logo
ホーム •  フォーラム •  日本語wikiトップ •  アカウント情報 •  サイト内検索 •  新規登録
 ログイン
ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録
 メインメニュー
 米国サイト
 オンライン状況
20 人のユーザが現在オンラインです。 (1 人のユーザが 投稿画像 を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 20

もっと...

アルバムトップ : 新規風景画像 :  Total:118

並び替え:  タイトル () 日時 () 評価 () ヒット数 ()
現在の並び順: タイトル (Z → A)

51 番〜 60 番を表示 (全 118 枚)« 1 2 3 4 5 (6) 7 8 9 10 11 12 »



巨大基地エドワーズ

巨大基地エドワーズ高ヒット
投稿者hidehide さんの画像をもっと!   前回更新2009-8-17 0:50    友人に知らせる友人に知らせる
ヒット数3375  コメント数7    0.00 (投票数 0)0.00 (投票数 0)投票する投票する
【上】
 モハベ砂漠のロジャース乾湖に拡がる、エドワーズ空軍基地の上空30000ftを飛ぶX-3高速実験機。左下へ伸びる最大の滑走路はシャトル用で全長約12キロ。東京・上野駅から五反田駅への直線距離に匹敵します。中央付近の緑色の部分は、新宿区くらいの広さがあります。
【右中】
 広大なシャトル用滑走路に着陸したYS-11。まるで高速道路にラジコン機が降りたみたいですね。衛星写真によると、実物のシャトル滑走路は湖底の色のままで、特に舗装されていないようです。
【右下】
 X-3実験機のエレベーター式操縦席が、搭乗位置まで降りたところ。脱出の際も、F-104みたいに下向きに打ち出す仕組みです。
【左下】
 エドワーズ基地の名物「世界最大のコンパスローズ(方位盤)」上空を飛ぶMRJ。実物には磁気方位の数字が入っています。直径は1キロ以上あるそうです。

巨船と零戦に導かれ

巨船と零戦に導かれ高ヒット
投稿者hidehide さんの画像をもっと!   前回更新2010-1-27 13:01    友人に知らせる友人に知らせる
ヒット数4092  コメント数5    9.00009.00 (投票数 1)投票する投票する
【上】
 今回はレーダー航法に使うターゲットとして、空気より軽い航空機に着目しました。写真はウェーク島への道案内を務めたヒンデンブルグ号と、ブリッジの間近を飛ぶピラタスPC7改。飛行船の巨体が放つ、恐竜的なオーラに感動しました。
【中左】
 太平洋横断のコースと磁気分布。ほぼ水平に走るのが等俯角線、ハの字に開いたまばらな線が等偏差線です。
【中右】
 オアフ島のディリンガム飛行場上空、約2万1000ftまで上昇した成層圏気球「Excelsior」。
【下】
 小笠原の硫黄島をバックに、誘導役の零戦21型と編隊を組むピラタスPC7改。この東西8キロしかない島で、日米5万人が戦死したとは驚きです。
 詳しくは各種設定フォーラム「手探り航法・旅日記(その2)」2010年1月27日掲載分をご覧下さい。

旧シーナリーのRJTTファイルの差し替え

旧シーナリーのRJTTファイルの差し替え高ヒット
投稿者toshitoshi さんの画像をもっと!   前回更新2015-5-20 2:44    友人に知らせる友人に知らせる
ヒット数1608  コメント数6    0.00 (投票数 0)0.00 (投票数 0)投票する投票する
詳しくは、2015-5-20付けの投稿記事「Re: FlightGear ターミナルと誘導路整理」をご参照下さい。

関西・四国の継ぎ目

関西・四国の継ぎ目高ヒット
投稿者hidehide さんの画像をもっと!   前回更新2017-7-10 0:49    友人に知らせる友人に知らせる
ヒット数1571  コメント数4    10.000010.00 (投票数 1)投票する投票する
 画像右手がinomatyさんの関西シーナリー51523タイルの西端、左が私の試作・四国北部シーナリー5152522タイルの東端です。四国北部シーナリーが短すぎるため、幅約250mのギャップが生じています。断面は右の関西シーナリーが鋭利で、左の四国北部シーナリー側は断崖が生成されています。
 詳しくは「植生図を利用したシーナリー製作」2017年7月10日分の書き込みをご参照下さい。

