logo
ホーム •  フォーラム •  日本語wikiトップ •  アカウント情報 •  サイト内検索 •  新規登録
 ログイン
ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録
 メインメニュー
 米国サイト
 オンライン状況
28 人のユーザが現在オンラインです。 (3 人のユーザが フォーラム を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 28

もっと...

Re: WEDの扱い方について

このトピックの投稿一覧へ

なし Re: WEDの扱い方について

msg# 1.3.1
depth:
2
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿.1 | 投稿日時 2017-3-19 11:44 | 最終変更
hide  長老 居住地: 兵庫県  投稿数: 634
hideです。
 今回は、あと少しでTerraGearによるシーナリー作成が出来そうなのに、うまく行かない…というご報告です。
 一応、緑のバーグラフが軒並み100%まで進み、workフォルダ内にMaterialフォルダ群が発生しまして、作業は成功したかに思えました。しかしoutput/Terrainフォルダが作られず、どうしても原因が分かりません。解決法をご教示頂けましたら幸いです。取りあえず前回のWEDのご相談の続きと見なして、こちらに書かせて頂きます。

 以下に作業全般の手順をご報告します。先日も一度失敗しているので、全素材・ツールの入手からやり直して、作業フォルダ関係は空っぽの新品としました。

TerraGearのインストール。
 本サイト「TerraGearダウンロード」(2016年10月1日toshiさんご投稿分)に従い、TerraGear_ws2.0_plusGUI.rarを入手。解凍してC:\Program Filesの直下に必要なフォルダを配置しました。最初からTerraGearGUIが同梱されており、別途単独で手に入れたGUIの最終安定版と同じビルドでした。

TerraGearGUIを起動し、Startタブにあるディレクトリを設定。
Project Directory: D:\BuildScenery
TerraGear root:  C:\Program Files\TerraGear_ws2.0_plusGUI\WS2.0FinalTG
FlightGear root : C:\FlightGear 2017.1.2\data
としました。
 英文wikiのTerraGearマニュアルでは、TerraGearルートにmsvcp71.dll、mscvr71.dll、gdal12.dll を追加するよう求めていますので、フリーソフト配布のVectorとdll-files.comから全部入手し、フォルダに追加しました。
(このためか、今回は「ファイルがない!」というエラーメッセージは一度も出ていません)

Download タブを開きます。
 地形制作範囲として、松山市周辺など北緯33〜34度、東経132〜133度を選択。シェープファイルのDLを一応試しましたが、ホストが反応せず断念。標高データはSRTM-3(100mメッシュ)が受信成功。また「TerraGearダウンロード」(2016年10月14日inomatyさんご投稿分)に従ってSRTM-1(30mメッシュ)も別途入手し、今回はこちらを使うことにしました。

 シェープファイルも「日本だけ吸い出したv0MAP」をJPオリジナルダウンロードから、ありがたく頂戴致しました。解凍して得た計84個のdbf、prj、shp、shx ファイルを、取りあえずD:\BuildScenery\dataフォルダに放り込んでおきました。

Elevation タグを開いて設定します。
 分解能を上げたいので、HGTファイルはSRTM-1、Resolution も1arc seconds を選択。Extra options は次の通りです。
 Min.nodes:デフォルト50のまま。
 Max.nodes:デフォルト1000を1500に。
 Max.error:デフォルト40を20に。
 Convert elevations data ボタンを押すと、緑バーが100%に伸びました。万歳!! D:\BuildScenery\work\SRTM-1の下位に、緯度経度別に4つの地域フォルダができて、それぞれに圧縮ファイルが20〜30個ほど見えます。

Airportsタブを開きます。
 エリア内の全空港選択(ただしRJOMのみ)のまま、Generate airportsボタンを押すと、すぐバーが100%に。work フォルダには AirportAreaとAirportObjフォルダが発生し、データが入りました。後者にはRJOM.btg.gzファイルが含まれますので、これはそのうち、自作のものに取り替えてみたいと楽しみにしています。

