logo
ホーム •  フォーラム •  日本語wikiトップ •  アカウント情報 •  サイト内検索 •  新規登録
 ログイン
ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録
 メインメニュー
 米国サイト
 オンライン状況
7 人のユーザが現在オンラインです。 (1 人のユーザが フォーラム を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 7

もっと...

SIDやSTARの編集について

  • このフォーラムに新しいトピックを立てることはできません
  • このフォーラムではゲスト投稿が禁止されています
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿.1 .2 .3 .4 | 投稿日時 2016-4-5 0:38
spacegeek    投稿数: 2
お判りになる方がおられましたら、ご教授願います。

現在、FG3.4.0を使用して日本の各所でのフライトを楽しんでおります。

しかし、シナリーにデフォルトで入っているSIDは現状のとは違い、またSTARはどの空港でも(none)と出るだけです。

また、WayPointもデータが古いため、これらを最新の状態に編集したいのですが、可能なのでしょうか?

可能ならば、そのやり方を是非お教えください。

ちなみに、日本近海の最新のデータ等は

このサイト → https://aisjapan.mlit.go.jp/

ですべて入手出来るので、これのデータを入れたいのです。

どうかよろしくお願いします。

PS。上のサイトはエンルートチャートも入手できるので、非常に便利です。
投票数:1 平均点:10.00
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし | 投稿日時 2016-4-5 21:49
inomaty  長老   投稿数: 104
こんばんは、spacegeekさん。
ようこそFlightGear日本語ページへ


一番簡単で手軽なやり方ですが、お金で解決できます。
NavigraphというサイトでFMSのデータをマニュアルダウンロードするページでFSXやFS2004のボーイング767である「levelD 767」のデータをダウンロード購入(30日コースだと6.5ユーロ、概ね毎月変化する365日コースだと23.9ユーロ)してから適当な場所にファイルを展開、例えば羽田空港のSID,STARですとそのファイルにRJTT.xmlというデータがあるので、それをFlightGearのシーナリーデータフォルダのAirports/R/J/T/RJTT.procedure.xmlとして保存すればうまく行くはずです。
英語Wikiによる解説

最新版でなくても無料が良いのであれば、日本の空港データならここで借りるでも大丈夫だと思います。


私もシーナリーを作る上で製作する空港のSID,STARを作りたいと思っていましたが、解説しているサイトも見つからずお手上げ状態となっています(意味の分からないタグがあり理解不能)。ちなみに地方空港だとSID,STARも少ないので一個一個手作業でもなんとかなりそうですけど、発着数が多いような空港ですとSID,STAR自体も多く作るのも大変そうです。複数人でよってたかって作るなら日本の空港だけならなんとかなりそうかもしれませんけど^^;
投票数:1 平均点:10.00
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿.1 | 投稿日時 2016-4-5 22:45
spacegeek    投稿数: 2
inomatyさん
spacegeekです。

早速のご教授、ありがとうございます!

有料だと、各国のデータが入手できるんですねぇ〜

とりあえずは、無料のデータをお借りしてフライトしてみます。

ファイルを覗いてみて、編集できるようであれば良いのですが・・・
時間を見つけてチャレンジしてみますね。

上手く行ったら、ここで発表して行きたいと思います。

投票数:0 平均点:0.00
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿.1 | 投稿日時 2016-4-8 1:28
toshi  長老   投稿数: 1070
spacegeekさん、inomatyさん、こんばんは。
toshiです。

inomatyさんの解説の通り、SIDとSTARについては有償のNavigraphを購入する必要があると私も理解していたのですが、改めて調べてみたところ、今年3/10付けの英語フォーラムの投稿に、Navigraph形式のフリーのデータに関する情報がありました。

RJTT.xmlなど日本の空港も用意されているようですので、もしよろしければ挑戦してみてください。

FlightGear forum - Non-Navigraph SID/STAR xml files
http://forum.flightgear.org/viewtopic.php?f=25&t=29036

また、fixについては、FlightGearのデータフォルダ($FG_ROOT)の下のNavaidsサブフォルダ
(WinXPの場合は C:\Program Files\FlightGear 2016.1.1\data\Navaids )
にある
fix.dat.gz (gzはgzip形式で圧縮されたファイルの拡張子)
に緯度経度と名称の記載されていて、過去にはAIS Japanのデータを追記する試みが行われていました。
(参考) AIS Japan の 最新情報を反映した FIXポイントデータ
http://flightgear.jpn.org/modules/d3forum/index.php?topic_id=569

