logo
ホーム •  フォーラム •  日本語wikiトップ •  アカウント情報 •  サイト内検索 •  新規登録
 ログイン
ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録
 メインメニュー
 米国サイト
 オンライン状況
22 人のユーザが現在オンラインです。 (3 人のユーザが フォーラム を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 22

もっと...

プレイできない..

  • このフォーラムに新しいトピックを立てることはできません
  • このフォーラムではゲスト投稿が禁止されています
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿.1 .2 .3 .4 .5 .6 .7 .8 .9 .10 .11 .12 .13 .14 .15 .16 .17 .18 .19 .20 .21 .22 .23 .24 .25 .26 .27 .28 .29 .30 .31 .32 .33 .34 .35 .36 .37 .38 .39 .40 .41 .42 .43 .44 .45 .46 .47 .48 .49 .50 .51 .52 .53 | 投稿日時 2020-3-14 15:22
omanju  常連 居住地: Tokyo/JPN  投稿数: 39
最近FlightGearを知り、最新版(win10、64bit)をダウンロードしてプレイしようとしたところ、起動はできるのですが変なところ(一面ネズミ色のところに)に出て10秒後くらいにエラーで落ちます
解決策教えていただけないでしょうか?
投票数:0 平均点:0.00
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし | 投稿日時 2020-3-17 0:15
toshi  長老   投稿数: 1228
omanjuさん、こんばんは。
toshiです。

3点質問させてください。

1. お使いのFlightGearのバージョンを教えてください。

2018.3.4か2019.1.1か2019.1.2のいずれかだと思うのですが、Webページのたどり方によってダウンロード先のバージョンが異なるので、まず確認させていただく次第です。

2. 一面ネズミ色のところで起動して約10秒後にエラーで落ちる現象が、デフォルトの起動空港(PHNL)と機体(Cessna 172P Skyhawk (1982))で起動したときも再現するかを教えてください。

3. 約10秒後にエラーで落ちる際に、どのような画面にエラーが表示されるのか、どのようなメッセージが表示されるのか、分かりましたら教えてください。
投票数:0 平均点:0.00
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿.1 | 投稿日時 2020-3-18 14:44
omanju  常連 居住地: Tokyo/JPN  投稿数: 39
toshiさん、返信ありがとうございます

質問の返事(?)です
バージョンは2019.1.1(なはずです)
ダウンロードしたサイトは(www.flightgear.org/download)です
エラーで落ちた後、フィードバックを送信してもよいか?みたいな質問がでできます。

以上、よろしくお願いいたします。
投票数:0 平均点:0.00
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし | 投稿日時 2020-3-18 23:17 | 最終変更
toshi  長老   投稿数: 1228
omanjuさん、こんばんは。
toshiです。

1つ目と3つ目の質問に対するご回答、ひとまず了解です。
2つ目の質問についてはいかがでしょうか?

引用:
2. 一面ネズミ色のところで起動して約10秒後にエラーで落ちる現象が、デフォルトの起動空港(PHNL)と機体(Cessna 172P Skyhawk (1982))で起動したときも再現するかを教えてください。

PHNLとCessna 172P Skyhawk (1982)を選択した状態のランチャー画面はこんな感じです。
※2018.3.1の画面ですが、バージョン表記以外は2019.1.1も同様です。
2018.3.1のLauncher画面
投票数:1 平均点:10.00
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿.1 | 投稿日時 2020-3-19 16:30
omanju  常連 居住地: Tokyo/JPN  投稿数: 39
toshiさn、返信ありがとうございます
2の質問ですが、デフォルト設定でflyを押したところ、読み込み中に応答がなくなってしまい、「fgfs.exeは応答してません」と表示されてしまい、再現するかどうかもわかりませんでした。その後、5回ほど試したのですが応答しなくなってしまいました。
投票数:0 平均点:0.00
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし | 投稿日時 2020-3-20 0:40
toshi  長老   投稿数: 1228
こんばんは、toshiです。
症状が悪化しているようですね。

FlightGear起動画面(ランチャー)の左上にあるSummaryの上の[●●●]をクリックし、[Restore default settings...]をクリックしてから[Fly!]をクリックすると、いかがでしょうか?
Summaryの上の[●●●]からたどれる項目

ダメなようでしたら、以下の2つのフォルダを削除して、初期インストール時に近い状態に戻すことをお勧めします。

1. C:\Users\{ユーザ名}\Documents の下にある「FlightGear」フォルダを削除

「Documents」フォルダは、Windows10環境では「PC > ドキュメント」として見えているフォルダです。

「FlightGear」フォルダには、FlightGearインストール後にダウンロードしたシーナリーや機体データが保存されていますので、データを残しておきたい場合は、「FlightGear」フォルダを別のフォルダ名にリネームしてください。

2. C:\Users\{ユーザ名}\AppData\Roaming の下にある「flightgear.org」フォルダを削除

「AppData」フォルダは隠しフォルダに設定されているので、隠しフォルダを表示するように Windows の設定を変更するか、あるいは以下の方法で「Roaming」フォルダに直接アクセスしてください。
(1) キーボードの Windows ロゴ キー + R を押して[ファイル名を指定して実行]ダイアログボックスを開く
(2) 入力欄に %appdata% と入力して[OK]をクリック

「flightgear.org」フォルダには、前回起動時に自動保存された設定ファイルやログファイルが入っていますが、削除しても問題ありません。

上記1.と2.のフォルダを削除してもダメな場合は、FlightGearをアンインストールして、再インストールした方が良いかもしれません。
・「Win版クイックスタート(インストール編) - アンインストール
投票数:0 平均点:0.00
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし | 投稿日時 2020-3-20 11:14
omanju  常連 居住地: Tokyo/JPN  投稿数: 39
toshiさん、夜中に返信ありがとうございます
わかりました。左上の項目、試してみまs。
投票数:0 平均点:0.00
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿.1 | 投稿日時 2020-3-20 21:15
omanju  常連 居住地: Tokyo/JPN  投稿数: 39
toshiさん
追加で、空港はホノルル、機体はB777-200で試したところ空港もっしかり見えて、離陸はできました。ただ、次に成田にパーキングでflyを押したところ、またおなじ症状になりましyta。
鎧くお願いします
投票数:0 平均点:0.00
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし | 投稿日時 2020-3-22 22:05
toshi  長老   投稿数: 1228
omanjuさん

RJAAのパーキングを指定してB777-200で起動すると、一面ネズミ色のところで起動して約10秒後にエラーで落ちる、ということですね。

空港はRJAAの「Runway Active」とし、機体はc172p「Cessna 172P Skyhawk (1982)」で起動するとどうなるかを教えてください。
同じ現象で約10秒後にエラーで落ちる場合は、omanjuさんと同じ起動時設定で問題が再現するか確認したいので、コマンドラインオプションの内容を教えてください。

コマンドラインオプションは、FlightGear起動画面(ランチャー)の左上にあるSummaryの上の[●●●]をクリックし、[View command-line]をクリックすると表示されます。
[Copy to clipboard]をクリックして、フォーラムの投稿記事に[Ctrl-v]で貼り付けてください。

