logo
ホーム •  フォーラム •  日本語wikiトップ •  アカウント情報 •  サイト内検索 •  新規登録
 ログイン
ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録
 メインメニュー
 米国サイト
 オンライン状況
23 人のユーザが現在オンラインです。 (3 人のユーザが フォーラム を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 23

もっと...

翻訳ドキュメントに関する話題

  • このフォーラムに新しいトピックを立てることはできません
  • このフォーラムではゲスト投稿が禁止されています
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿.1 .2 .3 .4 .5 .6 | 投稿日時 2007-8-2 6:11
toshi  長老   投稿数: 1124
作業場の翻訳ドキュメントに関して議論するためのスレッドを新たに立ち上げてみました。

以下、「FlightGearフライトスクール」を翻訳中のsambarさん宛てにいくつかの情報を提供したいと思います。

◎第2章の書き出し部分
この部分は「翻訳自信なし」とお書きになっていらっしゃいますので、ご参考用に私なりの訳文をご提供します。
あまり練れていませんが、もし使える部分がありましたらどうぞご利用ください。

** 2.1 FlightGearの基礎

*** 2.1.1 インストールと起動

ビルド済みバイナリ、またはソースコード(コンパイルが必要)からのFlightGearのインストールは、Getting-Started-Manual(訳注: 現在はThe FlightGear Manual(邦訳: FlightGearマニュアル)に統合)の中でしっかりと文書化されています。
FlightGearには、航空機をメニューから選択する仕組みが存在しないので、シェルからプログラムを起動するのがベストでしょう(訳注: いくつかのOSでは起動用プログラムを利用できます)。
これによりユーザは、FlightGearに対する様々なオプション設定を飛ばすことが出来ます。
これらのオプションについては必要に応じて後の章で説明します。
単純にマニュアルに従ってFlightGearを起動してください。

◎2.1.2
視点切替のキー操作を表形式に上手くまとめていらっしゃいますね。
グッドアイデアです!
原文の補足2にあるような「NumLockオフの時に有効」という説明も書き添えておくとさらに良いかと思います。

「Maybe you feel a little bit disturbed by the engine sound.」は、「エンジン音をちょっと邪魔に感じるかもしれません。」といったところでしょうか。

ミュートのキー操作については、私もちょっと分かりません。
マウス操作なら、メニューをたどってミュート出来るんですけどね。
ちなみに、デフォルトのキー定義ファイルであるkeyboard.xmlを調べてみたのですが、ミュートに該当しそうなキー定義を見つけることは出来ませんでした。

◎2.2.1
「第13章で天気に関する詳細について議論するでしょう。」という文が2回連続しています。

◎2.2.2
なかなかいい感じの図が出来上がりましたね!

◎その他のコメント
・原文は古く、もはやメンテされていない(原著者が活動していない)ように思いますので、現状に合わない部分にはどんどん訳注を入れて頂いても構わないと思います。
・文章は「である調」か「ですます調」のどちらかに統一したほうが読みやすくなると思います。
・すでにご存知かもしれませんが、航空実用辞典の揚力と抗力についての解説が今後の翻訳で参考になるかもしれません。
・作業場に残っている「FlightGear Flight School」ページは、もう削除しても良いですか?
・第1章に「私」を「たわし」と書いている部分があります(^_^;)
・着々と翻訳を進めていらっしゃる姿勢には頭が下がります。今後もどうぞよろしくお願いします。
投票数:12 平均点:5.83
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿.1 | 投稿日時 2007-8-2 21:08
sambar  長老 居住地: 岡山  投稿数: 484
toshiさん:
ご指摘ありがとうございます。
#中学〜高校の間、もうちょっと英語を勉強しておくべきでした・・・

>2.2.2の図
2.2.2に限らず、このページで使う図は、基本的に原著のものをxpdfで吸い出して加工しています。(文字の書き換え、サイズの修正など)
もし原著の物の再利用が難しい場合があったら、そのときになってから自分で一から図を作ろうと思います。

>語尾の統一
今確認したのですが、全然統一できてませんね(汗
暇なときに統一しようと思います。
・・・「〜である」調だと、堅苦しくなりすぎるので「ですます」調で行こうと思います。

>「FlightGear Flight School」ページ
削除お願いします。

翻訳協力者全員:
翻訳に自身の無い部分には訳注に記載しておきますので、誤訳や誤字脱字、同じ行の重複などがあれば、ぜひ訂正お願いいたします。
また、私がまだ着手していない部分の翻訳も大歓迎です・・・が、翻訳作業場トップページのリストに追記お願いします。(複数の作業者が同じ部分を翻訳すると効率が悪いので・・・)

#毎日、最低でも1行は翻訳して、ある程度まとまったらアップするように心がけています。
#でないと、「また明日やろう」を数ヶ月以上放置しそうな気がするので・・・。
投票数:8 平均点:5.00
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿.1 | 投稿日時 2007-8-21 3:05
toshi  長老   投稿数: 1124
sambarさん

toshiです。
いつも翻訳文書を更新してくださってありがとうございます。

2007-08-18付けで編集していただきました「すべての機器、キーストローク、およびメニューに関して」は旧Getting Startedの中の古い文書でして、現在は「FlightGearマニュアル/第II部/第4章」及び「FlightGearマニュアル/第III部/第6章」の一部として収録されています。

FlightGearマニュアル/第II部/第4章」は一通りの翻訳が完了しておりますので、今後修正すべき箇所がありましたらこちらを編集していただけますと幸いです。

どうぞよろしくお願いします。
投票数:5 平均点:6.00
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿.1 | 投稿日時 2007-8-30 21:27
sambar  長老 居住地: 岡山  投稿数: 484
「FlightGear Flight School」(fschool_0.0.3.pdf)の21ページの図の書き換え作業を行っているのですが、図中で「Normal axis」と書かれている軸の訳語について質問です。

http://www.jal.co.jp/jiten/dict/p062.html#01
では、同じ軸を「上下軸(vertical axis)」と書いていました。

現在誤訳対策&理解度を高めやすくするため、訳語の下や横に英語での表記を併記しているのですが、下記のようにカッコ書きで2通りの英語表記を併記しようと思っています。

引用:
上下軸
vertical axis (normal axis)
投票数:12 平均点:5.00
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿.1 | 投稿日時 2007-9-4 0:25
toshi  長老   投稿数: 1124
翻訳作業お疲れ様です。

normal axisの航空用語としての正確な訳語は知りませんが、上下軸で意味は十分に通じますので、これでよいと思います。

一応フォローしますと、normalは、「ある面に対して垂直である」という意味(いわゆる法線)で良く使われますので、normal axisを直訳すると「垂直軸」になるかと思います。
投票数:12 平均点:5.00
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿.1 | 投稿日時 2007-9-17 22:48
toshi  長老   投稿数: 1124
翻訳を開始してから丸3ヶ月が経ってしまいましたが、「FlightGearマニュアル/第II部/第3章」の翻訳がようやく完了しました。
自分が所有していないジョイスティックに関する部分に時間がかかってしまいましたが(言い訳です...)、何とか終わりました。

おかしなところがあれば直しますので、適宜ご指摘をお願いします。直接wikiを編集していただいても一向に構いません。

次は、特にご希望が無ければ、第5章に取り掛かろうと思います。
第5章の内容はこんな感じです。

5 Features
5.1 Aircraft Carrier
5.2 Atlas
5.3 Multiplayer
5.4 Multiple Displays
5.5 Recording and Playback
5.6 Text to Speech with Festival
5.7 Air-Air Refuelling (AAR; feature available past 0.9.10)

先進的な機能ばかりを集めた章なので、翻訳の進み方は亀のごとくになるかもしれませんが、どうかそっと見守ってください。
一応、5.4以外は全部試したことがある機能なので、きっとなんとかなるでしょう。
投票数:10 平均点:1.00
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿.1 .2 | 投稿日時 2007-9-20 0:48
toshi  長老   投稿数: 1124
訳)スクリーンショット」を新たに作成しました。

FlightGearマニュアル第5章よりも先にスクリーンショットのページを翻訳した理由は、
・「スクリーンショット」ページを翻訳することは優先度が比較的高かろう、と思ったから。
 (FlightGearに初めて興味を持った方は、インストールをする前にFligthGearがどんな操作画面なのかを見てみたいと考えることでしょう。)
・英文が少ないので簡単に訳せそう。
といったところです。

このページの翻訳の中で、空域のクラス境界を3次元表示する機能があることを知り、また新たな発見をすることができました。具体的な操作手順はまだ調べてませんが...


