logo
ホーム •  フォーラム •  日本語wikiトップ •  アカウント情報 •  サイト内検索 •  新規登録
 ログイン
ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録
 メインメニュー
 米国サイト
 オンライン状況
21 人のユーザが現在オンラインです。 (10 人のユーザが 今日は何の日? を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 21

もっと...
前月 昨日
2020年 5月 13日(水)
明日 翌月 年間表示 月表示 週表示 予定一覧表示
             
1949 イングリッシュ・エレクトリック・キャンベラの初飛行。
イングリッシュ・エレクトリック社が開発し、イギリス空軍に採用されたジェット爆撃機。イギリス空軍では2006年に退役。
 
             
1913 世界初の四発機シコルスキー・グランドが初飛行
シコルスキーはS-6の発展型のS-6Bの開発中、食事の席で社長であるシドロスキーにコックピットをそれまでの吹曝しから密閉式のキャビンにするアイデアを出す。このアイデアにシドロスキーは非常に興味を持ち、S-6の発展型で取り入れることとなった。しかし、試作機である双発の「ロシアの騎士号」は出力不足で失敗してしまう。そこでシコルスキーはエンジンを二つ一組の串形にして左右の翼に取り付け四発にし、さらに翼長を延長する事によって出力不足を解決しようとした。この機体は「パイロットが気流を感じられないから速度がわからない」「二輪のバイクは作れるが二輪のバスは作れない」などの比喩で製作中から話題となった。この機体は製作中、四角い外見から「有翼電車」と呼ばれ、完成後は機体は「グランド号」という名称が付けられた。「グランド号」はソファーやバルコニー、トイレまで備えた機体で、まさに電車並みの内装を持っていた。1913年5月11日、世界初の四発機である「グランド号」はペトログラードの陸軍飛行場で白夜の中、10分間の最初の飛行を行った。「グランド号」はこの後も53回飛行試験を行った。
 
             
1940 シコルスキーVS-300、15分間の自由飛行に成功
このヘリコプターは、主ローターを前後に角度を付ける事によって前後進を可能とし、主ローターのトルクは尾部側面に取り付けたテールローターで打ち消す方式を採用している。この方式は小型化や操縦性でそれまでの方式より優れており、現在使用されているヘリコプターもほぼ同じ方式を採用している。
 

  年       <今日>
piCal-0.8
印刷
 検索

高度な検索
 新しい登録ユーザ
amesoxesy 2019-11-18
ofokotary 2019-11-17
Keller190 2019-11-17
iselitavu 2019-11-17
ucybaqiz 2019-11-17
odaqo 2019-11-16
evawudyl 2019-11-16
ymapub 2019-11-16
liamalger 2019-11-16
dentistry 2019-11-16
 最近の画像(画像付)
植生図を利用した北... (2019-6-16)
植生図を利用した北...
空が真っ暗に (2019-5-18)
空が真っ暗に
植生図を使用した富... (2019-4-15)
植生図を使用した富...
春の嵐METAR回復 (2019-2-23)
春の嵐METAR回復
FlightGear 2018.3.2... (2019-2-14)
FlightGear 2018.3.2...
Powered by XOOPS Cube 2.1© 2001-2006 XOOPS Cube Project
Theme designed by OCEAN-NET