logo
ホーム •  フォーラム •  日本語wikiトップ •  アカウント情報 •  サイト内検索 •  新規登録
 ログイン
ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録
 メインメニュー
 米国サイト
 オンライン状況
81 人のユーザが現在オンラインです。 (5 人のユーザが 投稿画像 を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 81

もっと...

アルバムトップ : hide Total:172

並び替え:  タイトル () 日時 () 評価 () ヒット数 ()
現在の並び順: タイトル (Z → A)

1 番〜 10 番を表示 (全 172 枚)(1) 2 3 4 5 6 7 8 9 10 ... 18 »



六分儀超える分解能

六分儀超える分解能高ヒット
投稿者hidehide さんの画像をもっと!   カテゴリーその他    前回更新2013-6-23 6:44    友人に知らせる友人に知らせる
ヒット数6299  コメント数10    0.00 (投票数 0)0.00 (投票数 0)投票する投票する
 フライト・コードラント(自作の航空四分儀)を改良し、天体の高度角を0.1分角または1秒角まで読めるようにしました。この太陽の高度角は「18度52分21秒」です。実物の六分儀は最小目盛り0.2分角(12秒角)だそうですから、分解能では一けた上回りました。
【上】
コードラントの望遠ビュー。ポインタを「⇔」にして視野を上下に動かし、黄緑色の水平線(高度角カーソル)を、太陽の中心に合わせます。緑の照準リングは、太陽や月の視直径と同寸(FlightGearでは実世界の2倍)です。
 左の赤数字は「度」、右のオレンジ色数字は「分」。緑の0.1分角補助目盛り(右下)は、黄色い「52分」目盛りとの交点から約「52.4分」と読めます。灰色の1秒角補助目盛り(左下)は、同様に「21秒」です。
【左下】
広角にしたビュー。縦の赤い「度」目盛りの右にある、黄色い「分」目盛りは、黄緑色の「高度角カーソル」が上下に動く際、逆方向に60倍の角速度で回転し、分単位の角度を表示する仕組みです。
【右下】
ピラタスPC-9M水上機に水中舵を付けました。ラダーに連動し、写真では取り舵一杯に。後席ヘッドレスト上に見えるのは新型コードラントで、外観はシンプルな黒い玉に変身しました。

 詳しくは各種設定フォーラム「手探り航法・旅日記(その3)」2013年6月23日掲載分をご覧下さい。

無着陸で1万卞庸

無着陸で1万卞庸高ヒット
投稿者hidehide さんの画像をもっと!   カテゴリー新規機体画像    前回更新2015-3-8 23:30    友人に知らせる友人に知らせる
ヒット数3306  コメント数7    0.00 (投票数 0)0.00 (投票数 0)投票する投票する
U-2S改で周回航続距離5514.1nm(1万0212.11辧法滞空15時間33分の自己新記録を作りました。
【上】
高度7万7000ftで能登空港へ向かうU-2改。無粋な電子偵察ポッドを捨て、「航研機」をイメージした赤い翼に塗り替えました。左の地図は1000nm周回コースのAtlas画面です。
【左下】
複座に改造して、機首にフライト・コードラント(自作の四分儀)を積み、天測も可能です。
【右下】
3個しかなかった計器を充実。上部のデジタル表示は、左からトータライザ(燃料総量計)、燃料流量計、コンパス(磁気方位と真方位)です。
 詳しくは各種設定フォーラム「手探り航法・旅日記(その3)」2015年3月8日掲載分をご覧下さい。

夢の視界100マイル

夢の視界100マイル高ヒット
投稿者hidehide さんの画像をもっと!   カテゴリー新規風景画像    前回更新2010-5-20 2:29    友人に知らせる友人に知らせる
ヒット数5697  コメント数5    8.00008.00 (投票数 1)投票する投票する
【上】
 パソコンを買い換えた結果、視界が約100nmに伸びて、初めて太平洋と日本海を同時に眺めました。大阪府茨木市上空37000ftから見た、右奥は名古屋市街と伊勢湾、正面が京都市と琵琶湖、左奥が福井県越前岬と若狭湾です。
【右下】
 南極フライトのゴールに選んだ、ニュージーランドのウェリントン国際空港。ひどいところに、マンションを建てた人もいるもので…。
【左下】
 ウェリントンの市街地で、Shaderの「Urban」機能を使用。好きな機能ですが、新パソコンではなぜか凹凸が逆転し、テクスチャーも茶色に変色してしまい、まるで発掘現場です。
 詳しくは各種設定フォーラム「手探り航法・旅日記(その2)」2010年5月20日掲載分をご覧下さい。