To: Tetsuさん

もしよろしければ、JP FlightGearページ(xoops)の左側のメインメニューから「訳)スクリーンショット」ページにリンクしていただけませんでしょうか?
# リンクしていただける場合は、米国サイトメニュー内の「スクリーンショット」は不要になるかと存じます。

それから、現状のメインメニューの各項目は、xoopsページとpukiwikiページが混在していますが、初めて訪れた人にはちょっと紛らわしい(リンクを1つ1つたどってみないとサイト構成が把握できない)のではないかと想像します。

そこで提案なのですが、xoopsページとpukiwikiページはメニューを分けてみてはいかがでしょうか?

例:
== メインメニュー ==
ホーム
フォーラム
etc...
== wikiページメニュー == <-- または「翻訳ドキュメント」など
FlightGearとは
FlightGearの特徴
スクリーンショット
etc...
== 米国サイト ==
米国サイトトップ
etc...

以上、ご検討のほどをよろしくお願いいたします。
投票数:6 平均点:3.33

通常 The Attitude Gyroの翻訳

msg# 1.1.1.1.1.1.1.1
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿.1 .2 | 投稿日時 2007-9-20 23:48
sambar  長老 居住地: 岡山  投稿数: 484
原著者による誤記だと思うのですが、 本文で解説している内容はAttitude Gyro(姿勢指示器) ではなく、昇降計(vertical speed indicator:VSI)のことを解説しているような気がします。

短い文章なので、「Attitude Gyro」を「vertical speed indicator」と読み替えて翻訳を進めようと思います。

該当部分を引用します。
引用:
The Attitude Gyro
The attitude gyro shows the actual climb situation of the plane. The scale is given
in feet per minute (fpm).
投票数:9 平均点:2.22
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿.1 | 投稿日時 2007-9-24 21:23
toshi  長老   投稿数: 1124
FlightGearマニュアル/第II部/第5章の翻訳を開始しました。

文量にして半分弱が終わったところなのですが、分からない箇所がありましたので質問させていただきます。

「5.1.2 Launching from the Catapult」の中で、カタパルト発射時の駐機位置の目安に関する以下の一文があるのですが、後半(as a rough guide以降)の意味が分かりませんでした。
引用:
This will only happen if your aircraft is close enough to the correct spot on the catapult; as a rough guide, for the default parking position the seahawk’s nose should be rougly level with the deck observation bubble.

とりあえず、次のように無理やり訳してみたのですが(甲板から見える泡って何!?)、もし意味のお分かりのなる方がいらっしゃいましたら補足説明をお願いいたします。
引用:
こうなるのは、カタパルト上の適切なスポットのごく近くに航空機がいる場合だけです。およその目安としては、デフォルトの駐機位置の場合、甲板から見える泡とseahawkの機首がおおむね同じ高さになります。

追記:
もしかして、Nimitzの甲板前方の、赤い車の前あたりに見えるピラミッド状の窓のことを「deck observation bubble」と言っているのかもしれない、と気づきました。
とすると、以下のような訳になり、文書の意味は理解できる&確かにその位置でカタパルト操作ができるのですが、依然として「deck observation bubble」の訳語が分からないため、引き続き補足説明を募集します。
引用:
こうなるのは、カタパルト上の適切なスポットのごく近くに航空機がいる場合だけです。デフォルトの駐機位置に対するおよその目安は、甲板観察窓?(deck observation bubble)とseahawkの機首がおおむね並んだ状態です。

追記2:
「bubble」には「(ガラスまたはプラスチック製の)透明なドーム」という意味があるようです。
「deck observation bubble」は、思いっきり直訳すると「甲板観察ドーム」になりますが、これでいいのかなぁ...
投票数:5 平均点:6.00
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿.1 | 投稿日時 2007-9-25 10:03
Tat  長老   投稿数: 375
いつも翻訳作業ご苦労様です。
observation deck bubble に関しては toshi さんの追記にある解釈で良いと思います。ただ、これをどう訳すかは何とも言えません。空母関連のサイトから空母の装備に関する文献があれば判ると思います。ただ、"observation deck bubble" という用語を使っているのは FlightGear のページ以外では見当たりませんでした。時間があれば調べてみます。著者に直接聞くのが一番早いかもしれませんね。

訳に関してはとりあえず看板観察窓 (observation deck bubble) としておき、訳注で「Nimitzの甲板前方の、赤い車の前あたりに見えるピラミッド状の窓のことです」としておいても良いかもしれません。きっと原文を読んでも、「何それ」というユーザは少なくないでしょうから。
投票数:5 平均点:6.00
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし | 投稿日時 2007-9-26 8:29
toshi  長老   投稿数: 1124
Tatさん。

コメントありがとうございます。
皆様からのご意見を頂けるのはとても助かります。

頂いたコメントを基にして、以下のように修正して翻訳ページを更新しました。
引用:
こうなるのは、カタパルト上の適切なスポットのごく近くに航空機がいる場合だけです。デフォルトの駐機位置に対するおよその目安は、甲板展望窓(deck observation bubble)とseahawkの機首がおおむね並んだ状態です。
> ''訳注:'' 「甲板展望窓」とは、Nimitzの甲板前方の、赤い車の前あたりに見えるピラミッド状の窓のことです。

空母関連のウェブページをいくつか見て回ったのですが、空母の構造を詳しく書いたものはまだ見つけられていません。
機会があったら、図書館で探してみようと思います。
投票数:5 平均点:2.00
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿.1 | 投稿日時 2007-10-3 23:10
tetsu  管理人   投稿数: 225
皆さん、こんばんは
tetsuです。

ご無沙汰しております。
最近は子供たちにパソコンを奪われ、なかなかフォーラムに参加できず申し訳ありませんでした。

左側メニュー欄をtoshiさんご提案の形式に修正しました。
また、Linkにはアンダーラインをいれ、文字サイズを大きくして読みやすく?してみました。

しばらくこのスタイルで運営してみます。
見え方で御不便がありましたらご意見ください。

また、本サイトの表示パフォーマンスが低下してご迷惑をお掛けしています。
本当にスミマセン
出来るだけ早く対応します。(今日、1つ手を打って見ましたがいかがでしょうか?)

P.S.
パソコン奪回作戦はあきらめ、古いPowerBookを復活して逃れようと奮闘中です。
投票数:5 平均点:2.00
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿.1 | 投稿日時 2007-10-4 0:03
toshi  長老   投稿数: 1124
tetsuさん

サイトの更新作業お疲れ様です。

いつもわがままな注文に応じてくださってありがとうございます。
早速拝見させていただいた上で、またいくつかのコメントとお願いをしたいと思います。

1. 左のメニューの中に作業場へのリンクが一切無くなりましたね。少なくとも、http://www.jp.flightgear.org/ トップページから「作業場トップページ」にジャンプするためのリンクはあったほうが良いと思います(左のメニュー内でなくとも構いませんが)。

2. 「作業場トップページ」を見て気づいたのですが、contentsxプラグインを使用すると「Table of Contents」が表示されるようになってしまいました。
「Table of Contents」が表示されないように設定していただけるとありがたいのですが、お願いできますでしょうか?