私の環境(FlightGear2019.1.1, Win10)のRJAA, c172pのコマンドラインオプションは以下で、特に問題無く起動します。
--launcher --prop:/nasal/local_weather/enabled=false --metar=XXXX 012345Z 15003KT 19SM FEW072 FEW350 25/07 Q1028 NOSIG --prop:/environment/weather-scenario=Core high pressure region --timeofday=noon --disable-rembrandt --enable-terrasync --aircraft-dir=C:/Program Files/FlightGear 2019.1.1/data/Aircraft/c172p --aircraft=c172p --airport=RJAA
投票数:0 平均点:0.00
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし | 投稿日時 2020-3-24 21:35
omanju  常連 居住地: Tokyo/JPN  投稿数: 39
了解しました。
投票数:0 平均点:0.00
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし | 投稿日時 2020-3-27 9:10
omanju  常連 居住地: Tokyo/JPN  投稿数: 39
なんか起動してしまいました笑
ただ、羽田は相変わらず使えないです。
投票数:0 平均点:0.00
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし | 投稿日時 2020-3-31 23:26 | 最終変更
toshi  長老   投稿数: 1228
これまでの印象としては、特定の空港でparkingを指定して、かつ特定の機体を使ったときに、「一面ネズミ色のところで起動して約10秒後にクラッシュし、フィードバックレポートの送信画面が表示される現象」が発生しているように思います。

手元で再現出来れば回避策を考えますので、その現象が発生する際のコマンドラインオプションの内容を教えてください。

RJTTで起動できない状況が、別の現象である場合は、その内容も詳しく教えてください。
投票数:0 平均点:0.00
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし | 投稿日時 2020-4-4 15:58
omanju  常連 居住地: Tokyo/JPN  投稿数: 39
返信遅くなってしまい申し訳ありません
了解しました、やってみます
投票数:0 平均点:0.00
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし | 投稿日時 2020-4-7 14:47
omanju  常連 居住地: Tokyo/JPN  投稿数: 39
--launcher --prop:/nasal/local_weather/enabled=false --metar=XXXX 012345Z 15003KT 19SM FEW072 FEW350 25/07 Q1028 NOSIG --prop:/environment/weather-scenario=Core high pressure region --timeofday=noon --disable-rembrandt --disable-terrasync --aircraft-dir=F:/flightgear 2019.1/data/Aircraft/777 --aircraft=777-200LR --fg-scenery=C:/Users/hytsw/Documents/FlightGear/Scenery --fg-scenery=F:/flightgear 2019.1/data/Scenery --airport=RJTT --parkpos=West_Ramp_118
投票数:0 平均点:0.00
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし | 投稿日時 2020-4-7 14:49
omanju  常連 居住地: Tokyo/JPN  投稿数: 39
設定===
機体:B777-200
airport:RJTT、parking
です。なんか成田周りは読み込まれてるのですが、一定のところを境に読み込まれてないような暗示です。これって、風景画入れられてない、ということでしょうか?
投票数:0 平均点:0.00
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし | 投稿日時 2020-4-7 21:39
omanju  常連 居住地: Tokyo/JPN  投稿数: 39
追記
すみません。auto
scenery(?)みたいなやつ(多分自動的にsceneryをddownloadしてくれる機能)がOFFになってたのでonにしました。
投票数:0 平均点:0.00
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし | 投稿日時 2020-4-8 6:46 | 最終変更
toshi  長老   投稿数: 1228
追加報告ありがとうございます。

私の手元のFlightGear 2019.1.1では、777-200LR, RJTT, West_Ramp_118で普通に起動してしまい、残念ながら問題を再現させることは出来ませんでした。

私は、FlightGearランチャーの設定で、Aircraft hangarsのofficial FlightGear aircraft hangar (FlightGear aircraft distribution from fgaddon)で自動取得した機体データと、Download scenery automatically(通称TerraSync)で自動取得したシーナリーデータを使っています。
Add-onsタブにある機体の追加フォルダ(Additional aricraft folders)とシーナリーの追加フォルダ(Additional scenery folders)はどちらも設定していませんので、機体データとシーナリーデータがomanjuさんと同じかどうかは分かりません。

ご指摘のように、あるエリアのシーナリーデータが欠落していたりファイルが壊れている可能性もありますね。
FlightGearは、まず起動した地域のシーナリーデータを、次いで時間をかけて周辺地域のシーナリーデータを読み込むので、10秒ほど後にクラッシュする原因となっている可能性はあります。
ただその場合は、機体の種類やParking設定には依存しないと思うのですが、omanjuさんが問題が起きると報告しているのがRJAAまたはRJTTでパーキングを指定してB777-200で起動した場合であることがしっくりこない点です。なので、FlightGearのバグである可能性もまだあると思います。

問題を再現出来ないので、引き続き調べていただきたいことが2点あります。

1. 「c172p, RJTT, West_Ramp_118」で起動するとどうなりますか?

2. 「777-200LR, RJTT, West_Ramp_118」で起動し、何も操作せず放置してクラッシュした後、C:\Users\{ユーザ名}\AppData\Roaming\flightgear.org の下にあるfgfs.logをテキストエディタ(メモ帳等)で開いて、ログの最後の20行程度を投稿記事に貼り付けて(コピペして)いただけますか?

2020/3/20付の投稿記事「Re: プレイできない..」にも書きましたが、「AppData」フォルダは隠しフォルダに設定されているので、隠しフォルダを表示するように Windows の設定を変更するか、あるいは以下の方法で「Roaming」フォルダに直接アクセスしてください。
(1) キーボードの Windows ロゴ キー + R を押して[ファイル名を指定して実行]ダイアログボックスを開く
(2) 入力欄に %appdata% と入力して[OK]をクリック

ご参考までに、私の環境でテストした際のコマンドラインオプションとfgfs.logを以下に貼り付けておきます。
omanjuさんの場合は、fgfs.logの末尾近くにフィードバックレポートのログが含まれているはずですが、その直前のシーナリー(stgファイル)のロード時に何らかのエラーが記録されている可能性があります。
エラーの記録が見つかれば、Documents/FlightGear/Sceneryにある自動取得したシーナリーデータと、F:/flightgear 2019.1/data/Sceneryに手作業で置いたシーナリーデータのどちらに問題があるのか、あるいはシーナリーデータとは別の問題なのか、といったことが明確になると思います。

---
FlightGearのバージョン、OSのバージョン: FlightGear 2019.1.1, Windows10 64bit
機体の種類、入手先: 777-200LR、FlightGearランチャーのAircraft hangarsで"FlightGear aircraft distribution from fgaddon"を設定し自動取得
シーナリーの入手先: FlightGearランチャーのDownload senery automaticallyをいったん有効にして自動取得、テスト時は無効

