logo
ホーム •  フォーラム •  日本語wikiトップ •  アカウント情報 •  サイト内検索 •  新規登録
 ログイン
ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録
 メインメニュー
 米国サイト
 オンライン状況
27 人のユーザが現在オンラインです。 (4 人のユーザが フォーラム を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 27

もっと...

FlightGear ターミナルと誘導路整理

  • このフォーラムに新しいトピックを立てることはできません
  • このフォーラムではゲスト投稿が禁止されています
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿.1 .2 .3 .4 .5 | 投稿日時 2014-8-25 18:53
NH775J  常連 居住地: 日本 兵庫県 神戸市  投稿数: 53
FlightGearには世界中の空港があり
日本の空港もちゃんとありますが
羽田空港などの国を代表する空港以外は滑走路と誘導路と駐機スペースだけです ひどいところは滑走路と誘導路だけです、、、、、
そこで何とか空港を整理したいんですあとサンフランシスコみたいに夜になるとターミナルが光るようにしたいんですあと羽田空港にはD滑走路を作りたいんです
空港の整理の仕方を知ってる方やターミナルの作り方知ってる方 お願いします!
投票数:1 平均点:10.00
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし | 投稿日時 2014-8-26 22:49
sambar  長老 居住地: 岡山  投稿数: 484
そういえば、最新のシーナリー2.0(とても大きくて重い)って「bittorrentで分割DL」
「Terrasyncで必要なファイルのみDL」以外では入手が難しいんでした・・・
http://flightgear.jpn.org/modules/d3forum/index.php?post_id=4019
http://flightgear.jpn.org/modules/d3forum/index.php?post_id=4312

辺りを参考にしてe130n30.tgzを入手して適当なアーカイバで展開して、FlightGear/scenery/Terrain/e130n30/e139n35/RJTT.btg.gzを差し替えてやれば「とりあえずD滑走路が追加」されます。

#新シーナリーは重すぎて私も「一部分だけ抜き取って、旧シーナリーと混ぜて使用」してます・・・


ちなみに、.Torrentはhttp://terasaur.org/torrent/show/scenery2-0-part06/db3374276e90eda41fedd283ee5c70c654c52087 にあります。

投票数:2 平均点:5.00
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿.1 | 投稿日時 2015-3-12 15:41
NH775J  常連 居住地: 日本 兵庫県 神戸市  投稿数: 53
返答が遅れてすみません
追加はわかりましたが
地形は表示されないのでしょうか?
投票数:0 平均点:0.00
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿.1 | 投稿日時 2015-3-15 12:10 | 最終変更
hide  長老 居住地: 兵庫県  投稿数: 634
NH775Jさん、こんにちは。hideです。
 羽田空港にD滑走路を出現させる件ですが、sambarさんが書かれた「RJTT.btg.gz」が、お探しの「地形」そのものです。このファイルの機能や入手法については、sambarさんが紹介された、以下の私の書き込みの中に一応説明がありますが、お読みになったでしょうか。
     http://flightgear.jpn.org/modules/d3forum/index.php?post_id=4312
 内容的には、これとかなり重複しますが、改めてD滑走路を表示する方法を整理してみます。
【お断り】以下は私の環境をもとに書いたものです。例えばFlightGearのインストールフォルダはC:/直下にあり、シーナリーは外付けHDD(F:/FlightGear/scenery)に展開してあります。そのままNH775Jさんのパソコンには当てはまりませんので、お使いの環境に合わせて読み替えて下さい。

●●地形データのファイルについて:
 FlightGearに羽田空港を出現させるファイルは、大まかに言うと、次の二つです。
C:/FlightGear 3.4.0/data/Airports/apt.dat.gz
 世界の全空港の滑走路や誘導路などの位置を書いたデータベースで、圧縮された
 テキストデータです。FlightGearをインストールすると自動的に組み込まれます。
 D滑走路のデータも入っています。
scenery/Terrain/e130n30/e139n35/RJTT.btg.gz
 羽田空港自体の地形データで、圧縮されたバイナリデータです。解凍・展開済みの
 シーナリーの一部分で、「e130n30」の地形をインストールすると書き込まれます。
 関東の地形からは独立した、空港の敷地内だけを単体で記述したファイルです。
 これがないと滑走路は画面表示されません。

