終的なステップとして、あなたはパス=cを加えるのによって、自分のパスに2進のディレクトリ(: 例えば、c: /Cygwin/bin)を入れるべきである: Windows 95/98/MEの下のあなたのautoexec.batの\Cygwin\bin。 WindowsNT/2000/XPの下では、Windows制御パネルでSystem特性のページの下のExtendedタブを使用しなさい。 そこでは、あなたがボタンにEnvironment変数を見つけるだろう。そこでは、あなたが命名されたディレクトリを加えることができる。

現在、あなたが行われる。 幸い、このすべてが一度だけ必要である。 ここに、あなたには、UNIXのほとんどような(コマンドライン)開発環境がある。 これのために、以下のステップはWindowsとリナックス/Unixの下でほとんど同じである。

2.2 Windowsの下で開発環境を準備すること。 通常、どんなUNIXのようにも、コンパイラがプレインストールされている状態で、リナックスは来る。 他方では、あなたは、数個が存在しているライブラリを必要としたのをまだ確実にしなければならない。

まず最初に、あなたにはすべての必要なOpenGLライブラリがあるのを確実にしなさい。 幸い、最近のリナックス配(すなわち、SuSE-7.3)の大部分は既に正しい場所にこれらを入れる。 (レポートがあって、もっとも、過多-3.7を造った後に、あなたがそうすることができるスラックウェアのそれは手で/usr/local/libへのライブラリと/usr/local/includeへのヘッダーをコピーしなければならない。) 必ず適切なパッケージをインストールしなさい: あなたが欲しい基本的なX11もの以外に 例としてのSuSE--以下のパッケージ: メサ、メサ-devel、mesasoft、xf86_glx、xf86glu、xf86glu-devel、mesaglut、mesaglut-devel、およびplib。

また、あなたにはインストールされる通常リナックスカーネルをコンパイルするのに必要であるツールの房があるのが期待される。 したがって、あなたは使用することができる。リナックスカーネルソースパッケージふたは必要な依存を決定する。 以下のパッケージはFlightGearソースをいじくるとき、役に立つと判明するかもしれない: automake、autoconf、libtool、バッファロー、屈曲であってそれ以上であり、それは、リナックスカーネルを造るのに必要でない。

あなたのリナックス分配で乗船するものとPlibライブラリのリリースを比べてください。 FlightGearがあなたのベンダーによってまだ提供されていないより新しいものを必要とするのは、ケースであるかもしれない。

2.3 リナックスのための1回の準備とWindowsユーザ あなたのリナックスかWindowsシステムがインストールしたか、またはインストールしなかったかもしれない2,3の3番目のパーティーライブラリ、すなわち、ZLIBライブラリ、およびMetakitライブラリがある。 あなたはあなたのインストールされたパッケージのリストをチェックしてみるか、またはただSimGearを造ってみることができる: これらのライブラリの1つが欠けているならば、それはエラーメッセージ(これを観測しなさい!)を出て、痰唾を吐くべきである。

この観測をするならば、欠けているライブラリをインストールしなさい(あなたがあなたのために開発環境を再インストールする場合)。(ライブラリが一度必要であるだけである)。

両方のライブラリはそれらにリンクするSimGearと共に束ねられた状態で来て、バスは自動的にそれらをインストールしない。 いずれか一方をインストールするには、最新のファイルSimGear-X.X.X.tar.gzを手に入れなさい。 http://www.simgear.org/downloads.html

それを/usr/local/sourceにダウンロードしなさい。 そのディレクトリに変化しなさい、そしてSimGear使用をアンパックしなさい。

tar xvfz SimGear-X.X.X.tar.gz.

あなたは2つの名前を含むディレクトリsrc-リブライブラリを観測するだろう。

2.3.1 ZLIBのインストール cd into SimGear-X.X.X/scr-libs and unpack ZLIB using

tar xvfz zlib-X.X.X.tar.gz.

次に、新たに作成されたディレクトリzlib X.X.Xとタイプに変化しなさい。

./configure make make install

リナックスの下では、あなたはインストールをすることができるので根になって、例えば、suを通して命令しなければならない。

2.3.2 Metakitのインストール cd into SimGear-X.X.X/scr-libs and unpack Metakit using

tar xvfz metakit-X.X.X.tar.gz.