より手っ取り早い方法として、xplaneのサイト
http://gateway.x-plane.com/navaids/LatestNavFix.zip
で配布している最新版のearth_fix.datの中身に差し替えれば、最新版のwaypointが使えるようになるのではないか、と思ったのですが、自分の環境(WinXP+FlightGear2016.1.1)で試したところ、残念ながらNavcacheというキャッシュファイルの生成が途中で止まってしまい、どうも一筋縄ではいかないようです。

もし今後、fix.dat.gzの現行化手順が分かったら、改めて投稿します。
投票数:0 平均点:0.00
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿.1 | 投稿日時 2016-4-9 1:06
toshi  長老   投稿数: 1070
spacegeekさん、inomatyさん、こんばんは。
toshiです。

FlightGearのFIXデータファイルfix.dat.gzを、xplaneのサイトで配布している最新のearth_fix.datに差し替える方法が分かりました。

以下の手順でご所望のFIXが表示されるようになるどうか、試してみていただけますでしょうか。

1. FlightGearのデータフォルダの下のNavaidsサブフォルダ(以下、$FG_ROOT\Navaidsと記載します)にあるfix.dat.gzをfix.dat.gz.origなど別のファイル名にリネームしておく。

$FG_ROOT\Navaids のパスの例 - WinXPの場合:
C:\Program Files\FlightGear 2016.1.1\data\Navaids

2. http://gateway.x-plane.com/navaids/LatestNavFix.zip
を入手する。

3. LatestNavFix.zipに含まれているearth_fix.datを、$FG_ROOT\Navaids フォルダにコピーする。

4. コピーしたearth_fix.datをテキストエディタで開き、FIX名に空白文字を含んでいる箇所を見つけ、空白文字を含まないように適宜修正する。

※現時点では以下の1箇所だけですが、将来は増えるかもしれません。
earth_fix.dat 39056行目:
(修正前) 31.815914 -106.281897 EL PA
(修正後) 31.815914 -106.281897 EL_PA

5. 修正後のファイルを fix.dat.gzにリネームする。
※gzip形式で圧縮せずに名前を変えるだけで大丈夫です

以上です。
投票数:2 平均点:10.00
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿.1 | 投稿日時 2016-4-9 3:59
Hyde  長老 居住地: ジョージア  投稿数: 169
toshiさん、Hydeです。

できました。
ありがとうございました。
本家フォーラムにも投稿されたらいいと思います。
投票数:0 平均点:0.00
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿.1 | 投稿日時 2016-4-9 9:47
inomaty  長老   投稿数: 104
皆さん、こんにちは。

FlightGearの方で不都合あるからという理由で変えてくれるか不明なんですけど、おそらく長期的に残る問題でLatestNavFixが更新されてダウンロードする度に同じ箇所を修正する必要があると思うので、x-plane scenery gatewayで修正依頼を出してみようかと思います。


ところでよく問題箇所探しましたね^^;空白文字含んだFIX POINTを探すだけでも苦労しそうですけど。

--
OS:Win7 Pro 64bit
  Ubuntu14.04LTS
FG version:Win7:3.4,2017.1.2
      Ubuntu:2016.1.1,2016.2.0

投票数:0 平均点:0.00
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿.1 | 投稿日時 2016-4-9 15:10 | 最終変更
toshi  長老   投稿数: 1070
toshiです。

皆さん、お返事ありがとうございます。

AIP Japanに掲載されている現実のFIXとの対応を調べ始めたところなのですが、FlightGear同梱のfix.dat.gzにも、x-planeのサイトで配布しているearth_fix.datにも収録されていないケースがかなり多そうです。

(例) WELDA
http://opennav.com/waypoint/JP/WELDA

一方、上記のWELDAは、Tatさんがまとめたfix.dat.gzには収録されていました。
http://macflightgear.sourceforge.net/wp-content/uploads/launcher/2.6.0/fix/fix.dat.gz