北半球一周の大渓谷

北半球一周の大渓谷高ヒット
投稿者hidehide さんの画像をもっと!   カテゴリー新規風景画像    前回更新2011-2-13 16:57    友人に知らせる友人に知らせる
ヒット数4161  コメント数6    0.00 (投票数 0)0.00 (投票数 0)投票する投票する
【左上】シベリア・ヤクーツクのすぐ南、北緯61度線に沿って、世界地図には載っていない、幅30マイルもある大渓谷が東西に伸びているのを発見しました。谷底は、川や湖もある標高ゼロメートルの平野で、いわば巨大な地溝帯です。
【右上】ここを横断中、前方にシーナリーが生成されなくなり、直後にアプリが異常終了しました。
【中】ユーラシア大陸とグリーンランド・北欧付近のAtlas画面。大地溝帯は赤い「+」印のすぐ下、北緯61度線に沿って、北半球を一周していることが分かります。地球儀に描いたオレンジの線が全体像で、A点は飛行不能だったヤクーツク南方、B〜F点は上空の試験飛行に成功した地点です。
【下】カナダ西部の地球儀E点、ブルワッシュ空港(CYDB)付近の地溝帯内部を飛ぶピラタスPC7改。このように高原が突然とぎれる地形が多いですが、谷底へなだらかに斜面が伸びる場所もあります。
 詳しくは、各種設定フォーラム「手探り航法・旅日記(その2)」2011年2月13日掲載分をご参照下さい。

北西航路を行く

北西航路を行く高ヒット
投稿者hidehide さんの画像をもっと!   カテゴリー新規風景画像    前回更新2013-11-23 2:06    友人に知らせる友人に知らせる
ヒット数3379  コメント数6    0.00 (投票数 0)0.00 (投票数 0)投票する投票する
【上】
満月に見送られ、吹雪のアラスカ最北端・バロー岬近くの空港を出発するツインオッター。極夜が始まり、正午でも真っ暗でした。
【左中】
アラスカの西の端、プリンス・オブ・ウェールズ岬周辺。高度を上げて降雪から逃れると、空の青とベーリング海峡の緑が目に染みました。対岸ロシアは残念ながら、雲に遮られて見えません。
【下】
アラスカ西部ノーム空港にILS進入。北極圏を脱出し、1カ月ぶりにアーバン・エフェクトのビル群を見て懐かしかったです。
 詳しくは各種設定フォーラム「手探り航法・旅日記(その3)」2013年11月23日掲載分をご覧下さい。

北西航路を行く

北西航路を行く高ヒット
投稿者hidehide さんの画像をもっと!   カテゴリー新規風景画像    前回更新2013-11-12 23:01    友人に知らせる友人に知らせる
ヒット数3264  コメント数8    0.00 (投票数 0)0.00 (投票数 0)投票する投票する
【上】
32インチ液晶テレビに映した、ツインオッターのコクピット視野。ノート画面より格段に迫力が増し、計器も読みやすくなりました。
【左下】
カナダ・北極諸島ケンブリッジベイ沖に降りたツインオッター。北極圏フライトで有名な、ケンボレック航空の塗色にしましたが、まさかこの機体が使えないとは…。
【右下】
アラスカ最北端・バロー岬を通過するピラタスPC-9M水上機。右上の白い横線は、今から降りるワイリーポスト・ウィルロジャース記念空港です。ベーリング海峡まで、もう一息…。
 詳しくは各種設定フォーラム「手探り航法・旅日記(その3)」2013年11月12日掲載分をご覧下さい。

北西航路を行く

北西航路を行く高ヒット
投稿者hidehide さんの画像をもっと!   カテゴリー新規風景画像    前回更新2013-10-20 2:55    友人に知らせる友人に知らせる
ヒット数2992  コメント数8    0.00 (投票数 0)0.00 (投票数 0)投票する投票する
 今回はグリーンランドから海を渡り、カナダ領・北極諸島のど真ん中、コーンウォリス島のレゾリュートに向かいます。このコースは、北極探検史に名高い「北西航路」の一部分です。
【上】
北極諸島のウェリントン海峡をゆくピラタスPC-9M。右はデヴォン島、左はコーンウォリス島。
【中】
今回作った極地探検用の計器、ジオマグ(地磁気)メーター。右から順に真方位の針路、磁針路、磁気偏差、磁気俯角を表示する仕組みです。
【下】
レゾリュートベイ空港へ最終進入。ジオマグメーターは真方位164度、磁方位190度、磁気俯角87.39度を示しており便利ですが、左から2番目の偏差計は偏西の場合、あり得ない値を表示してしまうのが残念です。
 詳しくは各種設定フォーラム「手探り航法・旅日記(その3)」2013年10月20日掲載分をご覧下さい。

