logo
ホーム •  フォーラム •  日本語wikiトップ •  アカウント情報 •  サイト内検索 •  新規登録
 ログイン
ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録
 メインメニュー
 米国サイト
 オンライン状況
22 人のユーザが現在オンラインです。 (4 人のユーザが フォーラム を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 22

もっと...

Re: FlightGear ターミナルと誘導路整理

このトピックの投稿一覧へ

なし Re: FlightGear ターミナルと誘導路整理

msg# 1.2.1
depth:
2
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿.1 | 投稿日時 2015-3-15 12:10 | 最終変更
hide  長老 居住地: 兵庫県  投稿数: 632
NH775Jさん、こんにちは。hideです。
 羽田空港にD滑走路を出現させる件ですが、sambarさんが書かれた「RJTT.btg.gz」が、お探しの「地形」そのものです。このファイルの機能や入手法については、sambarさんが紹介された、以下の私の書き込みの中に一応説明がありますが、お読みになったでしょうか。
     http://flightgear.jpn.org/modules/d3forum/index.php?post_id=4312
 内容的には、これとかなり重複しますが、改めてD滑走路を表示する方法を整理してみます。
【お断り】以下は私の環境をもとに書いたものです。例えばFlightGearのインストールフォルダはC:/直下にあり、シーナリーは外付けHDD(F:/FlightGear/scenery)に展開してあります。そのままNH775Jさんのパソコンには当てはまりませんので、お使いの環境に合わせて読み替えて下さい。

●●地形データのファイルについて:
 FlightGearに羽田空港を出現させるファイルは、大まかに言うと、次の二つです。
C:/FlightGear 3.4.0/data/Airports/apt.dat.gz
 世界の全空港の滑走路や誘導路などの位置を書いたデータベースで、圧縮された
 テキストデータです。FlightGearをインストールすると自動的に組み込まれます。
 D滑走路のデータも入っています。
scenery/Terrain/e130n30/e139n35/RJTT.btg.gz
 羽田空港自体の地形データで、圧縮されたバイナリデータです。解凍・展開済みの
 シーナリーの一部分で、「e130n30」の地形をインストールすると書き込まれます。
 関東の地形からは独立した、空港の敷地内だけを単体で記述したファイルです。
 これがないと滑走路は画面表示されません。

 お使いの東京周辺のシーナリーは、ダウンロードした「e130n30」だと思います。ネットで公開中のシーナリーはサイズが小さく安定していますが、内容はかなり古く、まだD滑走路がありません。,離如璽織戞璽垢砲D滑走路の位置情報が含まれているので、起動時にメニューから指定することは出来ますが、△D滑走路を含んでいないため、実際には画面表示されないわけです。

 FlightGear用のシーナリーとしては2013年に、もっと精細な「シーナリー2.0」が一応完成しており、こちらはD滑走路完成後の羽田空港を再現しています。従ってシーナリー2.0版の「e130n30」をインストールすればD滑走路が出現します。ただしシーナリー2.0には、
1地区のファイルサイズが非常に大きく、ダウンロードが大変。
▲ぅ鵐好函璽觚紊盻鼎、かなり強力なグラフィック機能が必要。
 …といった問題があり、HPやFTPサイトでは公開されていません。現在可能な入手方法としては、
.侫薀ぅ斑罎法必要なシーナリーを自動的にダウンロードして展開する「Terrasync」
 機能を使う。現在地のシーナリー2.0がそのつど部分的に取得できる。
▲侫.ぅ觚魎好愁侫函Torrent」でも公開されている。巨大な分割ファイルなので、
 恐らく数日掛かりのダウンロードになる。
 (Torrentについては、このサイトの掲示板に過去記事があります。検索して下さい)
J胴颯汽ぅ箸猟免里鮖箸辰董DVD入りデータを購入する。
…の3通りがあります。ここでは一番簡単な、Terrasyncの使い方をご説明します。