ちなみにWELDAは、たとえば以下のSIDのPLUTOで使うWaypointです。
RJTT AD 2.24 CHARTS RELATED TO AN AERODROME
Figure-07 Standard Departure Chart - Instrument (PLUTO-RNAV)

したがって、やりたいことによってアドバイスすべき内容も異なるので、具体的に困っている点やFIX名を挙げていただいたほうが良さそうに思います。
# 英語フォーラムにも投稿するご提案をいただきましたが、earth_fix.datの利用に関して問題が生じているというような記事があったのでしょうか?>Hydeさん

理想的には、earth_fix.datの日本のFIXを、AIP JAPANのデータに修正し、X-Planeコミュニティにフィードバックするのが、みんながハッピーになれる方法だと思います。

追加するのは比較的容易だとしても、古いFIX情報を削除するのが手間だと思いますが、誰かやってみませんか?

名前が付いているFIXはAIP JAPANにリストアップされているので、追加するのは比較的容易だと思います。

一方、名前が付いていないFIXを追加したり(LD223),削除したり(HME10?)するのはちょっと大変かもしれません。

それから、空白文字を含んだFIX名についてはFlightGear側で対処すべき問題だと思います。

earth_fix.datに日本のFIXが追加された時点で、FlightGear開発版のfix.dat.gzに反映してもらい、合わせて空白文字を含んだFIX名にも対処してもらうよう、開発メンバーに依頼するのが良いと思います。

その段階まできたら、Hydeさんにご助力いただけると幸いです。

ちなみに、FIXの命名ルールが気になったので調べてみたのですが、5文字以内が基本ルールで、Jeppesenの古い資料に、名前を5文字に短縮する場合のルールも書いてありました。
http://www.jeppesen.com/download/navdata/navdata_info1.pdf

ただ、名前に空白を含めてよいかという点(2単語で5文字以内に収まる場合)は明記されていないため、良く分かりませんでした。

X-Planeのfix.datでは、区切り文字として空白文字を使っているのですが、FlightGearは区切り文字を素直にロードしようとするために問題がおきていると思われます。
投票数:2 平均点:0.00
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿.1 | 投稿日時 2016-4-10 4:32
Hyde  長老 居住地: ジョージア  投稿数: 169
toshi さん、Hyde です。

xplane のデータを持ってくると最新になると思っていたので、本家でも教えて上げればいいのかなと思っただけなのですが、最新というわけではないのですね。
ちなみに、2014年の11月13日版のnavigragh dataがあったので比べて見たところ、大分違いましたね。 当時は Navigraph の中に Fix データがあることは分かっていたのですが、フォーマットが違うんだというぐらいでそのままにしてありました。
私の持っているものの方が最新版より新しいということが分かったのと、777のDual Control が行き詰まっていたので、息抜きにフォーマット変換して、fix.dat.gz を wpnavfix.txt から作成してみました.
おかげさまで、いままで途切れてうまく表示できていなかった、SID、STARがきれいに表示されるようになりました。
同じバージョンを使用するのは当然だったのですが、そこまで思いが行きませんでした。
それと、この中には間にスペースの入っているものはありませんでした。

この、fix.dat.gz を配布してもいいのですが、やはりライセンスに引っかかるのかもなので、やめときます。
投票数:0 平均点:0.00

なし Re: SIDやSTARの編集について

msg# 1.2.1.1.1.1.1.1.1
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿.1 | 投稿日時 2016-4-11 0:58
inomaty  長老   投稿数: 104
皆さん、こんばんは。

ダウンロードして詳しく見たわけではないので、詳細が分からないのですが、このサイトhttp://x-airways.ru/va/modules/x-navaidsbase/index.php?lang=englishでも文面読む限り追加の情報入れたearth_fix.datを配布しているようですね。誰でもダウンロードできるのがありがたいです。(こんなものhttp://forums.x-plane.org/index.php?/files/file/20683-vatsim-compatible-asia-pacific-earth_fixdat-update/もありますが、ダウンロードするのに登録が必要です。)
toshiさんが仰るように日本付近のfixポイントを削除するのに何か良いソフトが無いか探してみましたが、x-plane本体でfixポイントの追加ができる?らしくそんなソフトが今のところ見つかりませんね。QGISだと読み込みまではできますが、編集可能なファイルではなく、ポイントの追加削除はデフォルトだとできないようです。削除したいポイントを選択して全fixポイントリストの中からピックアップして、それを参考にエディタソフトでチマチマ編集するしかなさそうです。QGIS単体で編集できるようになるプラグインあるいは単体で編集できるソフトが無いかもう少し探してみます。

