logo
ホーム •  フォーラム •  日本語wikiトップ •  アカウント情報 •  サイト内検索 •  新規登録
 ログイン
ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録
 メインメニュー
 米国サイト
 オンライン状況
28 人のユーザが現在オンラインです。 (3 人のユーザが 投稿画像 を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 28

もっと...

アルバムトップ : 新規風景画像 :  Total:118

並び替え:  タイトル () 日時 () 評価 () ヒット数 ()
現在の並び順: ヒット数 (高→低)

81 番〜 90 番を表示 (全 118 枚)« 1 2 3 4 5 6 7 8 (9) 10 11 12 »



北西航路を行く

北西航路を行く高ヒット
投稿者hidehide さんの画像をもっと!   前回更新2013-11-12 23:01    友人に知らせる友人に知らせる
ヒット数2257  コメント数8    0.00 (投票数 0)0.00 (投票数 0)投票する投票する
【上】
32インチ液晶テレビに映した、ツインオッターのコクピット視野。ノート画面より格段に迫力が増し、計器も読みやすくなりました。
【左下】
カナダ・北極諸島ケンブリッジベイ沖に降りたツインオッター。北極圏フライトで有名な、ケンボレック航空の塗色にしましたが、まさかこの機体が使えないとは…。
【右下】
アラスカ最北端・バロー岬を通過するピラタスPC-9M水上機。右上の白い横線は、今から降りるワイリーポスト・ウィルロジャース記念空港です。ベーリング海峡まで、もう一息…。
 詳しくは各種設定フォーラム「手探り航法・旅日記(その3)」2013年11月12日掲載分をご覧下さい。

北極からシベリアへ

北極からシベリアへ高ヒット
投稿者hidehide さんの画像をもっと!   前回更新2011-1-6 1:48    友人に知らせる友人に知らせる
ヒット数2227  コメント数4    0.00 (投票数 0)0.00 (投票数 0)投票する投票する
【上】
四国の1.5倍も広い、シベリア北岸のレナ川デルタ。無数の凍河と湖が密集する巨大な沼沢地ですが、意外にも多くの灯が見え、まるで都会です(ピクセル等倍に拡大すると、灯がご覧頂けます)。
【右中】
北極点を越えるピラタスPC7改。残念ながら極付近は四角く大地の底が抜け、太陽と星々が見えました。冬至から間もない真冬ながら、太陽の「深度」はあまり大きくないことが分かります。
【左中】
極点付近のAtlas画面。極点通過時に左へ約4度変針しましたが、サンソン図法のため、極に接近する航路は図の左端に表示され、右に折れています。
【下】
レナ川デルタに隣接する、ティクシ空港へ降りるPC7改。今回から航空灯と衝突防止灯を付けました。現地時間では正午ですが、陽はまだ地平線下です。
 詳しくは各種設定フォーラム「手探り航法・旅日記(その2)」2011年1月6日掲載分をご覧下さい。

v2.10で再び山へ

v2.10で再び山へ高ヒット
投稿者hidehide さんの画像をもっと!   前回更新2013-2-21 12:46    友人に知らせる友人に知らせる
ヒット数2224  コメント数6    0.00 (投票数 0)0.00 (投票数 0)投票する投票する
Ver2.10 リリースおめでとうございます。
前回「手探り航法・旅日記」連載でご紹介の custom-scenery-france-v1 と、山岳飛行場など6小空港を精細にする追加シーナリーを やっとv2.10に組み込みました。取りあえず本欄でご報告を致します。
【上】
フランス東部のスキーリゾート、ラルプ・デュエの山岳飛行場(FLHU、海抜6103ft)の、スキージャンプ的な滑走路出発点(斜度2.8度)にいるピラタスPC-9M。管制塔などは山小屋風で素敵です。
【中】
滑走路は全長448m。全開発進し斜度15.5度の主要部に飛び降りて加速。さらに130mのオーバーラン(斜度7.4〜2.2度)を使ってもまだ90Ktで、落下気味の離陸です。滑走路左にゴルフコース、手前はテニスコート。
【左下】
左上昇旋回で見下ろすラルプ・デュエ飛行場。部分的にフォトシーナリーです。
【右下】
北西へ山を下ってすぐ近くにある、グルノーブル・ル・ヴェルスーLFLG。軽飛行機やグライダーがどっさり駐機する、これまた楽しい小空港。画面外にアクロチーム「パトルイユ・ド・フランス」塗装機も8機。機体は戦前のドヴォアチーヌ戦闘機でした(実物は歴代ジェット機)。ではまた…。

