このドキュメントはFlightGear Flight Simulator - Installation and Getting Startedの一部を日本語に訳したものである。
Original URL:http://www.jp.flightgear.org/Docs/InstallGuide/getstartch5.html#x10-570005

第5章
機内: すべての機器、キーストローク、およびメニューに関して
この章はプログラムを制御して、飛行機を操縦するメインシステムの説明である。開発経緯からすると、キーボードコントロールが最初に開発された。だから、あなたはキーボードだけを使ってシミュレータの大部分を制御することができる。 その後で、いくつかのメニューエントリー、初心者がよりアクセスし易いインタフェースと追加機能を補った。

本当の飛行感を得るためには必ずジョイスティック*1を手に入れるべきであると考えている。好きならばヨーク*2とラダーペダル。どの場合でも、あなたがモードやオプションや制御をコントロールするのための装置を指定することができる。すなわち、ジョイスティック、キーボード、マウスが選択できる。 デフォルト設定はジョイスティックである。 計器に関しても、2つの代替手段がある。あなたはパネルかHUD*3を使用することができる。

これに基づいた章を見つけることができる短いリーフレット

http://www.flightgear.org/Docs/FGShortRef.html *4

また、FlightGearのヘルプメニューから、ある版数のこのリーフレットを開くことができる。

5.1 Starting the engine
シミュレータを開始するとき、状況によってエンジンはオンだったり、オフだったりする。エンジンがオンならば、シミュレーションを続けることができる。 エンジンがオフならば、最初にエンジン始動をしなければならない。 エンジンを始動するための点火スイッチはパネルの左下隅に位置する。 パネルを図4に示す。

getstart10x.gif
図 4: 点火スイッチ *5

それには「OFF」、「L」、「R」、「BOTH」および「START」の5つの位置がある。最も右の位置は、エンジンを始動するものである。 エンジンを始動するには、最初にマウスを使用して「BOTH」位置に置きなさい。

エンジンを始動するためにミクスチャーレバー*6が100%でなければならないのを覚えておきなさい(全ての場合イン)。さもなければ、あなたは失敗するだろう。 さらにスロットルをおよそ25%に進めなさい。

ただちにSPACEキーを使用して、スターターを操作しなさい。 SPACEキーを押すとき、あなたは、点火スイッチが"START"に位置に変わることを見て、数秒後にエンジンが始動する。 その後スロットルをアイドルに返すことができる(全ての場合アウト)。

さらに、サイドブレーキがオンであるならば(赤色ライト)、 そうだとすれば、「B」ボタンを押して、それらをリリースしなさい。

5.2 Keyboard controls

あなたはジョイスティック*7かヨーク*8とラダーペダルの代わりに、キーボードだけを使用してFlightGearを飛ばすことができる。 適切なコントロールをするために、飛行中のキーボードは(1)NumLockキーは必ずON(2)FlightGearウィンドをフォーカスする。(もし、そうでなければグラフィックウィンドウをマウスでクリックする)あなたがジョイスティック*9かヨーク*10を使うときも、いくつかのキーボードコントロールが役に立つ。

以下のように、NumLockを有効にした後はメインキーボードコントロールは飛行機を操縦するために働く。

Tab. 2: NumLockを有効にした数字キーパッドに割り当てられた、FlightGearのためメインキーボードコントロール

KeyAction
9/3*11スロットル
4/6エルロン
8/2エレベータ
0/,*12ラダー
5エルロン/エレベーター/ラダーをセンターに戻す
7/1エレベータートリム

視点を変えるためには、NumLockを無効にする必要がある。 それから、シフトキー+<数字キーパッド>は次のように視点を変える。

Tab. 3: NumLockを無効にした後、数値キーパッドでアクセス可能な視界方向

Numeric KeyView direction
Shift-8前方
Shift-7左前
Shift-4
Shift-1左後ろ
Shift-2後方
Shift-3右後ろ
Shift-6
Shift-9右前