3. フォーラムの表示パフォーマンスについては、以前よりもずいぶん快適になったような気がします。ありがとうございました!
投票数:4 平均点:7.50
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿.1 | 投稿日時 2007-10-7 1:19
toshi  長老   投稿数: 1124
toshiです。

「作業場トップページ」へのリンクを左メニュー内に作成してくださいましてありがとうございました。

それから、新たな翻訳文書「訳)動作環境」を本日作成しました。

もし差し支えければ、「米国サイト」メニューの項目「ハードウェア情報」の削除と、「pukiwikiのページ」メニューの項目「動作環境」の新設を希望します。
投票数:8 平均点:5.00
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿.1 | 投稿日時 2007-10-7 20:39
tetsu  管理人   投稿数: 225
toshiさん、こんばんは。
tetsuです。

動作環境へのリンク追加しました。
こつこつと翻訳作業を進めていただき、本当にありがとうございます。
日本語のドキュメントがまたひとつ増えて、とっても便利になりました。

作業場へのリンク抹消の件はスミマセンでした。
ひとまとめにして置いたのですが、表示するのを忘れてました。ごめんなさい。

作業場の不具合は。。。cssの修正でどこを間違ったのか??もう少しおまちください。
投票数:6 平均点:6.67

通常 Re: 翻訳ドキュメントに関する話題

msg# 1.1.1.1.1.1.1.2.1.1.1.1
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿.1 | 投稿日時 2007-10-8 1:30
toshi  長老   投稿数: 1124
毎度のことながらお世話になります。

pukiwikiでcontentsxプラグインを使うと「Table of Contents」という文字列が表示される件ですが、私の説明不足でした。

pukiwiki標準のcss(実体はskin/pukiwiki.css.phpだと思います)で contentsx (rev.263) を使うと「Table of Contents」という文字列が表示されます。
つまり、この文字列が表示されるのが contentsx の正しい姿です。

ですが、2007-7-13 1:03 の私の投稿で、この文字列が表示されないように設定していただくことをtetsuさんにお願いし、2007-7-14 15:54 のtetsuさんの投稿にあるようにすぐに対応して頂いた、という経緯があります。

で、恐らく最近 css を変更した際に、2007-7-14に設定していただいた内容が消えてしまっているのではないかと想像します。

ぜんぜん違うことでうまく行っていないのでしたらごめんなさい。
投票数:4 平均点:5.00

通常 Re: 翻訳ドキュメントに関する話題

msg# 1.1.1.1.1.1.1.2.1.1.1.1.1
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿.1 | 投稿日時 2007-10-13 16:43
tetsu  管理人   投稿数: 225
toshiさん、こんにちは。
tetsuです。

toshiさんのおっしゃるとおり07-7-14に設定した内容が消えていました。
アドバイスしていただき、ありがとうございました。
投票数:4 平均点:2.50
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿.1 | 投稿日時 2007-10-18 23:24
sambar  長老 居住地: 岡山  投稿数: 484
FlightGear Flight Schoolの翻訳の兼ですが、
吃3章6以降、原著ですらあまり書けていないようなので、とりあえず3.6まで翻訳します。
その後の翻訳予定は以下の通りです。
・4.1 Autopirot
・第3部 Appendix (付録)
投票数:9 平均点:3.33
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿.1 | 投稿日時 2007-11-1 1:46
sambar  長老 居住地: 岡山  投稿数: 484
GFDLに関してですが、原版ではGFDL1.1が採用されていますが、原著2ページ目で以下のように書かれているので、
引用:
Permission is granted to copy, distribute and/or modify this document under the
terms of the GNU Free Documentation License, Version 1.1 or any later version published by the Free Software Foundation
とりあえず「原著と同じ」Version1.1を採用していましたが、日本語翻訳版のFlightGearフライトスクールでは現在最新かつ、日本語への非公式翻訳版が入手しやすいVersion 1.2を採用しようと思います。
そして、バージョン番号を0.0.3.ja.1に改めようと思います。
(元番号+言語+大きな改訂の番号と言う意味です)

でも、そうすると
引用:
with the Invariant Sections being ”‘GNU Free Documentation License”’
に触れそうな気がしないでもないです。

多分、「適用したバージョンのGFDLの全文を付録セクションに原文のまま載せろ」という解釈で良いと思っています。
投票数:3 平均点:10.00
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿.1 | 投稿日時 2007-11-2 23:18
sambar  長老 居住地: 岡山  投稿数: 484
先ほど、FlightGear フライトスクール 0.0.3の翻訳が完了しました。
#とはいっても「翻訳」しただけなので、原文に無いところは何もやっていませんが・・・

PS:今回はGFDL1.2導入を見送りました。
投票数:8 平均点:3.75
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿.1 | 投稿日時 2007-11-4 11:57
tetsu  管理人   投稿数: 225
sambarさん、こんにちは。
tetsuです。

ついに、FlightGearフライトスクールの翻訳を完了したのですね。
偉業を成し遂げられた事に感動しております。

FlightGearの操作方法だけでなく、航空力学も学べる素晴らしいドキュメントが日本語で読めるようになった事で、恩恵を受けた人は私だけでは無いでしょう。

本当に、ありがとうございました。
投票数:6 平均点:5.00
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿.1 | 投稿日時 2007-11-7 22:52
sambar  長老 居住地: 岡山  投稿数: 484
sambarです。

>tetsuさん
もうちょっとレイアウトや表現をスマートに出来たらなぁ・・・と今でさえ思う点がいくらかあるのですが、今はやり終えた感慨で一杯なので、
しばらく経ってからもう一度見直してみて、レイアウトや表現の改善が出来たらいいなと思っています。
#もう少し力学や構造、取り扱いについて勉強してみてからの方がよいかもしれませんが・・・

あと、翻訳作業場に「wiki.flightgear.org内の文書」という項目を作って、米国wiki内の「Bendix/King KAP140 Autopilot」の翻訳文を載せたいと思っています。
(米国wiki内の文書も、特記無い場合GPLだそうです。)
GPLに適合させるためのルールとして、以下のことを行ったらよいと思います。
引用:
・元の著作権表示を残す
・作業メモに、翻訳元のタイトル、日付(バージョン)、主要な作者について記載する
・変更者名と変更した日時をその下に追記する
投票数:5 平均点:4.00
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし | 投稿日時 2007-11-22 22:04
sambar  長老 居住地: 岡山  投稿数: 484
sambarです。

本家のwikiで、KAP140 Autopilotのクイックリファレンスを見つけたので自分が使うついでに翻訳してみました。

とりあえず完成しましたので、ご報告いたします。
http://wiki.flightgear.org/flightgear_wiki/index.php?title=Bendix/King_KAP140_Autopilot
http://www.jp.flightgear.org/workshop/index.php?Bendix%2FKing%20KAP140%20%A5%AA%A1%BC%A5%C8%A5%D1%A5%A4%A5%ED%A5%C3%A5%C8%A4%CB%A4%C4%A4%A4%A4%C6

#実は本家で書かれていない部分をJPに追記して、それを英訳して本家にアップしてたり・・・
投票数:4 平均点:5.00

通常 Re: 翻訳ドキュメントに関する話題

msg# 1.1.1.1.1.1.1.2.1.1.1.1.1.1
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿.1 | 投稿日時 2008-1-23 0:44
toshi  長老   投稿数: 1124
FlightGearマニュアル」を Version 1.0 (2007.12.31リリース) に改訂しました。
それにあわせて、主に以下の変更を行いました。

(1) マニュアルの各章の階層化構造を変更しました。
従来は「FlightGearマニュアル/第X部/第Y章」というwikiページ名でしたが、今回から「FlightGearマニュアル/第Y章」のように階層を一つ減らしました。
また、従来の「FlightGearマニュアル/第X部」という「部」のページは、単に章の見出しを羅列するだけのページであり、存在意義が薄いので、今後はメンテナンスをせず、マニュアルのトップ(表紙)ページからもリンクをしない方針にしようと思います。

(2) 画像のリンク先を変更しました。
従来は www.jp.flightgear.org (国内) にひっそりと置かれていた画像にリンクしていたのですが、今回からは www.flightgear.org (米国本家) 内の画像にリンクするようにしました。

To: takehiro さん
はじめまして、toshiです。
マニュアル第8章の翻訳作業に参加表明をして頂きましてありがとうございます!
誠に勝手ながら、FlightGearマニュアルの全体の階層構造を上記(1)のように変更しました。
それに伴いまして、「翻訳作業場」にお書きになった表題を「FlightGearマニュアル/第8章」に変更させていただきました。
何卒ご了承ください。

私のほうでは、第7章の翻訳をのんびり進めようと思っています。
もしご不明な点などがありましたら(使い方が良く分からない点がある、雛形を作って欲しい、本当は第7章の翻訳をしたい...など何でも結構です)お気軽に本フォーラムに書き込んでください。

To: tetsu さん
以前、tetsuさんに www.jp.flightgear.org/Docs/InstallGuide/ (一部翻訳済) と www.jp.flightgear.org/Docs/getstart/ (英語原文) にあるファイルを残して頂くようお願いしたことがあるのをご記憶でしょうか?
参照: 「2007-6-6の記事
今回、上記(2)のようにマニュアル内の画像のリンク先を変更しましたので、もう削除していただいても問題ないと思います。
ご配慮頂きましてありがとうございました。
投票数:4 平均点:7.50

