logo
ホーム •  フォーラム •  日本語wikiトップ •  アカウント情報 •  サイト内検索 •  新規登録
 ログイン
ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録
 メインメニュー
 米国サイト
 オンライン状況
48 人のユーザが現在オンラインです。 (3 人のユーザが 投稿画像 を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 48

もっと...

アルバムトップ : hide Total:172

並び替え:  タイトル () 日時 () 評価 () ヒット数 ()
現在の並び順: ヒット数 (低→高)

71 番〜 80 番を表示 (全 172 枚)« 1 2 3 4 5 6 7 (8) 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 »



ABUNAI航法のAtlas画面

ABUNAI航法のAtlas画面高ヒット
投稿者hidehide さんの画像をもっと!   カテゴリーその他    前回更新2007-2-18 23:14    友人に知らせる友人に知らせる
ヒット数3305  コメント数12    0.00 (投票数 0)0.00 (投票数 0)投票する投票する
【ABUNAI航法のAtlas画面】
hideです。
 Atlasを利用した便利なナビゲーション技術「ABUNAI航法」の画面表示です。三沢基地を離陸して南西に向かう自機から、画面左下に見える十和田湖・御倉山までの磁気方位と距離を調べるため、御倉山にマウスポインタを合わせました。すると左手の小ウインドウに「245.0度、20.5nm」とデジタル表示されます。
 詳しくは各種設定フォーラム「手探り航法・旅日記」2007年2月18日掲載分をご覧下さい。(注:この画像は、ややコントラストなどを調整しています)

YS-11でVmc試験

YS-11でVmc試験高ヒット
投稿者hidehide さんの画像をもっと!   カテゴリー新規風景画像    前回更新2009-7-21 11:11    友人に知らせる友人に知らせる
ヒット数3308  コメント数3    0.00 (投票数 0)0.00 (投票数 0)投票する投票する
hideです。
【上】
 カンザスシティー付近で、フラップ上げのままクリティカルエンジン(右舷)を停止し、Vmc(最小コントロール速度)試験を行うYS-11。実機同様に85Ktまで減速可能で、安定した飛行ぶりに感動しました。
【下】
 ロッキー山脈を越えるYS-11。離陸直後に、速度も高度も上がらないトラブルに遭いましたが、飛行特性を十分理解していなかったためのようです。
【中】
 比較のため飛ばしたDC-3の着陸シーン。尾輪式のため何かと苦労しました。空中では操縦が楽ですが、鈍足でもあり、さすがにYS-11の敵ではありません。
 詳しくは、各種設定フォーラム「手探り航法・旅日記(その2)」2009年7月21日掲載分をご参照下さい。

無着陸で1万卞庸

無着陸で1万卞庸高ヒット
投稿者hidehide さんの画像をもっと!   カテゴリー新規機体画像    前回更新2015-3-8 23:30    友人に知らせる友人に知らせる
ヒット数3325  コメント数7    0.00 (投票数 0)0.00 (投票数 0)投票する投票する
U-2S改で周回航続距離5514.1nm(1万0212.11辧法滞空15時間33分の自己新記録を作りました。
【上】
高度7万7000ftで能登空港へ向かうU-2改。無粋な電子偵察ポッドを捨て、「航研機」をイメージした赤い翼に塗り替えました。左の地図は1000nm周回コースのAtlas画面です。
【左下】
複座に改造して、機首にフライト・コードラント(自作の四分儀)を積み、天測も可能です。
【右下】
3個しかなかった計器を充実。上部のデジタル表示は、左からトータライザ(燃料総量計)、燃料流量計、コンパス(磁気方位と真方位)です。
 詳しくは各種設定フォーラム「手探り航法・旅日記(その3)」2015年3月8日掲載分をご覧下さい。

「夜間飛行」の世界

「夜間飛行」の世界高ヒット
投稿者hidehide さんの画像をもっと!   カテゴリー新規風景画像    前回更新2008-3-29 2:30    友人に知らせる友人に知らせる
ヒット数3333  コメント数3    0.00 (投票数 0)0.00 (投票数 0)投票する投票する
hideです。
【月下の郵便機】
 フランスのツールーズからスペインのバルセロナに向かう、1920年代の郵便飛行を再現しました。夜間の画像は見えにくいので、いずれも明るく修正しています。
【ピレネーを越えて】
 史実通りにピレネー山脈のペルテュス峠を越え、スペインをめざすSV4型複葉機。
【バルセロナの朝】
 滑走路脇で操縦席のサイドドアやエンジンを開き、翼を休めるSV4。昔の飛行場には家畜がいたそうですが、なぜかここにも牛が…。