そのうえ、スクリーンの上の表示を調整するために、さらに多くのオプションがある。

Tab. 4: 表示オプション

KeyAction
Pコックピットパネルの表示/非表示切り替え(訳注:「2Dパネルの表示/非表示切り替え」の機種が大半)
c2D/3Dパネルの切り替え(両方が使用可能であれば)(訳注:「3Dパネルの表示/非表示切り替えの機種が大半?」)
s2Dパネルでの表示方法(主要計器のみの表示/全計器の表示)の切り替え
Shift-F5/F62Dパネルの表示位置を下/上へ移動
Shift-F7/F82Dパネルの表示位置を左/右へ移動
Shift-F3Read a panel from a property list
i/IHUD表示サイズを最小/最大化
h/HHUDの表示色変更(訳注:輝度変更)/toggle HUD off forward/backward(訳注:HUDの表示を緑→赤→切りの順で切り替え)
x/Xズームイン/アウト
v視点の切り替え (pilot, Hericopter, chase, tower ,chase view from yaw)
Wフルスクリーン表示のオン/オフ切り替え(3dfx only)
z/Z霧を濃くする/薄くする
F8霧のオン/オフ
F2Refresh Scenery tile cache
F4Force Lighting update
F9Toggle texturing on/off
F10上部メニューバーの表示/非表示

自動操縦装置は以下のキーを使って制御される。

Tab. 5: 自動操縦装置と関連するコントロール。

KeyAction
Ctrl + AAltitude hold toggle on/off
Ctrl + GFollow glide slope 1 toggle on/off
Ctrl + HHeading hold toggle on/off
Ctrl + NFollow NAV 1 radial toggle on/off
Ctrl + SAutothrottle toggle on/off
Ctrl + TTerrain follow toggle on/off
Ctrl + UAdd 1000 ft. to your altitude (emergency) Enter Increase autopilot heading
F6Toggle autopilot target: current heading/waypoint
F11Autopilot altitude dialog
F12Autopilot heading dialog

Ctrl +Tは、あなたがセスナ機をクルーズミサイルのように少ししか操縦しないとき、特におもしろい。 Ctrl +Uは、あなたが墜落すると感じるとき便利かもしれない。 (本当の飛行機もそのようなキーがあるべきでないか?)

自動操縦が可能になると、いくつかの数字キーパッドキーには特別な役割が与えられる。

Tab. 6: 自動操縦装置が可能になったときの、キーの特別な作用

KeyAction
8 / 2Altitude adjust
0 / ,Heading adjust
9 / 3Autothrottle adjust

エンジン始動を制御するためのキーがいくつかある。

Tab. 7: エンジン制御キー

KeyAction
SPACEFire starter on selected engine(s)
!Select 1st engine
@Select 2nd engine
#Select 3rd engine
$Select 4th engine
{*13Decrease Magneto*14 on Selected Engine
}*15Increase Magneto on Selected Engine
˜Select all Engines

これらの基本的なキーのほかに、特別な動きのための種々雑多なキーがある。初飛行のときは、たぶん試してみたいと思わないだろう。

Tab. 8: 種々雑多なキーボードの制御

KeyAction
BToggle parking brake on/off
bApply/release all brakes
gToggle landing gear down
,Left gear brake (useful for differential braking)
.Right gear brake (useful for differential braking)
lToggle tail-wheel lock)
]/[Extend/Retract flaps
pToggle pause on/off
a/ASpeed up/slow down (time acceleration)
t/TTime speed up/slow down
m/MChange time offset (warp) used by t/T forward/backward
Shift-F2Save current flight to fgfs.sav
Shift-F1Restore flight from fgfs.sav
F3Save screen shot under fgfs-screen.ppm
Shift-F4Re-read global preferences from preferences.xml
Shift-F10Toggle data logging of FDM on/off
ESCExit program

注意: あなたがWindowsマシンでscreenshot fgfs-screen.ppmを実行することが厄介だったら、単に「Print」キーを押すとスクリーンがクリップボードにコピーされることを、ちょっと思い出してください。あなたはクリップボードからどんなグラフィックスプログラムにもそれを貼ることができます。

最後に: FlightGear 0.7.7から始まった、これらの主要なキーの結合はすでにコード化されているが、ユーザが調整可能な状態にある。 それらの設定は、FlightGearメインディレクトリにあるkeyboard.xmlを介して確認も変更もすることもできる。 これは人が読める明瞭なASCIIファイルである。 初心者はこのファイルを変更するのから始めるのが、恐らく最も良い考えであろう。より高度なユーザは使いやすくするために、好みに従って主要な結合を変えるのが役に立つことに気づくだろう。(たぶん、他のシミュレータに習って)。

