logo
ホーム •  フォーラム •  日本語wikiトップ •  アカウント情報 •  サイト内検索 •  新規登録
 ログイン
ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録
 メインメニュー
 米国サイト
 オンライン状況
18 人のユーザが現在オンラインです。 (3 人のユーザが 投稿画像 を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 18

もっと...

アルバムトップ : 新規風景画像 :  Total:118

並び替え:  タイトル () 日時 () 評価 () ヒット数 ()
現在の並び順: 日時 (新→旧)

41 番〜 50 番を表示 (全 118 枚)« 1 2 3 4 (5) 6 7 8 9 10 11 12 »



ジブラルタル!!

ジブラルタル!!高ヒット
投稿者hidehide さんの画像をもっと!   前回更新2012-12-11 18:48    友人に知らせる友人に知らせる
ヒット数2277  コメント数8    0.00 (投票数 0)0.00 (投票数 0)投票する投票する
【上】
ジブラルタル上空のカタリナ飛行艇。空港そばの岩山「ザ・ロック」は、海峡を挟んで奥に見えるアフリカ・セウタの山とワンセットで「ヘラクレスの柱」と呼ばれます。まさに地中海への門。
【左下】
ポルトガルの首都リスボン郊外。tigerさんご案内のイベリア半島シーナリーを組み込んで、指示通りプロパティを変更すると、crop(耕地)テクスチャーが変化します。Random vegetation を最大にすると、こんなにリアルな田園風景に。負荷が重くて私には使えませんが、きれいですね。
【右下】
北大西洋に浮かぶアゾレス諸島最大のサンミゲル島。西端にあるセテ・シダデス火山の火口湖です。
 詳しくは各種設定フォーラム「手探り航法・旅日記(その3)」2012年12月11日掲載分をご覧下さい。

ビバ!イベリア半島

ビバ!イベリア半島高ヒット
投稿者tigertiger さんの画像をもっと!   前回更新2012-10-21 12:08    友人に知らせる友人に知らせる
ヒット数1625  コメント数5    0.00 (投票数 0)0.00 (投票数 0)投票する投票する
ludomoさんの力作シーナリーです。イベリア半島とカナリア諸島を全てカバーしています。特に海岸線が美しく入り江、半島、岬、岩礁、環礁、港などが詳細に表現されています。写真はサンタンデル(LEXJ)からビスケー湾近くの海岸線です。Terrain データは下記から。
http://flightgear.creatuforo.com/1-tema3143.html?start=0

南端の岬と喜望峰

南端の岬と喜望峰高ヒット
投稿者hidehide さんの画像をもっと!   前回更新2012-9-5 12:08    友人に知らせる友人に知らせる
ヒット数1741  コメント数8    0.00 (投票数 0)0.00 (投票数 0)投票する投票する
【上】
アフリカ大陸の、本当の「最南端」アガラス岬上空のカタリナ。機首先端が岬です。ワイドレンズ効果で海へ突出して見えますが、実際は多数の岬のどれが最南端なのか、確認に少し手間取りました。太陽が北の空に見えるのは、いかにも南半球らしいですね。
【下】
「アフリカ最南端の岬」と言われるが、実は「南西端」の喜望峰。半島の先端ではなく、PC-9Mの後席パイロットの頭上部分が喜望峰です(実景では、少し突き出て見えます)。機首のかなた、湾の奥に広がる街はケープタウン。
 詳しくは各種設定フォーラム「手探り航法・旅日記(その3)」2012年9月4日掲載分をご覧下さい。

海鳥の旅Φ霏臟儿

海鳥の旅Φ霏臟儿高ヒット
投稿者hidehide さんの画像をもっと!   前回更新2012-9-5 5:56    友人に知らせる友人に知らせる
ヒット数1476  コメント数6    0.00 (投票数 0)0.00 (投票数 0)投票する投票する
【左上】
アフリカ縦断7000キロの谷間「グレートリフトバレー」の一部、タンガニーカ湖を南下するカタリナ。
【右上】
FlightGear起動後に rembrandt をオンオフできないかと、internal properties の「/enabled=false」を「true」に書き換えてみたところ、こんな画面に化けて仰天。「false」に戻すと復旧します。
【中】
ボツワナで見つけた、広さ世界一の天然塩に覆われた低地。東西約170キロ、南北約110キロあります。
【下】
南アのキンバリー市街中心にある、ダイヤモンド鉱山跡のクレーター。右が世界最大「ザ・ビッグホール」。直径は実物同様、400m以上あります。
 詳しくは各種設定フォーラム「手探り航法・旅日記(その3)」2012年9月4日掲載分をご覧下さい。

