logo
ホーム •  フォーラム •  日本語wikiトップ •  アカウント情報 •  サイト内検索 •  新規登録
 ログイン
ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録
 メインメニュー
 米国サイト
 オンライン状況
18 人のユーザが現在オンラインです。 (3 人のユーザが 投稿画像 を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 18

もっと...

アルバムトップ : 新規機体画像 :  Total:87

並び替え:  タイトル () 日時 () 評価 () ヒット数 ()
現在の並び順: 日時 (新→旧)

31 番〜 40 番を表示 (全 87 枚)« 1 2 3 (4) 5 6 7 8 9 »



自作機 富士重工 T−7

自作機 富士重工 T−7高ヒット
投稿者HiTouchHiTouch さんの画像をもっと!   前回更新2012-4-2 1:47    友人に知らせる友人に知らせる
ヒット数14115  コメント数14    8.00008.00 (投票数 2)投票する投票する
はじめまして HiTouchです。
このサイトに寄せられる皆さんの情報をたよりに自作機を作成しています。もっと多くの方が自慢の機体を紹介して頂けたらと思います。
最近自分のサイトも開きました。是非お立ち寄りください。
Uchi craft room
http://www.hm9.aitai.ne.jp/~uchinmat/

当サイトとTatさんに感謝です

当サイトとTatさんに感謝です高ヒット
投稿者virtflyvirtfly さんの画像をもっと!   前回更新2011-7-19 23:40    友人に知らせる友人に知らせる
ヒット数2769  コメント数6    8.50008.50 (投票数 2)投票する投票する
 かなり機体が完成してきました。Junkers Ju EF128は、無尾翼機らしいエレベータの働きを兼ねたエルロンの動きが楽しい機体となっています。
 他の機体を改造したニセ橘花にはじまり、3Dモデルは自作ながらフライトモデルは他機種のものを借りたAr E.381を経て、今ようやく3Dモデルもフライトモデルも曲がりなりにも自前の機体を手に入れることができました。
 これも当サイトのおかげ、とりわけTatさんの記事がなければ、とてもこうはならなかったことでしょう。深く感謝の意を表します。

Ju EF128の脚が動くように

Ju EF128の脚が動くように高ヒット
投稿者virtflyvirtfly さんの画像をもっと!   前回更新2011-7-17 20:31    友人に知らせる友人に知らせる
ヒット数2368  コメント数5    0.00 (投票数 0)0.00 (投票数 0)投票する投票する
 aeromaticにて、自作のJu EF128にJSBSim用のフライトモデルファイルを設けました。現在フライトモデルファイルの修正、チューニング中。
 ようやく脚の出し入れのアニメーションも完成しました。
 それにしても問題や疑問が続出! 今のところ笑っちゃうしかありません。

自作2機目はJunkers Ju EF128

自作2機目はJunkers Ju EF128高ヒット
投稿者virtflyvirtfly さんの画像をもっと!   前回更新2011-7-17 20:30    友人に知らせる友人に知らせる
ヒット数2741  コメント数5    0.00 (投票数 0)0.00 (投票数 0)投票する投票する
 久しぶりの投稿は、一からの自作2機目の機体です。
 挑戦したのは、実際には試作機もつくられていない設計図だけの存在であるJunkers Ju EF128という機体です。

 先の大戦末期にドイツが行った「緊急戦闘機」計画のコンペで、Me P1101とともにFw Ta183に負けを喫した機体です。Me P1101が試作機まで作製されて終戦を迎えていることからしても、架空とはいえJu EF128も実現性の高い機体だったと思われます。

 射出式の脱出座席と気密のコクピット、夜間戦闘機型ではマイクロ波レーダも装備ということですから、後年のジェット戦闘機に装備された乗員と飛行の安全に関わる最低限の備えは持つ機体だったようですね。

 塗装は、Daniele Sabatini氏の想像図を参考にしてみました。機種の緑のハートマークが戦闘機に似つかわしくなく可愛くて気に入ったのですが、このグリュンヘルツは東部戦線の第54戦闘航空団(JG54)と何か関係があるのでしょうか。そうだとすれば、白い冬季迷彩塗装?(想像図では46年夏の第2次バトルオブブリテンとされていますが)の指揮官機マークの機体は、撃墜王として有名なハルトマンの乗機をイメージ?

GMTからJSTへ

GMTからJSTへ高ヒット
投稿者hidehide さんの画像をもっと!   前回更新2011-7-10 2:27    友人に知らせる友人に知らせる
ヒット数2080  コメント数4    0.00 (投票数 0)0.00 (投票数 0)投票する投票する
この夏、新たな長距離フライト「GMTからJSTへ グリニッジ=明石間 子午線の旅」を始めました。
【左上】
 世界の経度の原点、ロンドン・グリニッジ公園(旧王立天文台)上空をゆくスタンプSV4。
【右上】
 ドーバー上空から見た英仏海峡。右奥はフランスのグリネ岬。
【左下】
 ブリュッセルの1958年万博パビリオン「アトミウム」。高さ103m。
【右下】
 改良版フライト・コードラントのカメラビュー。方位は360度全周を、上下角は天頂から俯角45度まで測定できるよう改良しました。赤い垂直カーソルは、自動的にビューの中心を向きます。この画像ではブリュッセル空港の灯台を観測中。方位182.25度、俯角5.03度を指しており、計算上の距離は約5.6nmでした。黄色い方位目盛り「18」(180度)から上下に伸びるグレーの線は、太陽や恒星の正中時を捉える子午線リングで、常に真北・真南を向きます。
 詳しくは各種設定フォーラム「手探り航法・旅日記(その2)」2011年7月10日掲載分をご覧下さい。