v2.4でライン川遡航

v2.4でライン川遡航高ヒット
投稿者hidehide さんの画像をもっと!   前回更新2011-8-27 16:36    友人に知らせる友人に知らせる
ヒット数2207  コメント数3    0.00 (投票数 0)0.00 (投票数 0)投票する投票する
【左上】
アムステルダムの発電風車群とピラタスPC7改。Urban effectのビル描写がリアルになりました。
【右上】
ライン川中流をゆくPC7改。右の断崖が有名な「ローレライの岩」です。
【左中】
ドイツ南部のシュヴァルツヴァルト(黒い森)。Transition effectを使うと、かなり黒くなります。
【右中】
フランクフルト空港。ここも見事な出来映えで、右端は猛スピードで走るモノレール(?)です。
【左下】
ピラタス社の本拠地、スイスの Buochs Stans 空港へ進入するPC7改。
【右下】
LSZC上空のピラタスPC6ターボポーター。着陸灯の後ろがピラトゥス山。V2.4.0は朝焼けか夕焼けか、太陽の位置ではよく分かりません。
 詳しくは各種設定フォーラム「手探り航法・旅日記(その2)」2011年8月27日掲載分をご覧下さい。

PC-9M改デビュー

PC-9M改デビュー高ヒット
投稿者hidehide さんの画像をもっと!   前回更新2011-9-14 4:55    友人に知らせる友人に知らせる
ヒット数2172  コメント数6    0.00 (投票数 0)0.00 (投票数 0)投票する投票する
【上】
ジュネーブ上空のピラタスPC-9M改。正面奥の雪山はアルプス最高峰モンブラン。その左の黒っぽい三角山は「アメリカ・モンブラン」とも呼ばれたル・モール山。
【中左】
ピラタスPC-6Mパイロットのデフォルト視点。地上でも進入中も、滑走路がよく見えません。
【中中】
パイロット視点をわずか12兢紊欧襪函∋詭遒劇的に改善されました。
【中右】
気速計に真対気速度針(細い赤、写真は335KTAS)と、300Kt超の補助目盛りを追加。下のDME表示も暗いので黄色に変更しました。
【下】
ピラタスPC-7改(左)と発展型のPC-9M改。v2.4.0版のPC-9Mはインテークから脚、射出座席など細部まで新設計。後席上部にフライト・コードラント(航空四分儀)を積み、OV-10から借りたパイロット人形の頭にも手を入れました。
 詳しくは各種設定フォーラム「手探り航法・旅日記(その3)」2011年9月14日掲載分をご覧下さい。

アルプスを越えて

アルプスを越えて高ヒット
投稿者hidehide さんの画像をもっと!   前回更新2011-10-3 12:56    友人に知らせる友人に知らせる
ヒット数2127  コメント数3    0.00 (投票数 0)0.00 (投票数 0)投票する投票する
【上】
アルプス最大の、アレッチ氷河を遡上するピラタスPC-9M改。まだ見えませんが、氷河の突き当たりには名山・アイガーとメンヒ、ユングフラウの山頂が並んでいます。
【中】
アイガー(右翼の真上)とメンヒ(風防真上)の間を抜けて、インターラーケン上空へ到達。尾翼の真上がユングフラウです。
【右中】
感度1/2の針(赤色)を追加した昇降計。毎分7000ft(赤字の7)を指しています。すでにメインの白色針は毎分4000ftで振り切れています。
【右下】
マッターホルン山頂(中央)付近をゆくPC-9M改。
【左下】
GPSのWaypoint指針(赤)を追加したHSI。DME表示器は未改造の写真で、赤いフラグが見えます。
 詳しくは各種設定フォーラム「手探り航法・旅日記(その3)」2011年10月3日掲載分をご覧下さい。

バイカル湖を渡る

バイカル湖を渡る高ヒット
投稿者hidehide さんの画像をもっと!   前回更新2011-12-18 10:16    友人に知らせる友人に知らせる
ヒット数2120  コメント数3    0.00 (投票数 0)0.00 (投票数 0)投票する投票する
【左上】
冬のシベリア、クラスノヤルスク付近を蛇行するエニセイ川と、ピラタスPC-9M改。
【右上】
星を頼りに航行し、らせん降下で雲海を抜けたら、ぴたり真下に目的地・イルクーツク空港が。
【中】
凍結したバイカル湖を横断。琵琶湖の50倍近い面積です。
【左下】
バイカル湖から山一つ越えるとウラン・ウデの街。右手にムキノ空港が見えてきました。
【右下】
ムキノ空港の横風用滑走路は照明なし。ほとんど手探りのアプローチです。
 詳しくは各種設定フォーラム「手探り航法・旅日記(その3)」2011年12月18日掲載分をご覧下さい。