 お使いの東京周辺のシーナリーは、ダウンロードした「e130n30」だと思います。ネットで公開中のシーナリーはサイズが小さく安定していますが、内容はかなり古く、まだD滑走路がありません。,離如璽織戞璽垢砲D滑走路の位置情報が含まれているので、起動時にメニューから指定することは出来ますが、△D滑走路を含んでいないため、実際には画面表示されないわけです。

 FlightGear用のシーナリーとしては2013年に、もっと精細な「シーナリー2.0」が一応完成しており、こちらはD滑走路完成後の羽田空港を再現しています。従ってシーナリー2.0版の「e130n30」をインストールすればD滑走路が出現します。ただしシーナリー2.0には、
1地区のファイルサイズが非常に大きく、ダウンロードが大変。
▲ぅ鵐好函璽觚紊盻鼎、かなり強力なグラフィック機能が必要。
 …といった問題があり、HPやFTPサイトでは公開されていません。現在可能な入手方法としては、
.侫薀ぅ斑罎法必要なシーナリーを自動的にダウンロードして展開する「Terrasync」
 機能を使う。現在地のシーナリー2.0がそのつど部分的に取得できる。
▲侫.ぅ觚魎好愁侫函Torrent」でも公開されている。巨大な分割ファイルなので、
 恐らく数日掛かりのダウンロードになる。
 (Torrentについては、このサイトの掲示板に過去記事があります。検索して下さい)
J胴颯汽ぅ箸猟免里鮖箸辰董DVD入りデータを購入する。
…の3通りがあります。ここでは一番簡単な、Terrasyncの使い方をご説明します。

●●Terrasyncの使い方:
FlightGear を起動する。機体選択画面から「Prev」を押して前ページへ移動。
FG_SCENERY と書かれた欄の中に、
 「C:/users/(あなたのユーザー名)/Documents/Flightgear/Terrasync」
 という1行(Terrasyncのデータを置くためのパス)があるので、クリックして
 選択する。(環境によっては、表示が違うかも知れません)
1βΔ痢屏ァ廛椒織鵑鮨回押して、この1行を欄の最上段に移動させる。
さ‖料択画面に戻り、通常通り機体と羽田空港を選択。更に「Next」をクリック
 して「Run」ボタンのあるページに進む。
ゲ萍未涼翆丙限Δ法屏Terrasync」と書いてあるので、□にチェックを入れる。
ΑRun」をクリックすると、関東南部のシーナリー2.0をダウンロードし始める。
 たぶん数分間掛かるので、気長に待つこと。

 これでD滑走路付きの羽田に機体が現れるはずです。FlightGear v3.4はかなり軽くなったので、パソコンの性能次第では、一応快適に飛び回れるかも知れません。シーナリー2.0には、幾つか問題点が報告されており、設定によっては風景に表示異常が発生しますが、「これでも満足」とお感じなら、そのまま使えばいいと思います(ただし、Cドライブにどんどんデータが溜まるので、かなり大きな空き容量が必要です)。

 Terrasync使用中は、ダウンロードとファイル展開に時間が掛かるため、ネット環境やパソコンの性能によっては、機体の移動について行けず画面が一時止まったり、高高度を飛ぶと足元の地形しか表示されなかったりします。これではダメだと思ったら、元の古いシーナリーを使う状態に戻して下さい。「□Terrasync」のチェックマークを外し、Terrasync用のパスも「▼」ボタンで下の方へ降ろせばOKです(うまく戻せない時は、画面左下の「Restore default settings」ボタンで、デフォルト設定が選択可能)。