次に、ディレクトリzlib X.X.X/体格(!)に変化して、タイプしなさい、(、どこ、tclとのオプション=いいえが、Cygwinシステムに少なくとも必要であることを構成しなさいか、)、:

./configure --with-tcl=no make make install

リナックスの下では、あなたはインストールをすることができるので根になって、例えば、suを通して命令しなければならない。

あなたはSimGearあなたが出くわす場合における-X.X.scr X/リブ問題の下でReadmeファイルに相談したがっているかもしれない。

2.4 リナックス/Windowsの下でFlightGearをコンパイルすること。 以下のステップはリナックス/UnixとWindowsの下が小さい方の変更と同じである。 Windowsの下では、スタートメニューかデスクトップからまさしくCygwinアイコンを開いて、コマンドラインを得なさい。

初めに、体格の過程がFlightGearであることはあなたが組立であってこのオーダーにインストールされるのに必要とするパッケージを4に基礎づけた:

PLIB SimGear FlightGear, program FlightGear, base (data - no compilation required) First, choose an install directory for FlightGear. This will not be the one your binaries will live in but the one for your source code and compilation files. We suggest cd:/usr/local/

mkdir source

今度は、あなたはインストールaサポートライブラリにビルの過程に絶対に不可欠のPLIBを持っている。 PLIBは基本的なグラフィックス表現、オーディオ、およびジョイスティックルーチンの大部分を含んでいる。

http://plib.sourceforge.net/ 
からPLIBの最新の安定したバージョンをダウンロードしなさい。

/usr/local/sourceに。 そのディレクトリに変化しなさい、そしてPLIB使用をアンパックしなさい。

tar xvfz plib-X.X.X.tar.gz.

cd into plib-X.X.X and run

./configure make make install.

リナックスの下では、あなたはインストールをすることができるので根になって、例えば、suを通して命令しなければならない。

あなたが現在/usr/include/plibの下にPLIBのヘッダーファイル(ssg.hなどとしての)を持っていると確認しなさい、(、どこにもほかに)

次に、あなたは基本的なシミュレーションルーチンを含む別のライブラリSimGearをインストールしなければならない。 最新のファイルSimGear-X.X.X.tar.gzを手に入れる。 http://www.simgear.org/downloads.html

それを/usr/local/sourceにダウンロードしなさい。 そのディレクトリに変化しなさい、そしてSimGear使用をアンパックしなさい。

tar xvfz SimGear-X.X.X.tar.gz.

cd into SimGear-X.X.X and run

./configure make make install

一方、あなたはリナックスの下では、インストールをすることができるので根になって、例えば、suを通して命令しなければならない。

今、あなたは最終的にFlightGear自身を造るように用意ができている。 FlightGear-X.X.X.tar.gzを手に入れる。 http://www.flightgear.org/Downloads/

そして、それを/usr/local/sourceにダウンロードしなさい。 FlightGear使用をアンパックしなさい。

tar xvfz FlightGear-X.X.X.tar.gz.

cd into FlightGear-X.X.X and run

./configure

構成、スイッチを通して指定されるべき関連ものがある頻繁なオプションに関して、知っている。

  • with-network-olk: Include Oliver Delise’s multi-pilot networking support,
  • with-new-environment: Include new experimental environment subsystem,
  • with-weathercm: Use WeatherCM instead of FGEnvironment,
  • with-plib=PREFIX: Specify the prefix path to PLIB,
  • with-metakit=PREFIX: Specify the prefix path to Metakit,
  • with-simgear=PREFIX: Specify the prefix path to SimGear,
  • prefix=/XXX: Install FlightGear in the directory XXX.
  • disable-jsbsim: Disable JSBSimm FDM (in case of trouble compiling it).
  • disable-yasim: Disable YASim FDM (in case of trouble compiling it).
  • disable-larcsim: Disable LaRCsim FDM (in case of trouble compiling it).
  • disable-uiuc: Disable UIUC FDM (in case of trouble compiling it). A good choice would be --prefix=/usr/local/FlightGear. In this case FlightGear’s binaries will live under /usr/local/FlightGear/bin. (If you don’t specify a --prefix the binaries will go into /usr/local/bin while the base package files are expected under /usr/local/lib/FlightGear.)

走って、首尾よく終わって、仮定は構成する。

make make install.

一方、あなたはリナックスの下では、インストールをすることができるので根になって、例えば、suを通して命令しなければならない。

Note: あなたはすべてのデバッグシンボルを全部はぎ取るのによるかなりの量のスペースに実行可能を救うことができる。 これをするには、aを作りなさい。

cd /usr/local/FlightGear/bin

インストール木のあなたのbinariesが生きていて、走るディレクトリに

strip *.

