logo
ホーム •  フォーラム •  日本語wikiトップ •  アカウント情報 •  サイト内検索 •  新規登録
 ログイン
ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録
 メインメニュー
 米国サイト
 オンライン状況
15 人のユーザが現在オンラインです。 (3 人のユーザが フォーラム を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 15

もっと...

FlightGear 2016.2

  • このフォーラムに新しいトピックを立てることはできません
  • このフォーラムではゲスト投稿が禁止されています
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿.1 .2 .5 .7 .6 .7 .8 .9 .10 | 投稿日時 2016-5-19 0:18
toshi  長老   投稿数: 1088
こんばんは、toshiです。

FlightGear 2016.2.1 "Barcelona" が2016/5/17付けで正式にリリースされました。

https://sourceforge.net/projects/flightgear/files/release-2016.2/
からダウンロードできます。

2016-5-10付けの投稿記事「Re: FlightGear 2016.1」でも書きましたが、デフォルトの起動空港となるバルセロナ空港(LEBL)の様子は、英語フォーラムで画像入りで紹介されています。
FlightGear forum - FlightGear 2016.2 "Barcelona" (scenery corner)
https://forum.flightgear.org/viewtopic.php?f=5&t=29025

なお、2016.2のリリースに伴い、開発版のFlightGearのバージョン番号は2016.3.0になりました。

(情報源)
[Flightgear-devel] FlightGear 2016.2.1 "Barcelona" is available for download
https://sourceforge.net/p/flightgear/mailman/message/35094726/

[Flightgear-devel] New version on 'next': 2016.3.0
https://sourceforge.net/p/flightgear/mailman/message/35093433/
投票数:0 平均点:0.00
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし | 投稿日時 2016-5-21 8:44 | 最終変更
toshi  長老   投稿数: 1088
toshiです。

OS X用FlightGear 2016.2.1にはバグがあり、起動時にSIGABRTでクラッシュするそうです。

そのため、
https://sourceforge.net/projects/flightgear/files/release-2016.2/
のdmgインストーラのファイル名が一旦リネームされ[1]、また公式ページでの2016.2のリリースアナウンスはインストーラの修正完了後となる見込みです[2]。

[1] Re: [Flightgear-devel] FlightGear 2016.2.1 "Barcelona" is available for download
https://sourceforge.net/p/flightgear/mailman/message/35098331/

[2] Re: [Flightgear-devel] FlightGear 2016.2.1 "Barcelona" is available for download
https://sourceforge.net/p/flightgear/mailman/message/35101142/
投票数:0 平均点:0.00
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし | 投稿日時 2016-5-24 0:02
toshi  長老   投稿数: 1088
toshiです。

OS X版の修正が完了し、FlightGear-2016.2.1.dmgが入手可能になりました。
https://sourceforge.net/projects/flightgear/files/release-2016.2/

公式ページでも2016.2.1のリリースがアナウンスされました。
http://www.flightgear.org/

変更点は
http://wiki.flightgear.org/Changelog_2016.2
に掲載されており、
・TerraSyncがSVNからhttpベースに
・Route Manager でスペース区切りで複数のwaypointを入力可能に
といった内容が紹介されています。
投票数:0 平均点:0.00
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿.1 | 投稿日時 2016-6-14 20:01
daitaro  常連   投稿数: 60
daitaroです。ご指摘の件については少し調査が長引いていて継続調査中です。時間があるときに少しずつやっているのでしばらくお待ちいただきたいと思います。
別件になりますが、osが違うとパフォーマンスに影響があるのか検証したくてmac Boot Campで入れているWindows 10にもflightgearを導入したのですが、どうやらユーザ名を日本語にしているためらしくランチャーの自動設定保存ファイル(前述のC:\Documents and Settings\toshi\Application Data\flightgear.org\FlightGear\FlightGear.ini)を読み込めていないようで、起動するたびにランチャーの設定をしなければならなくなっています。そこでFG_HOMEの場所を変えたいのですがどうやったら変えられるのでしょうか?
投票数:0 平均点:0.00
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - | 投稿日時 2016-6-15 6:34
toshi  長老   投稿数: 1088
引用:
Boot Campで入れているWindows 10にもflightgearを導入したのですが

インストールしたFlightGearのバージョンは何でしょうか?