コマンドラインオプション:
--launcher --prop:/nasal/local_weather/enabled=false --metar=XXXX 012345Z 15003KT 19SM FEW072 FEW350 25/07 Q1028 NOSIG --prop:/environment/weather-scenario=Core high pressure region --timeofday=noon --disable-rembrandt --disable-terrasync --aircraft=org.flightgear.fgaddon.trunk.777-200LR --airport=RJTT --parkpos=West_Ramp_118

fgfs.logの最後の20行:
132.21 [INFO]:terrain C:\Jenkins\workspace\Windows-release\simgear\simgear\scene\tgdb\ReaderWriterSTG.cxx:366:Loading stg file Path "C:/Users/toshi/Documents/FlightGear/TerraSync/Terrain/e140n30/e140n35/5250936.stg"
132.77 [INFO]:terrain C:\Jenkins\workspace\Windows-release\simgear\simgear\scene\tgdb\ReaderWriterSTG.cxx:684:Loading tile 5234553.stg
132.77 [INFO]:terrain C:\Jenkins\workspace\Windows-release\simgear\simgear\scene\tgdb\ReaderWriterSTG.cxx:366:Loading stg file Path "C:/Users/toshi/Documents/FlightGear/TerraSync/Terrain/e130n30/e139n35/5234553.stg"
133.80 [INFO]:terrain C:\Jenkins\workspace\Windows-release\simgear\simgear\scene\tgdb\ReaderWriterSTG.cxx:684:Loading tile 5250889.stg
133.80 [INFO]:terrain C:\Jenkins\workspace\Windows-release\simgear\simgear\scene\tgdb\ReaderWriterSTG.cxx:366:Loading stg file Path "C:/Users/toshi/Documents/FlightGear/TerraSync/Objects/e140n30/e140n35/5250889.stg"
133.80 [INFO]:terrain C:\Jenkins\workspace\Windows-release\simgear\simgear\scene\tgdb\ReaderWriterSTG.cxx:366:Loading stg file Path "C:/Users/toshi/Documents/FlightGear/TerraSync/Terrain/e140n30/e140n35/5250889.stg"
134.09 [INFO]:terrain C:\Jenkins\workspace\Windows-release\simgear\simgear\scene\tgdb\ReaderWriterSTG.cxx:684:Loading tile 5250937.stg
134.09 [INFO]:terrain C:\Jenkins\workspace\Windows-release\simgear\simgear\scene\tgdb\ReaderWriterSTG.cxx:366:Loading stg file Path "C:/Users/toshi/Documents/FlightGear/TerraSync/Terrain/e140n30/e140n35/5250937.stg"
192.90 [INFO]:input C:\Jenkins\workspace\Windows-release\flightgear\src\Main\fg_scene_commands.cxx:74:Program exit requested.
192.91 [INFO]:io C:\Jenkins\workspace\Windows-release\flightgear\src\Main\globals.cxx:830:Saving user settings to Path "C:/Users/toshi/AppData/Roaming/flightgear.org/autosave_2019_1.xml"
193.51 [INFO]:sound C:\Jenkins\workspace\Windows-release\flightgear\src\Sound\VoiceSynthesizer.cxx:56:FLITE synthesis thread exiting
193.51 [INFO]:sound C:\Jenkins\workspace\Windows-release\flightgear\src\Sound\VoiceSynthesizer.cxx:109:FLITE synthesis thread joined OK
193.52 [INFO]:sound C:\Jenkins\workspace\Windows-release\flightgear\src\Sound\VoiceSynthesizer.cxx:56:FLITE synthesis thread exiting
193.52 [INFO]:sound C:\Jenkins\workspace\Windows-release\flightgear\src\Sound\VoiceSynthesizer.cxx:109:FLITE synthesis thread joined OK
193.52 [INFO]:sound C:\Jenkins\workspace\Windows-release\flightgear\src\Sound\VoiceSynthesizer.cxx:56:FLITE synthesis thread exiting
193.52 [INFO]:sound C:\Jenkins\workspace\Windows-release\flightgear\src\Sound\VoiceSynthesizer.cxx:109:FLITE synthesis thread joined OK
193.52 [INFO]:sound C:\Jenkins\workspace\Windows-release\flightgear\src\Sound\VoiceSynthesizer.cxx:56:FLITE synthesis thread exiting
193.52 [INFO]:sound C:\Jenkins\workspace\Windows-release\flightgear\src\Sound\VoiceSynthesizer.cxx:109:FLITE synthesis thread joined OK
193.53 [INFO]:terrain C:\Jenkins\workspace\Windows-release\flightgear\src\Scenery\terrain_stg.cxx:265:FGStgTerrain::shutdown - shutdown tilemgr
193.72 [INFO]:navaid C:\Jenkins\workspace\Windows-release\flightgear\src\Airports\groundnetwork.cxx:176:destroying ground net for RJTT
投票数:0 平均点:0.00
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし | 投稿日時 2020-4-8 8:54
omanju  常連 居住地: Tokyo/JPN  投稿数: 39
了解しました。ありがとうございます
投票数:0 平均点:0.00
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし | 投稿日時 2020-4-8 10:16
omanju  常連 居住地: Tokyo/JPN  投稿数: 39
180.55 [INFO]:terrain C:\Jenkins\workspace\Windows-release\flightgear\src\Scenery\tilemgr.cxx:253:sched_tile: new tile entry for:-1:7, 0:2
180.55 [INFO]:terrain C:\Jenkins\workspace\Windows-release\flightgear\src\Scenery\tilemgr.cxx:253:sched_tile: new tile entry for:-1:7, 0:3
180.55 [INFO]:terrain C:\Jenkins\workspace\Windows-release\flightgear\src\Scenery\tilemgr.cxx:253:sched_tile: new tile entry for:0:0, -1:5
180.55 [INFO]:terrain C:\Jenkins\workspace\Windows-release\flightgear\src\Scenery\tilemgr.cxx:253:sched_tile: new tile entry for:0:0, -1:6
180.55 [INFO]:terrain C:\Jenkins\workspace\Windows-release\flightgear\src\Scenery\tilemgr.cxx:253:sched_tile: new tile entry for:0:0, -1:7
180.55 [INFO]:terrain C:\Jenkins\workspace\Windows-release\flightgear\src\Scenery\tilemgr.cxx:253:sched_tile: new tile entry for:0:0, 0:0
180.55 [INFO]:terrain C:\Jenkins\workspace\Windows-release\flightgear\src\Scenery\tilemgr.cxx:253:sched_tile: new tile entry for:0:0, 0:1
180.55 [INFO]:terrain C:\Jenkins\workspace\Windows-release\flightgear\src\Scenery\tilemgr.cxx:253:sched_tile: new tile entry for:0:0, 0:2
180.55 [INFO]:terrain C:\Jenkins\workspace\Windows-release\flightgear\src\Scenery\tilemgr.cxx:253:sched_tile: new tile entry for:0:0, 0:3
180.55 [INFO]:terrain C:\Jenkins\workspace\Windows-release\flightgear\src\Scenery\tilemgr.cxx:253:sched_tile: new tile entry for:0:1, -1:5
180.55 [INFO]:terrain C:\Jenkins\workspace\Windows-release\flightgear\src\Scenery\tilemgr.cxx:253:sched_tile: new tile entry for:0:1, -1:6
180.55 [INFO]:terrain C:\Jenkins\workspace\Windows-release\flightgear\src\Scenery\tilemgr.cxx:253:sched_tile: new tile entry for:0:1, -1:7
180.55 [INFO]:terrain C:\Jenkins\workspace\Windows-release\flightgear\src\Scenery\tilemgr.cxx:253:sched_tile: new tile entry for:0:1, 0:0
180.55 [INFO]:terrain C:\Jenkins\workspace\Windows-release\flightgear\src\Scenery\tilemgr.cxx:253:sched_tile: new tile entry for:0:1, 0:1
180.55 [INFO]:terrain C:\Jenkins\workspace\Windows-release\flightgear\src\Scenery\tilemgr.cxx:253:sched_tile: new tile entry for:0:1, 0:2
180.55 [INFO]:terrain C:\Jenkins\workspace\Windows-release\flightgear\src\Scenery\tilemgr.cxx:253:sched_tile: new tile entry for:0:1, 0:3
180.55 [INFO]:terrain C:\Jenkins\workspace\Windows-release\flightgear\src\Scenery\tilemgr.cxx:253:sched_tile: new tile entry for:0:2, -1:5
180.55 [INFO]:terrain C:\Jenkins\workspace\Windows-release\flightgear\src\Scenery\tilemgr.cxx:253:sched_tile: new tile entry for:0:2, -1:6
180.55 [INFO]:terrain C:\Jenkins\workspace\Windows-release\flightgear\src\Scenery\tilemgr.cxx:253:sched_tile: new tile entry for:0:2, -1:7
180.55 [INFO]:terrain C:\Jenkins\workspace\Windows-release\flightgear\src\Scenery\tilemgr.cxx:253:sched_tile: new tile entry for:0:2, 0:0
180.55 [INFO]:terrain C:\Jenkins\workspace\Windows-release\flightgear\src\Scenery\tilemgr.cxx:253:sched_tile: new tile entry for:0:2, 0:1
180.55 [INFO]:terrain C:\Jenkins\workspace\Windows-release\flightgear\src\Scenery\tilemgr.cxx:253:sched_tile: new tile entry for:0:2, 0:2
180.55 [INFO]:terrain C:\Jenkins\workspace\Windows-release\flightgear\src\Scenery\tilemgr.cxx:253:sched_tile: new tile entry for:0:2, 0:3
180.55 [INFO]:terrain C:\Jenkins\workspace\Windows-release\flightgear\src\Scenery\tilemgr.cxx:253:sched_tile: new tile entry for:0:3, -1:5
180.55 [INFO]:terrain C:\Jenkins\workspace\Windows-release\flightgear\src\Scenery\tilemgr.cxx:253:sched_tile: new tile entry for:0:3, -1:6
180.55 [INFO]:terrain C:\Jenkins\workspace\Windows-release\flightgear\src\Scenery\tilemgr.cxx:253:sched_tile: new tile entry for:0:3, -1:7
180.55 [INFO]:terrain C:\Jenkins\workspace\Windows-release\flightgear\src\Scenery\tilemgr.cxx:253:sched_tile: new tile entry for:0:3, 0:0
180.55 [INFO]:terrain C:\Jenkins\workspace\Windows-release\flightgear\src\Scenery\tilemgr.cxx:253:sched_tile: new tile entry for:0:3, 0:1
180.55 [INFO]:terrain C:\Jenkins\workspace\Windows-release\flightgear\src\Scenery\tilemgr.cxx:253:sched_tile: new tile entry for:0:3, 0:2
180.55 [INFO]:terrain C:\Jenkins\workspace\Windows-release\flightgear\src\Scenery\tilemgr.cxx:253:sched_tile: new tile entry for:0:3, 0:3
投票数:0 平均点:0.00
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし | 投稿日時 2020-4-8 10:16
omanju  常連 居住地: Tokyo/JPN  投稿数: 39
よろしく音願いします
投票数:0 平均点:0.00
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし | 投稿日時 2020-4-8 12:52
toshi  長老   投稿数: 1228
1. 「c172p, RJTT, West_Ramp_118」で起動するとどうなりますか?
投票数:1 平均点:10.00
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし | 投稿日時 2020-4-8 16:16
omanju  常連 居住地: Tokyo/JPN  投稿数: 39
投票数:0 平均点:0.00
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし | 投稿日時 2020-4-8 16:16
omanju  常連 居住地: Tokyo/JPN  投稿数: 39
こんな感じになります
投票数:0 平均点:0.00
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし | 投稿日時 2020-4-8 20:43
toshi  長老   投稿数: 1228
なるほど、一面が海の上で起動する様子は分かりましたが、ちょっと聞き方が悪かったようです。
1'. 「c172p, RJTT, West_Ramp_118」で起動した場合も、「一面ネズミ色のところで起動して約10秒後にクラッシュし、フィードバックレポートの送信画面が表示される現象」が発生しますか?
投票数:0 平均点:0.00
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし | 投稿日時 2020-4-8 22:58
omanju  常連 居住地: Tokyo/JPN  投稿数: 39
はい、その通りです
投票数:0 平均点:0.00
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし | 投稿日時 2020-4-9 0:35
toshi  長老   投稿数: 1228
ご回答ありがとうございます。

