logo
ホーム •  フォーラム •  日本語wikiトップ •  アカウント情報 •  サイト内検索 •  新規登録
 ログイン
ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録
 メインメニュー
 米国サイト
 オンライン状況
19 人のユーザが現在オンラインです。 (5 人のユーザが フォーラム を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 19

もっと...

空が真っ暗になる画面表示異常について

  • このフォーラムに新しいトピックを立てることはできません
  • このフォーラムではゲスト投稿が禁止されています
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿.1 .2 | 投稿日時 2019-5-18 19:20
hide  長老 居住地: 兵庫県  投稿数: 632
hideです、皆様こんにちは。ご無沙汰しています。
 今日は近年、私の環境で時々発生している、FlightGearの画面表示異常についてご相談申し上げます。

 投稿画像の「空が真っ暗に」をご覧下さい。一番上が問題の表示異常で、空と地形の大部分でテクスチャーが真っ黒になります。わずかに雲や都市部など、幾つかのテクスチャーで色彩が生き残っています。機内では、パネルと計器類や壁面・天井など、ほぼすべてが真っ黒か、黒にごく近い濃いグレーになります。
 この現象は、
.螢▲襯Ε┘供爾鮖藩冀罎
Detailed Weather機能と、
Atmospheric Light Scatteringを併用している時
 …のみに発生します。Livedataが配信されていなかったり、△泙燭廊のいずれかをオフにしている時は起きません。
(従って発生時も、△をオフにすれば一応、正常に飛行可能です)

 この現象が始まった時期は正確に覚えていませんが、3年ほど前にはすでに起きていたと思います。頻度はせいぜい月に数回で、一旦起きると数時間続くようです。また起動時に発生していても、そのまま長距離を移動すると、ある空域から突然正常な画面表示に戻る場合があります。
 きょうUFOでテストした例では、八尾空港で起動時に発生しており、西へ高速移動を続けると、淡路島や四国北岸までは引き続き発生していましたが、広島の手前で突然、正常な表示に戻りました。ここで反転復航したところ、大阪まで正常に表示されましたが、八尾の滑走路すれすれで空中停止したところ、数秒後に表示異常が再発しました。
 またFlightGearを起動したまま放置し、小一時間後に天候設定をあれこれ変更してからLivedataに戻したところ、正常な画面表示に戻っていました。

 この現象は、好きな時に再現する方法が見つかっていません。また先に書きましたように、Detailed WeatherとALSの最低どちらかを切れば、正常な飛行が可能です。実害は少ないし、調査自体が困難なのですが…Detailed WeatherとALSを使った空の描写があまりにも綺麗なものですから、出来れば解決出来ないかと思い、皆様と情報を共有することに致しました。まったく急ぎませんが、もし何らかのアドバイスを頂けましたら幸いです。
■私の環境は以下の通りです。
FlightGear 2018.3.2
Intel Core i7-4790 3.6GHz
24.0GB RAM
GTX970 4GB
Win-7 PRO 64 SP1
投票数:0 平均点:0.00
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿.1 | 投稿日時 2019-5-22 22:37
toshi  長老   投稿数: 1130
hideさん、こんばんは。
toshiです。

METARのメッセージに、雲量が推定できないことを表す
///
が含まれると描画がおかしくなるという報告を見つけました。

(具体例)
引用:
2018/07/24 20:20 LSGS 242020Z AUTO 200005KT 150V300 9999 - TSRA SCT///CB
21/15 Q1016 RERA
引用:
RJAA 122230Z 33004KT 4000 BCFG BR FEW001 SCT/// 10/09 Q1025 BECMG TL2300 6000 NSW
引用:
RJAA 131930Z 31004KT 260V320 4500 MIFG BR FEW030 BKN/// 11/10 Q1022 NOSIG RMK 1CU030 A3021

解決策は見つかっていませんが、次回問題が生じたときは、METARのメッセージを確認していただけますか?

(2018-07-24) [Flightgear-devel] Double whammy errors
https://sourceforge.net/p/flightgear/mailman/message/36375580/

(2017-09-27) #1993 Weird graphical glitch when /// is in METAR
https://sourceforge.net/p/flightgear/codetickets/1993/

(2016-11-12) Interesting METAR phenomenon
https://forum.flightgear.org/viewtopic.php?f=69&t=30984
投票数:0 平均点:0.00
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿.1 | 投稿日時 2019-5-23 1:07 | 最終変更
toshi  長老   投稿数: 1130
/// が原因で起こる問題については、再現手順が分かったので、以下の内容を英語フォーラムに投稿しました。
https://forum.flightgear.org/viewtopic.php?f=69&t=30984&p=348361#p348361

(PC) FlightGear 2018.3.2, Windows 10 64bit, Intel HD Graphics 530

(再現手順)
-RJTT, ufo, noonでFlightGearを起動。他の設定は全てデフォルト(Real-world weatherは無効).
- View > Rendering OptionsからAtmospheric Light Scattering (ALS)をチェック
- Environment > WeatherからDetailed Weatherをチェック
- Weather ConditionsをCore high pressure regionからManual inputに変更
- METAR Dataを
XXXX 012345Z 15003KT 19SM FEW072 FEW350 25/07 Q1028 NOSIG
から
XXXX 012345Z 15003KT 19SM FEW/// FEW350 25/07 Q1028 NOSIG
に手入力で変更
- 空の色が水色から黒に変わることを確認。

