logo
ホーム •  フォーラム •  日本語wikiトップ •  アカウント情報 •  サイト内検索 •  新規登録
 ログイン
ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録
 メインメニュー
 米国サイト
 オンライン状況
16 人のユーザが現在オンラインです。 (1 人のユーザが 投稿画像 を参照しています。)

登録ユーザ: 1
ゲスト: 15

ltokiwil もっと...

アルバムトップ : その他 :  Total:151

並び替え:  タイトル () 日時 () 評価 () ヒット数 ()
現在の並び順: ヒット数 (低→高)

41 番〜 50 番を表示 (全 151 枚)« 1 2 3 4 (5) 6 7 8 9 10 11 12 13 14 ... 16 »



太陽を使いこなす

太陽を使いこなす高ヒット
投稿者hidehide さんの画像をもっと!   前回更新2011-10-25 19:35    友人に知らせる友人に知らせる
ヒット数1753  コメント数5    0.00 (投票数 0)0.00 (投票数 0)投票する投票する
 ベルリン=ワルシャワ飛行で、天文航法の集大成とも言える「位置の線航法」を試みました。太陽の南中時以外でも、複数回の観測により現在地が算出できます。
【中段右の白い図】
 「位置の線」の説明です。太陽の高度角を測定し、仮に60度だったとしますと、観測者は図のオレンジ円のどこかにいます。これを「位置の圏」と言い、複数測定すれば交点から現在地が出ます。直径数千nmもあるので、実際の航法には短い接線である「位置の線」を使います。
 まず自機の推測位置Bの緯度経度から、太陽が見えるはずの方位と高度角(90度-AOB)を計算し、これをもとに予測の「位置の線」(図では水色)を描きます。次いで太陽高度角を計り、予測値との差から修正差(インターセプト)を求め、実測の「位置の線」(ブルー)を引きます。自機は線上のどこかにいます。数時間おいて2本目の位置の線を求め、最初の線を自機の飛行距離だけ平行移動し、2本目と交差させると、そこが正確な現在地です。
【図1〜3】
 実際に行った航法の記録です。詳しくは各種設定フォーラム「手探り航法・旅日記(その3)」2011年10月25日掲載分をご覧下さい。

ウインド・スター

ウインド・スター高ヒット
投稿者hidehide さんの画像をもっと!   前回更新2009-11-11 10:41    友人に知らせる友人に知らせる
ヒット数1811  コメント数2    0.00 (投票数 0)0.00 (投票数 0)投票する投票する
hideです。今回は推測航法のご説明です。詳しくは各種設定フォーラム「手探り航法・旅日記(その2)」2009年11月11日付をご覧下さい。
【上】
風向風速計算表「hideの風見盤」09年型。変針の前と後に、機首方位(HD)とトラック(TR=Atlas画面で計った実際の航跡)方位を入力すると、最初のトラック方位(オレンジ線)と2番目(ピンク線)の交点から、中央の原点までのベクトルが風向・風速を示します。計測時は画面を400%に拡大し、ツールを使ってベクトルの長さと向きを計ります。作例は90度の風11Ktを示し、正解の「90度10Kt」とほぼ一致しています。
【左下】
「風力三角形」の作図によって、風向・風速を求める説明図。これを自動化したのが上記「風見盤」です。
【右下】
風の測定に使う飛行法「ウインド・スター」の航跡例です。エドワーズ空軍基地(画面下)を離陸後、60度法(左半分の2個)と90度法(右側1個半)の三角形を描いています。

20070722マルチプレーヤーイベント16:33

20070722マルチプレーヤーイベント16:33高ヒット
投稿者toshitoshi さんの画像をもっと!   前回更新2007-7-22 17:57    友人に知らせる友人に知らせる
ヒット数1820  コメント数7    0.00 (投票数 0)0.00 (投票数 0)投票する投票する
マルチプレイ打ち合わせ&雑談フォーラムで企画したマルチプレーヤーイベントの様子です。

sambarさん(c172p)、zero1962さん(A6M2)、toshi(c172p)

Rendering Option Shader effects Performance(5)

