logo
ホーム •  フォーラム •  日本語wikiトップ •  アカウント情報 •  サイト内検索 •  新規登録
 ログイン
ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録
 メインメニュー
 米国サイト
 オンライン状況
27 人のユーザが現在オンラインです。 (4 人のユーザが 投稿画像 を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 27

もっと...

アルバムトップ : その他 :  Total:154

並び替え:  タイトル () 日時 () 評価 () ヒット数 ()
現在の並び順: タイトル (Z → A)

11 番〜 20 番を表示 (全 154 枚)« 1 (2) 3 4 5 6 7 8 9 10 11 ... 16 »



太陽を使う天測航法

太陽を使う天測航法高ヒット
投稿者hidehide さんの画像をもっと!   前回更新2008-6-14 17:06    友人に知らせる友人に知らせる
ヒット数7523  コメント数9    0.00 (投票数 0)0.00 (投票数 0)投票する投票する
hideです。
 toshiさんに影響されて、試行錯誤の末に、天測計算のExcelツールを作ってみました。画面はKSFO上空でUFOを飛ばし、太陽を拡大して天測しているところです。
 画面下は天測計算の概念図で、太陽が緯度ゼロ・経度ゼロ点上空にある、もっとも簡単なケースを図示したものです。
 詳しくは、各種設定フォーラム「手探り航法・旅日記」2008年6月14日掲載分をご参照下さい。

太陽を使いこなす

太陽を使いこなす高ヒット
投稿者hidehide さんの画像をもっと!   前回更新2011-10-25 19:35    友人に知らせる友人に知らせる
ヒット数2734  コメント数7    0.00 (投票数 0)0.00 (投票数 0)投票する投票する
 ベルリン=ワルシャワ飛行で、天文航法の集大成とも言える「位置の線航法」を試みました。太陽の南中時以外でも、複数回の観測により現在地が算出できます。
【中段右の白い図】
 「位置の線」の説明です。太陽の高度角を測定し、仮に60度だったとしますと、観測者は図のオレンジ円のどこかにいます。これを「位置の圏」と言い、複数測定すれば交点から現在地が出ます。直径数千nmもあるので、実際の航法には短い接線である「位置の線」を使います。
 まず自機の推測位置Bの緯度経度から、太陽が見えるはずの方位と高度角(90度-AOB)を計算し、これをもとに予測の「位置の線」(図では水色)を描きます。次いで太陽高度角を計り、予測値との差から修正差(インターセプト)を求め、実測の「位置の線」(ブルー)を引きます。自機は線上のどこかにいます。数時間おいて2本目の位置の線を求め、最初の線を自機の飛行距離だけ平行移動し、2本目と交差させると、そこが正確な現在地です。
【図1〜3】
 実際に行った航法の記録です。詳しくは各種設定フォーラム「手探り航法・旅日記(その3)」2011年10月25日掲載分をご覧下さい。

太陽の誤差を追う

太陽の誤差を追う高ヒット
投稿者hidehide さんの画像をもっと!   前回更新2011-6-6 10:24    友人に知らせる友人に知らせる
ヒット数2156  コメント数5    0.00 (投票数 0)0.00 (投票数 0)投票する投票する
天文航法の続編です。ついにFlightGearの太陽の動きの、誤差パターンを突き止めました。
 現行のVer.2.0.0では機体を起動する際、パソコンのクロック時刻により、シミュレーション内部の太陽南中時刻や位置が微妙に変化します。ロンドン郊外・ビギンヒル空軍基地(写真左下)そばのグリニッジ子午線(経度ゼロの線)上と、兵庫県明石市の日本標準時子午線(東経135度線)上で、南中の時刻と方位角を測定し、写真(上)のExcel表で集計した上、緯度経度の誤差をグラフ化しました。その結果、ロンドンでも明石でも、クロックがUTC(世界時)でもJSTでもご覧の通り、同傾向の誤差が出ることが初めて分かりました。
 グラフ縦軸は緯度経度の誤差(分単位)で、横軸は機体起動時の現実世界の時刻です。経度誤差グラフ(青色)は3時間間隔の表示のため、中央付近で右に急傾斜していますが、実際は不連続な変化で、正午部分で線が切れます。緯度誤差のグラフ(赤線)も同様です。(正確にグラフ化できず、済みません)
 太陽が南中する正確な時刻は、季節変化します。右下は、実際の南中時刻とUTC正午の差を示す「均時差」のグラフです。今回の観測は図のように、主にクロックを今年5月21日に設定して行いました。
 詳しくは各種設定フォーラム「手探り航法・旅日記(その2)」2011年6月6日掲載分をご覧下さい。