●●古いシーナリーに、D滑走路を組み込む手もある:
 Terrasyncが使えるようになったら、sambarさんが触れておられるように、シーナリー2.0の展開済みファイルの中から羽田空港の地形だけを取り出して、古いシーナリーに組み込む手があります。
 簡単に言いますと、古いシーナリーを展開した中にあるRJTT.btg.gz(羽田空港の地形データ)を見つけて待避しておき、代わりにTerrasyncで手に入れた、シーナリー2.0のRJTT.btg.gzをコピーするのです。風景全体には古いシーナリーを使うので軽く、しかもD滑走路が出現します。
 しかし手違いがあると、風景が正常に表示されなくなる恐れもあります。私もトラブルのサポートが出来るほど詳しくありませんので、どうしても試みる場合は、十分に納得いくまで研究してから、あくまでも自己責任でお願いします。
 【ご参考】作業に掛かる前に、起動ボリュームを丸ごとバックアップしておくと、
      かなり安心です。しかしここに書いてあることがよく分からなかったり、
      あまり自信がない場合は、この改造には手を付けないで下さい。

 ここまでの記述に誤りや不足を見つけた方は、どうかご教示をお願い申し上げます。
投票数:0 平均点:0.00
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿.1 | 投稿日時 2015-3-15 18:00
toshi  長老   投稿数: 1132
toshiです。

NH775Jさんの質問は、何をお聞きになりたいのかちょっとよく分かりません。

実際にインストールしてみたら、地形が思ったようになっていない箇所があったのでしょうか。
それとも、D滑走路が相変わらず表示されないのでしょうか。
何を期待していて、実際には何が違っていたのか、できるだけ具体的に詳しく教えてください。

RJTTのD滑走路を使えるようにしたい、というよくある質問に対して、私のお勧めする簡単な方法は、以下の通りです。

旧シーナリーに、新シーナリーのRJTTデータをインストールする方法:

1. 旧シーナリーの"e130n30"を予めインストールしておく。

2. 新シーナリーのRJTT.btg.gzを入手する。
https://terrascenery.googlecode.com/svn/trunk/data/Scenery/Terrain/e130n30/e139n35/RJTT.btg.gz

3. 旧シーナリーをインストールしたフォルダの
Scenery/Terrain/e130n30/e139n35
にある
RJTT.btg.gz
を、ダウンロードしたファイルに差し替える。

なお、Google Codeのサービスは2016年1月に終了することが発表されたため、この方法はそのうち使えなくなることをご承知おきください。

※FlightGear関連では、terrasyncとbug truckerでGoogle Codeのサービスを利用しているため、そのうち別のサービスに移行することになると思います。
投票数:0 平均点:0.00
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿.1 | 投稿日時 2015-5-18 18:21 | 最終変更
NH775J  常連 居住地: 日本 兵庫県 神戸市  投稿数: 53
返答が遅れてすみません RJTTを試してみました
D滑走路がしっかりでてきました
ありがとうございました
しかしもうひとつ質問があるのですが
羽田空港の位置ってずれているのですか?
それとも羽田の西側にある地形が羽田によってきて、くっついてるのですか?
これって最新のsceneryでも直っていないのでしょうか?
よろしくお願いします
投票数:0 平均点:0.00
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿.1 | 投稿日時 2015-5-20 2:29 | 最終変更
toshi  長老   投稿数: 1132
NH775Jさん、こんばんは。
toshiです。

NH775Jさんがおそらく気にしていることは、RJTTの西側部分(wikipediaの図で言うと国際線ターミナルビル付近の最近拡張された領域)で、RJTTの緑色の敷地の領域と、その周囲の市街地のテキスチャの領域とが重複して見えてしまっていること、だと思います。

これは、RJTTの位置がずれているのではなく、新シーナリーのRJTTの西側の領域が旧シーナリーよりも大きくなっているのに対して、RJTT周辺の地形データが旧シーナリーのままのため、両者の境界線が一致していないことに起因しています。

2015-3-15付けの投稿で書いた
RJTT.btg.gz
を差し替える手順1〜3に加えて、以下の手順4〜5に従って
5234531.btg.gz
をダウンロードして差し替えれていただくと問題が解決すると思いますので、試してみてください。

さらに、以下の手順6〜7に従って
5234531.stg
をダウンロードして差し替えると、RJTTの誘導路上に「Taxiway Sign」が表示されるようになりますので、お好みでどうぞ。