通常 Re: 翻訳ドキュメントに関する話題

msg# 1.1.1.1.1.1.1.2.1.1.1.1.1.1.1
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿.1 | 投稿日時 2008-1-26 15:05
takehiro  長老 居住地: Kawasaki  投稿数: 101
構造変更の件、了解いたしました。
航空関係の資料や教科書が手元に多いので(特にジェネアビ関係)何とか活かせないかとはじめさせていただきました。
MaintenanceManualなどと違った雰囲気に戸惑いつつも、何とか現在半分くらいまでいきました。

私ものんびり作業をさせていただきますが、画像などは張り付ける必要がありますでしょうか。
今は完全に無視してしまっています(Highlited〜in Figure x.yなど)。
また、訳に迷ったところや不安なところは文章中に書かせていただきましたので、アップ後C'Kをいただけると幸いです。
投票数:10 平均点:4.00

通常 Re: 翻訳ドキュメントに関する話題

msg# 1.1.1.1.1.1.1.2.1.1.1.1.1.1.1.1
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿.1 | 投稿日時 2008-1-26 17:26
toshi  長老   投稿数: 1124
takehiroさん、こんにちは。

第8章の翻訳がもう半分も終わったのですか!アップロードが楽しみです。

とりあえずは画像無しで文章のみをアップロードしていただければ良いかと思います。

とは言え、最終的には画像もあった方が良いと思います。
例えば 「8.5.2 The Traffic Pattern」は、文章だけでなく「Figure 8.15: The Traffic Pattern」の図もないと分かりにくいですよね。

図の貼り付けは、画像の添付ファイルをwikiページにアップロードする必要はなく、単に本家Webサイトにある図のURLにリンクを張るだけです。
図にリンクを張る方法はいくつかあるのですが、もし差し支えなければ図の貼り付け作業は私の方でやっても構いませんよ。

また、航空関係の資料を色々とお持ちとのこと、大変に心強いです。
私は航空に関する資料も知識もぜんぜん無いにも関わらず翻訳作業をしているので、これまでに作成したマニュアル各章にも色々とおかしな日本語や航空用語があるかもしれません。
もしお気づきの点がありましたらご指摘頂けますと幸いです。

特に、現在翻訳中の「第7章 (一部アップロード済み)」の後半には計器や飛行方法に関する説明がたくさん出てくるので、是非とも校正にご協力ください。
よろしくお願いします。

p.s.
> アップ後C'Kをいただけると幸いです。
C'Kとはどういう意味でしょうか?
投票数:4 平均点:7.50

通常 Re: 翻訳ドキュメントに関する話題

msg# 1.1.1.1.1.1.1.2.1.1.1.1.1.1.1.1.1
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿.1 | 投稿日時 2008-1-26 20:00
takehiro  長老 居住地: Kawasaki  投稿数: 101
一応すべての画像にリンクを張ってみようと思います。

業界で(少なくとも学校で)一般的に使われてる用語と比較して見るつもりですが、業界用語や専門用語を使ってしまうとチュートリアルとしてわかりづらいかもしれませんね。

C'KはCHECKの省略のつもりで書きました。
わかりづらい表現で申し訳ございませんでした。

p.s.
第七章の草稿を拝見いたしました。Linuxのコマンドライン・オプションは"-geometry="ではなく"--geometry="のように二重ハイフンになります。細かいことですが…
投票数:5 平均点:4.00

通常 Re: 翻訳ドキュメントに関する話題

msg# 1.1.1.1.1.1.1.2.1.1.1.1.1.1.1.1.1.1
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿.1 .2 | 投稿日時 2008-1-28 0:11
toshi  長老   投稿数: 1124
takehiroさん、こんばんは。

C'Kの意味、了解しました。
また、二重ハイフンの件も了解です。

英語の原文そのものが間違ってることが結構あるんですよね...
特に、記号が変なことが多いです(「"」が「~」になってたりします)。
多分、本家のほうでtexで作られたソースをhtml化するときに文字化けしてるのでしょう。
原文の誤りに気付いたときは特に注釈無しに修正しているのですが、今回は気付いておりませんでした。
先ほどアップロードした文書で修正しておきました。
ご指摘ありがとうございました。

それから、チュートリアルに専門用語を使うと分かりにくいかもしれないとのご意見、もっともです。
私もそう思います。
チュートリアルは初心者の方を対象としているので、初心者に理解できない専門用語を羅列しても意味がないですよね。
このへんは、少なくとも自分に理解のできる言葉で補うなどして臨機応変に対応しようと思います。
投票数:4 平均点:5.00

通常 Tat 行きます ;-)

msg# 1.1.1.1.1.1.1.2.1.1.1.1.1.1.1.1.1.1.1
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿.1 | 投稿日時 2008-1-28 13:12
Tat  長老   投稿数: 375
1.0 の開発も落ち着いて来たのでそろそろ私も翻訳作業と Mac 向け説明の更新を担当させて頂きたいと思います。また、翻訳する際に一番問題となる用語の統一も行って行きたいと思います。

Mac 向けの説明は原文でもかなり古い情報ですので、FlightGear Mac OS X のサイトにある情報を基に日本語版から先に修正していき、英語版に反映して行くようにします。また、英語と日本語のマニュアルを一通り読んで、作業場に「用語辞書」のページを作成していきます。

ここまでの文章が出来上がって来ているので、翻訳作業が終了したら出版する事を考えてもいいと思います.それに向けても徐々に整理して行きたいと思います。

更にフォーラムで記述している T-4 製作記や作業場にある機体作成に関する情報も徐々にマニュアル化していき、日本語版に追加すると共に英語版にも反映して行きたいと思います。この作業は日本人以外の開発者にも協力してもらうこととなりますが、その変は ML や IRC で呼びかけて行きたいと思います。

なお、翻訳中に意味が判らないことがありましたらご連絡ください。大抵の現著者はMLか IRC で知っているので、直接聞いてみます。

最後に、これ迄に翻訳された皆さんに大変感謝すると共に敬意を表します。とても素晴らしいですね。

投票数:7 平均点:4.29

通常 Re: Tat 行きます ;-)

msg# 1.1.1.1.1.1.1.2.1.1.1.1.1.1.1.1.1.1.1.1
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿.1 | 投稿日時 2008-1-29 23:54
toshi  長老   投稿数: 1124
Tatさん、こんばんは。toshiです。
ご登場お待ちしておりました〜。

JPフォーラムからの提案として本家に貢献できるようになると最高ですね!
ちなみに私も、翻訳作業に参加し始めた頃に、「まず用語集を作ってみよう」と思ったのですが、あまりに大変そうなのですぐにあきらめてしまいました...
いずれ、FlightGear の翻訳作業も、例えば Linux や FreeBSD などに見られるような「ドキュメンテーションプロジェクト」に進化していくのかもしれませんね。
まぁ当分先の話かとは思いますが。

それから、FligthGear マニュアルの Mac に関する文章は、(Mac ユーザではない) 私が見ても「あれ?」と思うところが結構あります。

例えば、
FlightGearマニュアル/第1章」より。
引用:
あなたがMac OSXの下でFlightGearを実行させたいなら、PowerPC G3 300MHzかそれ以上をお勧めします。 グラフィックカードは、最低ATI Rage 128ベースのカードを勧めます。ジョイスティックはMac OS9.xでのみサポートしていて、現在Mac OSXではジョイスティックをサポートしていません。
・マシンのスペックがずいぶん古いような気がしますが、いかがでしょうか?
・Mac OS X でもジョイスティックは使えるんですよね?
といった感じです。

他にも、Windows と Unix系 については説明があるのに、Mac については説明の無い箇所がいくつもありますので、お気づきの点がありましたら「FlightGearマニュアル」にどんどん修正を入れて頂けるとありがたいです。
なお、翻訳文書のメンテナンスの観点からは、できれば注釈なり訳注なりの形にしていただけると、英語の原文から意図的に変更している箇所が分かるので助かります。

ついでですみませんが、「MP Carrier の利用方法」を拝読した上で質問いたします (機能はまだ試していません...)。
Mac OS Xでは、以下の環境変数はデフォルトでどのように設定されているのでしょうか?
・$FG_ROOT
・$FG_SCENERY