太陽に導かれて

太陽に導かれて高ヒット
投稿者hidehide さんの画像をもっと!   前回更新2008-11-16 12:02    友人に知らせる友人に知らせる
ヒット数2824  コメント数5    0.00 (投票数 0)0.00 (投票数 0)投票する投票する
hideです。
天文航法を利用して、チリ本土からロビンソンクルーソー島への往復に成功しました。
【上】天測計算などに使う、F-NAV航法計算シート。同島からバルパライソに向かう際の画面表示です。
【下】太陽のみを案内役として、ロビンソンクルーソー島(画面奥)の沖に到達したブロンコ改。

全球シーナリー更新

全球シーナリー更新高ヒット
投稿者hidehide さんの画像をもっと!   前回更新2018-6-4 9:08    友人に知らせる友人に知らせる
ヒット数2406  コメント数19    0.00 (投票数 0)0.00 (投票数 0)投票する投票する
【上】
 Terrasync版のシーナリー2.0をダウンロードして管理する「TerraMaster」の画面です。1×1度タイルが表示されている範囲が、すでにシーナリー2.0をインストール済みの領域。緑は最新版データ、黄色は古いデータまたは部分的に欠損があるところ。空色は、いま選択してサーバーと同期中の部分です。
【右下】
 私のデフォルトの画面表示です。圧倒的に黄色が多く、最初からタイルが欠けたところも、あちこちに見えました。
【左下】
 データ更新を完了した現在の画面表示です。全地球がまっさらな「緑のボール」に生まれ変わりました。
詳しくは、各種設定フォーラム「手探り航法・旅日記」2018年6月4日分をご覧下さい。

星が導くウラル越え

星が導くウラル越え高ヒット
投稿者hidehide さんの画像をもっと!   前回更新2011-12-10 8:43    友人に知らせる友人に知らせる
ヒット数3679  コメント数6    0.00 (投票数 0)0.00 (投票数 0)投票する投票する
【上】
 船舶の天測位置決定用図を、初めてフライトシミュレーターに応用。用紙は海文堂「天文航法」折り込み付録を使わせて頂きました。円の中央が自機の推測位置(北緯54度59.3分、東経77度39.3分)で、ピンクで示した木星のLOP(位置の線)を測定した地点です。先に観測した太陽・金星のLOPも同じ円上に描くと、3本の交点(微小の三角)中央が実際の位置となります。
 図はマス目が経度10分角、上下欄外の1目盛りが1分角です。経線は本来、高緯度ほど間隔が狭くなりますが、本図では代わりに緯度の線の間隔を、高緯度ほど長くしています。右側のグラフ状の曲線がその修正目盛りで、この例では中心点が北緯約55度なので、水平軸から「55」の縦線を選び、経度尺とします。例えば木星(ピンク)の高度角を実測したら、予測計算より2.25分角( 砲世云なかったので、円の中心を基点に、★印(星が見える方位)から遠ざかる方向へ、この経度尺で2.25目盛り(距離で2.25nm)離れたところにLOPを引きました。図の中心(推測位置)からLOP交点(実測位置)までの緯度差(◆砲鯑匹狆豺腓眛韻厳佚拏椶鮖箸い泙后または、円の中心からLOP交点まで(計算値と実測値)の経度差です。推測位置の緯度経度に、△鉢の修正値を足し引きして、確定位置の緯度経度を出します。
【下】
 シクティフカルからノヴォシビルスクに向かう、ウラル山脈越え航法図。4天体を計5回天測し、5本のLOPを得た中から3本を上図に転記し、緯度経度を求めました。青い針路と、★印の付いた天体の方位線の交点が、それぞれ天測をした推定位置です。LOPの交点を出さなくても航法は可能で、正午に太陽のLOP(オレンジ色)を得ると、赤道に平行なので緯度が分かります。機体の真東か真西付近に見える天体のLOP(図は木星でピンク色)を取れば、概略の経度が分かります。また機体真横に太陽が見えた時に、針路と平行のLOP(茶色)を取ると、コース左右方向の航法精度が測定できます。
 詳しくは各種設定フォーラム「手探り航法・旅日記(その3)」2011年12月10日掲載分をご覧下さい。

図解・ホノルルへ

図解・ホノルルへ高ヒット
投稿者hidehide さんの画像をもっと!   前回更新2010-1-5 12:51    友人に知らせる友人に知らせる
ヒット数2697  コメント数6    0.00 (投票数 0)0.00 (投票数 0)投票する投票する
 ピラタスPC7改で、サンフランシスコ(KSFO)からホノルル(PHNL)への太平洋横断飛行を行いました。
【上】
今回の予定飛行コースと実際のコース、磁気俯角・偏差航法の説明図です。
【下】
磁気俯角・偏差航法用ワークシート「まぐなび」の最新版。下の方に測風データを処理する計算表を加えてあり、今回のフライトに利用しました。
 詳しくは各種設定フォーラム「手探り航法・旅日記」(その2)2010年1月5日掲載分をご覧下さい。