4. 新シーナリーの5234531.btg.gzを入手する。
https://terrascenery.googlecode.com/svn/trunk/data/Scenery/Terrain/e130n30/e139n35/5234531.btg.gz

5. 旧シーナリーをインストールしたフォルダの
Scenery/Terrain/e130n30/e139n35
にある
5234531.btg.gz
を、ダウンロードしたファイルに差し替える。

6. 新シーナリーの5234531.stgを入手する。
https://terrascenery.googlecode.com/svn/trunk/data/Scenery/Terrain/e130n30/e139n35/5234531.stg
※右クリックして「名前を付けてリンク先を保存」してください

7. 旧シーナリーをインストールしたフォルダの
Scenery/Terrain/e130n30/e139n35
にある
5234531.stg
を、ダウンロードしたファイルに差し替える。

以上で、5234531というタイル番号がついた領域はほぼ新シーナリーの状態になります。
この領域がどこに街頭するのかを地図上で確認するには、2015-3-21付けの投稿記事「Re: 新旧のシーナリーを併用する」をご参照ください。

また、以上の手順に沿ってファイルを差し替えるごとに見た目が変化する様子を画像で投稿しておきます。
※Shader effectsを1に設定した場合の見え方です。RJTTの緑色の領域と市街地領域の重なり具合の見え方は、設定によって多少異なります。


ただ、残念なことに、RJTTの周辺の地形の様子は、新シーナリーでもあまり正しくなく、たとえば多摩川の河口部分は、旧シーナリーと同じく、市街地の地形になってしまっています。
NH775Jさんのそもそもの疑問点がそこにあるようだと、現時点では簡単な解決策はなく、自分でシーナリーを修正するしかありません。
このへんの話は、bunchoさんの下記のページにも記載があります。

_祝い! FlightGear による、羽田新D滑走路の作成_
http://home.e03.itscom.net/hiron/New_Haneda_Airport.html
投票数:1 平均点:10.00
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし | 投稿日時 2015-5-20 21:05
NH775J  常連 居住地: 日本 兵庫県 神戸市  投稿数: 53
なるほど〜自分で修正するしかないんですね
ありがとうございました!!!
投票数:0 平均点:0.00
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿.1 | 投稿日時 2015-9-28 13:09 | 最終変更
inomaty  長老   投稿数: 164
NH775Jさん、初めまして。そしてFlightGearでご活躍中の皆様、長い間ご無沙汰しておりました、inomatyです。このトピックの最初の投稿から既に1年も経過してからの登場ですみません。

早速ですが、私は2年ほど前から飛び飛びで仙台空港近辺をいじっております(こちらも参照 http://flightgear.jpn.org/modules/d3forum/index.php?topic_id=631 )。
現状私の技術ですとこの程度なら製作できます。


こんなもんで良ければお教えします(モデリングに関しては「手探り航法・旅日記」でお馴染みのhideさんの方がいろいろ作られているように見受けられるので、hideさんの方が詳しいかと)

立ちはだかる難関としては‘本語での明確なマニュアルがない と扱うソフトが多岐に渡る C老船如璽燭眞作物である という3点でしょうか。

,亡悗靴討任垢、そもそもFlightGearで遊んでいる日本人人口が少なくさらに何か作ってやる!っていう人となると・・・。そうすると海外の情報つまるところの英語の情報に頼らざるをえません。一応米国Wikiページなり本家フォーラムなりを参考にすればある程度情報は手に入りますが、関連ページが多いのと全文英語なのでかなり苦労します。また明確に1から10まで説明してるページも無く私も暗中模索の状態です。

△亡悗靴討任垢、地形データの製作に2つ(WorldEditor通称WED、TerraGear、GUI環境がいいならTerraGear GUI)、
建物等のオブジェクトデータの製作で2つ(3Dモデル製作ソフト(Blender、AC3D、SketchUp等)、お絵かきソフト(Gimp、Paint.net等)、
作ったオブジェクトの設置でFlightGear本体とテキストエディタ(メモ帳等)  の5,6ソフトほど使用するので、新規にそれらを扱うとなるとインストールや使い方を覚えて慣れるまでが大変です。

