logo
ホーム •  フォーラム •  日本語wikiトップ •  アカウント情報 •  サイト内検索 •  新規登録
 ログイン
ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録
 メインメニュー
 米国サイト
 オンライン状況
28 人のユーザが現在オンラインです。 (11 人のユーザが 投稿画像 を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 28

もっと...

アルバムトップ : 新規風景画像 :  Total:118

並び替え:  タイトル () 日時 () 評価 () ヒット数 ()
現在の並び順: タイトル (A → Z)

21 番〜 30 番を表示 (全 118 枚)« 1 2 (3) 4 5 6 7 8 9 10 11 12 »



「初飛行」満百年!!

「初飛行」満百年!!高ヒット
投稿者hidehide さんの画像をもっと!   前回更新2010-12-19 3:59    友人に知らせる友人に知らせる
ヒット数2647  コメント数6    0.00 (投票数 0)0.00 (投票数 0)投票する投票する
 明治43(1910)年12月19日、東京の代々木練兵場。徳川好敏大尉がファルマン機で行った日本初の公式動力飛行から、今日でちょうど100周年です。当時の練兵場を模式図風に作成し、地上から約50ft上空に浮かべて、世紀のフライトを再現してみました。
【上】
 午前7時50分の陽光を浴び、徳川機の飛行経路(赤線)上を飛ぶファルマン4型。赤い球が出発点、青い球が着陸後の停止位置です。実際の徳川機はこれより古いモデルで、上下翼が同じ大きさでした。
【中】
 南東から見た代々木練兵場(現・代々木公園)全景。11棟のテントは格納庫や記者席、救護所など。右端(北東)のグレーのハコは、現在の原宿駅の位置。黄緑色の球は、練兵場正面入り口だった水無橋の位置。ここから左奥の紫色の球に向けて、現在は井の頭通りが延びます。右奥の遠景は、もちろん新宿副都心。
【下】
 格納庫テント前で翼を休める、徳川大尉のファルマン機と、右は僚友・日野熊蔵大尉のグラーデ機…のつもりですが、ドモアゼル機が代役を務めています。
 参考資料:「初飛行」(村岡正明著、光人社NF文庫)。絶対お薦めの本です。

「地球は丸かった」

「地球は丸かった」高ヒット
投稿者hidehide さんの画像をもっと!   前回更新2015-2-1 13:05    友人に知らせる友人に知らせる
ヒット数5222  コメント数9    0.00 (投票数 0)0.00 (投票数 0)投票する投票する
【上】
 Earthview orbital rendering で表示した丸い地球と、ロッキードNF104実験機(JSB版F104を改造)。神奈川県足柄付近、高度10万2900ftです。
【右上】
 佐賀市付近、高度8万3800ftを飛ぶJSBSim版のSR-71A。雲と影も表示しました。
【中】
 滋賀県米原市付近、高度7万1000ftをゆくU-2。右に日本海、左は伊勢湾、手前が琵琶湖。奥に淡路島や四国まで見えて大感激でした。
【下】
 都市や近郊で違和感がないよう、最大樹高を半分に改造。デフォルトの25m(左)では大森林ですが、改造後の12m(右)なら中央の建物(宝塚歌劇場の代用)とバランスが取れます。背後は六甲山。
 詳しくは各種設定フォーラム「手探り航法・旅日記(その3)」2015年2月1日掲載分をご覧下さい。

「夜間飛行」の世界

「夜間飛行」の世界高ヒット
投稿者hidehide さんの画像をもっと!   前回更新2008-3-29 2:30    友人に知らせる友人に知らせる
ヒット数2881  コメント数3    0.00 (投票数 0)0.00 (投票数 0)投票する投票する
hideです。
【月下の郵便機】
 フランスのツールーズからスペインのバルセロナに向かう、1920年代の郵便飛行を再現しました。夜間の画像は見えにくいので、いずれも明るく修正しています。
【ピレネーを越えて】
 史実通りにピレネー山脈のペルテュス峠を越え、スペインをめざすSV4型複葉機。
【バルセロナの朝】
 滑走路脇で操縦席のサイドドアやエンジンを開き、翼を休めるSV4。昔の飛行場には家畜がいたそうですが、なぜかここにも牛が…。

 詳しくは各種設定フォーラム「手探り航法・旅日記」2008年3月29日付をご参照下さい。

dhc2ではマルチカメラアングルも成功する

dhc2ではマルチカメラアングルも成功する高ヒット
投稿者zero1962zero1962 さんの画像をもっと!   前回更新2008-12-24 22:11    友人に知らせる友人に知らせる
ヒット数3177  コメント数4    0.00 (投票数 0)0.00 (投票数 0)投票する投票する
DHC2では、シングルでも、マルチカメラアングルでも黒い壁は発生しませんでした。

hide式大阪空港

hide式大阪空港高ヒット
投稿者hidehide さんの画像をもっと!   前回更新2010-2-14 6:27    友人に知らせる友人に知らせる
ヒット数3547  コメント数5    0.00 (投票数 0)0.00 (投票数 0)投票する投票する
hideです。新たに伊丹の大阪国際空港(RJOO)を根拠地に定め、せっせと巣作りに励んでおります。
【上】
取りあえず、借り物ビルで構成したエプロン一帯。ボーディング・ブリッジの数は実物の三分の一くらいです。
【中右】
上図の左端、MRJに繋がる通路側から見た駐機場。
【中左】
梅田界隈の雰囲気をちょっぴり再現。右のゲート型ビルはパリの新凱旋門ですが、ここでは大阪名物「梅田スカイビル」を演じています。
【下】
RJOOの北西部、ヘリポート付近に設けた専用格納庫。
 詳しくは各種設定フォーラム「手探り航法・旅日記(その2)」2010年2月14日付をご覧下さい。

ここど〜こだ?

