翻訳作業場トップページ

フライト準備:FlightGearのインストール

FlightGearのインストールを行います。お好みにで、追加のシーナリ(地形データ)や 航空機データをインストールしてください。
Windows
Macintosh OS-X
Linux
Sgi Irix
の最新プログラムが以下のサイトからダウンロードできます。
http://www.flightgear.org/Downloads/binary.shtml
他のOSはApendix BのBuilding the plane: Compiling the programの章を参考に、ご自身でコンパイルしてください。

シーナリ(地形データ)のインストール

FlightGearのベースパッケージにはサンフランシスコ周辺のシーナリしか含まれていません。しかし、お好みで世界中のシーナリを追加インストールできます。このシーナリはSRTM標高データ(USAは30m他の地域は90mの分解能)によるVMap0地形データをベースに作られています。 他に、ビルディングや橋などのモデルが追加されています。 経度・緯度ともに10度に区切られたシーナリを以下のサイトからダウンロードできます。 http://www.flightgear.org/Downloads/scenery.htmlhttp://www.flightgear.org/Downloads/scenery.html

この他にCurt Olson氏によりDVDが販売されています。 http://cdrom.flightgear.org/http://cdrom.flightgear.org/

もしあなたが独自のシーナリを作りたいのであれば、TeraGearというソフトが使えます。 http://www.terragear.org/

William Riley氏作成のワールドシーナリデータを以下のサイトで入手することもできます。 http://www.randdtechnologies.com/fgfs/newScenery/world-scenery.htmlhttp://www.randdtechnologies.com/fgfs/newScenery/world-scenery.html

おそらく追加シーナリは、ベースパッケージに含まれていたシーナリデータのフォルダと分けてWorldSceneryというフォルダを作っておいた方が良いと思います。

Windowsの場合,例えば C:\Program Files\FlightGear\data\WorldScenery Linux/Unixの場合 /usr/local/share/FlightGear/WorldScenery になります。

このフォルダの下にTerrain と Objects というフォルダも作っておいてください。 これらのフォルダには地形データやビルディング・橋などのデータ保存に利用されます。 ダウンロードしたシーナリデータを解凍してWorldScenery\Terrain フォルダに入れてください。 ただし、958402.gzのような地形データは解凍しないでください。 このままの形式でFlightGearが読み込みます。

シーナリインストールの一例として、グランドキャニオンが含まれるw120n30のシーナリデータをインストールしてみましょう。 解凍したパッケージを C:\Program Files\FlightGear\data\WorldScenery\WorldScenery へ入れるだけです。

C:\Program Files\FlightGear\data\WorldScenery\WorldScenery\Object C:\Program Files\FlightGear\data\WorldScenery\WorldScenery\Terrain/w120n30/w112n30 C:\Program Files\FlightGear\data\WorldScenery\WorldScenery\Terrain/w120n30/w112n31・・・ C:\Program Files\FlightGear\data\WorldScenery\WorldScenery\Terrain/w120n30/w112n39

Windowsの場合は同梱ソフトのInstall&Uninstall Scenelyでファイルの解凍も含め簡単にインストールできます。 さらに、高層ビルや電波塔などを追加したいのでしたらhttp://fgsdb.stockill.olgから、インフォメーションを参考にダウンロードしてください。 インストールしたシーナリを利用する為には、FlightGearを起動してSelectPaths(Prevボタンを押して、一番最初の画面)のFG_SCENERYにフォルダの場所を設定するか、起動時にオプションコマンドとして --fg-scenery=フォルダまでのパス を打ち込んで起動してください。MacOSX Linux

UNIXなどは環境ファイルのFG_SCENERYにパスを書き込んで下さい。

オプションコマンドの詳しい情報は第3章をご覧ください。

2.2 機体のインストール

FlightGearのベースパッケージにはいくつかの機体が同梱されていますので、すぐにフライト可能です。その他の機体もスピットファイアーのような第二次大戦機からボーイング747のような旅客機まで幅広く開発されており、以下のサイトからダウンロードできます。 http://www.flightgear.org/Downloads/aircraft/ インストールはいたって簡単です。FlightGearのデータフォルダの下にあるAircraftフォルダ(Windowsの場合C:\Program Files\FlightGear\data\Aircraft)にダウンロードした機体データを解凍し移動するだけです。 次回FlightGearを起動したときには、インストールした機体が利用可能になっています。

2.3 ドキュメントのインストール

ほとんどのパッケージにはフライトギアのマニュアルとして"The FlightGear Manual"が同梱されています。このマニュアルを読む為にはAdbe AcrobatReaderが必要です。お持ちでなければ以下のサイトからダウンロードしてください。 http://www.adobe.com/jp/products/acrobat/

もちろんFlightGearのヘルプメニューからhtmlバージョンを見る事もできます。 そのうえ、ソースコードにはdocs-miniというフォルダに優良な解説書が含まれています。これは、FlightGearをより深く理解する為に良い読み物です。


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2006-06-24 (土) 10:11:21 (5408d)