5.3 Menu entries

デフォルトでは、シミュレータを始動した後にメニューは消える。(あなたは本当の飛行機のメニューを見たことがありますか?ないでしょう?)。 トグル動作のF10を使用するか、またはマウスのポインタを左上角に動かすことによってメニューを表示できる。 メニューを消したいときは、単に再びF10を打つか、またはスクリーンの下部にマウスを動かしなさい。

現在のところ、メニューは以下の機能を提供する。

File

  • Load flight Loads the current flight, by default from fgfs.sav.
  • Save flight Saves the current flight, by default to fgfs.sav.
  • Reset Resets you to the selected starting position. Comes handy in case you got lost or something went wrong.
  • Hires Snap Shot Saves a high resolution Screen Shot under fgfs-screen-XXX.ppm.
  • Snap Shot Saves a normal resolution Screen Shot under fgfs-screen-XXX.ppm.
  • Print Prints screen shot (Linux only).
  • Exit Exits the program.

View

  • Properties Provides access to numerous properties managed via FlightGear's property manager. This is actually a quite powerful tool allowing to set all the values in the property tree. Obviously, this is a good place to crash the program by entering a "bad" value.
  • HUD Alpha Toggles antialiasing of HUD lines on/off.
  • Pilot Offset Allows setting a different viewpoint (useful for R/C flying).
  • Toggle Panel Toggles instrument panel on/off.

Environment

  • Goto Airport Enter the airport ID. For details on how to get the IDs see Section 4.4.5.

Autopilot

  • Set Heading Sets heading manually.
  • Set Altitude Sets altitude manually.
  • Add Waypoint Adds waypoint to waypoint list.
  • Skip Current Waypoint Self explaining.
  • Clear Route Clears current route.
  • Adjust AP Settings Allows input of several autopilot parameters.
  • Toggle HUD format Toggles figures of latitude/longitude in HUD.

Network (supposes compile option --with-network-olk)

  • Unregister for FGD Unregister from FlightGear Daemon.
  • Register for FGD Register for FlightGear Daemon.
  • Scan for Daemons Scan for daemons on the net.
  • Enter Callsign Enter your call sign.
  • Toggle Display Toggle call sign etc. on/off.

Help

  • Help Opens your browser and displays an overview on several help options (including links to this Guide as well as to the FAQ).

5.4 The Instrument Panel

あなたがFlightGearを始動するとき、セスナ機の計器パネルがデフォルトで起動されるが、「P」キーを押すのによって消すことができる。 セスナ機の計器パネルのすべての機能の完全な記述をすることは、このガイドの範囲を超えているので、我々は主な飛行機器と計器について最低限の概説をする。

パネルのすべてのレバーとノブはマウスで操作できる。操作するには、単にマウスの左ボタンまたは中ボタンを押すとノブやレバーが反応する。

どんなシミュレータのパイロットも知らなければならない最も重要な器具から始まろう。 計器パネル(図5)の中央上側の列にあなたの飛行機のピッチ*16とバンク*17を人工の地平線(水平儀*18 )に表示しているのを見つけるだろう。 ピッチ目盛とバンク目盛は同様で、10、20、30、60および90度がある。

水平儀*19の右に、あなたは速度計*20を見るだろう。 速度指示をノット単位*21で表示するだけでなく、あなたが考慮しなければならない独特の速度レンジを示す円弧がある。 初めに、緑の円弧はフラップが完全に引っ込められている状態で正常な操作ができる速度を示す。 白い円弧はフラップが動作する速度の範囲を示す。 黄色い円弧は滑らかな空気中だけで使用するべき速度範囲である。 それより上の終わりまでは、到達してはいけない速度を赤い円弧で示す。-- 少なくとも、あなたが飛行機を壊したいと思わないかぎり。

あなたは速度計の下に旋回滑り計*22を見つけることができる。 中央の飛行機*23はあなたの飛行機のロールを示す。 飛行機の翼を左か右の目盛りにあわせると標準の旋回速度、360度の旋回に2分かかる旋回速度を示している。 *24