ここど〜こだ?高ヒット
投稿者zeek52zeek52 さんの画像をもっと!   前回更新2004-12-25 23:22    友人に知らせる友人に知らせる
ヒット数8729  コメント数5    10.000010.00 (投票数 1)投票する投票する
tetsuさん、お疲れ様です。
さっそく張ってみます。
バグダット空港です、イラクのシーナリーでも砂漠の色にはならないのね

ついに所在地を確認

ついに所在地を確認高ヒット
投稿者hidehide さんの画像をもっと!   前回更新2009-11-28 12:15    友人に知らせる友人に知らせる
ヒット数2451  コメント数3    0.00 (投票数 0)0.00 (投票数 0)投票する投票する
【上】
 サンディエゴ国際空港の北西を飛ぶスピリット・オブ・セントルイス号。機体の真下あたりが、実機の初飛行に使われたダッチ・フラッツ飛行場跡。滑走路左端付近の海岸がライアン社の製造工場跡地で、いずれも今回初めて場所を突き止めました。背後の島は海軍ノースアイランド基地です。
【下】
 ロサンジェルス沖のチャネル諸島、サンタ・カタリナ島の西を飛ぶSV-4。私が大昔、実世界で太平洋を渡った際に、たぶん貨物船から見た島で、これもまた嬉しい発見でした。
 詳しくは各種設定フォーラム「手探り航法・旅日記(その2)」2009年11月28日掲載分をご覧下さい。

アルプスを越えて

アルプスを越えて高ヒット
投稿者hidehide さんの画像をもっと!   前回更新2011-10-3 12:56    友人に知らせる友人に知らせる
ヒット数2283  コメント数3    0.00 (投票数 0)0.00 (投票数 0)投票する投票する
【上】
アルプス最大の、アレッチ氷河を遡上するピラタスPC-9M改。まだ見えませんが、氷河の突き当たりには名山・アイガーとメンヒ、ユングフラウの山頂が並んでいます。
【中】
アイガー(右翼の真上)とメンヒ(風防真上)の間を抜けて、インターラーケン上空へ到達。尾翼の真上がユングフラウです。
【右中】
感度1/2の針(赤色)を追加した昇降計。毎分7000ft(赤字の7)を指しています。すでにメインの白色針は毎分4000ftで振り切れています。
【右下】
マッターホルン山頂(中央)付近をゆくPC-9M改。
【左下】
GPSのWaypoint指針(赤)を追加したHSI。DME表示器は未改造の写真で、赤いフラグが見えます。
 詳しくは各種設定フォーラム「手探り航法・旅日記(その3)」2011年10月3日掲載分をご覧下さい。

アンデスの昼と夜

アンデスの昼と夜高ヒット
投稿者hidehide さんの画像をもっと!   前回更新2008-8-10 12:12    友人に知らせる友人に知らせる
ヒット数3289  コメント数6    0.00 (投票数 0)0.00 (投票数 0)投票する投票する
hideです。
【上】
 アンリ・ギヨメの有名な郵便機不時着事故があった、アンデス山中のディアマンテ湖畔を飛ぶスタンプSV4複葉機。左奥は航法の目印に使われたマイポ火山。
【下】
 夕焼けの残照で、神秘なバラ色に染まったアンデスの渓谷を行くSV4。
 いずれも多少コントラストを調整しています。詳しくは各種設定フォーラム「手探り航法・旅日記(その2)」2008年8月10日掲載分をご参照下さい。

アンデス横断

アンデス横断高ヒット
投稿者hidehide さんの画像をもっと!   前回更新2008-7-28 16:03    友人に知らせる友人に知らせる
ヒット数5001  コメント数6    0.00 (投票数 0)0.00 (投票数 0)投票する投票する
hideです。今回からスタンプSV4複葉機で、1930年ごろの郵便機が行った、アンデス山脈横断飛行を再現します。
【上】
 地文航法で現在地を出すには、鉄道や川の分岐点などが重要な目印。SV4のコクピットのサイドドアを開いて、谷間を見下ろしている場面です。眼下の細い白線は、コース沿いに伸びて絶好の目印となる、トランス・アンデス鉄道です。
【中】
 アルゼンチンのメンドーサから、チリのサンチャゴに至るコースを描いた手製航空図。Atlas画面と地勢図の合成で、下端にはフリーウェア「斜めものさし」を利用し、距離スケールを入れてあります。青は計画ルート、赤は飛行の際にショートカットした部分です。
【下】
 アルゼンチン側から、チリ国境の峠をめざすSV4。右奥の高峰は南米最高峰のアコンカグアです。
 詳しくは各種設定フォーラム「手探り航法・旅日記(その2)」2008年7月27日掲載分をご参照下さい。

21 番〜 30 番を表示 (全 118 枚)« 1 2 (3) 4 5 6 7 8 9 10 11 12 »



 検索

高度な検索
 新しい登録ユーザ
Efinancec 2021-6-23
tawkgirls 2021-6-23
readers 2021-6-23
kristigrom 2021-6-23
koichinoz 2021-6-23
devinan 2021-6-23
umozoka 2021-6-23
imsofia 2021-6-23
pro1link 2021-6-23
Bbusiness 2021-6-23
 最近の画像(画像付)
F117 nighthawk (2021-5-19)
F117 nighthawk
HiTouchさん宛の画像... (2020-11-8)
HiTouchさん宛の画像...
E170/175用 FDA全号... (2020-10-27)
E170/175用 FDA全号...
あきづきに着艦訓練 (2020-5-24)
あきづきに着艦訓練
反映確認飛行 (2020-5-17)
反映確認飛行
Powered by XOOPS Cube 2.1© 2001-2006 XOOPS Cube Project
Theme designed by OCEAN-NET