logo
ホーム •  フォーラム •  日本語wikiトップ •  アカウント情報 •  サイト内検索 •  新規登録
 ログイン
ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録
 メインメニュー
 米国サイト
 オンライン状況
46 人のユーザが現在オンラインです。 (3 人のユーザが フォーラム を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 46

もっと...

Re: 管理人さんへのお願い

このトピックの投稿一覧へ

なし Re: 管理人さんへのお願い

msg# 1.5
depth:
1
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿.1 | 投稿日時 2009-3-30 0:27 | 最終変更
toshi  長老   投稿数: 1181
tetsuさん、こんばんは。

wikiページの設定について質問です。

いつのころからか、wikiソースの改行がそのまま表示に反映されるようになっています。

これは意図して設定したのでしょうか?

多分、PukiWiki Q&A の「Q. 編集時に ~ を使わずに改行をそのまま反映させたい 」が関係あるのではないかと思います。

そのような改行設定を想定していない部分では、少し影響が出てしまっているようです。

たとえば、「FrontPage」にあるtetsuさんの巻頭言は、改行したいとろで~を使っているため、段落の間隔が妙な感じになっており、また、
> 特に明示され
> ていない限り
のように、途中で改行されてしまっている部分があります。

逆に、現在の新しい改行設定を前提としたwikiページも既に見受けられます。

(例) 「ジョイスティックの設定方法」の一番下のコメント欄のソース。

私としては、従来どおりにwiki標準の改行設定に戻し、最近作成した文章の中で心当たりのあるwikiソースは、文章を書いた人が手作業で直すことを提案します。

---
ついでにもうひとつ、wikiの設定に関する提案です。

WikiNameの無効化を提案します。

設定方法は、http://pukiwiki.sourceforge.jp/?WikiName にあるように
> pukiwiki.ini.phpにて
> $nowikiname = 1;
> とすると、WikiNameを使用しなくなる。
です。

これにより、たとえば「TerraSync」などのように、大文字小文字を混ぜた英文字列をwikiソースに書くと「TerraSync?」のように表示されてしまう問題を解消できます。

これまでwikiページを書いてきた経験では、wikiの特徴のひとつであるこのWikiName機能を使う機会はほとんど無く、解説文章を掲載する場においては、むしろ上記のようなデメリットの方が大きいと感じております。

なお、wikiソースに「FlightGear」と書くと勝手に「FlightGear」にリンクされる現象は、WikiNameとは別のAutoLink機能によるものであるため、WikiNameを無効にしても多分何も変わりません。
# 「FlightGear」ページ自体を削除してしまえば、リンクされなくなるはずですが。

本当はこの現象も避けたいので、将来的には$autolinkを0にし、AutoLink機能を一切無効にして頂きたいと思っています。
# リンクしたい部分では[[と]]でページ名を囲めば従来どおりリンクされます。

ですが、既存のwikiページの中には、AutoLinkを前提としたページがあり、設定を変更する前にwikiソースを修正する必要がありますので、AutoLinkの設定はしばらくは現状のままでお願いします。
投票数:0 平均点:0.00

投稿ツリー

  条件検索へ


 検索

高度な検索
 新しい登録ユーザ
ynamitu 2020-4-1
utihyryk 2020-4-1
edohuju 2020-4-1
ezyzew 2020-4-1
amivar 2020-4-1
iso9001pro 2020-4-1
AssignLand 2020-3-31
udibosu 2020-3-31
ammie 2020-3-31
onehusij 2020-3-31
 最近の画像(画像付)
FA-200に180ps仕様を... (2020-2-22)
FA-200に180ps仕様を...
自作10機目 FA... (2020-2-8)
自作10機目 FA...
植生図を利用した北... (2019-6-16)
植生図を利用した北...
空が真っ暗に (2019-5-18)
空が真っ暗に
植生図を使用した富... (2019-4-15)
植生図を使用した富...
Powered by XOOPS Cube 2.1© 2001-2006 XOOPS Cube Project
Theme designed by OCEAN-NET