(明らかに変化する内部プロパティ)
- Debug > Nasal Consoleから
props.dump(props.globals)
を実行し、fgfs.logから抽出
- 1行目: "FEW072" --- 問題無し
- 2行目: "FEW///" --- 問題が発生

/environment/metar/data {STRING} = XXXX 012345Z 15003KT 19SM FEW072 FEW350 25/07 Q1028 NOSIG
/environment/metar/data {STRING} = XXXX 012345Z 15003KT 19SM FEW/// FEW350 25/07 Q1028 NOSIG

/environment/metar/clouds/layer/elevation-ft {DOUBLE} = 7220
/environment/metar/clouds/layer/elevation-ft {DOUBLE} = -1e+20

/environment/ground-haze-thickness-m {DOUBLE} = 2877.312
/environment/ground-haze-thickness-m {DOUBLE} = -3.048e+19

(/instrumentation/wxradar not found)
/instrumentation/wxradar {NONE} = nil

/local-weather/cloud-shadows/cloudpos-x {NONE} = nil
/local-weather/cloud-shadows/cloudpos-x {DOUBLE} = 0

/local-weather/cloud-shadows/cloudpos-y {NONE} = nil
/local-weather/cloud-shadows/cloudpos-y {DOUBLE} = 0

/local-weather/cloud-shadows/cloudpos-x[1] {NONE} = nil
/local-weather/cloud-shadows/cloudpos-x[1] {DOUBLE} = 0

(snip...)

/local-weather/cloud-shadows/cloudpos-y[19] {NONE} = nil
/local-weather/cloud-shadows/cloudpos-y[19] {DOUBLE} = 0

(/local-weather/shadow-loop-flag not found)
/local-weather/shadow-loop-flag {DOUBLE} = 0
投票数:1 平均点:10.00
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし | 投稿日時 2019-5-23 5:19
hide  長老 居住地: 兵庫県  投稿数: 632
toshiさん、おはようございます。hideです。
 この問題の再現に成功された由、凄いなあと驚きました。さっそくお知らせ下さいまして、大変ありがとうございました。現象再発時は、METARのメッセージをご報告すべき件も了解致しました。これまで分かっている範囲では、「///」が問題なのですね。
 現象自体をどんな英文にするか、思いつかなかったこともあり、米国本家で検索したことはなかったのですが、すでに2016年11月ごろには知られた現象だったようですね。今後さらに詳しく解明が進むことを祈っております。取り急ぎ御礼申し上げます。
投票数:0 平均点:0.00
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし | 投稿日時 2019-5-23 23:30 | 最終変更
toshi  長老   投稿数: 1130
hideさん、こんばんは。toshiです。

flightgear black skyでググって、
(2017-09-27) #1993 Weird graphical glitch when /// is in METAR
https://sourceforge.net/p/flightgear/codetickets/1993/
を見つけました。

前回の投稿を1点訂正します。

FEW///
などのように現れる///を、「雲量が推定できないことを表す」と書いたのは誤りでした。

雲底高の地上高を示す数字3桁の代わりに現れる///は、雲底高が観測所よりも低いことを表すそうです。

FCM-H1-2017, Federal Meteorological Handbook No. 1 - Surface Weather Observations and Reports, November, 2017
https://www.ofcm.gov/publications/fmh/FMH1/FMH1_2017.pdf
より引用:
At mountain stations, if the cloud layer is below station level, the height of the layer shall be reported as ///.

ちなみに、METAR Dataを
XXXX 012345Z 15003KT 19SM FEW/// FEW350 25/07 Q1028 NOSIG
に手入力で変更すると問題が再現できますが、
FEW///

FEW000
にすると、いい感じに低い雲が正常に描画されましたので、FlightGearソースコード内部で、雲底高が///のときは000に変換する処理を追加すれば多分直るんじゃないかと想像しています。
投票数:0 平均点:0.00

  条件検索へ


 検索

高度な検索
 新しい登録ユーザ
adatsm75 2019-10-16
adatsm76 2019-10-16
equxa 2019-10-16
olkcynrx 2019-10-15
Denni89 2019-10-15
amandavera 2019-10-15
yqakol 2019-10-15
imyzunaz 2019-10-15
inaciv 2019-10-15
yqofaqufy 2019-10-14
 最近の画像(画像付)
植生図を利用した北... (2019-6-16)
植生図を利用した北...
空が真っ暗に (2019-5-18)
空が真っ暗に
植生図を使用した富... (2019-4-15)
植生図を使用した富...
春の嵐METAR回復 (2019-2-23)
春の嵐METAR回復
FlightGear 2018.3.2... (2019-2-14)
FlightGear 2018.3.2...
Powered by XOOPS Cube 2.1© 2001-2006 XOOPS Cube Project
Theme designed by OCEAN-NET