これは実行可能を建てるのを完了して、/usr/local/FlightGear/binの下でファイルfgfs(Unix)かfgfs.exe(Windows)をもたらすべきである。

Note:あなたがシミュレータを再建したがっているいかなる理由でもX.XかFlightGear-X.でSimGear-X.でdistcleanにコマンド造を使用しなさい。すべての体格を取り除くX.Xディレクトリ。 望んでいるならば、以前これらの同じディレクトリからファイルconfig.cacheを取り外すように再放送に構成しなさい(例えばPLIBなどの別のバージョンをインストールしたので)。

2.5 あなたが必要とするMac OS Xの下におけるMac OS X ForコンパイルでのFlightGearをコンパイルすること。

開発ツールがあるMac X OS10.1+はインストールした。 500MBのディスクの(最小)の自由なディスクのスペース。 コマンドラインコンパイルの不敵。 これはWindowsかリナックスの下で建てるより少し多くの勇気を必要とするだろう。 まず最初に、時々奇妙な構成の下でそれをテストしたより少ない人々がいる。 2番目に、ここでそれ自体で説明される過程は以上がCVS倉庫を使用するのによって経験する接触を必要とする。

まず最初に、開発ファイルをダウンロードしなさい。 それらは体格の過程を簡素化するのを助けるファイル、およびautomake、autoconf、およびplibのソフトウェアを含んでいる:

http://expert.cc.purdue.edu/ walisser/fg/fgdev.tar.gz

or

http://homepage.mac.com/walisser

あなたがこれをいったん抽出させる後、セットアップスクリプトがそれを必要とするので、あなたが自分のシェルとしてTCSHを使用しているのを確実にしなさい。

ジャガーユーザにとって、重要である。:

あなたがMac OS X10.2以降を走らせるならば、gcc 3.1はデフォルトコンパイラである。 しかしながら、バージョン2.95だけがこの書くことやがて、FlightGearと共に働いている。 デフォルトコンパイラを変えるには、このコマンド(根としての)を走らせなさい。 あなたは一度これをしなければならないだけであるだろう、そして、それはシステムにグローバルな効果を与えるだろう。

sudo gcc select 2

Setup the build environment: cd fgdev source bin/prepare.csh Install the latest versions of the automake and autoconf build tools: cd $BUILDDIR/src/automake-X.X.X ./configure --prefix=$BUILDDIR make install rehash cd $BUILDDIR/src/autoconf-X.XX ./configure --prefix=$BUILDDIR make install rehash

Download PLIB cd $BUILDDIR/src setenv CVSROOT :pserver:anonymous@cvs.plib.sf.net: /cvsroot/plib (one line!) cvs login Press <enter> for password cvs -z3 checkout plib Build PLIB cd $BUILDDIR/src/plib ./autogen.sh ./configure --prefix=$BUILDDIR make install Get the SimGear sources cd $BUILDDIR/src setenv CVSROOT :pserver:cvs@cvs.simgear.org: /var/cvs/SimGear-0.0 (one line) cvs login Enter <guest> for password cvs -z3 checkout SimGear

Build Metakit cd $BUILDDIR/src/SimGear/src-libs tar -zxvf metakit-X.X.X-32.tar.gz cd metakit-X.X.X/builds ../unix/configure --prefix=&BUILDDIR

  • enable-static --disable-dynamic (one line) make install

Build SimGear cd $BUILDDIR/src/SimGear ./autogen.sh ./configure --prefix=$BUILDDIR make install

Get the FlightGear sources cd $BUILDDIR/src setenv CVSROOT :pserver:cvs@cvs.flightgear.org: /var/cvs/FlightGear-0.X (one line!) cvs login Enter <guest> for password cvs -z3 checkout FlightGear Build FlightGear cd $BUILDDIR/src/FlightGear patch -p0 < ../jsb.diff ./autogen.sh ./configure --prefix=$BUILDDIR

  • with-threads --without-x (one line) make install Get the base data files (if you don’t have them already) cd $BUILDDIR setenv CVSROOT :pserver:cvsguest@rockfish.net: /home/cvsroot (one line) cvs login Password is ”cvsguest” cvs -z3 checkout fgfsbase Move data files (if you have them already) just make a symlink or copy data files to ”fgfsbase” in $BUILDDIR alternatively adjust --fg-root=xxx parameter appropriately Run FlightGear cd $BUILDDIR src/FlightGear/src/Main/fgfs