FlightGearに初期インストール済みの標準機であるc172pでも同じ現象が発生することで、機種依存性による問題ではないことが確認できました。
ただ、万全を尽くすために、今後のテストはc172pで実施していただけるとありがたいです。

parking指定の有無の影響を確認するため、3つ目の調査をお願いします。

---
3.「c172p, RJTT, runway=16L」で起動した場合も、「一面ネズミ色のところで起動して約10秒後にクラッシュし、フィードバックレポートの送信画面が表示される現象」が発生しますか?
---

以下は雑感です。

調査2.でご報告いただいたfgfs.logの内容は、以下の点で全く私の想像と違っており、ある意味で大変興味深いです。

・フィードバックレポートのログが含まれていない
・なぜか北緯0度東経0度を中心とした地域のタイルを読み込もうとしている

おそらくダウンロードしたシーナリーの不具合で、一面海の上に機体が現れる現象自体はシーナリー未入手の地点で起動した場合に良くある現象なので解決可能な問題だと想像しておりますが、クラッシュする原因がまだ良く分かりません。
まずは、3つ目の調査結果をお聞きしてから次の手を考えたいと思います。
投票数:0 平均点:0.00
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし | 投稿日時 2020-4-9 11:27
omanju  常連 居住地: Tokyo/JPN  投稿数: 39
https://d.kuku.lu/61525e5247
ただ、ふぃーっどバック派でできませんでした
投票数:0 平均点:0.00
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし | 投稿日時 2020-4-9 23:29 | 最終変更
toshi  長老   投稿数: 1228
3.「c172p, RJTT, runway=16L」で起動した場合のスクリーンショット、ありがとうございます。

これまでの「一面ネズミ色のところで起動して約10秒後にクラッシュし、フィードバックレポートの送信画面が表示される現象」とは異なり、フィードバックレポート画面は表示されないということですね。
(A) 「一面ネズミ色のところで起動して約10秒後にクラッシュするが、フィードバックレポートの送信画面は表示されない」
(B) 「一面ネズミ色のところで起動し、それ以外の問題は無い(FlightGearはクラッシュしない)」
のどちらなのかをお教えください。

次に、問題の原因ですが、クラッシュする原因は良く分からないのですが、一面が海の上で起動する問題は、TerraSyncで取得したシーナリー(空港のデータも含まれます)が不完全なことが原因である可能性があります(違ってたらスミマセン)。