旋回計の下は飛行機の滑り計である。 それは、舵と補助翼が連携しているかどうかを示す。 旋回中、あなたはいつもチューブの中のボールが中心に置かれたままで残っているような方法で補助翼と舵を操作しなければならない。さもなければ、飛行機は横滑りする。 簡単な規則は言うと「ボールを踏みなさい」、すなわち、ボールが左にあるならば、左の舵のペダルを踏みなさい。

getstart11x.gif
図 5: パネル。

ペダルを持っていなかったり、補助翼/舵の間で自動的に適切な比率で扱う経験を持っていないなら、あなたはオプションの自動コーディネートを使ってFlightGearを開始することができる。

水平儀*25の右に、あなたは、高度計が百フィート単位で海からの高さ(地面ではない!)を表示しているのを見つけるだろう。その下は、上昇と降下の1分あたりの割合を百フィート単位で表示する昇降計がある。 場合によっては、高度計を使うことが便利だと気づくことがある。表示には通常ある程度の遅れがあることを覚えておきなさい。

昇降計の下に100RPM単位で示す回転計(1分あたりの回転)がある。緑色の弧は長時間の飛行に最適な領域を示す。

主な計器は、さらに水平儀*26の下に位置するジャイロコンパスコンパスが加わる。 この他に、あとひとつ、パネルの上に磁気コンパスがある。

存在が手配したこれらの4個のゲージ、aでは、「T」は特別に重要である: 空気速度インディケータ、水平儀*27、高度計、およびコンパスは飛行の間、定期的にスキャンされるべきである。

これら以外に、数個の補っている器具がある。 非常に左に、明らかに重要なツールでありあなたは時計を見つけて、例えば、そこの時計は、回転rates.Belowを決定するには、あなたのエンジンの技術的な状態を表示する数個の、 より小さいゲージである。 どんなパイロットも知るべきようにそれらで確かに最も重要であるのは、燃料インディケータである。

点火スイッチはパネルの左下隅に位置する。(Cf。 図4). それには、5つの位置がある: "OFF"、「L」、「R」、"BOTH"、および"START" 最初のものは明白である。 2台のエンジン(実際にセスナ機には、1つがあるだけである)が参照されるのではなく、「L」と「R」は2台の安全目的のために存在している高圧磁石発電機に参照される。 テストpuposesに「前-飛行」の間、2つのスイッチ位置を使用することができる。 標準の間、スイッチが"BOTH" 極右位置で指すべきである飛行は、バッテリーで動かされたスターター(飛行ギヤで主要なSPACEと共に操作される)を使用するものである。

ほとんどの飛行シミュレータなどでは、あなたは本当の飛行機よりも実際に少し以上を得る。 ジャイロコンパスコンパスの直接下の赤い分野はブレーキの状態を表示して、すなわち、それは噛み合っているブレーキの場合に点灯される。 以下の器具はyouryokeの位置を示す。 これはあなたが実際のくびきを押している間に感じる欠けている力のために補償の種類として役立つ。 3個の矢が/に鼻を制御すると倒されるあなたのくびき/ペダル、銀行左/権利、舵の左/権利、およびスロットルの3本の軸に対応している。 (心を抑えなさい: 彼らは飛行機の実際の位置を反映しない!) 左の垂直な矢はエレベータートリムを示す。

パネルの右手の側面はラジオスタックによって占領される。 ここで、あなたは自動操縦装置と同様に2台のVOR受信機(NAV)、NDB受信機(ADF)、および2個のコミュニケーションラジオ(COMM1/2)を見つける。

コミュニケーションラジオは空気交通施設とのコミュニケーションに使用される; それはただ特別な頻度のクラスで動作する普通のラジオトランシーバーである。 頻度は"COMM"分野に表示される。 通常、2個のCOMトランシーバーがある; あなたがまだ前のものに接触している間に連絡する次のコントローラの頻度でダイヤルすることができるこの道。