ちなみに、Windows でインストーラ (fgsetup-1.0.0.exe) を使って FlightGear v1.0.0 を新規インストールした場合は
FG_ROOT: C:\Program Files\FlightGear\data
FG_SCENERY: C:\Program Files\FlightGear\data\Scenery;C:\Program Files\FlightGear\Scenery
になります。
FG_ROOTに関しては、「FlightGearマニュアル/第3章」の説明と一致している (dataディレクトリも含まれる) のですが、FG_SCENERYについては「FlightGearマニュアル/第2章」や「FlightGearマニュアル/第3章」のWorldSceneryディレクトリに関する記述と合わないので、他のOSではどうなっているのか知りたいのです。

補足:
Windowsのインストーラはデフォルトで C:\Program Files\FlightGear\data\Sceneryにw130n30のObjects と Terrain を格納し、またC:\Program Files\FlightGear\scenery という空のフォルダを作成します。
「Install & Uninstall Scenery (fgadmin.exe)」を起動すると、Install Destination として「C:\Program Files\FlightGear\scenery」をデフォルトで指定するので、ここには追加シーナリーデータを格納することを (インストーラをコンパイルした作者は) 意図しているものと思います。

細かい点で恐縮ですが、お教え頂けますと幸いです。
どうぞよろしくお願いします。

最後になりましたが、私もこれまでに翻訳作業に参加してくださった多くの皆様のご協力に感謝いたします。
特にマニュアルの前半部分は、過去に翻訳された文章を多く取り入れています。
これからも、よりたくさんの方が様々な側面から貢献して下さることを願っております。
投票数:5 平均点:8.00

通常 Re: 翻訳ドキュメントに関する話題

msg# 1.1.1.1.1.1.1.2.1.1.1.1.1.1.1.1.1.1.2
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿.1 .2 | 投稿日時 2008-1-31 0:07
toshi  長老   投稿数: 1124
takehiroさん

toshiです。

FlightGearマニュアル/第8章の翻訳作業お疲れ様です。

早速読みながら、チュートリアルに従ってセスナを目的地の手前まで飛ばしてみました。
この先の文章も楽しみにしています

以下、読んでいて、ちょっと手を加えるともっと良くなるかなと感じた箇所と、その代案をあげておきます。
細かい点ばかりですが、もし使えそうなところがありましたら参考にしていただけますと幸いです。

引用:
もし、そうでなければ、先に挙げたもののチュートリアルを見てください。
。このチュートリアルはそれらの順番に登場し、少しだけ複雑な飛行システムや手順のいくつかの情報を提供するように作られています。
もしそうでなければ、前に掲載されているチュートリアルを見てください。
本チュートリアルは前掲のチュートリアルの続きとして作られており、もう少しだけ複雑な飛行システムや手順についてのいくつかの情報を提供します。

引用:
詳しくは5.2章を見てください。
詳しくは [[5.2節>../第5章#zfc5b538]] を見てください。

引用:
Livermoreの外、約10マイル(サン・アントニオ湖に到達したら、どこに着陸すべきか知るためにLivermore 管制(Air Traffic Control; ATC)と連絡をします。
Livermore まであと約10マイルのところ (サン・アントニオ湖の上空) に到達したら、Livermore 管制 (Air Traffic Control; ATC) にコンタクトしてどこに着陸すべきかを確認します。

引用:
'Altimeter'の設定を聞いてください。
'Altimeter'の設定内容に聞き耳を立ててください。

引用:
350という数値は、Nという表示からちょうど反時計回りのところです(北は0度)。
350という値は、Nという表示から反時計方向にちょっとのところです (北は0度)。

引用:
名前の示唆するとおり、HDGは先ほどセットしておいたコンパス上のヘディング・バグを自動操縦装置に追随させます。
名前の示唆するとおり、HDG を使うと、先ほどセットしておいたコンパス上のヘディング・バグの方向に自動操縦します。

引用:
自動操縦装置がONになっている間は、機体をヘディング上に保持するようトリム・コントロールを自動操縦装置が操作します。
自動操縦装置が ON になっている間、自動操縦装置はトリム・コントロールを操作し、その機首方位に機体を保持します。
(''訳注:'' UP/DNボタンで昇降速度を変更できます)。

引用:
しかしながら、自動操縦装置は風向や風速を全く考慮せず、ただ飛行機の針路を定めるだけです。
しかしながら、自動操縦装置は風向や風速を全く考慮せず、ただ飛行機の機首方位を定めるだけです。

投票数:5 平均点:8.00

通常 Re: Tat 行きます ;-)

msg# 1.1.1.1.1.1.1.2.1.1.1.1.1.1.1.1.1.1.1.1.1
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿.1 | 投稿日時 2008-1-31 10:40
Tat  長老   投稿数: 375
Mac の情報はとても古いですね。多分 1990年代後半に記述されたままなのではないでしょうか? 引用されている部分は、こんな感じになるでしょうね。

If you want to run FlightGear under Mac OS X we suggest one of PowerPC G5 2GHz, 
Intel Core Duo 1.5Gz or better. You also need to have Mac OS 10.4 or later.
As a graphics card we would suggest an ATI Rage 128 based card as a
minimum. Joysticks are supported under Mac OS X as well as Linux and
Windows.

フライトギアをMac OS X 上で動作させる場合には、PowerPC G4/1GHz 以上
あるいは Intel Core Duo 1.5GHz 以上を推奨します。Mac OS 10.4 以上も必要と
なります。グラフィックカードは ATI Rage 128 系カード以上のものを利用すると
よいでしょう。(訳注: 本当か? nVidia FX5200 くらいは必要だと思うけど...) 
Mac OS X 環境下では、ジョイスティックは Linux や Windows と同様にサポート
されています。

Mac に関する説明や 1.0.0 向けの記述に変更する際は訳注にするようにします。文章が長くて訳注にすると読みづらい場合は、文章全体を修正し、訳注として変更したことを明記しておきます。Mac 版説明や1.0.0 向けに(原文でも)更新すべき点はMac向け説明1.0.0向け説明にメモとして記載していきますので、そちらも参考にしてください。

さて、 Mac OS における環境変数に関する質問にお答えいたします。バイナリパッケージの場合、環境変数は設定されておりません。:-p Mac のアプリケーションの多くは、必要なデータやライブラリ(フレームワーク)を FlightGear.app というディレクトリにまとめています。従って GUI launcher は起動された段階でどこにどのデータやライブラリがあるかを把握できるのです。また、Mac 用 GUI は歴史的な経緯からですが、 --fg-root 及び --fg-scenery オプションを常に指定しています。

Scenery に関しては、これも歴史的経緯ですが、WorldScenery ではなく Scenery.TerraSync というディレクトリに保存されます。ダウンロードしたシナリーを GUI からインストールした場合は、なぜか Scenery に保存されます (^^;)

この辺はマニュアルに記述されたことが全てではないので、各プラットフォームの方言みたいなものかなと思っています。ただ、WorldScenery に関してはFlightGear の再インストール時にデータを消さないようにするためにも、場所を移そうかなと思っています。


投票数:7 平均点:7.14

通常 Re: 翻訳ドキュメントに関する話題

msg# 1.1.1.1.1.1.1.2.1.1.1.1.1.1.1.1.1.1.2.1
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし | 投稿日時 2008-1-31 12:21
Tat  長老   投稿数: 375
いい機会なので、翻訳に関する議論に参加してみたいと思います。

自然な日本語になるように翻訳するのって、大変難しいですよね。
作業場のFGComm の利用方法を書くときには特に苦労しました。原文が曖昧だったり、英語としてちょっとわかりにくい部分があったからです。

私もそんなに翻訳に精通しているというわけではなく、せいぜい訳本の一章を担当したくらいですが、翻訳する際には原文を忠実に翻訳するのではなく、日本語として自然な表現で、かつ原文と同じ意味を示すように心がけています。このため、かなりな意訳になることもしばしばです。(ただし、私の日本語は発展途上です ;-p) 私がどのように意訳したかを見るには、FGCom 利用方法の文章と原文とを比較してみてください。(文章内に原文へのリンクがあります) まだ推敲中ですが、参考になる部分があるかもしれません。

いろんなマニュアルの翻訳や、出版されている訳本を読んでいても、英語表現っぽい部分や直訳な部分がしばし見受けられます。意味は取れるので悪くはないのですが、自然な日本語になっていないと読みにくいかなとも思います。日本語のマニュアルでは、「もしあなたが○○する場合...」という表現や「○○するために、××する」という表現はあまり使われないと思いますが、そういうマニュアルは結構ありますね。「○○する場合には.」や「xxして○○する」というような表現にした方が読みやすいのに... と思ってしまいます。