次はMaterials フォルダ。これが難物でした。
 まず一番左の「Shapefile」列に「v0_bog」「v0_deciduousforest」など17の項目が並びました。これらはでD:\BuildScenery\dataフォルダに放り込んだv0MAPファイル群が、自動的に仕分けされたフォルダの名称ですね。画面第2列は「Material」という空白の欄。下にあるRetrieve shapefiles ボタンを押しても変化がないので、手動で埋めなくてはならないようです。画面右下の「Material:」と記されたプルダウンメニューを操作し、それぞれ一番似たマテリアル名を選んで、さきほどの空白欄に書き込みました。
 作業を終えた後、Buncyoさんのブログの記事「TerraGearGui-v0.9.12を使う」を参考に、Point with 欄に「1000」という値を入れてみました。またIgnore errors にチェックが入っており、そのままとします。この状態から、大きなDecode shapefiles and apply materials ボタンを押すと、じわじわとグリーンのバーが100%まで伸びました。
 ここまでは、うまく行ったと思ったのですが…

Ш埜紊Construct タブで立ち往生:
 画面右のTerrain types 欄に並んでいるMaterial 名を全て選択し、Ignore landmass にチェックを入れます(こうしないと、エラーが出ます)。さて Generate scenery ボタンを押すと、一瞬でグリーン100%になりました。これはおかしい。速すぎますし、workフォルダを見ても outputフォルダが作られていません。
 そこで英文FlightGear-wikiの「TerraGear」項目をじっくり読むと、Construct の項目に「注意:最近のTerraGearビルドでは、使用されたマテリアル名をdefault_priorities.txtファイルに追加する必要があります」と、不気味なことが書かれていました。これが原因かも知れませんが、書式が全く分かりません。私は最初、default_priorities.txt の末尾に、試しに次のように書き足してみました。

v0_bog          Bog
v0_deciduousforest DeciduousBroadCover
v0_drycrop       DryCropPastureCover
v0_evergreenforest EvergreenForest
v0_grassland      GrassLand
v0_herbtundra     HerbTundraCover
v0_intermittenlake IntLake
v0_irrcrop        IrrCrop
v0_lake          Lake
v0_landmass      other
v0_marsh        Marsh
v0_mixedcrop     MixedCropPastureCover
v0_mixedforest    MixedForestCover
v0_sand         Sand
v0_scrub         ScrubCover
v0_urban         Urban
v0_void          other

 しかし考えてみると、ここでv0MAPのフォルダ名を持ち出すのは、見当外れのようですね。なので、かなり当てずっぽうですが、追加分を次のように書き換えてみました。

Void      other
Null      other
Unknown  other
DeciduousBroadCover  other
DryCropPastureCover  other
HerbTundraCover     other
IntLake             Lake
MixedCropPastureCover other
MixedForestCover     other

 いずれも結果は、ダメでした。ここをどう乗り越えたらよろしいのか、ご教示をお待ち申し上げます(..)。

Intel Core i7-4790 3.6GHz
24.0GB RAM
GTX970 4GB
Win-7 PRO 64 SP1
FlightGear 2017.1.2
投票数:0 平均点:0.00

投稿ツリー

  条件検索へ


 検索

高度な検索
 新しい登録ユーザ
dilasahali 2019-12-14
calemons 2019-12-14
imyqoqew 2019-12-14
adatsm86 2019-12-14
Chaitra 2019-12-14
yvyzep 2019-12-14
abywy 2019-12-14
ykuxywon 2019-12-14
opibun 2019-12-14
asafat 2019-12-14
 最近の画像(画像付)
植生図を利用した北... (2019-6-16)
植生図を利用した北...
空が真っ暗に (2019-5-18)
空が真っ暗に
植生図を使用した富... (2019-4-15)
植生図を使用した富...
春の嵐METAR回復 (2019-2-23)
春の嵐METAR回復
FlightGear 2018.3.2... (2019-2-14)
FlightGear 2018.3.2...
Powered by XOOPS Cube 2.1© 2001-2006 XOOPS Cube Project
Theme designed by OCEAN-NET