logo
ホーム •  フォーラム •  日本語wikiトップ •  アカウント情報 •  サイト内検索 •  新規登録
 ログイン
ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録
 メインメニュー
 米国サイト
 オンライン状況
20 人のユーザが現在オンラインです。 (3 人のユーザが フォーラム を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 20

もっと...

SID STARが追加されない

  • このフォーラムに新しいトピックを立てることはできません
  • このフォーラムではゲスト投稿が禁止されています
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿.1 .2 .3 .4 | 投稿日時 2017-8-24 13:07
muma    投稿数: 3
前にSIDやSTARの編集についてを見てやってみました。
1. http://www.flightinfo.jp/omi/level_d_data/level_d_data.htm
 にてxmlをダウンロードする 
2.RJTT.procedures.xml にリネームしシーナリーフォルダの空港に合うように入れました (Airports/R/J/T/)
そうしたら出来たのですが カスタムシーナリーを入れると使えなくなってしまいます なぜだかわかる方いませんでしょうか 教えていただけるとありがたいです。

windows10 flight gear2.1 です
投票数:0 平均点:0.00
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし | 投稿日時 2017-8-28 18:57
inomaty  長老   投稿数: 161
こんばんは、mumaさん。
ようこそFlightGear日本語サイトへ!

投稿の件ですが、分からないことがいくつかあります。
1.具体的にどのカスタムシーナリーとか無く、何のカスタムシーナリーにおいても起こる問題なのでしょうか?
2.Airports/はどこのフォルダまたは階層にあるのでしょうか?
3.FlightGearのバージョンは"2017."2.1で良いのでしょうか?

Win7、Navigraphから取得したデータという違いがありますが、FlightGear 2017.2.1においてカスタムシーナリーがあってもSID等きちんと出てきます。外出中で暫くFlightGearが使用出来ないので再現できるのが先になりそうですが、よろしければ上記3点教えてください。

--
OS:Win7 Pro 64bit
  Ubuntu14.04LTS
FG version:Win7:3.4,2017.3.1
      Ubuntu:2016.1.1,2016.2.0

投票数:0 平均点:0.00
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし | 投稿日時 2017-8-29 20:40
muma    投稿数: 3
こんばんは 
わからないことですが
1 なんのカスタムシーナリーでも起きてしまいます
2 Airports/は C:\Program Files\FlightGear 2017.2.1\data\Scenery\Airportだと思います
3 バージョンは2.1であるはずです
今はA330-200の機体自体の設定でなんとか耐えていますw
投票数:0 平均点:0.00
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし | 投稿日時 2017-8-30 2:14
toshi  長老   投稿数: 1088
mumaさん、こんばんは。
toshiです。

お使いのFlightGearのバージョンは2017.2.1ですね。
あまりスマートではありませんが、以下2通りの解決策を考えましたので、どちらかお好みの方を試してみてください。

方法1 FlightGear起動画面のAdd-onsタブの「Additional scenery locations」で
C:/Users/toshi/Documents/FlightGear/Scenery <- 追加したいシーナリーフォルダ
C:/Program Files/FlightGear 2017.2.1/data/Scenery <-- RJTT.procedures.xmlを置いたdata/Sceneryフォルダ
のように、FlightGearインストールフォルダのdata/Sceneryフォルダを最後に追加する。

方法2
C:/Program Files/FlightGear 2017.2.1/data/Scenery にあるAirportsフォルダ
またはTerraSyncフォルダで自動取得したAirportsフォルダ
(例) C:/Users/toshi/Documents/FlightGear/TerraSync/Airports
を、「Additional scenery locations」で指定したフォルダ(複数ある場合はいずれか1つでOK)の下にコピーし、RJTT.procedures.xmlなどの自作ICAO.procedures.xmlファイルはコピー先のAircraftsフォルダの配下に配置する。
(例) C:/Users/toshi/Documents/FlightGear/Scenery/Airports/R/J/T/RJTT.procedures.xml

補足しますと、「Additional scenery locations」でフォルダを指定した場合、FlightGearは、
C:/Program Files/FlightGear 2017.2.1/data/Scenery
を探しに行かないようにあらかじめプログラムされています(参考: Re: PCスペックについて)。

そのため、「Additional scenery locations」でフォルダを指定しつつ、Scenery/Airports配下のファイルを追加、修正する際は、一工夫が必要になります。

以上の挙動は、私のPC環境(FlightGear2017.2.1, Windows10)で、%appdata%\flightgear.org フォルダに保存されるfgfs.logファイルと、process monitorというMicrosoft製ツール(無償)で調べました。

あまりスマートではないと書いた理由は、単にコピーしたりする手間があるというだけではなくて、TerraSyncで自動取得した最新のAirports配下のファイルが読み込まれなくなる弊害がある、という懸念点もあるからです。

より良い解決策にお気づきの方がいらっしゃればご指摘いただけますと幸いです。
投票数:0 平均点:0.00
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿.1 | 投稿日時 2017-8-30 8:44 | 最終変更
muma    投稿数: 3
おはようございます。
先ほど方法1を試してみました C:\Users\pc\Documents\FlightGear\TerraSync の中にAirportのファイルが見つかったのでそこに合わせてRJTT.procedures.xmlなどを入れてみたところ無事にカスタムシーナリーの入った状態でルートマネジャーの設定を使えました!! これでやっとA330縛りから解放されますw 
toshiさんとinomaty さんご協力ありがとうございました!
投票数:0 平均点:0.00
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし | 投稿日時 2017-8-31 21:52
inomaty  長老   投稿数: 161
こんばんは、mumaさん、toshiさん。
私が解決の糸口を引き出す程度に役立ったか分かりませんが、解決されたようで何よりです。
私の場合自作したシーナリーのテスト用フォルダにAirportsフォルダがあって毎度それをアディショナルフォルダとして登録してます。参考程度に。

--
OS:Win7 Pro 64bit
  Ubuntu14.04LTS
FG version:Win7:3.4,2017.3.1
      Ubuntu:2016.1.1,2016.2.0

投票数:0 平均点:0.00

  条件検索へ


 検索

高度な検索
 新しい登録ユーザ
ygeqilu 2017-12-14
ehynymyt 2017-12-14
Bacich2413 2017-12-14
emepav 2017-12-14
yxatykut 2017-12-14
apyrelu 2017-12-13
ojyhixyc 2017-12-13
oquqak 2017-12-13
ykityw 2017-12-13
izibyge 2017-12-13
 最近の画像(画像付)
舞洲シーナリー改良 (2017-11-26)
舞洲シーナリー改良
舞洲の場周経路図 (2017-11-14)
舞洲の場周経路図
水上機マリーナ完成 (2017-11-14)
水上機マリーナ完成
大阪に陸海3飛行場 (2017-10-24)
大阪に陸海3飛行場
舞洲ヘリポート (2017-9-10)
舞洲ヘリポート
Powered by XOOPS Cube 2.1© 2001-2006 XOOPS Cube Project
Theme designed by OCEAN-NET