logo
ホーム •  フォーラム •  日本語wikiトップ •  アカウント情報 •  サイト内検索 •  新規登録
 ログイン
ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録
 メインメニュー
 米国サイト
 オンライン状況
16 人のユーザが現在オンラインです。 (2 人のユーザが 投稿画像 を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 16

もっと...

アルバムトップ : その他 :  Total:154

並び替え:  タイトル () 日時 () 評価 () ヒット数 ()
現在の並び順: 日時 (旧→新)

91 番〜 100 番を表示 (全 154 枚)« 1 2 3 4 5 6 7 8 9 (10) 11 12 13 14 15 16 »



グリッド航法を再現

グリッド航法を再現高ヒット
投稿者hidehide さんの画像をもっと!   前回更新2010-9-17 6:48    友人に知らせる友人に知らせる
ヒット数5730  コメント数6    0.00 (投票数 0)0.00 (投票数 0)投票する投票する
 今回は、北極圏専用の特殊ナビゲーション技術「グリッド航法」の再現に挑みました。
【上左・上の地図】
グリッド航法に使う、ポーラー・ステレオグラフィック・チャートの概念図。
【左上・下の地球儀】
グリッド航法の子午線は、赤道上で相互に交差しており、従って経度ゼロ点が、グリッドノースにおける「南極」で、同じく180度が「北極」と考えられます。
【右上】
上部に見える円弧状の目盛りが、新開発の「グリッド方位コンパス」で、赤道上にある「仮想の北極点」を指しています。パネル中央下段のHSIは、中央にグリッド方位のコンパスカードを設置してみましたが、精度が荒くて実用になりませんでした。HSIの右は、新設のデジタル式「GPS-Grivation計」です。
【右下】
ノルウェー北端に近いアルタ空港から、グリッド航法による推測航法の三角テストコースを飛んだ後、ほぼピンポイントで、目標のアルタ空港滑走路中央を横断するピラタスPC7改。
【左下】
アルタ空港へゴールする際のAtlas画面。トラック(航跡)が出発時と正確に重なって、嬉しかったです。
【中下】
グリッド航法の概念実証試験に使った、三角形のショートフライトコース。
 詳しくは各種設定フォーラム「手探り航法・旅日記(その2)」2010年9月17日掲載分をご覧下さい。

c172pの計器照明

c172pの計器照明高ヒット
投稿者toshitoshi さんの画像をもっと!   前回更新2011-5-24 6:43    友人に知らせる友人に知らせる
ヒット数3673  コメント数6    0.00 (投票数 0)0.00 (投票数 0)投票する投票する
c172pの計器照明つまみを操作することで、計器照明の明るさを10段階で調整することができます。

太陽の誤差を追う

太陽の誤差を追う高ヒット
投稿者hidehide さんの画像をもっと!   前回更新2011-6-6 10:24    友人に知らせる友人に知らせる
ヒット数1567  コメント数4    0.00 (投票数 0)0.00 (投票数 0)投票する投票する
天文航法の続編です。ついにFlightGearの太陽の動きの、誤差パターンを突き止めました。
 現行のVer.2.0.0では機体を起動する際、パソコンのクロック時刻により、シミュレーション内部の太陽南中時刻や位置が微妙に変化します。ロンドン郊外・ビギンヒル空軍基地(写真左下)そばのグリニッジ子午線(経度ゼロの線)上と、兵庫県明石市の日本標準時子午線(東経135度線)上で、南中の時刻と方位角を測定し、写真(上)のExcel表で集計した上、緯度経度の誤差をグラフ化しました。その結果、ロンドンでも明石でも、クロックがUTC(世界時)でもJSTでもご覧の通り、同傾向の誤差が出ることが初めて分かりました。
 グラフ縦軸は緯度経度の誤差(分単位)で、横軸は機体起動時の現実世界の時刻です。経度誤差グラフ(青色)は3時間間隔の表示のため、中央付近で右に急傾斜していますが、実際は不連続な変化で、正午部分で線が切れます。緯度誤差のグラフ(赤線)も同様です。(正確にグラフ化できず、済みません)
 太陽が南中する正確な時刻は、季節変化します。右下は、実際の南中時刻とUTC正午の差を示す「均時差」のグラフです。今回の観測は図のように、主にクロックを今年5月21日に設定して行いました。
 詳しくは各種設定フォーラム「手探り航法・旅日記(その2)」2011年6月6日掲載分をご覧下さい。

737-100のlight-cone

737-100のlight-cone高ヒット
投稿者toshitoshi さんの画像をもっと!   前回更新2011-6-14 3:01    友人に知らせる友人に知らせる
ヒット数1990  コメント数5    0.00 (投票数 0)0.00 (投票数 0)投票する投票する
期待していた効果とは違う、不透明な白い円錐が表示されてしまいました。

FlightGear v2.0.0
http://www.flightgear.org/Downloads/aircraft-2.0.0/ より737-100の機体データをダウンロード
Windows XP
NVIDIA GeForce 8400 GS

Path設定画面

Path設定画面高ヒット
投稿者sambarsambar さんの画像をもっと!   前回更新2011-9-3 0:12    友人に知らせる友人に知らせる
ヒット数1612  コメント数5    0.00 (投票数 0)0.00 (投票数 0)投票する投票する
FGRun初回起動時に表示される画面ですが、Win版クイックスタートに説明が無い事に気づきました・・・。