また、ATISメッセージを表示するのにCOMラジオを使用することができる。 この目的、ただATISで関連空港の頻度をダイヤルするために。

VOR(Very High Frequency Omni方向のRange)受信機はコース指導に飛行の間、使用される。 送り主の頻度は"NAV"分野に表示される。 ある意味で、VORは同様に送り主の周りで半径のaの航空機の位置を表示するa軽い家の可能にするのに行動する。 それはラジオ波の1つの全方向の光線と2番目の光線(「回転する」信号が親切な状態で考えられるかもしれない)を伝える。そのフェーズはその方向に依存する最初のものと異なっている。 2つの信号の間のフェーズ差は360度の航空機の角度が注意深く扱う評価に半径である状態でVOR送り主、いわゆる許容する。 これほど半径であるのは、NAV1がその時、ゲージに表示して、NAV2(resp.)が頻度分野にむけて発ったということである。 VORが表示するのが、VOR送り主に比例して航空機の位置を示している間明確であるべきこのようは飛行機のオリエンテーションに関して何も言わない。

装置が2COM/NAVの下では、NDB受信機は、ADF(自動方向探知機)と呼んだ。 再び、施設の頻度を表示する分野がある。 ナビゲーションにADFを使用することができて、また、VORとの反対だけが航空機から送り主まで送り主にもかかわらず、ダイレクト見出しに比例して半径のaの飛行機の位置を示さない。 これは2個のNAVゲージの下のゲージに表示される。

COMM1表示を超えて、あなたは、内側の外側の、そして、そして、中央のresp.マーカー標識を示しながら、色の3LEDsが青く、こはくで、白いのがわかるだろう。 これらは着陸の間、距離を走路敷居に示す。 それら、頻度の入力を必要としないように。

ラジオの下では、あなたは自動操縦装置を見つけるだろう。 それはWL=「翼地ならし機」のための5個のキーを持って、従事すると、"HDG"=「見出し」、NAV、4月=「滑走スロープ」、およびALT=「高度」. Theseキーは対応する特性を支える。

あなたは、マウスを使用することでラジオの数を変えることができる。 この目的には、対応する数の下を円形のノブへの左/権利をクリックしなさい。 アクティブな/予備頻度の間で切り換えるのにこのノブに残される対応するスイッチは使用することができる。

これらの器具とそれらのナビゲーションの用途の作業の詳細な記述がこのガイドを超えてある; あなたはこのおもしろい話題に関心があるならば、我々は、計器飛行(シミュレーション)での本を参照すると提唱する。 そのうえ、これはまだ書かれなかったFlightGear便にSchoolには物質的であるだろう。

それは注意されるべきで、VFR(視覚飛行規則)に応じて、あなたがあなたと同じくらい長い間これらのラジオ器具を無視することができるのは厳密に飛ぶ予定である。 足りない人々がIFR(計器飛行規則)に飛ぶように、FlightGearが世界中のnavaidsの膨大なデータベースを含んでいると言及されるべきである。

または、そして、を通る最終的にあなたがパネルの右下でスロットル、混合物、およびフラップコントロールを見つける、(、思い出しなさい、フラップは設定することができる、ただマウスを使用する)

キーボードならば、構成ファイルを使用することでパネルを再構成することができる。 これらが飛行機特有でなければならないので、対応する飛行機のディレクトリの下で、それらを見つけることができる。 例として、c172-panel.xmlとしてのFlightGear/Aircraft/c172/Panelsでデフォルトセスナ機C172に関する構成ファイルを見つけることができる。 それ(すなわち、などゲージとその他を取り替えて、移行する)をカスタム設計するための付随のドキュメンテーションはディレクトリdocs-ミニでソースコードで見つけられるためにジョンCheckによって書かれたファイルREADME.xmlpanelに含まれる。

バージョン0.8.0以来、FlightGearには、前記のように2Dパネルに代わる手段として3Dコックピットを含む3Dコックピットがある(図6を参照しなさい)。 オプションを使用することでこれを動かすことができる--航空機=c172-3d。 その機能性は2Dパネルのものと前記のように同じであるが、はるかに現実的な視点を与えるが、器具は2Dコックピットで、 よりよく読み込み可能であるかもしれない。

getstart12x.gif
図 6: セスナ機172の3Dコックピット。

5.5 The Head Up Display

いまのところ、飛行機の主な飛行パラメタを読みだすための2つのオプションがある: 1が既に言及された計器パネルである、もう片方がHUDである(Head Up Display)が、. Neitherは普通の一般的な航空飛行機と民間もので使用されるHUDsである。 むしろ彼らは近代的な軍用のジェットの設備に属す。 しかしながら、何かが、一般的な航空航空機があってもHUDを使用することで飛ぶのが、 より簡単であることがわかるかもしれない。 数人のセスナ機のパイロットが、1つを持っているのを実際に好むかもしれないが、技術は一般に、HUDsを実行するには単に高価であり過ぎる。航空航空機。 そのうえ、HUDはパネルから読みだされないようにシミュレータ性能を特徴付けるいくつかの役に立つ数字を表示する。