--
OS:Win7 Pro 64bit
  Ubuntu14.04LTS
FG version:Win7:3.4,2017.1.2
      Ubuntu:2016.1.1,2016.2.0

投票数:0 平均点:0.00

なし Re: SIDやSTARの編集について

msg# 1.2.1.1.1.1.1.1.1.1
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし | 投稿日時 2016-4-11 1:47
Hyde  長老 居住地: ジョージア  投稿数: 169
inoraty さん、Hydeです。

Nice です。 最初のダウンロードサイトのファイルは少なくとも私の持っている物(2014年11月)より新しいようです。
さっそく使わせてもらいました。
日本付近もきちんと更新されているのではないでしょうか。 WELDA もちゃんと入っています。
投票数:0 平均点:0.00
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿.1 | 投稿日時 2016-5-22 11:13
daitaro  常連   投稿数: 57
みなさん、こんにちは。daitaroです。早速ですが、inomatyさんが#1.2で掲載してくださった日本のSID,STARのデータなのですが、RJBB.xmlが壊れているようで、RJBBだけSID,STARがロードされません。原因を特定しようとコンソール画面を見てみましたがそれらしい記述は見当たりませんでした。どの操作をするとコンソール画面にRJBB.procedures.xmlの情報が出てくるかなど、ご存知の方はいらっしゃらないでしょうか?
投票数:0 平均点:0.00
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし | 投稿日時 2016-5-22 22:04 | 最終変更
toshi  長老   投稿数: 1070
daitaroさん、toshiです。

SIDやSTARの操作については詳しくないのですが、RJBB.procedures.xmlをFlightGearが見つけてロードしようとしているかどうかが、まず確認すべき点かと思いますので、確認方法を以下に説明します。

コマンドラインオプションに
--log-level=debug
を付けてflightgearを起動すると、コンソール画面およびfgfs.logファイルにより詳細な内容が得られます。

--log-levelはbulk|debug|info|warn|alertの5つから選択できますが、デフォルトは alert で、最小限の情報のみを表示します。

分量が多いので、コンソール画面を目視で追いかけるより、ログファイルに保存される中身をあとからじっくり確認するほうが賢明です。
Mac
~/Library/Application Support/FlightGear/fgfs.log
Windows
C:\Users\user name\AppData\Roaming\flightgear.org\fgfs.log
Linux
~/.fgfs/fgfs.log

以下、Win XP + FlightGear 2016.2.1の初期インストール状態での、ログの確認例です。

"C:\Program Files\FlightGear 2016.2.1\bin\fgfs.exe" --launcher --console --log-level=debug
でQt launcherを起動し、Add-onsタブのAdditional scenery locationsで、初期インストール済みの
C:/Program Files/FlightGear 2016.2.1/data/Scenery
を指定して[Run]ボタンでFlightGearを起動した後、procedures.xmlファイルが用意されていない空港LEBLと、用意されている空港LFRBをそれぞれDepartureとArrivalに入力し、それぞれのRwyボタンをクリックしたタイミングで以下のログがそれぞれ出力され、FlightGearがロードしようとしているLFRB.procedures.xml ファイルのパスを確認することができました。

general:3:..\..\..\flightgear\src\Airports\airport.cxx:563:no procedures data available for LEBL

general:3:..\..\..\flightgear\src\Airports\airport.cxx:567:LFRB: loading procedures from C:/Program Files/FlightGear 2016.2.1/data/Scenery/Airports/L/F/R/LFRB.procedures.xml
io:3:..\..\..\flightgear\src\Navaids\LevelDXML.cxx:215:unrecognized Level-D XML element:Airport
io:3:..\..\..\flightgear\src\Navaids\LevelDXML.cxx:215:unrecognized Level-D XML element:ProceduresDB

それから、ご質問内容について1つ疑問点があります。

「inomatyさんが#1.2で掲載してくださった日本のSID,STARのデータ」がどこで配布しているデータを指しているのか分かりませんので、具体的なサイト名なりURLなりを書いていただけませんか?

