logo
ホーム •  フォーラム •  日本語wikiトップ •  アカウント情報 •  サイト内検索 •  新規登録
 ログイン
ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録
 メインメニュー
 米国サイト
 オンライン状況
90 人のユーザが現在オンラインです。 (7 人のユーザが フォーラム を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 90

もっと...

ジョイスティックを新調しました

  • このフォーラムに新しいトピックを立てることはできません
  • このフォーラムではゲスト投稿が禁止されています
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし | 投稿日時 2022-3-20 21:41 | 最終変更
hide  長老 居住地: 兵庫県  投稿数: 650
hideです。少し前の書き込みで、ラダーペダルを買い替えたお話をしましたが、その後ジョイスティックも新調しました。今回はLogicoolのハイエンド機 X56 HOTASです。ご参考までにインプレッションを紹介します。

 私は現在 FlightGearを 2020.3.12 を使って、もっぱら Piper PA28 Warrior で大阪平野のショートフライトを楽しんでいます。しかし以前に比べて、どうも操縦が大幅に下手になった気がしていました。
 昔、マイクロソフト・フライトシミュレーター2000のチュートリアルで、一番簡単な「自家用操縦士」のチェックライドにパスした時は、指定コースからの高度差100ft以内、速度差10Kt以内、針路差10度以内の合格条件をクリアしました。しかし最近はもっと逸脱してしまいます。おかしいなと思い、10年あまり愛用した Saitek Cyborg Evo Force を点検してみたところ、グリップの頂点では、中立位置から前後左右1センチ近い遊びが発生し、しかも操作信号が発生しないデッドゾーンになっていました。これでは一番大事なセンター付近の微妙な修正が効かず、いよいよ買い替えしかないと思った次第です。

 いま簡単に手に入るジョイスティックは、Logicool(旧Saitek)とスラストマスターの数機種に限られるようですね。なるべく高精度で堅牢なものが欲しいと思い、従来の旧Saitek製の印象が比較的良かったこともあって、X56を選びました。ヨドバシカメラで税込み35,890円でした。
 X56 HOTASは合計30個のスイッチ類を搭載した、3軸ジョイスティックと別体スロットルのセットで、いずれも台座は幅18.3センチ×高さ5センチ×奥行き22.5センチのゴム足付き。重さはそれぞれ1キロ以上あり安定性十分です。USBのみの給電でAC電源ユニットはありません。

 ジョイスティックはグリップが上下に大きく太く、全面ラバーコーティングで感触は上々。中心軸の下部にリターンスプリングとして、太めのコイルスプリングが1本入れてあります。太さの異なるスプリングが計4本同梱され、オンラインマニュアルに従って交換すると復元力を変えられます。
 この部分は単純堅牢な設計ですが、中立位置付近では復元力がごく小さくなることと、スプリングの受け皿の設計寸法の関係で、エルロン軸にほんの少し機械的な遊びが出るのは残念です。
 グリップにはハットスイッチ3個、押しボタン3個、トリガー2個、小型アナログスティック1個があります(宇宙船操作に必要な6軸に対応しているようですね)。いずれもFlightGear側のJoystick configuration か、Logitechのサイトからダウンロードするユーティリティーソフトでプログラム可能です。私はトリガーにブレーキとパーキングブレーキ、ハットスイッチ類に視野切り替えを割り当てています。

 スロットルは双発機対応で、戦闘機タイプの二つのレバーが並んでおり、連動ピンを設定すれば一体操作が可能です。スロットルを初めて使う時は、自動的にジョイスティックと認識されてしまい、2本のレバーにエレベーターとエルロンが割り当てられますが、Joystick configuration で簡単に設定変更が可能です(初回起動時は事実上、あらゆる軸とスイッチの設定が必要でした)。
 スロットルのグリップには調整ダイヤル3個、ハットスイッチ3個、押しボタン3個、小型アナログジョイスティックとスライドスイッチ各1個、シーソー式の2Pスイッチ1個があり、台座にも両切れ式スナップスイッチ7個、ボリューム2個、3Pロータリースイッチ1個があります。私はハットスイッチに各舵のトリム、ダイヤル類にフラップとミクスチャー、スナップスイッチにオートパイロットの各モードのオンオフ、ギア操作などを割り付けました。(ロータリースイッチで3通りの設定を切り替え可)

 実際に使ってみますと、見てくれと感触が豪華で物理的にも安定感があります。スロットルの操作はかなり重めですが、グリスが馴染んでくると丁度いいのではないかと思います。
 ジョイスティックも、デフォルトのリターンスプリングではやや重い印象ですが、むしろ安定感があります。舵の応答は、分解能が高い印象で遊びゼロ。スティックを倒すと言うよりは、じわりと圧を掛けると機体が滑らかに反応してくれる感じで快適です。ジョイスティックの角度検出機構には磁気を使っているそうですが、今後は耐久性も期待したいです。
 先ほど述べたエルロン軸の機械的な遊びと、スプリングが持っている癖のため、私の個体はわずかながら機体に右傾斜が出やすいのですが、これはハットスイッチでエルロントリムを微調整すれば直ります。またユーティリティーソフトで各軸の作動カーブを調整できますので、デフォルトでリニアになっていた出力グラフを、ごく浅いS字カーブに設定し、センター付近の感度をわずかに落としたところ問題は無くなりました。
 まだ使いこなせていませんが、このX56は買いだと思います。
投票数:0 平均点:0.00

  条件検索へ


 検索

高度な検索
 新しい登録ユーザ
ojyhosy 2022-5-19
okkjsanhes 2022-5-19
ghlpowipew 2022-5-19
Acbank130 2022-5-19
Acbank129 2022-5-19
ysesa 2022-5-19
novelsir 2022-5-19
ahyzemy 2022-5-19
vtechnosys 2022-5-19
Acbank128 2022-5-19
 最近の画像(画像付)
飛んでみる八尾空港 (2022-4-10)
飛んでみる八尾空港
作ってみる八尾空港 (2022-4-2)
作ってみる八尾空港
F117 nighthawk (2021-5-19)
F117 nighthawk
HiTouchさん宛の画像... (2020-11-8)
HiTouchさん宛の画像...
E170/175用 FDA全号... (2020-10-27)
E170/175用 FDA全号...
Powered by XOOPS Cube 2.1© 2001-2006 XOOPS Cube Project
Theme designed by OCEAN-NET