そこで解決の道筋ですが、TerraSyncで取得したシーナリーフォルダを一度削除した上で、インストール直後の初期状態に近くてかつ出来るだけデフォルト設定で、「c172p, RJTT, runway=16L」で正常に地上で起動できることをまず目指すのが良いと思います。
追加の機体データや追加のシーナリーデータのフォルダを手動設定したり、parkingを設定すると問題が複雑になるので、以下の操作手順(1)〜(4)を試してみて頂けますでしょうか?
私の書いた想定と異なる現象が発生した場合は、出来るだけ詳しくその現象を教えてください。

(1) TerraSyncで取得済みのシーナリーフォルダを削除
Windows 10上で、 C:\Users\{ユーザ名}\Documents の下にある「FlightGear」フォルダ (ドキュメント > FlightGear)を辿り、その下にある「TerraSync」フォルダを削除してください。

(2) FlightGearデフォルト設定の復元
FlightGear起動画面(ランチャー)の左上にあるSummaryの上の[●●●]をクリックし、[Restore default settings...]をクリックしてください。

(3) 最小限の設定でRJTTで起動
FlightGear起動画面で「c172p, RJTT, runway=16L」を設定して[Fly!]で起動してください。
Add-onsタブにある"Additional aricraft folders"と"Additional scenery folders"はどちらも設定*しないで*ください。
Environmentタブにある"Time of day"をNoonに設定するのはOKです。
一面海の上でc172pが起動し、それ以外の問題は無い(クラッシュしない)ことを確認できたら、FlightGearをいったん終了してください。

(4) TerraSyncを有効にしてRJTTで起動
FlightGear起動画面で、Settingsタブにある"Download scenery automatically"を有効にしてから、(3)と同じく「c172p, RJTT, runway=16L」を設定して[Fly!]で起動して、10分ほどお待ちください。スプラッシュスクリーンの右下に"downloading scenery **Mb - *Mb/sec"というシーナリーダウンロード速度が表示されている間は、プログラムを終了せずに、とにかく気長にお待ちください。
ダウンロードが無事終わると、"loading scenery"の表示に変わり、その後RJTT 16Lの滑走路上でc172pが起動します。

---
p.s TerraSyncフォルダの中には、Airports、Models、Objects、Terrainの4つのサブフォルダがありますが、このうちAirportsフォルダは5000個弱のフォルダと4万個以上のファイルを格納しています。TerraSyncの初回有効時にAirportsフォルダ内に全世界の空港情報を包含した大量のフォルダとファイルが生成されるため(例えばRJTTはTerraSync\Airports\R\J\Tの中)、PC性能(ディスクアクセス速度)によっては非常に時間がかかります。
2回目以降は比較的早くなります。
また、シーナリーを取得済みのエリアであれば"Download scenery automatically"を無効にすることでより早く起動することができます。
投票数:0 平均点:0.00
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし | 投稿日時 2020-4-10 15:27
omanju  常連 居住地: Tokyo/JPN  投稿数: 39
一面ネズミ色のところで起動し、それ以外の問題は無い(FlightGearはクラッシュしない)です
投票数:0 平均点:0.00
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし | 投稿日時 2020-4-10 15:55
omanju  常連 居住地: Tokyo/JPN  投稿数: 39
download...をONにしたんですが、load sceneryになるのが一瞬だったんですがやっぱり海一面のところに出ました
投票数:0 平均点:0.00
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし | 投稿日時 2020-4-10 21:19 | 最終変更
toshi  長老   投稿数: 1228
ご報告有難うございます。

(3) 最小限の設定でRJTTで起動
では一面海の上でc172pが起動し、
(4) TerraSyncを有効にしてRJTTで起動
でも、シーナリーのダウンロードを待つことなく割とすぐにloading sceneryになって一面海の上でc172pが起動した、ということですね。

そうしますと、「flightgear.org」フォルダを削除してみて、それでもだめな場合はFlightGearインストール時のファイルに不具合がある可能性が高いためアンインストール&新規インストール(2018.3.5をお勧めします)をした方が良さそうに思います。

2020-3-20付の投稿記事「Re: プレイできない.. 」の
2. C:\Users\{ユーザ名}\AppData\Roaming の下にある「flightgear.org」フォルダを削除
に従って「flightgear.org」フォルダを削除してください。

次に、試していただいたばかりの2020-4-9付の投稿記事「Re: プレイできない.. 」の
(3) 最小限の設定でRJTTで起動

(4) TerraSyncを有効にしてRJTTで起動
を試してみてください。

以上を行っても改善しない場合は、念のために(4)が終わった後に
C:\Users\{ユーザ名}\AppData\Roaming\flightgear.org の下にあるfgfs.logをテキストエディタ(メモ帳等)で開いて、ログの最後の20行程度を投稿記事に貼り付けて(コピペして)いただけますか?
外部サイトのアップローダにfgfs.logをそのまま置いていただいても結構です。