北西航路を行く

北西航路を行く高ヒット
投稿者hidehide さんの画像をもっと!   前回更新2013-10-20 2:55    友人に知らせる友人に知らせる
ヒット数2079  コメント数8    0.00 (投票数 0)0.00 (投票数 0)投票する投票する
 今回はグリーンランドから海を渡り、カナダ領・北極諸島のど真ん中、コーンウォリス島のレゾリュートに向かいます。このコースは、北極探検史に名高い「北西航路」の一部分です。
【上】
北極諸島のウェリントン海峡をゆくピラタスPC-9M。右はデヴォン島、左はコーンウォリス島。
【中】
今回作った極地探検用の計器、ジオマグ(地磁気)メーター。右から順に真方位の針路、磁針路、磁気偏差、磁気俯角を表示する仕組みです。
【下】
レゾリュートベイ空港へ最終進入。ジオマグメーターは真方位164度、磁方位190度、磁気俯角87.39度を示しており便利ですが、左から2番目の偏差計は偏西の場合、あり得ない値を表示してしまうのが残念です。
 詳しくは各種設定フォーラム「手探り航法・旅日記(その3)」2013年10月20日掲載分をご覧下さい。

新旧シーナリー併用

新旧シーナリー併用高ヒット
投稿者hidehide さんの画像をもっと!   前回更新2014-7-9 10:50    友人に知らせる友人に知らせる
ヒット数2050  コメント数6    0.00 (投票数 0)0.00 (投票数 0)投票する投票する
FlightGear2.10用の旧シーナリーをベースに使い、細密な地形が欲しい箱根などを、シーナリー2.0のデータに差し替えてみました。トータルでは、グラフィックの負荷は小さいまま快適に飛行可能です。
【上】
箱根のスカイライン沿いに「芦ノ湖ヘリポート」を再現。2.0は実景に近いため、ヘリポートの位置や平面形が、かなりうまく地形にフィットしました。右は芦ノ湖、左奥は富士山です。
【下】
箱根山中を小田原へ下るEC135p2。新旧の街道が複雑に絡み合う谷間をサクサク飛んでいます。(全面的に2.0ですと、極めて重くなりますが)
 詳しくは各種設定フォーラム「手探り航法・旅日記(その3)」2014年7月9日掲載分をご覧下さい。

オランダ天測の旅

オランダ天測の旅高ヒット
投稿者hidehide さんの画像をもっと!   前回更新2011-7-24 11:28    友人に知らせる友人に知らせる
ヒット数2022  コメント数3    0.00 (投票数 0)0.00 (投票数 0)投票する投票する
【上】
オランダの沃野を北上するスタンプSV4。正面右奥が首都アムステルダムとスキポール空港。
【上右】
SV4のフライト・コードラントを、上翼からコクピット後部に移動。観測精度が大幅に上がりました。
【中】
見事に作り込まれた、巨大なスキポール空港。多彩な施設は、見ていて飽きません。
【下左】
スキポール空港の一角に駐機したSV4。さすがにKLM機が多いです。
【下右】
ライン川河口部に広がるロッテルダム市街地。右奥に事実上の首都・ハーグが見えます。
 詳しくは各種設定フォーラム「手探り航法・旅日記(その2)」2011年7月24日掲載分をご覧下さい。

81 番〜 90 番を表示 (全 118 枚)« 1 2 3 4 5 6 7 8 (9) 10 11 12 »



 検索

高度な検索
 新しい登録ユーザ
oninevi 2021-1-22
eliteclift 2021-1-22
cartiguru 2021-1-22
funtuc 2021-1-22
eqebidu 2021-1-22
procrack 2021-1-22
ewahizej 2021-1-21
William22 2021-1-21
dullinsani 2021-1-20
manojsingh 2021-1-20
 最近の画像(画像付)
HiTouchさん宛の画像... (2020-11-8)
HiTouchさん宛の画像...
E170/175用 FDA全号... (2020-10-27)
E170/175用 FDA全号...
あきづきに着艦訓練 (2020-5-24)
あきづきに着艦訓練
反映確認飛行 (2020-5-17)
反映確認飛行
AI艦船 護衛艦あき... (2020-5-16)
AI艦船 護衛艦あき...
Powered by XOOPS Cube 2.1© 2001-2006 XOOPS Cube Project
Theme designed by OCEAN-NET