FlightGearフライトスクール/第I部

第4章 基本的な機動

4.1 オートパイロット

C172に一時間乗った後なら分ると思いますが、時々パイロットの仕事は非常に疲れるかもしれません。
従って、本当に賢い人々はオートパイロットを発明しました。
今日では、色々なシステムが使用可能となっています。
最も単純なものでは、私たちが昔使っていたC172のようにロール量をコントロールするだけです。
これらのシステムは'One-Axis-System'と呼ばれます。
(訳注:現行のFlightGear 1.0.0用のC172では、KAP140 Two-Axis-Systemが搭載され、これは昇降率の調整も行うことが出来る)
もっと複雑なものは'Three-Axis-Systems'と呼ばれます。これらは、離陸から着陸までの飛行が出来ます。
今日の民間の航空では、飛行の大部分がオートパイロットを使用しています。
詳しくは、AutoPilot (原文未執筆)、Bendix/King KAP140 オートパイロットについてなどを見てください。


4.2〜4.6 原典未執筆のため省略 -2007/10/23 sambar 4.1改訳 -2008/02/22 sambar


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2008-02-22 (金) 19:32:55 (3502d)