以下、FlightGear 2016.2.1の場合に、バッチファイルを使って
C:\temp\me\flightgear.org
にFG_HOMEを設定する例を示します。

メモ帳等のテキストエディタで下記4行のバッチファイルを作成し、ファイル名をtest4.batとして保存たうえで、test4.batをダブルクリックで実行してみてください。

--- test4.bat (4行)---
cd /d "C:\Program Files\FlightGear 2016.2.1\bin"
SET FG_HOME=C:\temp\me\flightgear.org
fgfs --launcher --console
PAUSE
----------------------

FlightGearのインストール先フォルダが
C:\Program Files\FlightGear 2016.2.1
と異なる場合は、適宜書き換えてください。

なお、ユーザ名が日本語だとFlightGear.iniを読み込めない問題を、私の2016.2.1環境でも確認できましたので、FlightGearのバグだと思います。

test4.batの2行目を
SET FG_HOME=C:\temp\俺\flightgear.org
として起動した場合、文字化けしたフォルダ
C:\TEMP\��
が作成されて、FlightGear.iniファイルが
C:\TEMP\��\flightgear.org\FlightGear
の下に保存されてしまいました。

FlightGear.ini以外の各種のファイル(fgfs.log, navdata_2016_2.cache等)は正常に
C:\TEMP\俺\flightgear.org
の下に生成されました。
投票数:0 平均点:0.00
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿.1 | 投稿日時 2016-6-15 13:04 | 最終変更
daitaro  常連   投稿数: 60
daitaroです。ご指摘のとおりに操作したところ無事動作し、設定も反映されました。バグとのことですが、sourceforgeのバグトラッカーに投稿したら対応してもらえるんですかね?
投票数:0 平均点:0.00
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし | 投稿日時 2016-6-16 6:32
toshi  長老   投稿数: 1088
daitaroさん、toshiです。

はい、FlightGearのバグ報告先はsourceforge上のTickets
https://sourceforge.net/p/flightgear/codetickets/
でOKです。

対応してもらえるかどうかは、場合によりますね。
開発者の環境でも問題が再現できるかどうかがポイントだと思います。

2013年のFlightGear v2.10では、日本語のユーザ名でFlightGearを起動しようとするとクラッシュする問題がありました。

Flightgear JP - FlightGear v2.10 リリース
http://flightgear.jpn.org/modules/d3forum/index.php?topic_id=661

この問題は、JPフォーラムで再現手順を特定した後、#1055として私がバグ報告し、対応してもらいました。
似たようなケースとして引用していただくと良いかもしれません。
https://sourceforge.net/p/flightgear/codetickets/1055/

ちなみに2013年時点では、バグ報告先はgooglecode上のissue trackerだったのですが、
*What steps will reproduce the problem?*
*What is the expected output? What do you see instead?*
といったバグ報告用の様式に沿って報告するスタイルでした。

2015年3月にgooglecodeからsourceforgeに移行したのですが、sourceforge上に自分のアカウントを作ってないため、移行後はバグ報告を1度もしてない状態です。
投票数:0 平均点:0.00
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし | 投稿日時 2016-6-16 7:09
toshi  長老   投稿数: 1088
トピック「Re: 3.4に不具合?」
http://flightgear.jpn.org/modules/d3forum/index.php?topic_id=832
から、下記の4件の記事をモデレータ権限で本トピックに移動しました。

・msg# 1.5 (2016-6-14 20:01 daitaro)
・msg# 1.5.1 (2016-6-15 6:34 toshi)
・msg# 1.7 (2016-6-15 13:04 daitaro)
・msg# 1.7.1 (2016-6-16 6:32 toshi)
投票数:0 平均点:0.00
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿.1 | 投稿日時 2016-6-16 19:36
daitaro  常連   投稿数: 60
daitaroです。windows版 FlightGearのことで新たな問題が発生したのですが、RJBBでTerraSyncをオンにした状態でシーナリーのアドオンにRJBB付近のファイルが入ったフォルダを指定し、起動すると、なぜかアドオンシーナリーを指定しているにもかかわらずTerraSyncのダウンロードが始まり、ダウンロードがいつまでたっても終わりません。機体は777-300ER、アドオンシーナリーはTerraGITを指定しています。
投票数:1 平均点:0.00
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし | 投稿日時 2016-6-17 1:32 | 最終変更
toshi  長老   投稿数: 1088
toshiです。

同じ質問で恐縮ですが、お使いのwin版FlightGearのバージョンは2016.2.1でしょうか?

また、今回の問題については、
・アドオンシーナリーを指定しているにもかかわらずTerraSyncのダウンロードが始まる
・ダウンロードがいつまでたっても終わらない
という2つの現象がありますが、前者は私の環境(2016.2.1+WinXP)でも再現しました。

TerraSyncのシーナリーは私のPC環境には重たすぎるので、普段はTerraSyncを無効にしていることもあり、私自身はあまり気にしていませんでした。

後者の現象については、確かに問題ですね。
シーナリーのダウンロードが始まらないのか、ダウンロードがいつまでも進行中なのか、ダウンロードが終わった後でフリーズしてしまうのか、の3択でどれに該当しますか?