北西航路をゆく

北西航路をゆく高ヒット
投稿者hidehide さんの画像をもっと!   カテゴリー新規風景画像    前回更新2013-10-23 11:36    友人に知らせる友人に知らせる
ヒット数4007  コメント数13    0.00 (投票数 0)0.00 (投票数 0)投票する投票する
今回の「海鳥の旅」は前回に引き続き、グリーンランドからアラスカへ、カナダ・北極諸島の迷路を抜けてゆく「北西航路」のご紹介です。
【上】
航路全体のほぼ中間点、シンプソン海峡を西進するピラタスPC-9M水上機。右は、19世紀のフランクリン探検隊(129人全滅)が、船を氷に閉じこめられ上陸したキングウィリアム島。左はカナダ本土。
【左下】
アムンゼンの探検船ユア号が越冬した停泊地、ジョアヘブン(ユア号の天国)。今は小空港があります。
【右下】
この日着水した、ビクトリア島・ケンブリッジベイで見た氷山。機体を寄せて海中を見たら、こんなに大きくて少々不気味でした。
 詳しくは各種設定フォーラム「手探り航法・旅日記(その3)」2013年10月23日掲載分をご覧下さい。

北極からシベリアへ

北極からシベリアへ高ヒット
投稿者hidehide さんの画像をもっと!   カテゴリー新規風景画像    前回更新2011-1-6 1:48    友人に知らせる友人に知らせる
ヒット数2725  コメント数4    0.00 (投票数 0)0.00 (投票数 0)投票する投票する
【上】
四国の1.5倍も広い、シベリア北岸のレナ川デルタ。無数の凍河と湖が密集する巨大な沼沢地ですが、意外にも多くの灯が見え、まるで都会です(ピクセル等倍に拡大すると、灯がご覧頂けます)。
【右中】
北極点を越えるピラタスPC7改。残念ながら極付近は四角く大地の底が抜け、太陽と星々が見えました。冬至から間もない真冬ながら、太陽の「深度」はあまり大きくないことが分かります。
【左中】
極点付近のAtlas画面。極点通過時に左へ約4度変針しましたが、サンソン図法のため、極に接近する航路は図の左端に表示され、右に折れています。
【下】
レナ川デルタに隣接する、ティクシ空港へ降りるPC7改。今回から航空灯と衝突防止灯を付けました。現地時間では正午ですが、陽はまだ地平線下です。
 詳しくは各種設定フォーラム「手探り航法・旅日記(その2)」2011年1月6日掲載分をご覧下さい。

北欧神話・巨人の国

北欧神話・巨人の国高ヒット
投稿者hidehide さんの画像をもっと!   カテゴリー新規風景画像    前回更新2010-8-10 4:22    友人に知らせる友人に知らせる
ヒット数3959  コメント数5    0.00 (投票数 0)0.00 (投票数 0)投票する投票する
【上】
北欧最高峰・ノルウェーのガルフピッゲン山上空を飛ぶ、ピラタスPC-6ターボ・ポーター。この一帯はヨートゥンハイ
メン山地と呼ばれ、北欧神話の巨人の国「ヨツンヘイム」と同じ語源と思われます。
【中左】
ノルウェー最大、世界第2位のソグネ・フィヨルドをゆくPC-6。全長は200キロ(一説には240キロ)もあり、奥には先のヨートゥンハイメン山地があります。
【下左】
PC-6の機長席近くまで歩いてきた「walker」。キーボードから操作できる人形ですが、どうやら機長と双子のようで…。
【中右】
デハビランドDHC3オッターのコクピットから見た、凍った湖が点在するノルウェー北部・フィンマルク地方。小学生時代の愛読書「オッター32号機SOS」の舞台で、感動しました。
【下右】
ノルウェー北端に近いアルタ・フィヨルドを飛ぶDHC3(スキー仕様)。大戦中はこの一角に、ドイツ戦艦ティルピッツが隠れていました。
 詳しくは各種設定フォーラム「手探り航法・旅日記(その2)」2010年8月8日掲載分をご覧下さい。

1 番〜 10 番を表示 (全 172 枚)(1) 2 3 4 5 6 7 8 9 10 ... 18 »



 検索

高度な検索
 新しい登録ユーザ
oxenemoci 2024-6-14
pinup1 2024-6-14
apozeni 2024-6-14
imijykugo 2024-6-14
ocykivu 2024-6-14
oxyzuv 2024-6-13
JoseFarley 2024-6-13
topl2ru1 2024-6-13
imukojy 2024-6-13
axivoge 2024-6-13
 最近の画像(画像付)
自作11機目 F/A-18... (2022-5-27)
自作11機目 F/A-18...
飛んでみる八尾空港 (2022-4-10)
飛んでみる八尾空港
作ってみる八尾空港 (2022-4-2)
作ってみる八尾空港
F117 nighthawk (2021-5-19)
F117 nighthawk
HiTouchさん宛の画像... (2020-11-8)
HiTouchさん宛の画像...
Powered by XOOPS Cube 2.1© 2001-2006 XOOPS Cube Project
Theme designed by OCEAN-NET