2.6 他のシステムにコンパイルすること。 働くGNU Cコンパイラの存在が与えられる場合、少なくともIRIXの上と、そして、Solarisの上で他のUNIXシステムにコンパイルするのはリナックスの手順とかなり同様である。 Solarisの特にIRIXと最近のリリースも基本のOpenGLライブラリと共に来る。 あいにく、「過多」ライブラリはほとんど外れていて、別々にインストールされなければならない(本章に紹介している注意を見なさい)。 「過多」ソースの編集が皆への些細なタスクでないので、あなたはプレ組立のバイナリーを使用したがっているかもしれない。 必要な物すべてがそれらを/usr/lib/とあなたが自分でライブラリを建設すると主張する/usr/include/GL/. Inケースの中に置くそれらを使用可能にしやすい. An方法が"glut.h"という"libglut.a"という静的なライブラリとインクルードファイルである、あなたはFreeGLUTを見たがっているかもしれない。

http://freeglut.sourceforge.net/

小さい方のひねりでコンパイルされるべきである。 パッチが見つけられるかもしれないのが必要である。

ftp://ftp.uni-duisburg.de/X11/OpenGL/freeglut_portable.patch

GCCが壊れている"fgfs"バイナリーを作成するので(「内部のコンパイラ誤り」に応じてコンパイラが止まらないといけないので)あなたがIRIXでGCC(あなたのCPUがR10/12/14kであっても)で64ビットのbinariesを作成したくないのに注意してください。 エリックHofmanがMIPSProコンパイラによる適切なコンパイルのためにFlightGearソースをひねることがなんとかできるならば(それが既にほとんど行われる)、事態は、 より良く見えるかもしれない。

公式のFlightGear分配に含まれているマイクロソフトVisual C++(MSVC6)のための作業場所があるべきである。 マッキントッシュユーザは、必要なCodeWarriorが.binアーカイブとしてファイルするのがわかる。

http://icdweb.cc.purdue.edu/ walisser/fg/.

異なったシステムにコンパイルするときの頻繁な(時に時代遅れであるが)ヒントはソースコードにdocs-ミニの下で含まれている。

2.7 ベースパッケージをインストールすること。 上で指定されたステップを実行するのに成功したならば、あなたはディレクトリにFlightGearのためのexecutablesを持たせるだろう。 これはもっとも、FlightGearを実行するにはまだ十分でない。 それら以外に、あなたはいわゆるベースパッケージの中に集められたサポートデータファイル(風景、航空機は鳴る)の収集を必要とするだろう。 あなたが公式のリリース、付随のベースパッケージが利用可能である最新のものをコンパイルするといけなかったので

ftp://www.flightgear.org/pub/flightgear/Shared/fgfs-base-X.X.X.tar.gz.

このパッケージは、通常かなり大きいが(およそ25MB)、FlightGearが走るように、インストールされなければならない。 それに必要であるどんな編集もない。 ただそれを/usr/localにダウンロードして、それをインストールする。

tar xvfz fgfs-base-X.X.X.tar.gz.

今度は、あなたは以下のディレクトリ構造で/usr/local/Flightgearの下ですべてのFlightGearファイルを見つけるべきである:、:

/usr/local/Flightgear

/usr/local/Flightgear/Aircraft

/usr/local/Flightgear/Aircraft-uiuc

. . .

/usr/local/Flightgear/bin

. . .

/usr/local/Flightgear/Weather.

2.8テストパイロットだけのために: CVSがスナップを撮るビル それ、あなたは、冒険にはいるか、または高度なユーザであると感じて、最近の出血の1つがスナップを斜めに進ませる缶のトライである。

http://www.flightgear.org/Downloads/.

あなたがSimGearからの最新のSnapshotを手に入れなければならないこの場合で

http://www.simgear.org/downloads.html

また。 しかし、用意しなさい: これらは開発のためにあって、バグを含むかもしれない(しばしばしなさい)。

あなたがこれらのCVSスナップを使用していると、最近があるコードとあなたが最新の開発者のバージョンをダウンロードしなければならない同時性には通常、上で指定されたベースパッケージがないだろう。

http://rockfish.net/fg/.

我々は、このパッケージfgfs_base-snap.X.X.X.tar.gzを一時的なディレクトリにダウンロードすると提唱する。 今度は、使用することでそれを減圧しなさい。

tar xvfz fgfs_base-snap.X.X.X.tar.gz.

上で指定されたディレクトリ構造が手に入れられて、最終的に、あなたを再確認しなさい。


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2005-11-12 (土) 22:58:58 (5631d)