msg# 1.2はspacegeekさんの投稿記事ですが、その1つ前の2016-4-5 21:49付けのinomatyさんの投稿記事
https://www.navigraph.com/Default.aspx

http://www.flightinfo.jp/omi/level_d_data/level_d_data.htm
を紹介していますので、そのどちらかだろうとは思うのですが。
投票数:0 平均点:0.00
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - | 投稿日時 2016-5-23 13:46 | 最終変更
daitaro  常連   投稿数: 57
toshiさん早速のご返信ありがとうございます。コンソール画面に--log-level=debugを入れて起動し、rwyボタンをクリックしたところ、ファイルのパスをこちらも確認できました、その際 no such runway '06' at airport RJBBと、unknown runway 06 at airport:RJBB そして、no such runway '24' at airport RJBBと、unknown runway 24 at airport:RJBBのエラーが出たので、もう少し詳しく見てみようと思います。おそらくtoshiさんの方が原因特定は早いと思うので何かわかりましたら教えていただけると幸いです。
また、ダウンロードした先ですが、後者です。はっきり書いていなくてすみませんでした
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
追記 試行錯誤した結果、RJBB.procedures.xmlのRunway=06,とRunway=24の所を06R,24Lのように訂正したところ、SID,STARは表示されましたが、Approachが未だ表示されません。
----------------------------------------------------------------
またまたすみません。このファイルどうやらB滑走路供用開始前のみたいですね。納得できました。僕もぼちぼち修正してみようと思います。A滑走路のみのデータとして修正してどこかに載せようと思うのですがどうでしょうか?
投票数:0 平均点:0.00
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿.1 .5 .6 .7 .8 | 投稿日時 2016-5-27 19:39
daitaro  常連   投稿数: 57
procedures.xmlの編集をしているのですが、以下の記述でSIDを選択すると、何も表示されません。この記述で間違っているところがあればご教示いただけますか?
<Sid Name="NARAH-R2" Runways="All">
<Sid_Waypoint ID="1">
<Name>KNE</Name>
<Type>Normal</Type>
<Latitude>34.430086</Latitude>
<Longitude>135.251783</Longitude>
<Speed>0</Speed>
<Altitude>0</Altitude>
<AltitudeCons>0</AltitudeCons>
<AltitudeRestriction>at</AltitudeRestriction>
<Flytype>Fly-by</Flytype>
<Sp_Turn>Auto</Sp_Turn>
</Sid_Waypoint>
<Sid_Waypoint ID="2">
<Name>BAYOU</Name>
<Type>Normal</Type>
<Latitude>34.439110</Latitude>
<Longitude>135.309400</Longitude>
<Speed>0</Speed>
<Altitude>8000</Altitude>
<AltitudeCons>0</AltitudeCons>
<AltitudeRestriction>above</AltitudeRestriction>
<Flytype>Fly-by</Flytype>
<Sp_Turn>Auto</Sp_Turn>
</Sid_Waypoint>
<Sid_Waypoint ID="3">
<Name>NARAH</Name>
<Type>Normal</Type>
<Latitude>34.499667</Latitude>
<Longitude>135.684125</Longitude>
<Speed>0</Speed>
<Altitude>0</Altitude>
<AltitudeCons>0</AltitudeCons>
<AltitudeRestriction>at</AltitudeRestriction>
<Flytype>Fly-by</Flytype>
<Sp_Turn>Auto</Sp_Turn>
</Sid_Waypoint>
<Sid_Transition Name="KOWA">
<SidTr_Waypoint ID="1">
<Name>XMC</Name>
<Type>Normal</Type>
<Latitude>34.704631</Latitude>
<Longitude>136.957947</Longitude>
<Speed>0</Speed>
<Altitude>0</Altitude>
<AltitudeCons>0</AltitudeCons>
<AltitudeRestriction>at</AltitudeRestriction>
<Flytype>Fly-by</Flytype>
<Sp_Turn>Auto</Sp_Turn>
</SidTr_Waypoint>
</Sid_Transition>
<RunwayTransition Runway="06R">
<RwyTr_Waypoint ID="1">
<Name>(INTC)</Name>
<Type>Normal</Type>
<Latitude>34.442840</Latitude>
<Longitude>135.267275</Longitude>
<Speed>0</Speed>
<Altitude>0</Altitude>
<AltitudeCons>0</AltitudeCons>
<AltitudeRestriction>at</AltitudeRestriction>
<Flytype>Fly-by</Flytype>
<Sp_Turn>Auto</Sp_Turn>
</RwyTr_Waypoint>
<RwyTr_Waypoint ID="2">
<Name>KNE37</Name>
<Type>Normal</Type>
<Latitude>34.473644</Latitude>
<Longitude>135.304720</Longitude>
<Speed>0</Speed>
<Altitude>0</Altitude>
<AltitudeCons>0</AltitudeCons>
<AltitudeRestriction>at</AltitudeRestriction>
<Flytype>Fly-by</Flytype>
<Sp_Turn>Auto</Sp_Turn>
</RwyTr_Waypoint>
<RwyTr_Waypoint ID="3">
<Name>(INTC)</Name>
<Type>Intc</Type>
<Latitude>34.491947</Latitude>
<Longitude>135.448331</Longitude>
<Speed>0</Speed>