角田滑空場付近より仙台空港方向を望む

角田滑空場付近より仙台空港方向を望む高ヒット
投稿者inomatyinomaty さんの画像をもっと!   前回更新2013-10-18 22:05    友人に知らせる友人に知らせる
ヒット数2020  コメント数6    0.00 (投票数 0)0.00 (投票数 0)投票する投票する
環境省の植生図を利用して製作したシーナリー(低スペックPCを利用しているので、描画は軽めです)

海面下を飛ぶ

海面下を飛ぶ高ヒット
投稿者hidehide さんの画像をもっと!   前回更新2007-10-4 10:23    友人に知らせる友人に知らせる
ヒット数2868  コメント数3    0.00 (投票数 0)0.00 (投票数 0)投票する投票する
hideです。
【上】ブロンコ改の操縦席から見た、世界で2番目に標高が低いトルファン盆地。HUDとパネルの高度計が海抜マイナス360〜400ft付近を、電波高度計が地上10ftを指しています。
【中】砂漠を背景に小島が散在するカザフ共和国・ハルハシ湖の南岸。対岸は鉱工業地帯のようでした。
【下】かつてガガーリンが宇宙への第一歩を記した、バイコヌール基地の上空。
 詳しくは各種設定フォーラム「手探り航法・旅日記」2007年10月4日掲載分をご覧下さい。

海鳥の旅Φ霏臟儿

海鳥の旅Φ霏臟儿高ヒット
投稿者hidehide さんの画像をもっと!   前回更新2012-9-5 5:56    友人に知らせる友人に知らせる
ヒット数1520  コメント数6    0.00 (投票数 0)0.00 (投票数 0)投票する投票する
【左上】
アフリカ縦断7000キロの谷間「グレートリフトバレー」の一部、タンガニーカ湖を南下するカタリナ。
【右上】
FlightGear起動後に rembrandt をオンオフできないかと、internal properties の「/enabled=false」を「true」に書き換えてみたところ、こんな画面に化けて仰天。「false」に戻すと復旧します。
【中】
ボツワナで見つけた、広さ世界一の天然塩に覆われた低地。東西約170キロ、南北約110キロあります。
【下】
南アのキンバリー市街中心にある、ダイヤモンド鉱山跡のクレーター。右が世界最大「ザ・ビッグホール」。直径は実物同様、400m以上あります。
 詳しくは各種設定フォーラム「手探り航法・旅日記(その3)」2012年9月4日掲載分をご覧下さい。

海鳥の旅ケニア着

海鳥の旅ケニア着高ヒット
投稿者hidehide さんの画像をもっと!   前回更新2012-7-4 3:09    友人に知らせる友人に知らせる
ヒット数1703  コメント数6    0.00 (投票数 0)0.00 (投票数 0)投票する投票する
【上】
PBYカタリナで、早朝のナイロビ・ジョモ・ケニヤッタ国際空港HKJKにILS進入。ちょっとパスが低すぎますが、厚くて高い、地を這う雲の層から、ようやく正面にABNと滑走路が現れました。
【中】
これが、キリマンジャロです。アフリカの最高峰(5895m)ですが、独立峰では世界一の標高だそうで、ピラタスPC-9M改から眺める赤道地帯の雪山は、なかなか感動的でした。
【左下】
コクピットから見たキリマンジャロ山頂の西側。グレーの部分は氷河です。
【右下】
今回使用したHKJKの全景。ナイロビの3空港の中では最大です。正面奥が市街地。
 詳しくは各種設定フォーラム「手探り航法・旅日記(その3)」2012年7月4日掲載分をご覧下さい。