自作2機目はJunkers Ju EF128(2)

自作2機目はJunkers Ju EF128(2)高ヒット
投稿者virtflyvirtfly さんの画像をもっと!   前回更新2011-6-26 18:56    友人に知らせる友人に知らせる
ヒット数2315  コメント数6    8.00008.00 (投票数 1)投票する投票する
 自作2機目のJunkers Ju EF128続きです。

 自作1号機のAr E.381が母機に吊るされて離陸するロケット機で、滞空時間も短く、本格的乗機とするには物足りないものでしたが、その点では、自立で4時間近く飛行でき、安全への配慮もされたJu EF128なら、乗機にしてもいいかなと。

 それに、アーリージェットらしく戦闘機にしては可愛らしいずんぐりむっくりの機体と機種の緑のハートが気に入り、自作2号機にとりあげました。

 計器パネルをのぞき、おおむね3DCGは完成ですが、フライトモデルの記述はまだ他機のものを借りて飛ばしています。補助翼やギアもまだ動かせません。一からのフライトモデルの記述にぼちぼちと取り組んでみたいと思っていますが、どうなるやら。

二式大艇

二式大艇高ヒット
投稿者zero1962zero1962 さんの画像をもっと!   前回更新2011-5-6 17:16    友人に知らせる友人に知らせる
ヒット数2752  コメント数8    0.00 (投票数 0)0.00 (投票数 0)投票する投票する
YSフライトシミュレータの追加機体から、二式大艇を移植しました。背景には羽田沖の大和が見えます。

「航空四分儀」完成

「航空四分儀」完成高ヒット
投稿者hidehide さんの画像をもっと!   前回更新2011-5-4 8:27    友人に知らせる友人に知らせる
ヒット数2209  コメント数4    0.00 (投票数 0)0.00 (投票数 0)投票する投票する
【上】
3月にご紹介した「子午儀」を改良・小型化し、天体の高度角と方位を直読できる「フライト・コードラント」(航空四分儀)を作りました。
【左中】
赤い高度角目盛りカーソルは、視野の移動を自動追尾し、常にビューの中心を向きます。黄色い方位目盛りカーソルは、常に真方位を指します。最小目盛りは0.1度です。
【右下】
コードラントの内部ビューで見た、2本のカーソルの交点。どアップにすると天体方位が直読できます。
【中下】
太陽の高度角測定。目盛りの10分の1まで目測すると、1分角をやや上回る分解能が得られます。
【左下】
◇マークとinternal propertiesを利用した従来の測定法。新たなビューを設けて、機影に邪魔されずに太陽を照準できるよう改良し、目盛りの精度検証に使いました。
 詳しくは、各種設定フォーラム「手探り航法・旅日記(その2)」2011年5月4日掲載分をご覧下さい。

amb修正前・修正後

amb修正前・修正後高ヒット
投稿者hidehide さんの画像をもっと!   前回更新2011-4-21 11:32    友人に知らせる友人に知らせる
ヒット数2436  コメント数5    0.00 (投票数 0)0.00 (投票数 0)投票する投票する
Ver.2.0.0のオブジェクト色彩不良を修正するため、私も「rgb値をamb値にコピーする」方法を試してみました。左が修正前、右が修正後です。
【上】
白い機体がグレー気味に見えていましたが、修正後はより自然な発色に。
【中】
PC7改のパネルも、直射光以外ではグレーに化けましたが、本来の空色が復活。
【下】
逆光の機体下面は、パーツによって明暗がアンバランスでしたが、劇的に改善されました。

F-2A + 最上、大和 @ FGSF2.0.0

F-2A + 最上、大和 @ FGSF2.0.0高ヒット
投稿者zero1962zero1962 さんの画像をもっと!   前回更新2011-4-17 21:23    友人に知らせる友人に知らせる
ヒット数2279  コメント数7    0.00 (投票数 0)0.00 (投票数 0)投票する投票する
FGFS1.9.1bでは正常な色表示がFGFS2.0.0では、白っぽくなってしまいます。

31 番〜 40 番を表示 (全 87 枚)« 1 2 3 (4) 5 6 7 8 9 »



 検索

高度な検索
 新しい登録ユーザ
ropyxe 2020-10-25
elunem 2020-10-25
atosyp 2020-10-25
deqidiga 2020-10-25
onyhebo 2020-10-24
ottodamag 2020-10-24
chancy 2020-10-24
1digital1 2020-10-24
reto11 2020-10-24
pofovyky 2020-10-24
 最近の画像(画像付)
あきづきに着艦訓練 (2020-5-24)
あきづきに着艦訓練
反映確認飛行 (2020-5-17)
反映確認飛行
AI艦船 護衛艦あき... (2020-5-16)
AI艦船 護衛艦あき...
コックピット内の謎... (2020-5-16)
コックピット内の謎...
FA-200に180ps仕様を... (2020-2-22)
FA-200に180ps仕様を...
Powered by XOOPS Cube 2.1© 2001-2006 XOOPS Cube Project
Theme designed by OCEAN-NET