logo
ホーム •  フォーラム •  日本語wikiトップ •  アカウント情報 •  サイト内検索 •  新規登録
 ログイン
ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録
 メインメニュー
 米国サイト
 オンライン状況
7 人のユーザが現在オンラインです。 (1 人のユーザが フォーラム を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 7

もっと...

Re: SIDやSTARの編集について

このトピックの投稿一覧へ

なし Re: SIDやSTARの編集について

msg# 1.12.1
depth:
2
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿.1 | 投稿日時 2017-9-10 0:49
inomaty  長老   投稿数: 163
こんばんは、daitaroさん。inomatyです。
確かFlightGear3.4.0を使用していると思い、それでテスト(awy.dat.gz,fix.dat.gz,nav.dat.gzをx-airwaysホームページからダウンロードしたものに置き換え)してみましたが、問題が起こりませんでした・・・と言おうかと思っていましたが、使っているデータが半年前のものですので改めて最新のものをx-airwaysホームページからダウンロードし、問題のnav.dat.gzだけ交換してみましたが、たしかに読み込みが失敗しました。

羽田ですと滑走路が4つもあってややこしいので、ILSがひとつの仙台空港部分で半年前と最新のファイルの違いを以下に示します。
半年前

4 38.13849582 140.89604072 000029 11170 018 262.540 ISD RJSS 27 ILS-cat-I
6 38.14296389 140.92878056 29 11170 10 300262.516 ISD RJSS 27 GS
12 38.14308056 140.92867500 24 11170 025 0.000 ISD RJSS 27 DME-ILS

最新

4 38.138488889 140.896094444 29 11170 25 262.539 ISD RJSS RJ 27 ILS-cat-I
6 38.142963889 140.928780556 29 11170 25 300262.539 ISD RJSS RJ 27 GS
12 38.143080556 140.928675000 24 11170 25 0.000 ISD RJSS RJ SENDAI DME-ILS

注目の場所がRJSSの後ろに以前は無かったRJという項目が出来ていることです。一応2017.2.1(現時点最新安定版)でもnav.da.gzの交換を行ってみましたが、ILSの表示が消えました。

最新版における10個目の項目が消去出来れば何とかなるのかもしれませんが、少なくともエクセルでは行ごと同じセルに入ってしまいますし、テキストエディタにて矩形選択でまとめて選択しようとしても簡単にはいかない場所が多数あり、難航しそうです。
これだけが原因が分かりませんが(2,3で始まるNDB/VOR等の行の構成の変化も確認)、どうしてもうまくいかなければReadmeファイルに再配布禁止の項目も無いので半年前に落とした以前のデータの再配布も考えています(ただし今後更新されることが無いですけど)。一応もう少し方法を探してみます。

--
OS:Win7 Pro 64bit
  Ubuntu14.04LTS
FG version:Win7:3.4,2017.3.1
      Ubuntu:2016.1.1,2016.2.0

投票数:0 平均点:0.00

投稿ツリー

  条件検索へ


 検索

高度な検索
 新しい登録ユーザ
oxonuwum 2018-5-27
asufan 2018-5-27
abewaxu 2018-5-27
asudurog 2018-5-27
edozug 2018-5-27
uhimyw 2018-5-27
ehazudic 2018-5-27
avovice 2018-5-27
ywidas 2018-5-27
ufirykaf 2018-5-27
 最近の画像(画像付)
台北=羽田天測飛行 (2018-5-27)
台北=羽田天測飛行
「究極の天測技法」 (2018-5-18)
「究極の天測技法」
787のオートパイロッ... (2018-3-13)
787のオートパイロッ...
フロート改良テスト (2017-12-14)
フロート改良テスト
舞洲シーナリー改良 (2017-11-26)
舞洲シーナリー改良
Powered by XOOPS Cube 2.1© 2001-2006 XOOPS Cube Project
Theme designed by OCEAN-NET