海鳥の旅∧侘計

海鳥の旅∧侘計高ヒット
投稿者hidehide さんの画像をもっと!   前回更新2012-6-29 12:59    友人に知らせる友人に知らせる
ヒット数1763  コメント数6    0.00 (投票数 0)0.00 (投票数 0)投票する投票する
今回はミャンマーからスリランカ経由で、インド洋のセイシェル諸島を狙ったものの、思わぬミスでロストポジション。はるか北、アラビア半島南のアデン湾・ソコトラ島にたどり着きました。
【左上】未明のベンガル湾。実に広い海で、VORもNDBも受信が途絶えます。
【左中】やっと着いたソコトラ島。
【左下】タキシング中、強風で片翼が接地し立ち往生…ハプニングの多い旅です。
【右上】垂直尾翼に設けたフライト・コードラント(hide式四分儀)に、偏流計の機能を加えました。球体の下に、赤く四角く見えるものが、波頭の動きを見るための平行線です。
【右中】平行線越しに見た海面。平行線は視野の向きに自動回転し、常に上を向きます。波頭が走る方向に合わせれば偏流(ドリフト)角が、うねりの列に赤い横線を合わせれば、風向が読める…という原理です。
【右下】偏流観測状態から、水平に視野をパンアップしたところ。コードラント本体の正面目盛りを拡大すると、グリッドの方位が0.1度単位まで読み取れます。
 詳しくは各種設定フォーラム「手探り航法・旅日記(その3)」2012年6月29日掲載分をご覧下さい。

海鳥の旅・第1回

海鳥の旅・第1回高ヒット
投稿者hidehide さんの画像をもっと!   前回更新2012-6-20 16:20    友人に知らせる友人に知らせる
ヒット数1645  コメント数5    0.00 (投票数 0)0.00 (投票数 0)投票する投票する
久しぶりの旅です。洋上を思い切り長時間飛び、2回の飛行でミャンマーまで進出しました。
【左上】深夜、伊丹RJOOで出発準備をするPBYカタリナ改。
【左中】台湾東方で、雲のレイヤーが一斉に傾く現象に遭遇。2006年末ごろ、Ver.0.9.*で体験しましたが、最近は例がありませんでした。
【左下】バシー海峡で、右エンジンのみ燃料切れ。なぜか燃料タンクの減り方が非常に不均一でした。このあと機体は原因不明の暴れ方をして、あわや墜落寸前。
【右上】不時着して応急処置後、無事ルソン島に到着。鮮やかな緑が目に染みました。
【右中】日を改めてルソン島を深夜離陸後、激烈な豪雨に突入。日本に来た台風4号の南西には、東南アジアに掛けて低気圧の列が出来ていて、ひどい目に遭いました。
【右下】インドシナを横断し、ミャンマーのヤンゴンへ進入。ちょうど着地点に断雲が座り込んで、またもヒヤリ。珍しい体験の重なるフライトでした。
 詳しくは各種設定フォーラム「手探り航法・旅日記(その3)」2012年6月20日掲載分をご覧下さい。

51 番〜 60 番を表示 (全 118 枚)« 1 2 3 4 5 (6) 7 8 9 10 11 12 »



 検索

高度な検索
 新しい登録ユーザ
ibihilu 2021-1-25
obsoletesh 2021-1-25
ovupug 2021-1-24
shoutkid 2021-1-24
crolap 2021-1-24
inydepil 2021-1-24
idnplay88 2021-1-24
avubede 2021-1-24
abobe 2021-1-24
azyqi 2021-1-24
 最近の画像(画像付)
HiTouchさん宛の画像... (2020-11-8)
HiTouchさん宛の画像...
E170/175用 FDA全号... (2020-10-27)
E170/175用 FDA全号...
あきづきに着艦訓練 (2020-5-24)
あきづきに着艦訓練
反映確認飛行 (2020-5-17)
反映確認飛行
AI艦船 護衛艦あき... (2020-5-16)
AI艦船 護衛艦あき...
Powered by XOOPS Cube 2.1© 2001-2006 XOOPS Cube Project
Theme designed by OCEAN-NET