宜しくお願いいたします。
投票数:0 平均点:0.00
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし | 投稿日時 2020-4-11 12:22
omanju  常連 居住地: Tokyo/JPN  投稿数: 39
治る気がしないため2018.3.をDLしてみました。ですがこの症状は治る気がしません
投票数:0 平均点:0.00
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし | 投稿日時 2020-4-12 17:09
omanju  常連 居住地: Tokyo/JPN  投稿数: 39
125.99 [ALRT]:nasal C:\Jenkins\workspace\Windows-release\flightgear\src\Scripting\NasalSys.cxx:486:Astro Tech LC-2 Chronometer Loaded
125.99 [INFO]:flight C:\Jenkins\workspace\Windows-release\flightgear\src\FDM\JSBSim\JSBSim.cxx:577:0: GEAR_CONTACT: 0 seconds: TAIL_SKID 1
125.99 [INFO]:flight C:\Jenkins\workspace\Windows-release\flightgear\src\FDM\JSBSim\JSBSim.cxx:577:1: GEAR_CONTACT: 0 seconds: FRONT_BROKEN_GEAR 1
125.99 [INFO]:flight C:\Jenkins\workspace\Windows-release\flightgear\src\FDM\JSBSim\JSBSim.cxx:577:2: GEAR_CONTACT: 0 seconds: LEFT_BROKEN_GEAR 1
125.99 [INFO]:flight C:\Jenkins\workspace\Windows-release\flightgear\src\FDM\JSBSim\JSBSim.cxx:577:3: GEAR_CONTACT: 0 seconds: RIGHT_BROKEN_GEAR 1
125.99 [INFO]:flight C:\Jenkins\workspace\Windows-release\flightgear\src\FDM\JSBSim\JSBSim.cxx:577:4: GEAR_CONTACT: 0 seconds: NOSE_TOP 1
125.99 [INFO]:flight C:\Jenkins\workspace\Windows-release\flightgear\src\FDM\JSBSim\JSBSim.cxx:577:5: GEAR_CONTACT: 0 seconds: NOSE 1
125.99 [INFO]:flight C:\Jenkins\workspace\Windows-release\flightgear\src\FDM\JSBSim\JSBSim.cxx:577:6: GEAR_CONTACT: 0 seconds: LMfloat 1
125.99 [INFO]:flight C:\Jenkins\workspace\Windows-release\flightgear\src\FDM\JSBSim\JSBSim.cxx:577:7: GEAR_CONTACT: 0 seconds: LEFT_TIP 1
125.99 [INFO]:flight C:\Jenkins\workspace\Windows-release\flightgear\src\FDM\JSBSim\JSBSim.cxx:577:8: GEAR_CONTACT: 0 seconds: RIGHT_TIP 1
125.99 [INFO]:flight C:\Jenkins\workspace\Windows-release\flightgear\src\FDM\JSBSim\JSBSim.cxx:577:9: GEAR_CONTACT: 0 seconds: COCKPIT_TOP 1
125.99 [INFO]:view C:\Jenkins\workspace\Windows-release\flightgear\src\Viewer\splash.cxx:694:Splash screen progress
150.83 [INFO]:flight C:\Jenkins\workspace\Windows-release\flightgear\src\FDM\JSBSim\JSBSim.cxx:577:10: GEAR_CONTACT: 0.00833333 seconds: RIGHT_TIP 0
150.83 [INFO]:flight C:\Jenkins\workspace\Windows-release\flightgear\src\FDM\JSBSim\JSBSim.cxx:577:11: GEAR_CONTACT: 0.00833333 seconds: FRONT_BROKEN_GEAR 0
150.83 [INFO]:flight C:\Jenkins\workspace\Windows-release\flightgear\src\FDM\JSBSim\JSBSim.cxx:577:12: GEAR_CONTACT: 0.00833333 seconds: LEFT_BROKEN_GEAR 0
150.83 [INFO]:flight C:\Jenkins\workspace\Windows-release\flightgear\src\FDM\JSBSim\JSBSim.cxx:577:13: GEAR_CONTACT: 0.00833333 seconds: RIGHT_BROKEN_GEAR 0
150.83 [INFO]:flight C:\Jenkins\workspace\Windows-release\flightgear\src\FDM\JSBSim\JSBSim.cxx:577:14: GEAR_CONTACT: 0.00833333 seconds: NOSE_TOP 0
150.83 [INFO]:flight C:\Jenkins\workspace\Windows-release\flightgear\src\FDM\JSBSim\JSBSim.cxx:577:15: GEAR_CONTACT: 0.00833333 seconds: NOSE 0
150.83 [INFO]:flight C:\Jenkins\workspace\Windows-release\flightgear\src\FDM\JSBSim\JSBSim.cxx:577:16: GEAR_CONTACT: 0.00833333 seconds: LMfloat 0
155.96 [INFO]:ai C:\Jenkins\workspace\Windows-release\flightgear\src\Traffic\TrafficMgr.cxx:393:parsing traffic schedules took:29971msec
159.87 [INFO]:ai C:\Jenkins\workspace\Windows-release\flightgear\src\Traffic\TrafficMgr.cxx:585:finishing AI-Traffic init
159.93 [ALRT]:nasal C:\Jenkins\workspace\Windows-release\flightgear\src\Scripting\NasalSys.cxx:486:Garmin 196 loading cities
161.79 [ALRT]:nasal C:\Jenkins\workspace\Windows-release\flightgear\src\Scripting\NasalSys.cxx:486:Garmin 196 loading cities done
162.04 [ALRT]:general C:\Jenkins\workspace\Windows-release\flightgear\src\Airports\groundnetwork.cxx:382:Failed to find route from waypoint 000001E5B309BFD0 to 000001E5B307FC20 at RJAA
162.04 [ALRT]:nasal C:\Jenkins\workspace\Windows-release\flightgear\src\Scripting\NasalSys.cxx:486:Primer reset to 0
162.20 [ALRT]:general C:\Jenkins\workspace\Windows-release\flightgear\src\Airports\groundnetwork.cxx:382:Failed to find route from waypoint 000001E5B309B370 to 000001E5B307FC20 at RJAA
162.69 [ALRT]:general C:\Jenkins\workspace\Windows-release\flightgear\src\Airports\groundnetwork.cxx:382:Failed to find route from waypoint 000001E5B309CB10 to 000001E5B307FC20 at RJAA
165.36 [ALRT]:general C:\Jenkins\workspace\Windows-release\flightgear\src\Airports\groundnetwork.cxx:382:Failed to find route from waypoint 000001E5B309BC70 to 000001E5B307FC20 at RJAA
165.56 [ALRT]:general C:\Jenkins\workspace\Windows-release\flightgear\src\Airports\groundnetwork.cxx:382:Failed to find route from waypoint 000001E5B309C7B0 to 000001E5B307FC20 at RJAA
229.82 [INFO]:input C:\Jenkins\workspace\Windows-release\flightgear\src\Main\fg_scene_commands.cxx:74:Program exit requested.
229.84 [INFO]:io C:\Jenkins\workspace\Windows-release\flightgear\src\Main\globals.cxx:830:Saving user settings to Path "C:/Users/hytsw/AppData/Roaming/flightgear.org/autosave_2019_1.xml"
230.44 [INFO]:sound C:\Jenkins\workspace\Windows-release\flightgear\src\Sound\VoiceSynthesizer.cxx:56:FLITE synthesis thread exiting
230.44 [INFO]:sound C:\Jenkins\workspace\Windows-release\flightgear\src\Sound\VoiceSynthesizer.cxx:109:FLITE synthesis thread joined OK
230.44 [INFO]:sound C:\Jenkins\workspace\Windows-release\flightgear\src\Sound\VoiceSynthesizer.cxx:56:FLITE synthesis thread exiting
230.44 [INFO]:sound C:\Jenkins\workspace\Windows-release\flightgear\src\Sound\VoiceSynthesizer.cxx:109:FLITE synthesis thread joined OK
230.44 [INFO]:sound C:\Jenkins\workspace\Windows-release\flightgear\src\Sound\VoiceSynthesizer.cxx:56:FLITE synthesis thread exiting
230.44 [INFO]:sound C:\Jenkins\workspace\Windows-release\flightgear\src\Sound\VoiceSynthesizer.cxx:109:FLITE synthesis thread joined OK
230.45 [INFO]:sound C:\Jenkins\workspace\Windows-release\flightgear\src\Sound\VoiceSynthesizer.cxx:56:FLITE synthesis thread exiting
230.45 [INFO]:sound C:\Jenkins\workspace\Windows-release\flightgear\src\Sound\VoiceSynthesizer.cxx:109:FLITE synthesis thread joined OK
230.45 [INFO]:terrain C:\Jenkins\workspace\Windows-release\flightgear\src\Scenery\terrain_stg.cxx:265:FGStgTerrain::shutdown - shutdown tilemgr
230.70 [INFO]:navaid C:\Jenkins\workspace\Windows-release\flightgear\src\Airports\groundnetwork.cxx:176:destroying ground net for RCTP
230.70 [INFO]:navaid C:\Jenkins\workspace\Windows-release\flightgear\src\Airports\groundnetwork.cxx:176:destroying ground net for RJNK
230.70 [INFO]:navaid C:\Jenkins\workspace\Windows-release\flightgear\src\Airports\groundnetwork.cxx:176:destroying ground net for RJGG
230.70 [INFO]:navaid C:\Jenkins\workspace\Windows-release\flightgear\src\Airports\groundnetwork.cxx:176:destroying ground net for RJSK
投票数:0 平均点:0.00
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし | 投稿日時 2020-4-12 17:42 | 最終変更
toshi  長老   投稿数: 1228
(4)が終わった後のfgfs.logを投稿して頂いたのかと思いますが、すみませんがクラッシュしてない場合はログの最後の方だけでは必要な情報が含まれないことに気付きました。差し支えなければ外部のアップローダにfgfs.logファイルを置いて頂けませんか?