図7で見せられるHUDは飛行機のすべての主な飛行パラメタを表示する。 センターでは、補助翼インディケータが上であり、舵のインディケータが以下にある状態で、あなたはピッチインディケータ(度による)を見つける。 高度のための対応するスケールをピッチスケールの左まで見つけることができる。 下部に、簡単な回転インディケータがある。

極左における2つのスケールがある: 外側のものはスロットルの位置を示すが、内側のものは速度(ktsの)を表示する。 セスナ機172はおよそ55ktsで立ち去る。 極端なr.h.sの2つのスケールがあなたの高さを表示して、それの権利はゼロより上でそれを与えるが、足でともに表示されて、i. e. 左のものは地面の上の高さを示す。

この他、HUDは情報をいくつかの追加に送る。 左上では、あなたが日付と時間を見つけるだろう。 そのうえ、あなたの現在の位置の緯度と経度、resp.は先端で見せられる。

あなたは、「H」か「h」キーを使用することでHUDの色を変えることができる。 トグルを押す、「、i/I、」 HUDを最小にするか、または最大にする。

getstart13x.gif
図 7: HUD、または表示へのヘッド。

5.6 Mouse controlled actions

ただmenuesをクリックすること以外に、あなたのマウスはある貴重な機能をFlightGearに得た。

3つのマウスのモードがある。 パネルの正規モード(ポインタカーソル)ところでは、マウスでコントロールを操作することができる。 コントロールを変えるには、対応するノブ/レバーの上の左/マウス中ボタンを理解しなさい。 マウス左ボタンは小さい増分/減少に通じるが、中くらいのものは、 よりすばらしいものを作る。 ノブ/レバーの左手側面でのクリックは値を減少させるが、右手の側でのクリックはそれを増加させる。

マウスを右クリックすると、シミュレータコントロールモードは動かされる(髪のカーソルに交差しなさい)。 これがジョイスティック/くびきの不在におけるマウスを通して補助翼/エレベーターのコントロールを許す、(、可能にする、--、この場合-自動コーディネートを可能にしなさい) ジョイスティックを持っていると、確かに、あなたはこのモードを利用しないだろう。

別の時にマウスを右クリックすると、視点コントロールモード(矢のカーソル)は動かされる。 これが視点の方向を変えさせて、すなわち、マウスを通して視点を撮影して、傾けなさい。

もう一度マウスを右クリックすると、それは初期の状態にリセットされる。

あなたがFlightGear(必要である、または追加風景をダウンロードするのを必要としないかもしれない)と共にあなたがチェックしたいかもしれないと発見するためにいくつかのおもしろい場所を探しているならば

http://www.flightgear.org/Places/ *28

現在、直接あなたが始めたい空港の空港コードを入れるためのメニューエントリーがある。

あなたがされて、飛行機を置いていこうとしているつもりであるならば最終的にまさしくESCキーを打つか、または対応するメニューエントリーを使用して、プログラムを出なさい。 それはテキストウィンドウをクリックするのによって単にシミュレータを「殺す」と提案されない。

5.7 Some further reading for student pilots

まだFlightGearの特定の飛行コースがないというその事実から見て、飛行機を操縦しながら学びたがっている人々のためのテキストにはいくつかの役に立つヒントがここにある。

まず最初に、FlightGearの主な開発者のひとりでありデヴィッドMegginsonによって書かれた素晴らしいチュートリアルがある--明確にFlightGearを使用することで基本的な空港サーキットを飛ばすことに関して。 このドキュメントは材料の数字のスクリーンショットなどを大いに含んで、利用可能である。

http://www.flightgear.org/Docs/Tutorials/circuit *29

FlightGearに新しくて(あまりに新しくない)である人はだれでも非常に始めとしてこれを試みるためにお勧めである!