海鳥の旅ケニア着

海鳥の旅ケニア着高ヒット
投稿者hidehide さんの画像をもっと!   前回更新2012-7-4 3:09    友人に知らせる友人に知らせる
ヒット数1679  コメント数6    0.00 (投票数 0)0.00 (投票数 0)投票する投票する
【上】
PBYカタリナで、早朝のナイロビ・ジョモ・ケニヤッタ国際空港HKJKにILS進入。ちょっとパスが低すぎますが、厚くて高い、地を這う雲の層から、ようやく正面にABNと滑走路が現れました。
【中】
これが、キリマンジャロです。アフリカの最高峰(5895m)ですが、独立峰では世界一の標高だそうで、ピラタスPC-9M改から眺める赤道地帯の雪山は、なかなか感動的でした。
【左下】
コクピットから見たキリマンジャロ山頂の西側。グレーの部分は氷河です。
【右下】
今回使用したHKJKの全景。ナイロビの3空港の中では最大です。正面奥が市街地。
 詳しくは各種設定フォーラム「手探り航法・旅日記(その3)」2012年7月4日掲載分をご覧下さい。

海鳥の旅∧侘計

海鳥の旅∧侘計高ヒット
投稿者hidehide さんの画像をもっと!   前回更新2012-6-29 12:59    友人に知らせる友人に知らせる
ヒット数1705  コメント数6    0.00 (投票数 0)0.00 (投票数 0)投票する投票する
今回はミャンマーからスリランカ経由で、インド洋のセイシェル諸島を狙ったものの、思わぬミスでロストポジション。はるか北、アラビア半島南のアデン湾・ソコトラ島にたどり着きました。
【左上】未明のベンガル湾。実に広い海で、VORもNDBも受信が途絶えます。
【左中】やっと着いたソコトラ島。
【左下】タキシング中、強風で片翼が接地し立ち往生…ハプニングの多い旅です。
【右上】垂直尾翼に設けたフライト・コードラント(hide式四分儀)に、偏流計の機能を加えました。球体の下に、赤く四角く見えるものが、波頭の動きを見るための平行線です。
【右中】平行線越しに見た海面。平行線は視野の向きに自動回転し、常に上を向きます。波頭が走る方向に合わせれば偏流(ドリフト)角が、うねりの列に赤い横線を合わせれば、風向が読める…という原理です。
【右下】偏流観測状態から、水平に視野をパンアップしたところ。コードラント本体の正面目盛りを拡大すると、グリッドの方位が0.1度単位まで読み取れます。
 詳しくは各種設定フォーラム「手探り航法・旅日記(その3)」2012年6月29日掲載分をご覧下さい。

海鳥の旅・第1回

海鳥の旅・第1回高ヒット
投稿者hidehide さんの画像をもっと!   前回更新2012-6-20 16:20    友人に知らせる友人に知らせる
ヒット数1619  コメント数5    0.00 (投票数 0)0.00 (投票数 0)投票する投票する
久しぶりの旅です。洋上を思い切り長時間飛び、2回の飛行でミャンマーまで進出しました。
【左上】深夜、伊丹RJOOで出発準備をするPBYカタリナ改。
【左中】台湾東方で、雲のレイヤーが一斉に傾く現象に遭遇。2006年末ごろ、Ver.0.9.*で体験しましたが、最近は例がありませんでした。
【左下】バシー海峡で、右エンジンのみ燃料切れ。なぜか燃料タンクの減り方が非常に不均一でした。このあと機体は原因不明の暴れ方をして、あわや墜落寸前。
【右上】不時着して応急処置後、無事ルソン島に到着。鮮やかな緑が目に染みました。
【右中】日を改めてルソン島を深夜離陸後、激烈な豪雨に突入。日本に来た台風4号の南西には、東南アジアに掛けて低気圧の列が出来ていて、ひどい目に遭いました。
【右下】インドシナを横断し、ミャンマーのヤンゴンへ進入。ちょうど着地点に断雲が座り込んで、またもヒヤリ。珍しい体験の重なるフライトでした。
 詳しくは各種設定フォーラム「手探り航法・旅日記(その3)」2012年6月20日掲載分をご覧下さい。