Rendering Option Shader effects Performance(5)高ヒット
投稿者kozenigatakozenigata さんの画像をもっと!   前回更新2012-7-13 20:31    友人に知らせる友人に知らせる
ヒット数1824  コメント数5    0.00 (投票数 0)0.00 (投票数 0)投票する投票する
Performance5の設定にすると、きれいな水面の反射が見られました。しかし、この設定で町の上空に行くと大変なことになります。

バーチャル・クルー

バーチャル・クルー高ヒット
投稿者hidehide さんの画像をもっと!   前回更新2008-1-16 11:03    友人に知らせる友人に知らせる
ヒット数1825  コメント数3    0.00 (投票数 0)0.00 (投票数 0)投票する投票する
【バーチャル・クルー】
hideです。コンコルドの最新版・Ver.2.4では、副操縦士と機関士を使うことが出来ます。ご覧の通り無愛想な連中(笑)ですが、なかなかの働き者です…詳しくは各種設定フォーラム「手探り航法・旅日記」2008年1月16日掲載分をご覧下さい。

20070722マルチプレーヤーイベント16:39

20070722マルチプレーヤーイベント16:39高ヒット
投稿者toshitoshi さんの画像をもっと!   前回更新2007-7-22 18:06    友人に知らせる友人に知らせる
ヒット数1829  コメント数9    0.00 (投票数 0)0.00 (投票数 0)投票する投票する
マルチプレイ打ち合わせ&雑談フォーラムで企画したマルチプレーヤーイベントの様子です。

sambarさん(c172p)、zero1962さん(A6M2)、toshi(c172p)

FlightGear ver.1.9.0 の黒い雨

FlightGear ver.1.9.0 の黒い雨高ヒット
投稿者fsgikocatfsgikocat さんの画像をもっと!   前回更新2008-12-22 1:10    友人に知らせる友人に知らせる
ヒット数1837  コメント数3    0.00 (投票数 0)0.00 (投票数 0)投票する投票する
1.99.5-rc2では綺麗なパーティクルが表示されてたんですが
正式リリースの1.9.0では雨も雪も真っ黒になっちゃいました

no title

no title高ヒット
投稿者FSAirockFSAirock さんの画像をもっと!   前回更新2009-4-20 16:30    友人に知らせる友人に知らせる
ヒット数1837  コメント数2    0.00 (投票数 0)0.00 (投票数 0)投票する投票する
コウノトリ但馬空港にて撮影(外観)

2011/10/09オンラインミーティング 画像2

2011/10/09オンラインミーティング 画像2高ヒット
投稿者sambarsambar さんの画像をもっと!   前回更新2011-10-9 18:32    友人に知らせる友人に知らせる
ヒット数1837  コメント数3    0.00 (投票数 0)0.00 (投票数 0)投票する投票する
tantonさんが操船するNimitzの上に着艦した私(EC135)と、Patさん(UH-1)

#大型機が乗りこなせるならC-130で着艦してみたかったんですが…!(試験でフォレスタルに着艦・発艦した実績があるので)

マルチカメラの黒い枠調査#3

マルチカメラの黒い枠調査#3高ヒット
投稿者zero1962zero1962 さんの画像をもっと!   前回更新2009-2-5 21:06    友人に知らせる友人に知らせる
ヒット数1841  コメント数3    0.00 (投票数 0)0.00 (投票数 0)投票する投票する
機種依存性について DHC-2では正常に機能しました。

41 番〜 50 番を表示 (全 151 枚)« 1 2 3 4 (5) 6 7 8 9 10 11 12 13 14 ... 16 »



 検索

高度な検索
 新しい登録ユーザ
ltokiwil 2019-10-20
obicygy 2019-10-20
uriququb 2019-10-20
yhedusi 2019-10-20
agelat 2019-10-20
online1212 2019-10-20
ukajupuz 2019-10-20
amyjosi 2019-10-20
onaqeqic 2019-10-20
ivumohyd 2019-10-19
 最近の画像(画像付)
植生図を利用した北... (2019-6-16)
植生図を利用した北...
空が真っ暗に (2019-5-18)
空が真っ暗に
植生図を使用した富... (2019-4-15)
植生図を使用した富...
春の嵐METAR回復 (2019-2-23)
春の嵐METAR回復
FlightGear 2018.3.2... (2019-2-14)
FlightGear 2018.3.2...
Powered by XOOPS Cube 2.1© 2001-2006 XOOPS Cube Project
Theme designed by OCEAN-NET