<Altitude>0</Altitude>
<AltitudeCons>0</AltitudeCons>
<AltitudeRestriction>at</AltitudeRestriction>
<Hdg_Crs>0</Hdg_Crs>
<Hdg_Crs_value>52</Hdg_Crs_value>
<RadialtoIntercept>295</RadialtoIntercept>
<Sp_Turn>Auto</Sp_Turn>
</RwyTr_Waypoint>
<RwyTr_Waypoint ID="4">
<Name>SKE07</Name>
<Type>Normal</Type>
<Latitude>34.528599</Latitude>
<Longitude>135.313541</Longitude>
<Speed>0</Speed>
<Altitude>2500</Altitude>
<AltitudeCons>0</AltitudeCons>
<AltitudeRestriction>above</AltitudeRestriction>
<Flytype>Fly-by</Flytype>
<Sp_Turn>Auto</Sp_Turn>
</RwyTr_Waypoint>
<RwyTr_Waypoint ID="5">
<Name>SKE14</Name>
<Type>Normal</Type>
<Latitude>34.563880</Latitude>
<Longitude>135.178902</Longitude>
<Speed>0</Speed>
<Altitude>0</Altitude>
<AltitudeCons>0</AltitudeCons>
<AltitudeRestriction>at</AltitudeRestriction>
<Flytype>Fly-by</Flytype>
<Sp_Turn>Auto</Sp_Turn>
</RwyTr_Waypoint>
<RwyTr_Waypoint ID="6">
<Name>(TURN)</Name>
<Type>Normal</Type>
<Latitude>34.568995</Latitude>
<Longitude>135.159640</Longitude>
<Speed>0</Speed>
<Altitude>0</Altitude>
<AltitudeCons>0</AltitudeCons>
<AltitudeRestriction>at</AltitudeRestriction>
<Flytype>Fly-by</Flytype>
<Sp_Turn>Auto</Sp_Turn>
</RwyTr_Waypoint>
<RwyTr_Waypoint ID="7">
<Name>(INTC)</Name>
<Type>Intc</Type>
<Latitude>34.430086</Latitude>
<Longitude>135.251783</Longitude>
<Speed>0</Speed>
<Altitude>0</Altitude>
<AltitudeCons>0</AltitudeCons>
<AltitudeRestriction>at</AltitudeRestriction>
<Hdg_Crs>1</Hdg_Crs>
<Hdg_Crs_value>220</Hdg_Crs_value>
<RadialtoIntercept>316</RadialtoIntercept>
<Sp_Turn>Auto</Sp_Turn>
</RwyTr_Waypoint>
</RunwayTransition>
<RunwayTransition Runway="24L">
<RwyTr_Waypoint ID="1">
<Name>(INTC)</Name>
<Type>Normal</Type>
<Latitude>34.415869</Latitude>
<Longitude>135.227018</Longitude>
<Speed>0</Speed>
<Altitude>0</Altitude>
<AltitudeCons>0</AltitudeCons>
<AltitudeRestriction>at</AltitudeRestriction>
<Flytype>Fly-by</Flytype>
<Sp_Turn>Auto</Sp_Turn>
</RwyTr_Waypoint>
<RwyTr_Waypoint ID="2">
<Name>KNE10</Name>
<Type>Normal</Type>
<Latitude>34.336886</Latitude>
<Longitude>135.084357</Longitude>
<Speed>0</Speed>
<Altitude>0</Altitude>
<AltitudeCons>0</AltitudeCons>
<AltitudeRestriction>at</AltitudeRestriction>
<Flytype>Fly-by</Flytype>
<Sp_Turn>Auto</Sp_Turn>
</RwyTr_Waypoint>
<RwyTr_Waypoint ID="3">
<Name>(TURN)</Name>
<Type>Normal</Type>
<Latitude>34.343037</Latitude>
<Longitude>135.044864</Longitude>
<Speed>0</Speed>
<Altitude>0</Altitude>
<AltitudeCons>0</AltitudeCons>
<AltitudeRestriction>at</AltitudeRestriction>
<Flytype>Fly-by</Flytype>
<Sp_Turn>Auto</Sp_Turn>
</RwyTr_Waypoint>
<RwyTr_Waypoint ID="4">
<Name>(TURN)</Name>
<Type>Normal</Type>
<Latitude>34.367638</Latitude>
<Longitude>135.032170</Longitude>
<Speed>0</Speed>
<Altitude>0</Altitude>
<AltitudeCons>0</AltitudeCons>
<AltitudeRestriction>at</AltitudeRestriction>
<Flytype>Fly-by</Flytype>
<Sp_Turn>Auto</Sp_Turn>
</RwyTr_Waypoint>
<RwyTr_Waypoint ID="5">
<Name>(INTC)</Name>
<Type>Normal</Type>
<Latitude>34.395409</Latitude>
<Longitude>135.054181</Longitude>
<Speed>0</Speed>
<Altitude>0</Altitude>
<AltitudeCons>0</AltitudeCons>
<AltitudeRestriction>at</AltitudeRestriction>
<Flytype>Fly-by</Flytype>
<Sp_Turn>Auto</Sp_Turn>
</RwyTr_Waypoint>
</RunwayTransition>
</Sid>
投票数:0 平均点:0.00
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし | 投稿日時 2016-5-28 7:55 | 最終変更
toshi  長老   投稿数: 1070
daitaroさん