そのうえ、特定の、しかし、それにもかかわらず、また、役立ったFlightGearでない数個の、 より多くのチュートリアルがある。 まず最初に、このタイプのかなり包括的なマニュアルはFAAによって発行されたAeronautical情報Manualであり、オンラインであることは利用可能である。

http://www.faa.gov/ATPubs/AIM/

これはBasic便情報へのOfficialガイドとFAAによるATC Proceduresである。 それは飛行規則、飛行安全、ナビゲーション、およびその他に関する多くの情報を含んでいる。 この少し困難であり過ぎる読書を見つけるならば、あなたはFAA Training Bookを好むことができる。

http://avstop.com/AC/FlightTraingHandbook/

非常時の状況までの離着陸のような手順を通して飛行機の飛行と働きの理論で始まって、飛行の全面を覆う。 これは飛行のときにいくつかの基礎を学びたいが、(まだ)雄ジカを高価な紙のパイロットのハンドブックを得るのに費やしていたがっていない人々にとって理想的な読みである。

前記のようにハンドブックがVFR(視覚飛行規則)に関する素晴らしい序論である間、それは、IFR(計器飛行規則)に応じて飛ぶのを含んでいない。 しかしながら、Woodを見つけることができるナビゲーションへの素晴らしい序論とチャールズによって書かれたInstrument便Rulesに従った飛行

http://www.navfltsm.addr.com/

別の包括的な、しかし、まだ読み込み可能なテキストはジョンDenkerの利用可能な「どう飛ぶかを見なさい」である。

http://www.monmouth.com/~jsd/how/htm/title.html *30

ベルヌーイの原理、抗力、パワー、および同様のもの後の章がVFRの高度な局面さえカバーしていて、IFRが飛んでいて始まって、これは本当のオンラインテキストの本である。


操作表を可能な範囲で日本語に翻訳。続きはまた今度やるかもしれません。 -sambar


*1 訳者注:棒型の操縦桿
*2 訳者注:ハンドル型の操縦桿
*3 訳者注:Head Up Display
*4 訳者注:リンク修正
*5 訳者注:2D操作パネルに表示される
*6 訳者注:燃料混合比調整レバーは5.2キーボードコントロールに登場しない。始動にはマグネトを操作する必要があるが説明には無い。
*7 (棒型の操縦桿
*8 ハンドル型の操縦桿
*9 (棒型の操縦桿
*10 ハンドル型の操縦桿
*11 訳者注:NumLockを無効にした9/3(PgUp/PgDn)でスロットル動作したため、取り消し線で修正。V0.9.8a
*12 訳者注:ENTERキーで動作した。
*13 訳者注:エンジンを切るとき、このキーを押す
*14 訳者注:カタカナ表記はマグネト。エンジンを始動し、フライホイール(鉄わん形状に磁石がついているもの)を回転させると発電する電装品で、バッテリーの充電やコントロールユニットを駆動するための電源を作る点火・充電系電装品のこと。
*15 訳者注:このキーを押した後でSPACEキーを押してエンジンを始動する。
*16 訳者注:前後の傾き
*17 訳者注:左右の傾き
*18 訳者注:同意語としては、attitude indicator、Attitude Gyro、姿勢ジャイロ、姿勢計などがある。
*19 訳者注:原典は人工の地平線
*20 訳者注:指示対気速度
*21 訳者注:1 ノットは時速 1852 メートル(1.852 キロメートル)
*22 訳者注:旋回滑り計は旋回率(ヨー軸の角速度)を示す旋回計と、釣り合い旋回が行われているか否かを示す滑り計とが一つにまとめられた計器である。
*23 訳者注:旋回計を示す
*24 訳者注:本物では、小型機に使われる2分で360°の旋回角速度を示す2分計と、主に大型機に使われる4分で360°の旋回角速度を示す4分計がある。
*25 訳者注:原典は人工の地平線
*26 訳者注:原典は人工の地平線
*27 訳者注:原典は人工の地平線
*28 訳者注:リンク切れ
*29 訳者注:リンク切れ
*30 訳者注:リンク切れ

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2007-08-18 (土) 23:49:17 (4985d)