logo
ホーム •  フォーラム •  日本語wikiトップ •  アカウント情報 •  サイト内検索 •  新規登録
 ログイン
ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録
 メインメニュー
 米国サイト
 オンライン状況
66 人のユーザが現在オンラインです。 (4 人のユーザが 投稿画像 を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 66

もっと...

アルバムトップ : hide Total:172

並び替え:  タイトル () 日時 () 評価 () ヒット数 ()
現在の並び順: 日時 (新→旧)

31 番〜 40 番を表示 (全 172 枚)« 1 2 3 (4) 5 6 7 8 9 10 11 12 13 ... 18 »



富士山頂にレドーム

富士山頂にレドーム高ヒット
投稿者hidehide さんの画像をもっと!   カテゴリー新規風景画像    前回更新2014-8-30 18:17    友人に知らせる友人に知らせる
ヒット数4541  コメント数8    9.00009.00 (投票数 1)投票する投票する
 気象庁は1964年、台風観測の切り札として、富士山頂に標高と視程で世界一の気象レーダーを作りました。今回は難工事の山場の一つ、ヘリによるレドーム設置フライトを再現しました。
【上】
富士山測候所の台座に、アルミ合金のレドーム骨格を運ぶEC135p2(史実ではシコルスキーS62)。
【左下】
レドームが完成した姿も作ってみました(実物は1999年退役。富士吉田市で保存公開中)。
【右下】
測候所の塔に設けた風向風速計。ちゃんと風で動きます(^^)。実物は佐貫亦男さんの設計。
 詳しくは各種設定フォーラム「手探り航法・旅日記(その3)」2014年8月30日掲載分をご覧下さい。

富士山頂へ

富士山頂へ高ヒット
投稿者hidehide さんの画像をもっと!   カテゴリー新規風景画像    前回更新2014-8-2 2:26    友人に知らせる友人に知らせる
ヒット数4175  コメント数11    0.00 (投票数 0)0.00 (投票数 0)投票する投票する
【上】
剣が峰の富士山測候所(自作)に近づく、ユーロコプターEC135p2。右の円形台座は昔、有名な気象レーダーのドームがあったところです。
【左中】
芦ノ湖ヘリポートで給油。道の向かいにある、もう一軒のレストハウス(右奥)も新たに再現しました。
【右中】
測候所の北側に降りたEC135p2。すぐ前は火口の崖です。空気が希薄なため滑走着陸を強行し、効かないブレーキを思わず力一杯掛けました。
【下】
羽田に設けた斜面着陸実験装置「虹の階段」。最大傾斜の18度でも転覆しませんが、レール状の突起を設けてもスキッドが通り抜け、スリップを止められないことが分かりました。
 詳しくは各種設定フォーラム「手探り航法・旅日記(その3)」2014年7月30日掲載分をご覧下さい。

新旧シーナリー併用

新旧シーナリー併用高ヒット
投稿者hidehide さんの画像をもっと!   カテゴリー新規風景画像    前回更新2014-7-9 10:50    友人に知らせる友人に知らせる
ヒット数2920  コメント数6    0.00 (投票数 0)0.00 (投票数 0)投票する投票する
FlightGear2.10用の旧シーナリーをベースに使い、細密な地形が欲しい箱根などを、シーナリー2.0のデータに差し替えてみました。トータルでは、グラフィックの負荷は小さいまま快適に飛行可能です。
【上】
箱根のスカイライン沿いに「芦ノ湖ヘリポート」を再現。2.0は実景に近いため、ヘリポートの位置や平面形が、かなりうまく地形にフィットしました。右は芦ノ湖、左奥は富士山です。
【下】
箱根山中を小田原へ下るEC135p2。新旧の街道が複雑に絡み合う谷間をサクサク飛んでいます。(全面的に2.0ですと、極めて重くなりますが)
 詳しくは各種設定フォーラム「手探り航法・旅日記(その3)」2014年7月9日掲載分をご覧下さい。

2.0世界に江の島を

2.0世界に江の島を高ヒット
投稿者hidehide さんの画像をもっと!   カテゴリー新規風景画像    前回更新2014-6-30 11:27    友人に知らせる友人に知らせる
ヒット数12399  コメント数45    0.00 (投票数 0)0.00 (投票数 0)投票する投票する
【上】
FlightGearに江の島がないのは寂しいですね。荒削りですが3Dオブジェクトで試作しました。
【下】
ハーバー周辺への着陸に備えヨットハウスの屋根に吹き流しを設けました。現実の江の島では緊急時のみ「本船岸壁」(上の写真左端、灯台脇)をヘリポートに使うそうです。
 詳しくは各種設定フォーラム「手探り航法・旅日記(その3)」2014年6月30日掲載分をご覧下さい。