に関してですが、GoogleやYahooのマップにも著作権が存在しており、勝手にそれらを下絵としてシーナリーを作ることは禁止されています(とオープンストリートマップの説明に書いてあった^^;)。なのできちんとしたシーナリーを作るには自分で別に地図情報を探す必要があるのですが、日本の場合無料かつ著作権フリーの新しい地図情報なんて手に入りづらく、FSXやらX-Planeではどうしているのか探してみましたが、よく分かりません^^;; 雑誌Airlineを見る限り空港のチャート図はどんどん載せているのでおそらくセーフ、SkechUpを使用してる人はGoogleマップの写真を土台に作っているようなので、GoogleEarthやら国土地理院所有の写真で測量程度ならグレー?    とか注意事項の文章読むだけで面倒になってきますw

[追記:2015/10/26]
国土地理院サイトの[概要]国土地理院の地図の利用手続(測量成果の複製・使用申請フロー)をきちんと読んで見ると空中写真は刊行物でなければ申請せずとも使える可能性があるので、国土地理院 地図・空中写真閲覧サービス利用規約を読むと、出典の記載さえあれば自由に利用して良いとのこと。さらに大元の[url=http://www.gsi.go.jp/kikakuchousei/kikakuchousei40182.html]国土地理院コンテンツ利用規約によると商業利用も可能とのことらしいです。GNU GPLライセンスにこだわらなければ、シーナリー製作への難題が一つ減ります。(ただし、GoogleEarth/Mapほど高精細ではないです。ネット閲覧出来るデータよりも高精細な航空写真は刊行物となり、お金と申請する手間が必要になりそうです。)
[以上追記]



・・・とまあクリアしなければならない課題だらけですが、自分のお馴染みの空港が賑やかになっていく様子はおもしろいですし、飛行機のデータが優秀でも地形データが貧弱であれば飛ぶ楽しみも半減します。長々と嫌悪したくなるようなこと書きましたが、それでも作りたいというのであれば一緒に頑張りましょう!!
シーナリーを作ってくださる仲間が増えて、FlightGear内の日本にもあちこちに飛んでいきたくなるような空港が増えてくれることを願っています。
投票数:2 平均点:10.00
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし | 投稿日時 2015-9-28 19:15
NH775J  常連 居住地: 日本 兵庫県 神戸市  投稿数: 53
すばらしい技術をお持ちですね!
しかし製作はやはり難しそうですね.........
とにかく勉強しますw
あと関係ありませんが

http://flightgear.jpn.org/modules/d3forum/index.php?topic_id=801#post_id4789

よろしければこれお願いします
投票数:0 平均点:0.00
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿.1 | 投稿日時 2015-9-28 20:52 | 最終変更
inomaty  長老   投稿数: 164
あら、NH775Jさんはysfs775さんですかね?
ブログ拝見したことがありますが、高校1年生くらいでしょうか?普通高校3年まで行くと英語の力も大分ついてある程度英語の文章も読めるかと思いますが、まだ厳しいですかね。まあ分からない単語を調べながらやるでも英語の勉強になるかと思います(Google翻訳とかでもいいですけど正確性は・・・^^;)

リペイントなされているなら画像処理ソフトは扱えますかね。私は3DソフトにBlender、画像処理でGimpを扱っていますが、この2つを扱えたら後は凝ったアニメーションでもしない限りはオブジェクトの作成・設置は出来るかと思います。幸いこの2つのソフトは日本語で扱っているページも多く、必要な情報を探すのにあまり苦労は掛からないと思います。ターミナル設置も目指すのであれば、まずは3Dモデル作成ソフトを扱えるようになり、FlightGear上に設置出来るようになりましょう。