今後フライトギアのマニュアルを翻訳する中で、そういう箇所を見つけたら、ここか作業場にページを作成してディスカッションしてみるのもいいかなと思っています。自然な日本語だという判断基準は主観的ですので、どれがいいかというのは議論が分かれるだろうと思います。しかしながら、建設的な議論を通してマニュアルが読みやすくなるのはとても有意義なことだと思います。


投票数:4 平均点:7.50

通常 Re: 翻訳ドキュメントに関する話題

msg# 1.1.1.1.1.1.1.2.1.1.1.1.1.1.1.1.1.1.2.2
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿.1 .2 | 投稿日時 2008-1-31 15:10
takehiro  長老 居住地: Kawasaki  投稿数: 101
toshiさん、ありがとうございます。大変参考になりました。
'Altimeter'云々のところですが、「ATISの」を勝手に前置してしまっても構わないものでしょうか。

修正は次回アップのときにさせていただきたいと思っております。
toshiさんの修正案をほぼそのまま使わせていただきます
投票数:6 平均点:10.00

通常 Re: 翻訳ドキュメントに関する話題

msg# 1.1.1.1.1.1.1.2.1.1.1.1.1.1.1.1.1.1.2.2.1
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿.1 | 投稿日時 2008-1-31 17:54
takehiro  長老 居住地: Kawasaki  投稿数: 101
混合気の調整のところですが、理想混合比に設定するとデトネーションを引き起こすからそうはしないという感じの文なのですが、rather than以降に悩んでいます。
具体的な文は、
引用:
... because this causes the fuel-air to explode, rather than burn in a controlled manner, ...
です。
「調整された方法での燃焼よりもむしろ、…」となるのでしょうが、調整された方法というのが何とも不自然に感じます。
どう訳すのがbetterでしょうか。
投票数:6 平均点:3.33

通常 Re: 翻訳ドキュメントに関する話題

msg# 1.1.1.1.1.1.1.2.1.1.1.1.1.1.1.1.1.1.2.2.1.1
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし | 投稿日時 2008-1-31 23:38
Tat  長老   投稿数: 375
controlled なので調整ではなく制御です。直訳すると「なぜなら、これは制御された方式で燃焼するのではなく混合機の爆発を引き起こすからです」となります。一文前の Nor do we want it perfect から意訳すると、「完璧な混合比を求めないほうが良いでしょう。やりすぎると制御不能になり混合気が爆発してしまいます。」ですかね。

ちなみにこの rather than には、「〜よりもむしろ」というニュアンスは(私は)感じません。「〜のかわりに」とか「〜ではなく」という instead of の意味だと自然な感じに思えます。

参考まで
投票数:8 平均点:3.75

通常 Re: 翻訳ドキュメントに関する話題

msg# 1.1.1.1.1.1.1.2.1.1.1.1.1.1.1.1.1.1.2.2.2
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿.1 | 投稿日時 2008-2-1 0:37
toshi  長老   投稿数: 1124
takehiroさん、こんばんは。
toshiです。

> 'Altimeter'云々のところですが、「ATISの」を勝手に前置してしまっても構わないものでしょうか。

はい、ご自由にどうぞ。
基本的には、翻訳者が良かれと思うことは、どんどんやってもらってよいと思います。

'Altimeter'云々のところは、更に書き加えて、「ATISがアナウンスする」という前書きを付けた方が分かりやすいかもしれませんね。
投票数:7 平均点:2.86

通常 Re: Tat 行きます ;-)

msg# 1.1.1.1.1.1.1.2.1.1.1.1.1.1.1.1.1.1.1.1.1.1
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿.1 | 投稿日時 2008-2-1 0:54
toshi  長老   投稿数: 1124
Tatさん

toshiです。早速ご回答頂きましてありがとうございました。
全て了解いたしました。

ご回答を読んで気付いたのですが、Windowsの起動ランチャ(fgrun)も --fg_rootオプションを付けてfgfsを起動していますので、環境変数$FG_ROOTは設定していないのかもしれません。

また、「1.0.0向け説明」と「Mac向け説明」も拝見しました。

翻訳済みのFlightGearマニュアルには、私が勝手に原文を書き換えているところが何箇所もありますので、どうぞご留意ください。
特に、$FG_ROOTが出てくるところは書き換えている可能性が大です。

また、現在翻訳中の文書が一段落したら、マニュアル原文の修正すべき点をまとめて「1.0.0向け説明」に書き加えてみたいと思います。(しばらく先になるかもしれません)。

雑談になりますが、マニュアル原文の現在のバージョンは、「The FlightGear Manual version 1.0 December 31, 2007 For FlightGear version 1.0」とあるようにバージョン1.0なのですが、次版は1.0.1とかになるんでしょうかね?
投票数:8 平均点:2.50

通常 1.0 向け説明について

msg# 1.1.1.1.1.1.1.2.1.1.1.1.1.1.1.1.1.1.1.1.1.1.1
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし | 投稿日時 2008-2-1 1:38
Tat  長老   投稿数: 375
toshi さん

諸々了解しました。

--fg-root オプションを指定した場合、環境変数は無視されるはずです。設定値の優先度は高い方から オプション、.fgfsrc ファイル、環境変数の順だと思います。

フライトギアマニュアルのバージョンに関しては私も興味があります。Mac 版の修正を原文に反映する際にどこに書くかとか色々聞くと思うので、その際についでに聞いてみます。もしかしたら、本体が1.0.1 にアップデートする際にバージョン番号も一緒に更新、それまでは 1.0.0 のままということかもしれませんね。
投票数:10 平均点:4.00

通常 Re: 翻訳ドキュメントに関する話題

msg# 1.1.1.1.1.1.1.2.1.1.1.1.1.1.1.1.1.1.2.2.2.1
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿.1 | 投稿日時 2008-2-1 2:43
takehiro  長老 居住地: Kawasaki  投稿数: 101
>toshiさん
間違った解釈で書いてしまうのが怖いのですが、できるだけわかりやすいように「新しく書く」つもりでやらせていただきます。
ありがとうございました。

>Tatさん
ありがとうございます。参考にさせていただきます。
制御された方式というのが意味不明ですが、適当にごまかしてしまおうと思っています。
ありがとうございました。
投票数:5 平均点:8.00

通常 Re: 翻訳ドキュメントに関する話題

msg# 1.1.1.1.1.1.1.2.1.1.1.1.1.1.1.1.1.1.2.2.2.1.1
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし | 投稿日時 2008-2-1 3:21
Tat  長老   投稿数: 375
「制御された方式」というのは直訳ですから意味不明でしょうね。
ご存知かもしれませんが、この現象を少し説明しておきます。

燃料が気化する際には熱が奪われるためエンジンの温度を下げる効果があります。混合比をリーンにしていくと奪われる熱量が減るため、エンジンを下げる効果が減少し、結果としてエンジンが高温になっていきます。リーンになりすぎた状態では爆発力は少ないのにも関わらず、高温によりエンジンは焼き付いてしまいます。

混合比の変更によるエンジン温度の変化は排気温度計(EGT)で見る事ができます。A6M2 はリーンになりすぎても焼き付く事はない(そこまでシミュレートされていない)ため、安心してリーン状態での温度を見る事ができます。:-p

余談ですが、JSBSim のフライトモデルで動作する機体は EGT が正常に動作しますが、Yasim モデルの場合はいい加減な値になっています。これだと日本軍の大戦機では混合比の制御ができないため、Nasal というスクリプトで JSBSim と同じ制御をしています。自分で言うのもなんですが結構力作です。

さて本題に移りますが、この文章における「burn in controlled manner」は、気化によるエンジン冷却「制御」が働いている状態での燃焼 (つまるところ、許容範囲内の混合比での燃焼)という意味だと思います。この辺をざっくりと controlled manner と表現したのでしょう。

投票数:5 平均点:2.00
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿.1 | 投稿日時 2008-12-31 10:46 | 最終変更
toshi  長老   投稿数: 1124
FlightGear Manual v1.9.0 を翻訳しています。

第2章に以下のような英文があるのですが、この場合のdisposalの意味は何でしょうか?
文脈からするとパソコンとかマシンとかの意味になるのですが、あるいはボロ家みたいな感じでしょうか?