2.0地形も飛行可に

2.0地形も飛行可に高ヒット
投稿者hidehide さんの画像をもっと!   カテゴリー新規風景画像    前回更新2014-6-13 4:17    友人に知らせる友人に知らせる
ヒット数3517  コメント数6    0.00 (投票数 0)0.00 (投票数 0)投票する投票する
シーナリー2.0の東京駅付近を飛ぶロビンソンR44。
 Windows7を64ビット化してメモリーを増設したところ、やっとFlightGear3.0/シーナリー2.0でも何とか飛行可能になりました。非常に重く、あまり実用的とは言いかねますが、久しぶりにパソコンの中身をいじって面白かったです。
 詳しくは各種設定フォーラム「手探り航法・旅日記(その3)」2014年6月13日掲載分をご覧下さい。

距離計付き偏流計

距離計付き偏流計高ヒット
投稿者hidehide さんの画像をもっと!   カテゴリー新規機体画像    前回更新2014-5-4 6:42    友人に知らせる友人に知らせる
ヒット数8369  コメント数23    0.00 (投票数 0)0.00 (投票数 0)投票する投票する
ヘリなど低速機を手動操縦する際、横風による針路のずれ(偏流)を簡単に検出・補正できる装置「ドリフト・ディレクター」を考案しました。精密な観測も計算も不要です。
【上】
装置から見た東京(風は90度15Kt)。黄色い放射状の針路カーソル(左)をOBSノブで10度にセット。地上目標がカーソルに沿って手前へ流れるよう操舵すると、機体は横風を打ち消して10度を保ちます(雨粒でご確認ください)。実際の機首方位(赤▼マーク)は17度でした。オレンジ色カーソル(右)は、GPSウェイポイント方位。同心円は距離目盛りで5nm(青線)に東京タワーが見えます。
【左下】
EC135p2の機首に搭載したドリフト・ディレクター(実際は右写真のようにレドーム付き)。当初このように、実景の約2万分の1縮尺の距離リングを内蔵したのですが、うまく作動しませんでした。そこで…
【右下】
…変則で残念ですが、100分の1縮尺の巨大な距離リングを作り、必要な時にメニュー(RangeRing)から表示する仕組みにしました。
 詳しくは各種設定フォーラム「手探り航法・旅日記(その3)」2014年5月4日掲載分をご覧下さい。

曲技とオートローテ

曲技とオートローテ高ヒット
投稿者hidehide さんの画像をもっと!   カテゴリー新規機体画像    前回更新2014-4-7 14:00    友人に知らせる友人に知らせる
ヒット数3947  コメント数11    0.00 (投票数 0)0.00 (投票数 0)投票する投票する
【上】
東京上空で横転する、オリジナル塗装のユーロコプターEC135p2(GIT改)。
【右下】
吸気口のサンドフィルターや、ウィンチなど重装備の例。3種あるスキッドは高さにより、実際に衝撃吸収力が変化することが分かり、現在は一番タフなハイスキッドを付けています。
【左下】
羽田上空でオートローテーションするR44のコクピット。回転計(右上)はエンジン回転数ゼロ、ローター回転数100%強を示し、対気速度(左隣)も約80Ktと理想的。このあと低空で減速し、Bラン北側へ無事着陸しました。ユーロコプターEC135p2やbo105でも成功しています。
 詳しくは各種設定フォーラム「手探り航法・旅日記(その3)」2014年4月7日掲載分をご覧下さい。