SketchUpかBlenderがよく使われている印象です(AC3Dは1ライセンスが9000円ほどしますからね)。本家Wiki http://wiki.flightgear.org/Modeling_-_Getting_Started
だとSketchUpが簡単でおすすめとのことです。建物しか作らんよと言うならSketchUpならGoogleマップからだか手軽に下絵が得られそうなので一々下絵探して縮尺合わせて・・・という手間が省けるかと思います。一応航空機も作成可能のよう?です・・・が日本でFlightGearで何か作ってやろう!という人はBlenderの人が多い気がします。Blenderの方が機能が多彩でその分難しいかと思われますが、私の知っている限り日本人だとSketchUpよりBlender(とAC3D)利用者が多いのでFlightGearに特化した質問ですとBlenderの方が日本語での情報が集めやすいかもしれません。

結論として・・・SketchUp無料版もBlenderもどちらも無料だし、一度インストールしてみて試しに使ってみなさいとしか私からは言えません(´・ω・`) 使いたい方で何か作ってそれをFlightGearに出現させてみましょう!設置方法に関してはvirt_flyさんのホームページ「仮想飛行」のこちら http://www.geocities.jp/virt_fly/fgfs_3dobject.htm 
のページに詳しくありますのでご参考に。
投票数:0 平均点:0.00
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし | 投稿日時 2015-9-29 18:59
NH775J  常連 居住地: 日本 兵庫県 神戸市  投稿数: 53
はいysfs775ですw あと僕は今高1ですw
あとリペイントは実はペイントでやってるんです..........w
画像処理ソフトを何か導入しようとは一応考えております
投票数:0 平均点:0.00
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし | 投稿日時 2015-9-29 22:19 | 最終変更
inomaty  長老   投稿数: 164
NH775Jさん所属のFTOJで空港作りの話が出ているようですね。
どこまでの完成度を目指すのか分かりませんが、きちんとターミナル、格納庫、管制塔等を作り、実際と同じ誘導路の状態を目指すのであれば、建物担当、地形担当と割り振って分担作業を行うのもいいかもしれません。
シーナリーはよく分かりませんが、機体に関しては作ってみれば分かると思いますが、機体のモデリングをして、フライトモデルの計算やら調整やらして、電装やらちょっとしたオプションのようなシステムを新たに構築してとなるとかなり大変で完成度の高い機体作品とかはそれぞれ分担して作っていることが多いように見られるます。

一応デフォルトのオブジェクトもあるので(レーダーとか格納庫とか)地形だけいじってからそれっぽいオブジェクトを並べるということも可能です。
デフォルトのオブジェクトの写真はここ http://scenemodels.flightgear.org/
のModelsから移動すれば大体の様子が分かります。ここに登録されているものは大体$Flightgear/data/Modelsにありますので、そこで同じファイル名を探してから設置する。またはacファイルのビューワソフトをインストールして名前で判断して試しに見てみて気に入ったものを設置する、といういずれにせよちょっと面倒臭い手段となります(YSFLIGHT Scenery Editor比の個人感想)。UFO乗りながらオブジェクト選択して試しに設置 よりは作業効率がいいような良くないような(;´∀`)
ちなみにビューワソフトは私はこれを使っています http://www.open3mod.com/



画像処理ソフトは以前やっていたゲームのクランではPaint.net派とGimp派がいましたね。Paint.netの方が軽量、簡単 Gimpの方が多彩だけど難しい でしたかね(^_^;) ちなみに私はGimp派です。
投票数:0 平均点:0.00

  条件検索へ


 検索

高度な検索
 新しい登録ユーザ
ukafimej 2019-11-13
ywafoz 2019-11-12
ezesadyba 2019-11-12
adatsm81 2019-11-12
bsywrwzi 2019-11-12
otalo 2019-11-12
ihyjywo 2019-11-12
eryxaf 2019-11-12
uroput 2019-11-12
oxisotyd 2019-11-12
 最近の画像(画像付)
植生図を利用した北... (2019-6-16)
植生図を利用した北...
空が真っ暗に (2019-5-18)
空が真っ暗に
植生図を使用した富... (2019-4-15)
植生図を使用した富...
春の嵐METAR回復 (2019-2-23)
春の嵐METAR回復
FlightGear 2018.3.2... (2019-2-14)
FlightGear 2018.3.2...
Powered by XOOPS Cube 2.1© 2001-2006 XOOPS Cube Project
Theme designed by OCEAN-NET