●●Terrasyncの使い方:
FlightGear を起動する。機体選択画面から「Prev」を押して前ページへ移動。
FG_SCENERY と書かれた欄の中に、
 「C:/users/(あなたのユーザー名)/Documents/Flightgear/Terrasync」
 という1行(Terrasyncのデータを置くためのパス)があるので、クリックして
 選択する。(環境によっては、表示が違うかも知れません)
1βΔ痢屏ァ廛椒織鵑鮨回押して、この1行を欄の最上段に移動させる。
さ‖料択画面に戻り、通常通り機体と羽田空港を選択。更に「Next」をクリック
 して「Run」ボタンのあるページに進む。
ゲ萍未涼翆丙限Δ法屏Terrasync」と書いてあるので、□にチェックを入れる。
ΑRun」をクリックすると、関東南部のシーナリー2.0をダウンロードし始める。
 たぶん数分間掛かるので、気長に待つこと。

 これでD滑走路付きの羽田に機体が現れるはずです。FlightGear v3.4はかなり軽くなったので、パソコンの性能次第では、一応快適に飛び回れるかも知れません。シーナリー2.0には、幾つか問題点が報告されており、設定によっては風景に表示異常が発生しますが、「これでも満足」とお感じなら、そのまま使えばいいと思います(ただし、Cドライブにどんどんデータが溜まるので、かなり大きな空き容量が必要です)。

 Terrasync使用中は、ダウンロードとファイル展開に時間が掛かるため、ネット環境やパソコンの性能によっては、機体の移動について行けず画面が一時止まったり、高高度を飛ぶと足元の地形しか表示されなかったりします。これではダメだと思ったら、元の古いシーナリーを使う状態に戻して下さい。「□Terrasync」のチェックマークを外し、Terrasync用のパスも「▼」ボタンで下の方へ降ろせばOKです(うまく戻せない時は、画面左下の「Restore default settings」ボタンで、デフォルト設定が選択可能)。

●●古いシーナリーに、D滑走路を組み込む手もある:
 Terrasyncが使えるようになったら、sambarさんが触れておられるように、シーナリー2.0の展開済みファイルの中から羽田空港の地形だけを取り出して、古いシーナリーに組み込む手があります。
 簡単に言いますと、古いシーナリーを展開した中にあるRJTT.btg.gz(羽田空港の地形データ)を見つけて待避しておき、代わりにTerrasyncで手に入れた、シーナリー2.0のRJTT.btg.gzをコピーするのです。風景全体には古いシーナリーを使うので軽く、しかもD滑走路が出現します。
 しかし手違いがあると、風景が正常に表示されなくなる恐れもあります。私もトラブルのサポートが出来るほど詳しくありませんので、どうしても試みる場合は、十分に納得いくまで研究してから、あくまでも自己責任でお願いします。
 【ご参考】作業に掛かる前に、起動ボリュームを丸ごとバックアップしておくと、
      かなり安心です。しかしここに書いてあることがよく分からなかったり、
      あまり自信がない場合は、この改造には手を付けないで下さい。

 ここまでの記述に誤りや不足を見つけた方は、どうかご教示をお願い申し上げます。
投票数:0 平均点:0.00

投稿ツリー

  条件検索へ


 検索

高度な検索
 新しい登録ユーザ
sepakbola 2019-10-23
umywo 2019-10-23
yryfixoh 2019-10-23
ymaqiq 2019-10-22
hljgfeto 2019-10-22
ezuhusi 2019-10-22
natty222 2019-10-22
mollysmith 2019-10-22
agnesveran 2019-10-22
juliamonic 2019-10-22
 最近の画像(画像付)
植生図を利用した北... (2019-6-16)
植生図を利用した北...
空が真っ暗に (2019-5-18)
空が真っ暗に
植生図を使用した富... (2019-4-15)
植生図を使用した富...
春の嵐METAR回復 (2019-2-23)
春の嵐METAR回復
FlightGear 2018.3.2... (2019-2-14)
FlightGear 2018.3.2...
Powered by XOOPS Cube 2.1© 2001-2006 XOOPS Cube Project
Theme designed by OCEAN-NET