FlightGear comes with a tool TerraSync which allows to fetch the Scenery as you fly, if you have a permanent Internet connection at your disposal.

(試し訳)
FlightGear には TerraSync と呼ばれるツールが付属しており、インターネットにマシンを常時接続している場合は、飛行しながらにしてシーナリーを取得することができます。
投票数:6 平均点:5.00
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿.1 | 投稿日時 2008-12-31 13:36
Tat  長老   投稿数: 375
At your disposal で自由に使えるとか、いつでも使えるという意味があります。
「自分で自由に設定できる常時接続ネットワーク環境があれば」という意味で書いているのでしょう。ただ、日本語訳としては toshi さんの試し訳で十分ですね。
投票数:5 平均点:2.00
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし | 投稿日時 2008-12-31 14:09
toshi  長老   投稿数: 1124
Tatさん

なるほど、了解です。
いつもありがとうございます!
投票数:9 平均点:6.67
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿.1 | 投稿日時 2009-3-22 23:22
sambar  長老 居住地: 岡山  投稿数: 484
http://flightgear.jpn.org/modules/d3forum/index.php?post_id=2216 の続きをこちらで出来たら、と思います。

引用:
]
それから、ジョイスティックについてですが、FlightGearマニュアルには、長々と書かれている割にはユーザにとって必要な情報が欠けているので、日本語化した簡潔な文章があるといいな、と私も思っていました。
引用:
]
この際、マニュアルや原文にあまりとらわれずに、必要な情報のみをまとめて、新たにJPオリジナルドキュメントとしてジョイスティックの使用方法をwikiでドキュメント化してみませんか?
実は過去にReadme.Joystick.htmlを流し読みしたことがあるのですが、改めて読んでみて「サンプルコードを交えて詳細に、かつ要所を押さえて書いてあるなあ」と思いました。
なので、原文をある程度残しつつ、この文書が出てから後に追加された事項を追加したいと思います。そのほうが私が楽なので(笑)
・・・ってかもう見切り発進していますw

#この文書の翻訳が完了したら、それを現状に合うように纏め直して、改めて日本語オリジナルドキュメント、としてもいいと思います。「Determining your joystick output:」より前の項が必要な人は多くないでしょうし、
#ってか、英語フォーラムでさえ「ジョイスティックの設定方法を教えて欲しい」という投稿がしばしば・・・
投票数:0 平均点:0.00
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿.1 | 投稿日時 2009-3-23 0:57 | 最終変更
toshi  長老   投稿数: 1124
sambarさん、こんばんは。

翻訳作業お疲れ様です。

英語wikiは、ページ数が多すぎて、FlightGearが不慣れな人が必要な情報にたどり着けないように見受けられます。

日本語wikiではそのようなことのないようにしたいな、と思って、一生懸命メンテナンスをしております(やりたいことの10分の1もできてませんが)。

日本語wikiの「訳)ジョイスティック・キーボードの設定方法」を少し拝見しました。
うーん、やはり冗長ですね。

ジョイスティックの設定方法は、FlightGear本体、シーナリー、機体のインストールに次いで、多くのFlightGear初心者が知りたい情報なのではないかと思います。

Readme.Joysticks.htmlは、Joystickの動作をきちんと深く知りたい人にとっては有用ですが、JoystickをはじめてFlightGearにつないでとりあえずちゃんと動くようにしたい、と思う大多数の(Windows)ユーザにとっては、もっと簡潔にまとめられているほうが嬉しいだろうな、と想像します。
誤解を恐れずに言いますと、「頭を使わなくても」書いてある通りに設定すればすぐにジョイスティックを動かせるように、文章がまとめられているのがベストだと思います。
# もちろん、このようにじっくり読む文章を日本語で読めることも大事なことだと思います。

Readme.Joysticks.htmlではjs_demoの説明から始まっていますが、現時点においては、FlightGearメニューの[Help]>[Joystick Information]の情報からジョイスティックの情報を得るほうが簡単かつ早道だと思います。

ちなみに、ちょっとcvsのソースを調べたのですが、[Help]>[Joystick Information]のメニューは1.0.0以降から、さらに軸の状態は1.9.0以降から表示されるようになっています。

また、Vistaの場合、FlightGear/data/joystick.xmlを修正する必要がありますよね。
この情報もユーザにとって間違いなく必要な情報です。

ここら辺のところはまだ英語ドキュメントには反映されていないので、最終的には
引用:
#この文書の翻訳が完了したら、それを現状に合うように纏め直して、改めて日本語オリジナルドキュメント、としてもいいと思います。
という方向をもしご検討いただけますと幸いです。

オリジナルドキュメントを作成する際には、以前sambarさんの情報を元にして書いた「◎ Vista ユーザのためのジョイスティック設定方法」の記事を流用していただいて構いません。(see Re: ジョイスティック動作状況」(2008-11-5))

ついでにジョイスティックに関連した情報としては、FlightGearとジョイスティックとを仲介しているplibに、vista用のサポートが加わったらしいので、次期バージョンではVistaでも自動認識できるようになるかもしれません。

http://www.flightgear.org/forums/viewtopic.php?f=2&t=2439&p=28701#p28701 より引用:
引用:
2. The problem, as "caused" by Windows XP/Vista.
It seems as if Windows XP and/or Vista tend to report all joystick names as "Microsoft PC-Joystick Driver" regardless of what they are. This may or may not hold true if the user has taken the time to install the manufacturer's specific driver for that device; all feedback we have received so far seems to indicate that Windows defaults to a "generic" MS driver regardless, but your mileage may vary.



A patch has been accepted by the plib project that corrects this behavior, so it should not be a problem in the next release (plib 1.8.6?) or if you update your plib from SVN now.

私のほうでは、「翻訳作業場」で宣言していますように、「FlightGearマニュアル/第4章」を(マニュアルのバージョンで言って)1.9.0に対応させる作業を行っています。

ですが、本家にフィードバックすべく原文のおかしな点を抽出しながら、空き時間を見つけつつの翻訳作業なので、超スローペースです。

そこで、「FlightGearマニュアル/第5章」以降のアップデートを手伝っていただける方を募集します。
# takehiroさん、翻訳途中の「FlightGearマニュアル/第8章」を続けてみませんか?

加えて、JPオリジナルドキュメントの方も、古い記述だらけの状態(ページによっては0.9.7時点のまま)であることを知りつつも、マニュアルの改訂作業を優先しているために手を付けられない状況ですので、JPオリジナル文書の方も協力者を「常時」募集しています

o シーナリーのインストール
- 画像が古く、本文に対応していない(Select Install Destination Directory)のところ

o ナビゲーションツールAtlasの設定方法
- fgrunのAtlasにチェックを入れるところ
-- localhost を手入力する必要はない
-- 画像にもlocalhostが入っているが、空欄でよい

o Win版クイックスタート(起動編)
- 全体に情報が古く、1.9.1に添付のfgrunとはかなり異なる。
- Advancedオプションは基本的に一切いじる必要は無い
- ただし、これはこれで0.9.7時点での設定として、ページの下のほうにでも残しておいても良いかも

o キーボード操作
- 1.9.1とはだいぶ異なる。

o 機体操作方法
- これも1.9.1とはだいぶ異なる。
- キーボード操作の内容と整理統合も要検討

o NAVの簡単な使い方
- これまた1.9.1とはだいぶ異なる。

(以下、多すぎるので省略...)

sambarさんに直接関係する文章の中では、「FGCom の利用方法」も更新が必要ですね。
投票数:0 平均点:0.00
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿.1 | 投稿日時 2009-3-23 2:32
sambar  長老 居住地: 岡山  投稿数: 484
こんばんわ、toshiさん。

「訳)ジョイスティック・キーボードの設定方法」はやっぱり長ったらしいなあと(書いている自分でさえ)思うので、以下の手順でやろうと思います。
1:とりあえず翻訳してしまう。
2:現状に合わせて加筆する。
3:それを読みやすいように「クイックリファレンス」にまとめる

というのも、自分でも「なんとなく分かっているような気がする」レベルなので、理解を深めておくために1,2の手順を踏もうと思っています。
引用:
オリジナルドキュメントを作成する際には、以前sambarさんの情報を元にして書いた「◎ Vista ユーザのためのジョイスティック設定方法」の記事を流用していただいて構いません。(see Re: ジョイスティック動作状況」(2008-11-5))
ありがとうございます。ぜひ使わせていただきます。