子午線の旅・ゴール

子午線の旅・ゴール高ヒット
投稿者hidehide さんの画像をもっと!   前回更新2012-1-5 14:12    友人に知らせる友人に知らせる
ヒット数2916  コメント数4    10.000010.00 (投票数 2)投票する投票する
【左上】
ウランバートル市付近を飛ぶピラタスPC-9M改。グレーの湖に見える部分は砂地です。
【左中】
モンゴルから中国東部と東シナ海を無着陸で越え、福岡空港に降りるピラタスPC-9M改。
【右上】
私のゴールライン・日本標準時子午線(東経135度線)上に建つ、明石市立天文科学館前を通過するスタンプSV4。時計台の文字盤中心が東経135度0分0秒です。
【左下】
母港・伊丹のhide格納庫に帰着したスタンプSV4。
【右下】
3時間ほど後、ピラタスPC-9M改もゴールライン通過。時計の針が実際に動いていることにご注目下さい(苦心しました)。
 詳しくは各種設定フォーラム「手探り航法・旅日記(その3)」2012年1月5日掲載分をご覧下さい。

バイカル湖を渡る

バイカル湖を渡る高ヒット
投稿者hidehide さんの画像をもっと!   前回更新2011-12-18 10:16    友人に知らせる友人に知らせる
ヒット数2081  コメント数3    0.00 (投票数 0)0.00 (投票数 0)投票する投票する
【左上】
冬のシベリア、クラスノヤルスク付近を蛇行するエニセイ川と、ピラタスPC-9M改。
【右上】
星を頼りに航行し、らせん降下で雲海を抜けたら、ぴたり真下に目的地・イルクーツク空港が。
【中】
凍結したバイカル湖を横断。琵琶湖の50倍近い面積です。
【左下】
バイカル湖から山一つ越えるとウラン・ウデの街。右手にムキノ空港が見えてきました。
【右下】
ムキノ空港の横風用滑走路は照明なし。ほとんど手探りのアプローチです。
 詳しくは各種設定フォーラム「手探り航法・旅日記(その3)」2011年12月18日掲載分をご覧下さい。

二つの秘密基地

二つの秘密基地高ヒット
投稿者hidehide さんの画像をもっと!   前回更新2011-10-11 6:12    友人に知らせる友人に知らせる
ヒット数2505  コメント数4    0.00 (投票数 0)0.00 (投票数 0)投票する投票する
【上】
旧ドイツ空軍テスト基地、レヒリン・レルツ空港EDAX上空の左右非対称機BV-141。背後はミューリッツ湖。
【2段目左】
BV-141のコクピットビュー。エンジンのない正面から右翼に掛けては、遮るものがありません。
【同・中】
BV-141後席から見た後方。視界は抜群ですが、太い窓枠が目障りです。
【同・右】
ピラタスPC-21でペーネミュンデ飛行場EDCPに着陸。にわか雨が降っていました。
【3段目】
ドイツ陸軍のロケット実験場があった、ウゼドム島ペーネミュンデ地区を背景に、バルト海上空を飛ぶ試作戦闘爆撃機BV-170。右端の飛行場EDCPの手前に、発射台がありました。
【左下】
接地寸前のBV-170コクピットビュー。長い胴体と主翼、フラップに遮られ、滑走路が見えません。
【右下】
BV-170の爆撃手ビューから見た前方。主翼が遠い分、パイロットより少しましです。
 詳しくは各種設定フォーラム「手探り航法・旅日記(その3)」2011年10月11日掲載分をご覧下さい。

41 番〜 50 番を表示 (全 118 枚)« 1 2 3 4 (5) 6 7 8 9 10 11 12 »



 検索

高度な検索
 新しい登録ユーザ
ramsteve 2020-11-28
delhicallg 2020-11-28
unizacad 2020-11-28
yxafax 2020-11-27
onlinegame 2020-11-27
RICKY121 2020-11-27
Sanotify 2020-11-27
igavob 2020-11-27
exetor 2020-11-27
icufocoh 2020-11-27
 最近の画像(画像付)
HiTouchさん宛の画像... (2020-11-8)
HiTouchさん宛の画像...
E170/175用 FDA全号... (2020-10-27)
E170/175用 FDA全号...
あきづきに着艦訓練 (2020-5-24)
あきづきに着艦訓練
反映確認飛行 (2020-5-17)
反映確認飛行
AI艦船 護衛艦あき... (2020-5-16)
AI艦船 護衛艦あき...
Powered by XOOPS Cube 2.1© 2001-2006 XOOPS Cube Project
Theme designed by OCEAN-NET