それと、(4)を実行した時のflightgearの様子を知りたいのですが、
(4) TerraSyncを有効にしてRJTTで起動
でも、シーナリーのダウンロードを待つことなく割とすぐにloading sceneryになって一面海の上でc172pが起動した
と理解してよろしいですか?

もしflightgearのアンインストールに進むようでしたら、アンインストール後にflightgear.orgフォルダを削除してからインストールすることをおすすめします。
http://flightgear.jpn.org/wiki/index.php?Win%C8%C7%A5%AF%A5%A4%A5%C3%A5%AF%A5%B9%A5%BF%A1%BC%A5%C8%28%A5%A4%A5%F3%A5%B9%A5%C8%A1%BC%A5%EB%CA%D4%29#uninst
投票数:0 平均点:0.00
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし | 投稿日時 2020-4-15 16:05
omanju  常連 居住地: Tokyo/JPN  投稿数: 39
投票数:0 平均点:0.00
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし | 投稿日時 2020-4-15 16:06
omanju  常連 居住地: Tokyo/JPN  投稿数: 39
再インストールしたらこんなことmに見舞われました
投票数:0 平均点:0.00
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし | 投稿日時 2020-4-15 17:29
toshi  長老   投稿数: 1228
2018.3.5のインストールと検証、お疲れ様です。
起動の様子の動画を拝見しましたが、また別の、思ってもみなかった現象が発生していますね。

[Fly!]ボタンをクリックしてすぐ黒背景のコマンドプロンプト画面が現れて、
Usage: fgfs [ options... ]
ずらずらずら
と文字列が表示されるという現象は、あいにく経験したことがありません。
2018.3.5をインストールして最初に起動した時からずっとこの状態でしょうか?

また、fgfs.logファイルをアップロードしていただくことは出来ますでしょうか?

起動環境を合わせてログファイルを比較したいので、以下の手順でお願いできますと助かります。

1. C:\Users\{ユーザ名}\AppData\Roaming の下にある「flightgear.org」フォルダを削除

2. FlightGear 2018.3.5のショートカットアイコンからFlightGearランチャーを起動
Aircraft: Cessna 172P Skyhawk (1982)
Location: Honolulu International (PNHL): on active runway
を確認。

3. [Fly!]をクリック
黒背景のコマンドプロンプト画面が表示されて文字列が表示される

4. C:\Users\{ユーザ名}\AppData\Roaming\flightgear.org の下にあるfgfs.logファイルをアップロード
投票数:0 平均点:0.00
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし | 投稿日時 2020-4-15 20:49
omanju  常連 居住地: Tokyo/JPN  投稿数: 39
結果として問題なく起動しました。
https://d.kuku.lu/a14a7a0a88
投票数:0 平均点:0.00
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし | 投稿日時 2020-4-15 21:06
HiTouch  常連   投稿数: 41
omanju さん toshiさん こんばんは。
HiTouchです。
omanjuさんの動画の現象は2019.1.1でも再現できました。
[Environment]の[Weather]にてWeather scenarioを"Manual Input"に設定するとダメみたいです。
ご報告までに。
投票数:0 平均点:0.00
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし | 投稿日時 2020-4-15 22:30
omanju  常連 居住地: Tokyo/JPN  投稿数: 39
それしてました....
投票数:0 平均点:0.00
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし | 投稿日時 2020-4-16 2:13
toshi  長老   投稿数: 1228
2020-4-9付の投稿記事「Re: プレイできない.. 」の
(1) TerraSyncで取得済みのシーナリーフォルダを削除
(2) FlightGearデフォルト設定の復元
(3) 最小限の設定でRJTTで起動
(4) TerraSyncを有効にしてRJTTで起動
を試すと、RJTTから起動できますか?

HiTouchさん、ナイスフォローありがとうございます!
omanjuさんの動画で、"Manual Input"になっていることに気づきませんでした。
2018.3.5でも、"Manual Input"かつMETARデータが空欄の場合に再現しました。
投票数:0 平均点:0.00
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし | 投稿日時 2020-4-16 22:34
omanju  常連 居住地: Tokyo/JPN  投稿数: 39
https://d.kuku.lu/1c18cb439e
このようになりました。
投票数:0 平均点:0.00
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし | 投稿日時 2020-4-17 1:13 | 最終変更
toshi  長老   投稿数: 1228
どのような操作をしたら、期待していたこととどう違ったのかを、出来るだけ詳しく書いていただけますか?

私の目には、(3)の手順で期待した通りにc172pが一面海の上で起動しているように見えます。
赤青の二重に見えるのは、View > Stereoscopic View OptionでStereo Modeを有効に設定していると思われます。
投票数:0 平均点:0.00
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿.1 | 投稿日時 2020-4-17 8:15
omanju  常連 居住地: Tokyo/JPN  投稿数: 39
普通に起動したら海に出ました。場所はrjttを指定してます。
投票数:0 平均点:0.00
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし | 投稿日時 2020-4-17 16:59
omanju  常連 居住地: Tokyo/JPN  投稿数: 39
追記
前;RJTTが使えない、RJAAはターミナルないけど滑走路はある...だったんですが、成田、羽田ともに使えなくなりました...(8.1にしてからです。)
投票数:0 平均点:0.00
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし | 投稿日時 2020-4-17 20:23
HiTouch  常連   投稿数: 41
現状から察するにFlightGear起動画面で、[Settings]の[Downloads]にある"Download scenery automatically"をONにすれば良いだけと思うのですが。
もしダメなら以下を試してほしいです。
FlightGear起動画面の[Add-ons]の[Additional scenery folders]にTerraSyncフォルダを追加してみてください。
追加するには同項目の右にある[Add+]からDocuments/Flightgear/Terracyncを選択します。
これでどうでしょうか。
投票数:0 平均点:0.00
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし | 投稿日時 2020-4-17 20:30
omanju  常連 居住地: Tokyo/JPN  投稿数: 39
了解しました.試してみます
投票数:0 平均点:0.00
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし | 投稿日時 2020-4-17 20:40
omanju  常連 居住地: Tokyo/JPN  投稿数: 39
ダメでした。RJTT、RJAA共に。灰色の一面海に出ます
投票数:0 平均点:0.00
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし | 投稿日時 2020-4-17 21:32
HiTouch  常連   投稿数: 41
TerraSyncフォルダの中に Terrain / e130n30 / e139n35のフォルダは存在しますか。
投票数:0 平均点:0.00
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし | 投稿日時 2020-4-17 22:40
omanju  常連 居住地: Tokyo/JPN  投稿数: 39
なかったので入れたらできました!toshiさん。HiTouchさん、お騒がせしました
投票数:0 平均点:0.00
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし | 投稿日時 2020-4-17 22:40
omanju  常連 居住地: Tokyo/JPN  投稿数: 39
今度はマルチに進出してみますw
投票数:0 平均点:0.00
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし | 投稿日時 2020-4-17 23:39
HiTouch  常連   投稿数: 41
omanjuさん。とりあえず起動できたみたいで良かったです。
但し、本来シーナリを自動取得に設定した場合はTerraSyncフォルダ内に追加されていくはずです。
もしかするとフォルダがセキュリティ設定などで外部から書き込めないようになっているかもしれません。
そのあたりも確認して頂き、個人の責任管理にて都度対応してみてください。
マルチで飛んでたら声かけてください。
toshiさん。いつもご対応して頂いてありがとうございます。
投票数:0 平均点:0.00
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし | 投稿日時 2020-4-18 4:54 | 最終変更
toshi  長老   投稿数: 1228
HiTouchさん、omanjuさん
toshiです。