チューニングで劇的に改善

チューニングで劇的に改善高ヒット
投稿者virtflyvirtfly さんの画像をもっと!   前回更新2011-9-19 7:56    友人に知らせる友人に知らせる
ヒット数2080  コメント数4    0.00 (投票数 0)0.00 (投票数 0)投票する投票する
この度Tatさんにチューニングしていただき、Ju EF128の飛びが劇的に改善されました。乱暴な操縦をしても失速するようなことがなくなりました。おかげさまで、レポートするのに苦労したbombable4-3によるWWcombatscenariosも余裕でB17を迎撃できます。感謝します。

2011/10/09オンラインミーティング 画像1

2011/10/09オンラインミーティング 画像1高ヒット
投稿者sambarsambar さんの画像をもっと!   前回更新2011-10-9 18:25    友人に知らせる友人に知らせる
ヒット数1792  コメント数5    0.00 (投票数 0)0.00 (投票数 0)投票する投票する
手前が私のEC135(JA26FB)、画面の奥にHydeさんの777-200ER(N407DS)。
私とHydeさんの距離は約2000m離れています…こうやってみると777はとても大きいです。

2011/10/09オンラインミーティング 画像2

2011/10/09オンラインミーティング 画像2高ヒット
投稿者sambarsambar さんの画像をもっと!   前回更新2011-10-9 18:32    友人に知らせる友人に知らせる
ヒット数1918  コメント数4    0.00 (投票数 0)0.00 (投票数 0)投票する投票する
tantonさんが操船するNimitzの上に着艦した私(EC135)と、Patさん(UH-1)

#大型機が乗りこなせるならC-130で着艦してみたかったんですが…!(試験でフォレスタルに着艦・発艦した実績があるので)

太陽を使いこなす

太陽を使いこなす高ヒット
投稿者hidehide さんの画像をもっと!   前回更新2011-10-25 19:35    友人に知らせる友人に知らせる
ヒット数1906  コメント数6    0.00 (投票数 0)0.00 (投票数 0)投票する投票する
 ベルリン=ワルシャワ飛行で、天文航法の集大成とも言える「位置の線航法」を試みました。太陽の南中時以外でも、複数回の観測により現在地が算出できます。
【中段右の白い図】
 「位置の線」の説明です。太陽の高度角を測定し、仮に60度だったとしますと、観測者は図のオレンジ円のどこかにいます。これを「位置の圏」と言い、複数測定すれば交点から現在地が出ます。直径数千nmもあるので、実際の航法には短い接線である「位置の線」を使います。
 まず自機の推測位置Bの緯度経度から、太陽が見えるはずの方位と高度角(90度-AOB)を計算し、これをもとに予測の「位置の線」(図では水色)を描きます。次いで太陽高度角を計り、予測値との差から修正差(インターセプト)を求め、実測の「位置の線」(ブルー)を引きます。自機は線上のどこかにいます。数時間おいて2本目の位置の線を求め、最初の線を自機の飛行距離だけ平行移動し、2本目と交差させると、そこが正確な現在地です。
【図1〜3】
 実際に行った航法の記録です。詳しくは各種設定フォーラム「手探り航法・旅日記(その3)」2011年10月25日掲載分をご覧下さい。

61度線が飛行可能に

61度線が飛行可能に高ヒット
投稿者hidehide さんの画像をもっと!   前回更新2011-11-21 12:25    友人に知らせる友人に知らせる
ヒット数1778  コメント数4    0.00 (投票数 0)0.00 (投票数 0)投票する投票する
 北極圏を取り巻く「大地溝帯」(幅30nmの平らな谷。今年2月13日既報)を再び探検。v2.0は通過時に異常終了が頻発しましたが、v2.4.0では正常に飛べることが分かりました。
【左上】モスクワ=シクティフカル間の天文航法コース図。上方に見える帯が「大地溝帯」。
【右上】カムチャツカ半島上空で、大地溝帯を無人探査するUFO。
【右下】その時のAtlas航跡図。引き続き北半球を一周し、飛行の安全を確認しました。
【左下】モスクワ中心街を飛ぶピラタスPC-9M改。クレムリンがなくて残念です。
 詳しくは各種設定フォーラム「手探り航法・旅日記(その3)」2011年11月21日掲載分をご覧下さい。

91 番〜 100 番を表示 (全 154 枚)« 1 2 3 4 5 6 7 8 9 (10) 11 12 13 14 15 16 »



 検索

高度な検索
 新しい登録ユーザ
olyvuxy 2020-5-31
datahk0101 2020-5-31
dukyl 2020-5-31
yjerugud 2020-5-31
overeqoto 2020-5-31
esitybeke 2020-5-31
usepybi 2020-5-30
qqklik33 2020-5-30
opodohew 2020-5-30
Alenarose 2020-5-30
 最近の画像(画像付)
あきづきに着艦訓練 (2020-5-24)
あきづきに着艦訓練
反映確認飛行 (2020-5-17)
反映確認飛行
AI艦船 護衛艦あき... (2020-5-16)
AI艦船 護衛艦あき...
コックピット内の謎... (2020-5-16)
コックピット内の謎...
FA-200に180ps仕様を... (2020-2-22)
FA-200に180ps仕様を...
Powered by XOOPS Cube 2.1© 2001-2006 XOOPS Cube Project
Theme designed by OCEAN-NET