 詳しくは各種設定フォーラム「手探り航法・旅日記」2008年3月29日付をご参照下さい。

北西航路を行く

北西航路を行く高ヒット
投稿者hidehide さんの画像をもっと!   カテゴリー新規風景画像    前回更新2013-11-23 2:06    友人に知らせる友人に知らせる
ヒット数3389  コメント数6    0.00 (投票数 0)0.00 (投票数 0)投票する投票する
【上】
満月に見送られ、吹雪のアラスカ最北端・バロー岬近くの空港を出発するツインオッター。極夜が始まり、正午でも真っ暗でした。
【左中】
アラスカの西の端、プリンス・オブ・ウェールズ岬周辺。高度を上げて降雪から逃れると、空の青とベーリング海峡の緑が目に染みました。対岸ロシアは残念ながら、雲に遮られて見えません。
【下】
アラスカ西部ノーム空港にILS進入。北極圏を脱出し、1カ月ぶりにアーバン・エフェクトのビル群を見て懐かしかったです。
 詳しくは各種設定フォーラム「手探り航法・旅日記(その3)」2013年11月23日掲載分をご覧下さい。

リンドバーグの視界

リンドバーグの視界高ヒット
投稿者hidehide さんの画像をもっと!   カテゴリー新規風景画像    前回更新2009-6-6 16:57    友人に知らせる友人に知らせる
ヒット数3393  コメント数5    0.00 (投票数 0)0.00 (投票数 0)投票する投票する
【上】
スピリット・オブ・セントルイスのコクピット視界。前の見えない機体ですが、リンドバーグのように、左窓に顔を寄せて操縦した場合の視野を再現してみました。広角撮影ですので、実機はもっとパネルが近くなります。
【左下】
エリー湖畔のクリーブランド上空を飛ぶロッキード・ヴェガ。一見視界が良さそうですが、実際は翼断面に邪魔されて横が見えず、かなり操縦にストレスを感じます。
【右下】
クリーブランドからデイトンに向けて、クロスカントリーを行うGeeBeeレーサー。
 詳しくは各種設定フォーラム「手探り航法・旅日記(その2)」2009年6月6日掲載分をご覧下さい。

二つの秘密基地

二つの秘密基地高ヒット
投稿者hidehide さんの画像をもっと!   カテゴリー新規風景画像    前回更新2011-10-11 6:12    友人に知らせる友人に知らせる
ヒット数3411  コメント数4    0.00 (投票数 0)0.00 (投票数 0)投票する投票する
【上】
旧ドイツ空軍テスト基地、レヒリン・レルツ空港EDAX上空の左右非対称機BV-141。背後はミューリッツ湖。
【2段目左】
BV-141のコクピットビュー。エンジンのない正面から右翼に掛けては、遮るものがありません。
【同・中】
BV-141後席から見た後方。視界は抜群ですが、太い窓枠が目障りです。
【同・右】
ピラタスPC-21でペーネミュンデ飛行場EDCPに着陸。にわか雨が降っていました。
【3段目】
ドイツ陸軍のロケット実験場があった、ウゼドム島ペーネミュンデ地区を背景に、バルト海上空を飛ぶ試作戦闘爆撃機BV-170。右端の飛行場EDCPの手前に、発射台がありました。
【左下】
接地寸前のBV-170コクピットビュー。長い胴体と主翼、フラップに遮られ、滑走路が見えません。
【右下】
BV-170の爆撃手ビューから見た前方。主翼が遠い分、パイロットより少しましです。
 詳しくは各種設定フォーラム「手探り航法・旅日記(その3)」2011年10月11日掲載分をご覧下さい。