新塗装でパリへ

新塗装でパリへ高ヒット
投稿者hidehide さんの画像をもっと!   前回更新2013-1-6 11:18    友人に知らせる友人に知らせる
ヒット数3631  コメント数7    0.00 (投票数 0)0.00 (投票数 0)投票する投票する
【上】
スペインのカタルーニャ地方を飛ぶ、新塗装のカタリナ「水薙」号。太った機体も多少はキリリと…?
【中】
パリ市街地をゆく、新塗装のピラタスPC-9M改。従来はクロアチア空軍アクロ機に似ていましたが、08年の世界一周時にPC7改で愛用した、私のオリジナル配色を復活しました。
 パリは、さすがに栄華を極めております。背景のビルは1000棟を超えそうですが、Random object ではなくて、全部シーナリー上に配置された建物です。
【下】
私の最新航法ワークシート「AIRNAV-STACK」。出発地と目的地の緯度経度を入れ、任意の時刻(左端の赤字)を打ち込むと、Assumed position(推測位置)や残距離、到着予定時刻などを算出します。任意のVOR局の緯度経度、受信方位、DME値(画面右、切れています)を入力すると、実測位置を算出して「●VOR-FIX」と表示し、ここから目的地への針路・距離を再計算して、風向風速補正も行います。天文航法や地文航法で確定位置を得た場合は、専用セル(画面右外)に入力すると、その数値と「★Selestial-FIX」「■Landmark-FIX」の表示が出ます。(機能テストとご紹介用に、ダミー画面を作りました)
 詳しくは各種設定フォーラム「手探り航法・旅日記(その3)」2013年1月6日掲載分をご覧下さい。

初めてMacで飛べた記念w

初めてMacで飛べた記念w高ヒット
投稿者MiYABiMiYABi さんの画像をもっと!   前回更新2009-3-23 1:48    友人に知らせる友人に知らせる
ヒット数3805  コメント数4    9.00009.00 (投票数 1)投票する投票する
Ver1.9.1から始めたものですが、
こちらのフォーラムのおかげでなんとか飛び立つことができました!
これからよろしくお願いします^^

手探り航法・旅日記 創刊

手探り航法・旅日記 創刊高ヒット
投稿者tetsutetsu さんの画像をもっと!   前回更新2007-4-27 23:23    友人に知らせる友人に知らせる
ヒット数3670  コメント数4    0.00 (投票数 0)0.00 (投票数 0)投票する投票する
このフォーラムで大人気の「手探り航法・旅日記」がオンラインブックになりました、
フォーラムへの投稿に画像を加えわかり易く再編集したものです。
 第一回 着陸のお試し版はこちら(7.7M)

ご自宅のプリンターで印刷し、デスクトップリファレンスとしてお使い頂けます。
皆様の旅のお供に、一部いかがでしょうか?

●金額 630円  Vectorシェアレジでお買い求めください。

●なぜシェアウェアなの?
 皆様から頂戴した現金の一部は、JP.FlightGear運営資金に寄付されます。

 サーバー管理費の自己資金持ち出し分を少しでも減らして、コーヒー一杯でも
余計に飲めるようになれば、などと思っています。
その他、新たな旅の資金としても使わせていただきます。

11 番〜 20 番を表示 (全 154 枚)« 1 (2) 3 4 5 6 7 8 9 10 11 ... 16 »



 検索

高度な検索
 新しい登録ユーザ
ciipgaas 2023-9-22
ofotofo 2023-9-22
uzogub 2023-9-22
uzyfilo 2023-9-22
esafaliwu 2023-9-22
osuxipol 2023-9-22
onewinneTj 2023-9-21
alifbeti 2023-9-21
hitclubbeX 2023-9-21
ashika12 2023-9-21
 最近の画像(画像付)
自作11機目 F/A-18... (2022-5-27)
自作11機目 F/A-18...
飛んでみる八尾空港 (2022-4-10)
飛んでみる八尾空港
作ってみる八尾空港 (2022-4-2)
作ってみる八尾空港
F117 nighthawk (2021-5-19)
F117 nighthawk
HiTouchさん宛の画像... (2020-11-8)
HiTouchさん宛の画像...
Powered by XOOPS Cube 2.1© 2001-2006 XOOPS Cube Project
Theme designed by OCEAN-NET