logo
ホーム •  フォーラム •  日本語wikiトップ •  アカウント情報 •  サイト内検索 •  新規登録
 ログイン
ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録
 メインメニュー
 米国サイト
 オンライン状況
21 人のユーザが現在オンラインです。 (3 人のユーザが フォーラム を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 21

もっと...

Re: PNG ⇒ RGBファイル変換について

このトピックの投稿一覧へ

なし Re: PNG ⇒ RGBファイル変換について

msg# 1.3.1
depth:
2
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし | 投稿日時 2008-8-26 2:10 | 最終変更
toshi  長老   投稿数: 1228
tigerさん、こんばんは。

ちょっと試してみたのですが、方位指定は通常考える向きとは逆回りのようです。

機体を配置する際に設定すべき高度を正確に知る方法については、ちょっと良いアイデアが浮かびません。
機体を配置する場所の海抜高度に加えて、車輪の接地面から機体の座標原点までの高さを知る必要があると思うのですが、航空機の3Dオブジェクトは座標原点の取り方が機体によってまちまちのようですので、3Dモデリングソフトを使って確認する、という面倒な方法しか思いつきません。

ですが、厳密でなくても良いのでしたら、UFOを使って見た目で確認しながらオブジェクトの配置を調整する方法をお勧めします。

1. UFO(UFO from the 'White Project' of the UNESCO, --aircraft=UFO)を使ってFlightGearを起動します。

2. UFOを操縦して3Dオブジェクトを配置したい場所に移動します。

3. 「l(エル)」キーを押して3Dモデルを選択します。
例) AI/Aircraft/747-400/747-400-ANA.xml

4. 3Dオブジェクトを配置したい地点をマウスでクリックするとオブジェクトが画面に現れるので、位置を調整します。
・Alt+クリック: オブジェクトの再配置
・BackSpace: オブジェクトの消去
・Ctrl-↑、Ctrl-↓、Ctrl-←、Ctrl-→: オブジェクトの移動(前後左右)

5. Tabキーを押して高度(altitude)と方位(heading)を調整します。
高度については、タイヤが地面に隠れるか隠れないかくらいの高さを探すと良いでしょう。

6. 最後に「d」キーを押すと、コンソール画面に、タイルファイル(.stg)のパスと書き込むべき内容が表示されます。
例)
# e130n30/e135n34/5168920.stg
OBJECT_SHARED AI/Aircraft/747-400/747-400-ANA.xml 135.24760513 34.43550032 6.214
7 240.0

7. 6.の情報をタイルファイル(e130n30/e135n34/5168920.stg)に手動で書き込みます。

以上、ご参考になりましたら幸いです。

(参考)
3DオブジェクトをUFOで配置する方法
http://wiki.flightgear.org/index.php/Placing_3D_Objects_with_the_UFO

UFOのキー操作
http://wiki.flightgear.org/index.php/UFO_from_the_%27White_Project%27_of_the_UNESCO

virtflyさんによる3Dオブジェクトの配置の解説
http://www.geocities.jp/virt_fly/fgfs_tech3.htm
投票数:18 平均点:3.89

投稿ツリー

  条件検索へ


 検索

高度な検索
 新しい登録ユーザ
ybimihaq 2020-5-29
atajuno 2020-5-29
asuqive 2020-5-29
arepyv 2020-5-29
evaqyliru 2020-5-28
erewu 2020-5-28
ibiky 2020-5-28
gameloop 2020-5-28
rickypauls 2020-5-28
ukilu 2020-5-28
 最近の画像(画像付)
あきづきに着艦訓練 (2020-5-24)
あきづきに着艦訓練
反映確認飛行 (2020-5-17)
反映確認飛行
AI艦船 護衛艦あき... (2020-5-16)
AI艦船 護衛艦あき...
コックピット内の謎... (2020-5-16)
コックピット内の謎...
FA-200に180ps仕様を... (2020-2-22)
FA-200に180ps仕様を...
Powered by XOOPS Cube 2.1© 2001-2006 XOOPS Cube Project
Theme designed by OCEAN-NET