���

高ヒット
投稿者hidehide さんの画像をもっと!   カテゴリーその他    前回更新2006-9-9 13:51    友人に知らせる友人に知らせる
ヒット数3427  コメント数3    0.00 (投票数 0)0.00 (投票数 0)投票する投票する
hideです。
 これは、標準旋回のためのデータ早見表です。アプローチなどに使う「ベースターン」の操縦諸元や、変針点の何マイル手前から旋回操作を行えば正確に回れるか、DMEの距離表示は高度によってどの程度補正が必要か、などが分かります。詳しくは、各種設定フォーラム「手探り航法・旅日記」2006年9月9日掲載分をご覧下さい。

極北へ・ネス湖にて

極北へ・ネス湖にて高ヒット
投稿者hidehide さんの画像をもっと!   カテゴリー新規風景画像    前回更新2010-7-19 15:34    友人に知らせる友人に知らせる
ヒット数3429  コメント数3    0.00 (投票数 0)0.00 (投票数 0)投票する投票する
 今回から涼を求めて、北極圏へのフライトをご紹介します。
【上】
 夜明けのネス湖上空を飛ぶ、A24ヴァイキング水陸両用機。ちょっと不気味な風景でした。
【中】
 濃霧の英国・マン島を低空飛行するピラタスPC7改。この夏の極地塗装です。
【左下】
 ヒースロー空港で貨物ドアを開いたショート・スカイバン軽輸送機。ハコフグのような姿に似合わぬ、なかなかの高性能です。
【右下】
 ブルックランズ飛行場で離陸を待つ、デハビランドDH88「コメット」長距離レーサー。視界は最悪、おまけに暴れ馬で…。
 詳しくは各種設定フォーラム「手探り航法・旅日記(その2)」2010年7月19日掲載分をご覧下さい。

海鳥の旅づ径革命

海鳥の旅づ径革命高ヒット
投稿者hidehide さんの画像をもっと!   カテゴリーその他    前回更新2012-7-19 6:33    友人に知らせる友人に知らせる
ヒット数3441  コメント数7    0.00 (投票数 0)0.00 (投票数 0)投票する投票する
【左上】
フラミンゴの名所・ケニアのナクル湖に舞い降りたカタリナ改。ご紹介が遅れましたが、愛称は「水薙」(みずなぎ)号です。
【右上】
フライト・コードラント(航空四分儀)を再調整し、垂直尾翼から左翼前縁に移動。精度が向上しました。
【下】
天文航法ソフト「Navigator」最新版を購入。非常に高機能で、私の天測は大躍進しました。
左上のウィンドウは星座早見と天体データ。右下が天測計算・作図ツール画面。太陽と月、金星の高度角と測定時刻を打ち込んだら即、3本の「位置の線」が描かれ、交差三角形の内心に現在地(○印=ナイロビ空港付近)を図示し、緯度経度も算出しました…お見事!! 左下は海図・各種航法・風力などの画面で、さきほどの3本の位置の線と予定針路(赤線)を、アフリカの地図に重ねて表示しています。
 右上のデジタル時計群は、前回ご紹介したフリーウェア「Qlock」です。複数の時間帯が必要な航法には便利です。
 詳しくは各種設定フォーラム「手探り航法・旅日記(その3)」2012年7月18日掲載分をご覧下さい。

71 番〜 80 番を表示 (全 172 枚)« 1 2 3 4 5 6 7 (8) 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 »



 検索

高度な検索
 新しい登録ユーザ
MukaiKaede 2024-7-21
otumije 2024-7-21
eryxowep 2024-7-21
alexistoxx 2024-7-20
orycycut 2024-7-20
sasasa 2024-7-20
hyperionyD 2024-7-20
validactiv 2024-7-20
scrubmusli 2024-7-20
iretez 2024-7-20
 最近の画像(画像付)
自作11機目 F/A-18... (2022-5-27)
自作11機目 F/A-18...
飛んでみる八尾空港 (2022-4-10)
飛んでみる八尾空港
作ってみる八尾空港 (2022-4-2)
作ってみる八尾空港
F117 nighthawk (2021-5-19)
F117 nighthawk
HiTouchさん宛の画像... (2020-11-8)
HiTouchさん宛の画像...
Powered by XOOPS Cube 2.1© 2001-2006 XOOPS Cube Project
Theme designed by OCEAN-NET