羽田にヘリポート

羽田にヘリポート高ヒット
投稿者hidehide さんの画像をもっと!   カテゴリー新規風景画像    前回更新2014-3-20 13:09    友人に知らせる友人に知らせる
ヒット数7095  コメント数14    0.00 (投票数 0)0.00 (投票数 0)投票する投票する
羽田空港にヘリポートを自作しました。黄線で囲んだ着陸帯は一辺50mの正方形、中央の着陸点(丸にH印)は直径10mです。
【上】
ホバリングするGIT版のユーロコプターEC135p2。外観が18種もあり、内装はすべて救急仕様。この機体はドクターヘリのパイオニア、ADAC(ドイツ自動車連盟)機の塗装です。
【中右】
ターミナル屋上に3カ所、ピンポイント着陸の練習場(10m四方)を設けました。青い機体はブンデス・ポリツァイ(ドイツ連邦警察)仕様で、スノーボード付きハイ・スキッドにサーチライトなど重装備です。
【下】
泉ガーデンタワー(東京・六本木)の狭い屋上に降りた、ハンブルグ警察機。内部のあちこちに医療用の資機材が見えます。
 詳しくは各種設定フォーラム「手探り航法・旅日記(その3)」2014年3月20日掲載分をご覧下さい。

苦手なヘリに挑戦

苦手なヘリに挑戦高ヒット
投稿者hidehide さんの画像をもっと!   カテゴリーその他    前回更新2014-3-6 5:43    友人に知らせる友人に知らせる
ヒット数4333  コメント数7    0.00 (投票数 0)0.00 (投票数 0)投票する投票する
FlightGearとWindowsをアップデートして気分を一新、苦手なヘリの操縦訓練を始めました。
【上】
羽田のJAL格納庫内で、ホバリングを試みるロビンソンR44。操縦しやすい機体で、写真左奥の入り口から微速で進入に成功、このあと無事に外へ出ました。
【左下】
羽田の空港ビルにあるアーチをくぐる、シコルスキーS51。
【右下】
以前は離陸も無理だったユーロコプターbo105ですが、何とか横浜ランドマークタワーに降りることが出来ました。
 詳しくは各種設定フォーラム「手探り航法・旅日記(その3)」2014年3月5日掲載分をご覧下さい。

「海鳥の旅」ゴール

「海鳥の旅」ゴール高ヒット
投稿者hidehide さんの画像をもっと!   カテゴリー新規風景画像    前回更新2013-12-9 13:03    友人に知らせる友人に知らせる
ヒット数5528  コメント数12    0.00 (投票数 0)0.00 (投票数 0)投票する投票する
 お陰様をもちまして、水上機世界一周「海鳥の旅」が完結しました。前回到着のアラスカ・ノームから千島列島をたどり、北海道・釧路空港まで無着陸飛行。日を改め伊丹RJOOに帰着しました。
【上】
カムチャツカ半島をゆくPC-9M。背後は活火山でユーラシア最高峰のクリュチェフスカヤ山4750m。
【右中】
1000疎海火山の飛び石・千島列島。手前は新知(シムシル)島、奥のカルデラ湾は戦前、リンドバーグ夫妻の水上機が停泊した武魯頓(ブロトン)湾。当日は悪天候でよく見えず、このカットのみ後日UFOで撮影しました。
【左中】
わがゴールライン、日本標準時子午線に建つ明石市立天文科学館を通過。グリニッジから西回り225度は長い道のりでした。(実物の時計台には秒針はありません)
【左下】
水上機ですので、神戸の海にもちょいと、ただいま!を…。
【右下】
母港・伊丹のRWY-32Lへアプローチ。やたらに「ゴール」の多い旅です(^^;)。
 詳しくは各種設定フォーラム「手探り航法・旅日記(その3)」2013年12月9日掲載分をご覧下さい。

31 番〜 40 番を表示 (全 172 枚)« 1 2 3 (4) 5 6 7 8 9 10 11 12 13 ... 18 »



 検索

高度な検索
 新しい登録ユーザ
oxenemoci 2024-6-14
pinup1 2024-6-14
apozeni 2024-6-14
imijykugo 2024-6-14
ocykivu 2024-6-14
oxyzuv 2024-6-13
JoseFarley 2024-6-13
topl2ru1 2024-6-13
imukojy 2024-6-13
axivoge 2024-6-13
 最近の画像(画像付)
自作11機目 F/A-18... (2022-5-27)
自作11機目 F/A-18...
飛んでみる八尾空港 (2022-4-10)
飛んでみる八尾空港
作ってみる八尾空港 (2022-4-2)
作ってみる八尾空港
F117 nighthawk (2021-5-19)
F117 nighthawk
HiTouchさん宛の画像... (2020-11-8)
HiTouchさん宛の画像...
Powered by XOOPS Cube 2.1© 2001-2006 XOOPS Cube Project
Theme designed by OCEAN-NET