すみませんが、TerraSyncが自動取得できていない問題が未解決です...

ドキュメントフォルダにある、FlightGear/TerraSyncフォルダとFlightGear/Aircraftフォルダは、ネットワーク上のファイルと同期する仕組みになっていますので、他から持ってきたファイルは置かずにFlightGearに任せてください。
当初は、どこかから入手したシーナリーと機体データをF:\ドライブに置いて使っていらっしゃったのですが、まずはFlightGear上でシーナリーと機体の取得が正常に使えるようにサポートさせていただきたいと考えています。
# 機体データの取得方法は、RJTTで起動できるようになってからお伝えするるもりでした。

2020-4-9付の投稿記事「Re: プレイできない.. 」の(1)から(4)を再実施していただくことをお願いしていましたが、前回の動画で(3)は想定通りに海の上で起動することが確認できたのですが、(4)でTerraSyncを有効にした時の様子が確認できていません。

引用:
(4) TerraSyncを有効にしてRJTTで起動
FlightGear起動画面で、Settingsタブにある"Download scenery automatically"を有効にしてから、(3)と同じく「c172p, RJTT, runway=16L」を設定して[Fly!]で起動して、10分ほどお待ちください。スプラッシュスクリーンの右下に"downloading scenery **Mb - *Mb/sec"というシーナリーダウンロード速度が表示されている間は、プログラムを終了せずに、とにかく気長にお待ちください。
ダウンロードが無事終わると、"loading scenery"の表示に変わり、その後RJTT 16Lの滑走路上でc172pが起動します。
と書きましたが、TerraSyncを有効にした時に"downloading scenery **Mb - *Mb/sec"は表示されたのでしょうか?

差し支えなければ、(1)から(4)を再度実施いただき、(4)の様子を詳しくご報告いただくとともに、(4)を実行した後のfgfs.logファイルをアップロードしていただけませんでしょうか?

ネットワーク周りの問題だとすると、アンチウィルスソフトやWindows Defender ファイアウォールが通信をブロックしているとか、ネットワークアダプタがPCに複数存在していてFlightGearが正しいネットワークアダプタを選択していないこと、などが想定されます。

---
p.s. 2018.3.5では、(2)で[Restore default settings...]をクリックするとError Report画面がポップアップされることがありますが気にしないでください。次回起動時は正常にデフォルト設定に戻っています。
---
p.s.その2 Additional Scenery FoldersにTerraSyncフォルダを手動で設定する必要は、ありません。TerraSyncの自動取得がうまくできるようになるまでは、空欄にしておいてください。
投票数:0 平均点:0.00
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし | 投稿日時 2020-4-18 9:41
omanju  常連 居住地: Tokyo/JPN  投稿数: 39
了解しました、ちなみにいままでフライトギヤをやっていてダウンロードの表示を見たことは無いです。結構前にアプリの書き込み制限をかけた記憶があるので、1回調べて見ます
投票数:0 平均点:0.00
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし | 投稿日時 2020-4-18 10:28 | 最終変更
toshi  長老   投稿数: 1228
なるほど、TerraSyncの自動ダウンロードは一度も成功したことが無い可能性が高そうですね。

TerraSyncを有効にしてRJTTで起動したときのfgfs.logは、出来れば見せていただきたいです。
北緯0度東経0度で起動しようとする謎現象はおそらく改善されていると思いますが、ネットワーク以外の問題が無いかを私の方で把握するためです。

omanju さんの方では、ネットワークの問題に関して、以下2点でTerraSyncが自動取得に成功するかを確認してみてください。
(a) アンチウィルスソフトを一時的に無効にして、FlightGearを起動する
(b) Windows Defender ファイアウォール > Windows Defender ファイアウォールを介したアプリまたは機能を許可 で FlightGear を許可
投票数:0 平均点:0.00
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし | 投稿日時 2020-4-21 10:21
omanju  常連 居住地: Tokyo/JPN  投稿数: 39
それらしいのはみあたりません.飛びたいところのシーナリー主導で入れることにします
投票数:0 平均点:0.00
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし | 投稿日時 2020-4-21 20:43 | 最終変更
toshi  長老   投稿数: 1228
シーナリーを手動で入れても風景は現れますが、マルチプレーヤーでの飛行も考えてらっしゃるようでしたので、ネットワークの問題がないかをTerraSyncを有効にしたfgfs.logファイルで確認しようと私は考えていました。

それらしいのは見当たらないというのは、「結構前にアプリの書き込み制限をかけた記憶」があるけど見当たらないということですか?
それとも(a)アンチウィルスソフトや (b) Windows Defender ファイアーウォールが見つからない(設定方法が分からない)ということでしょうか。

Windows10の場合で、別のアンチウィルソフトをインストールしていない場合でしたら、例えば以下の操作でWindows Defenderを一時的に無効にできますので、ご参考まで。
https://www.fmworld.net/cs/azbyclub/qanavi/jsp/qacontents.jsp?PID=6511-1105
投票数:0 平均点:0.00
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし | 投稿日時 2020-4-22 15:38
omanju  常連 居住地: Tokyo/JPN  投稿数: 39
なるほど、ありがとうございます
PCでは普段ネットに困ることはなかったので問題ないように思ってました。
投票数:0 平均点:0.00

  条件検索へ


 検索

高度な検索
 新しい登録ユーザ
ucaqohi 2020-5-29
savex 2020-5-29
ybimihaq 2020-5-29
atajuno 2020-5-29
asuqive 2020-5-29
arepyv 2020-5-29
evaqyliru 2020-5-28
erewu 2020-5-28
ibiky 2020-5-28
gameloop 2020-5-28
 最近の画像(画像付)
あきづきに着艦訓練 (2020-5-24)
あきづきに着艦訓練
反映確認飛行 (2020-5-17)
反映確認飛行
AI艦船 護衛艦あき... (2020-5-16)
AI艦船 護衛艦あき...
コックピット内の謎... (2020-5-16)
コックピット内の謎...
FA-200に180ps仕様を... (2020-2-22)
FA-200に180ps仕様を...
Powered by XOOPS Cube 2.1© 2001-2006 XOOPS Cube Project
Theme designed by OCEAN-NET