toshiです。

1行目の
<Sid Name="NARAH-R2" Runways="All">

<Sid Name="NARAHR2" Runways="All">
に修正してみてください。
※名前にハイフンが入っていると駄目みたいです。

上記の修正を行った後、
Autopilot > Route Manager より
Departure: RJBB
Rwy: 06R
を指定し、
SID: NARAHR2-KOWA
を選択すると、Route Manager画面の下半分に
001 (INTC) 052 0.5nm
から
010 NARAH 079 18.9nm
まで10個のwaypointが追加され、また同時に
Equipment > Map
にピンク色の線でルートが表示されることを確認しました。
投票数:0 平均点:0.00
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし | 投稿日時 2016-5-28 11:27 | 最終変更
toshi  長老   投稿数: 1070
toshiです。

モデレータ権限で、SIDに関する投稿記事2件を本トピックに移動しました。

・SIDの編集について (2016-5-27 19:39:15 daitaro)
・Re: SIDの編集について (2016-5-28 7:55:01 toshi)

次に、SIDやSTARのFMSデータの入手先に関する情報です。

2016-4-5 21:49付けのinomatyさんの投稿記事」では、以下2つの入手先についてご紹介がありました。
※RJTT.xml --> リネームしてFlightGearのシーナリーデータフォルダのAirports/R/J/T/RJTT.procedures.xmlに置く

https://www.navigraph.com/Default.aspx
- 有償(30日コースだと6.5ユーロ、概ね毎月変化する365日コースだと23.9ユーロ)
- 最新版、かつ一番簡単で手軽なやり方

http://www.flightinfo.jp/omi/level_d_data/level_d_data.htm
- 無償、日本の空港のみ、おそらく2005年ごろ