加えて、もう待っても無駄だと判断されたタイミングにおけるFlightGear画面の状態と、fgfs.logに記録されているログの最終部分の内容を教えてください。

ご参考までに、ダウンロードが進行中であれば、画面下部に
-------------------------------------

downloading scenery - 309 KBytes/sec
                  /
------------------------------------
というような表示で、ダウンロード速度が変化しつつ、/印が回転しますが、TerraSyncフォルダの中身がカラの状態から、TerraSyncを有効にしてRJBBから起動した場合、ダウンロード速度300KB/sでダウンロード所要時間は13分でした。
投票数:0 平均点:0.00
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし | 投稿日時 2016-6-17 17:12 | 最終変更
daitaro  常連   投稿数: 60
daitaroです。後者も問題だと思うのですが、前者の問題は仕様なんでしょうか?TerraSyncのダウンロードより先にアドオンシーナリーを読みこませることはできないんでしょうか?FlightGearのバージョンは2016.2.1です。
投票数:0 平均点:0.00
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし | 投稿日時 2016-6-18 11:08
toshi  長老   投稿数: 1088
daitaroさん、toshiです。

前者の問題も、仕様というよりバグっぽい感触を持ってますが、今のところそう断言できる情報量を持っていません。

2016.2.1をお使いの他の皆様の環境ではいかがでしょうか?

いかんせん、古いWinXPを使っている私と、Mac上でWin10を動かしているdaitaroさんとのやり取りなので、、普通の環境の方の状況をお聞きしたいところです。

あまり良い対処方法も思いつかないのですが、TerraSyncに自動ダウンロードさせたくなければ、Qt Launcherの[Settings]タブで
Enable automatic scenery downloadのチェックを外す
という方法でひとまず回避できますが、それでは駄目ですか?

TerraSyncに自動ダウンロードさせたくないときはチェックを外す、という方法でとっても困るという事態は思いつかないのですが、TerraSyncで1度ダウンロードした地域は次回更新されるまでは自動ダウンロードされないこともあり、TerraSyncを使いたくても使えない状況になりえる後者の方が問題だと受け止めて前回の記事を書きました。

後者の問題については、ちゃんと検証したわけではないのですが、やはり日本語のユーザ名と関係しているというのが私の印象です。

TerraSyncのダウンロードフォルダは、本来は
$download_dir\TerraSync
具体的には
C:\Users\{ユーザ名}\Documents\FlightGear\TerraSync
なのですが、
C:\Users\{文字化け}\Documents\FlightGear\TerraSync
に置かれていることが予想されます。

FlightGear.iniの問題については、daitaroさんの英語フォーラムの投稿がきっかけとなって(投稿していることを知りませんでした...)、開発メーリングリストの方で議論が進んでおり、Mac版では大丈夫だがWin版で問題が発生すること、ラテン文字(Latin1)でも問題が発生することが開発サイドで確認できたようですので、今後の動向をウォッチしてみてください。

[Flightgear-devel] The Qt Lancher won't save user settings
https://sourceforge.net/p/flightgear/mailman/message/35158540/

私のほうでも先ほど開発メーリングリストに、FlightGear.iniと$download_dirの2つの問題があることや、ソースコードの怪しい箇所を投稿しましたので、次期リリースまでには解決できることを期待しています。

FlightGear.iniの問題と$download_dirの問題は世界中のユーザに影響している可能性のある問題と受け止めています。

ちなみに、スクリーンショットも添付したのですが、40 KBを超えたために管理者承認待ちとなってしまい、私の投稿はまだ配信されていません...
投票数:0 平均点:0.00
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし | 投稿日時 2016-6-20 6:14
daitaro  常連   投稿数: 60
daitaroです。ダウンロードの場所を日本語を含まない場所に変更してやってみたところ取り敢えずはうまくいきました。ご参考までに報告しておきます。
投票数:0 平均点:0.00

  条件検索へ


 検索

高度な検索
 新しい登録ユーザ
ygeqilu 2017-12-14
ehynymyt 2017-12-14
Bacich2413 2017-12-14
emepav 2017-12-14
yxatykut 2017-12-14
apyrelu 2017-12-13
ojyhixyc 2017-12-13
oquqak 2017-12-13
ykityw 2017-12-13
izibyge 2017-12-13
 最近の画像(画像付)
舞洲シーナリー改良 (2017-11-26)
舞洲シーナリー改良
舞洲の場周経路図 (2017-11-14)
舞洲の場周経路図
水上機マリーナ完成 (2017-11-14)
水上機マリーナ完成
大阪に陸海3飛行場 (2017-10-24)
大阪に陸海3飛行場
舞洲ヘリポート (2017-9-10)
舞洲ヘリポート
Powered by XOOPS Cube 2.1© 2001-2006 XOOPS Cube Project
Theme designed by OCEAN-NET