今回見つけたのは以下です。

https://github.com/fgx/fgx-airports/tree/gh-pages/LDS767_AIO_Individual_XML_Airports
- 無償、日本の49空港を含む439空港、おそらく2005年ごろ
- (情報源) https://forum.flightgear.org/viewtopic.php?f=25&t=29036

navigraphのFMSデータはそう高くないので、購入するのも良い選択肢だと思います。

また、以下は補足です。

daitaroさんがトライ中のRJBBのSID"NARAH-R2"は、
<Sid Name="NARAH-R2" Runways="All">
- <Sid_Waypoint ID="x"> </Sid_Waypoint> ※KNE->NARAH
- <Sid_Transition Name="KOWA"> </Sid_Transition> ※NARAH->KOWA
- <RunwayTransition Runway="06"> </RunwayTransition> ※RWY06->KNE
- <RunwayTransition Runway="24"> </RunwayTransition> ※RWY24->KNE
</Sid>
という構造で、http://www.twin.ne.jp/~watanabe/satjpn/ にある2006年のRJBBチャート図の「NARAH REVERSAL TWO DEPARTURE」に対応していますが、もし現行のルート「KANSAI ONE DEPARTURE」にするなら、AIP Japanのチャートに従うと、以下のような構造になるのではないかと思います。

<Sid Name="KANSAI1" Runways="All">
- <Sid_Waypoint ID="x"> </Sid_Waypoint> ※不要かも?
- <Sid_Transition Name="BAMBI"> </Sid_Transition> ※KNE->NARAH
- <Sid_Transition Name="SHTLE"> </Sid_Transition> ※KNE->SHTLE
- <Sid_Transition Name="UENOH"> </Sid_Transition> ※KNE->GUJYO
- <RunwayTransition Runway="06R"> </RunwayTransition> ※RWY06R->KNE
- <RunwayTransition Runway="06L"> </RunwayTransition> ※RWY06L->KNE
- <RunwayTransition Runway="24R"> </RunwayTransition> ※RWY24R->KNE
- <RunwayTransition Runway="24L"> </RunwayTransition> ※RWY24L->KNE
</Sid>
投票数:3 平均点:3.33
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし | 投稿日時 2016-6-1 23:47
toshi  長老   投稿数: 1070
daitaroさん、toshiです。

引用:
procedures.xmlの編集をしているのですが、以下の記述でSIDを選択すると、何も表示されません。この記述で間違っているところがあればご教示いただけますか?

NARAH-R2をNARAHR2に書き換える、という私からのアドバイスは試してみていただけましたでしょうか?

その後の状況に進展がありましたら、ご報告ください。
投票数:0 平均点:0.00
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし | 投稿日時 2016-6-2 7:10
daitaro  常連   投稿数: 57
daitaroです。ご指摘の訂正を実行したところ、無事SIDが表示されました。さらにApproachでもハイフンを含んだものがあったので修正したところ、こちらもうまくいきました。ありがとうございました。
投票数:0 平均点:0.00
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし | 投稿日時 2016-12-23 2:11
inomaty  長老   投稿数: 104
過去の投稿に編集してぶら下げてもわかりづらいので新たに投稿します。

SID、STARのデータですが、A320neo(A330-200/300でも同様)の場合、A320neo/DatabaseにProceduresというフォルダを作り、RJAA.xml,RJAF.xml…とSID、STARのデータを入れる(RJAA.procedures.xmlのように、〜.procedures.xmlにリネームしない)と、機体添付のCDU画面で空港のSID、STAR、ARRIVALが選択出来るようになります。

本格志向の方はA330-300の本家Wikiページやそこの動画を参考にCDUで入力して飛行してみてください。
投票数:0 平均点:0.00

  条件検索へ


 検索

高度な検索
 新しい登録ユーザ
iqoruxav 2017-3-29
asafyfok 2017-3-29
opepah 2017-3-29
ylegis 2017-3-29
inibyxi 2017-3-28
iryhohyl 2017-3-28
agypawy 2017-3-28
aneba 2017-3-28
uxuzos 2017-3-28
ehatis 2017-3-28
 最近の画像(画像付)
C172: GPS(?)が消... (2017-3-21)
C172: GPS(?)が消...
松山空港を改良 (2017-2-28)
松山空港を改良
川崎C-1 & C-1僚... (2017-2-5)
川崎C-1 & C-1僚...
自作8機目 C-1FTB(... (2016-12-23)
自作8機目 C-1FTB(...
TGWebで作成した滑走... (2016-10-7)
TGWebで作成した滑走...
Powered by XOOPS Cube 2.1© 2001-2006 XOOPS Cube Project
Theme designed by OCEAN-NET