引用:
JPオリジナル文書の方も協力者を「常時」募集しています。

o シーナリーのインストール
- 画像が古く、本文に対応していない(Select Install Destination Directory)のところ

o ナビゲーションツールAtlasの設定方法
- fgrunのAtlasにチェックを入れるところ
-- localhost を手入力する必要はない
-- 画像にもlocalhostが入っているが、空欄でよい

o Win版クイックスタート(起動編)
- 全体に情報が古く、1.9.1に添付のfgrunとはかなり異なる。
- Advancedオプションは基本的に一切いじる必要は無い
- ただし、これはこれで0.9.7時点での設定として、ページの下のほうにでも残しておいても良いかも

o キーボード操作
- 1.9.1とはだいぶ異なる。

o 機体操作方法
- これも1.9.1とはだいぶ異なる。
- キーボード操作の内容と整理統合も要検討

o NAVの簡単な使い方
- これまた1.9.1とはだいぶ異なる。

JPオリジナル文書の更新&整理も時間があれば出来ればいいと思いますが、「NAVの簡単な使い方」は、このバージョン執筆当時と大きく変わったのは見た目だけで、本文はあまり弄る必要がないような気がします。
「キーボード操作」「機体操作方法」は・・・だいぶ操作が変わっていて、公式のショートリファレンスでも追いつけてないので、とりあえず様子見しています・・・
#keyboard.xmlを読めば書けますが・・・それだとちょっと苦しいので・・・
投票数:0 平均点:0.00
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし | 投稿日時 2009-3-23 4:17 | 最終変更
toshi  長老   投稿数: 1124
ジョイスティックの文章の進め方、了解です。
ご説明ありがとうございました。
どうぞよろしくお願いします。

NAVの簡単な使い方」の修正は、私も優先度は低いと思います。
ただ、いくつかリンク切れがあったり、「LLZの周波数をNAV1の左側、GPの周波数をNAV1の右側(STBY)に入力する。」といった誤った記述があるので、いずれ見直す必要はあると思っています。


キーボード操作」と「機体操作方法」は、日本語wikiの中で「人気の10件」のひとつですので、できるだけメンテナンスするのが望ましいのですが、分量の多さも手伝ってなかなか手が出しにくいですよね。

英語のショートリファレンスは、しばらくの間更新されていないことから、原文をメンテナンスしている人が不在であることを示唆しています。
今後の更新もあまり期待できません。

従って、もし他のどなたかが着手する場合ですが、$FG_ROOT/keyboard.xml を神様とし、その内容と $FG_ROOT/Docs/keyboard/map.pdf を参照しながら修正していくしかないだろうな、と思っています。

以下、更新状況の確認用に、キーボード関連ファイルのcvsへのリンクを張っておきます。

o data/Docs/FGShortRef.html (最終更新時期: v0.8)
-- http://cvs.flightgear.org/viewvc/data/Docs/FGShortRef.html?view=log

o data/Docs/FGShortRef.pdf (最終更新時期: v0.9.9)
-- http://cvs.flightgear.org/viewvc/data/Docs/FGShortRef.pdf?view=log
# html版より更新時期が新しいことになっているが、そんなはずはない、と思うので、内容的にはv0.8時代のままかも(未確認)。

o data/Docs/keyboard/map.pdf (最終更新時期: v1.0.0)
-- http://cvs.flightgear.org/viewvc/data/Docs/keyboard/map.pdf?view=log

o /data/keyboard.xml (神様!!)
-- http://cvs.flightgear.org/viewvc/data/keyboard.xml?view=log
投票数:0 平均点:0.00
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿.1 | 投稿日時 2009-3-25 0:41 | 最終変更
sambar  長老 居住地: 岡山  投稿数: 484
とりあえず、日本語wikiの「訳)ジョイスティック・キーボードの設定方法」の翻訳がとりあえず済んだので、この文書で書かれていないor文書が出た後に追加された事、自分が気が付いた事を整理したいと思います。

toshiさんに指摘された事:
-FlightGearメニューの [Help]>[Joystick Information]の情報からジョイスティックの情報を得るほうが簡単かつ早道ではある事
--個人的には以下の点が気になります。
---軸の出力データが生の値ではなく、<offset>や<factor>等で補正された後の値である点
---どのボタンを押しているか(ボタン番号を)取得する方法が無い点
---ボタン/軸の説明は、<desc>タグ内の事しか取得できない点

-Vistaの場合、FlightGear/data/joystick.xmlを修正する必要がある事
--FlightGear/data/joystick.xmlから、他のxmlファイルを読み込ませて結合する、<include>タグの事も含めて解説したい

自分が気が付いた事:
-<command>タグから、nasalを呼び出す方法を書きたい
-ついでに、<nasal>タグを使ってjoystick.xml内にnasalスクリプトを記述できる事(場合によっては、Saitek X45の設定ファイルのように、CDATAセクションの記述が必要になることも)も書きたい

この作業には、自分自身がよく理解せずに、他のファイルからのコピペで使っているので時間がかかると思いますが、がんばってやってみようと思います。
また、分からないことがあれば利用者の皆様に質問させていただくと思いますが、その時はよろしくお願いします。

#実体参照がうまく表示されていないのを修正しました 2009/03/25
投票数:0 平均点:0.00
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿.1 | 投稿日時 2009-3-25 2:43 | 最終変更
toshi  長老   投稿数: 1124
sambarさん、もう翻訳し終わったのですか!
素晴らしく早いですね。
あとでまた読ませていただきますね。

また、sambarさんの懸念点についても、了解です。
このように懸念点を率直に伝えていただけると、私もお伝えすべき点が明確になるので、非常に助かります。

私は、FlightGearに興味を持っている人たちに対して、特にインストール関連の敷居はできるだけ低くしたい(間口を広げたい)と思っています。
そこで、できるだけ短時間にジョイスティックを正しく認識できるようにし、FlightGearを楽しめるよう支援したいと思っています。

それに、ジョイスティックをすぐに認識させることすらできない厄介なソフトだ、とは思われたくないですよね。
こういった側面は、解説文書の分かりやすさに大きく依存していると思います。

使用するJoystickの設定ファイルがFlightGearに付属している場合については、これまでのフォーラムでの経験から、[Joystick Information]をまず見てもらうのが、FlightGearにジョイスティックを正しく認識させるためにもっとも有用かつ早道だろうと思います。
次いで、状況に応じて、
- ジョイスティック設定ファイル内のジョイスティック名の修正
- FlightGear/data/joystick.xml の修正
をする手順かな、と思います。

実は、ジョイスティック設定ファイルが付属して無い場合やカスタマイズしたい人に向けた解説は、特に考えていませんでした。
きっとそこが、sambarさんの気になった点だと思います。

私には、いくつかのさらに詳しいjoystick関連ドキュメントへのリンクを張ってお茶を濁してしまうくらいしか思いつきません。

ですので、sambarさんにいろいろな解説を書いていただけるのでしたら、歓迎です。

ドキュメントを書く人がやりやすいように書いていただくのが基本ですので、あまり気にせずに執筆していただけますと幸いです。

まとまりの無い文章ですみませんが、よろしくお願いします。
投票数:0 平均点:0.00
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿.1 | 投稿日時 2009-3-25 23:47
sambar  長老 居住地: 岡山  投稿数: 484
joysticks.xmlを以下のように一時的にコメントアウトして[Joystick Information]を見てみたのですが、読み込んだ設定ファイル(Input/Joysticks/Default/joystick.xml)で定義されていない軸についての情報がまったく出ず、軸3以降は「操作しても何も反映されません」でした。
この場合、どうやって軸3〜5(とHATの2軸)を検出させればいいか悩んでいます。
(CH Pro Yokeは5軸+HATがあるのですが、デフォルトでは軸0はエルロン、軸1はエレベータ、軸2はスロットルに割り当てられていました。)
#今のところ、js_demoを使うのが一番楽ですが・・・

<PropertyList>
<!--
	<js-named include="Input/Joysticks/Local/X45-modified.xml"/>
	<js n="0" include="Input/Joysticks/Local/joystick_0.xml"/>


	<js n="0" include="Input/Joysticks/CH/pro-yoke-usb.xml"/>
	<js n="1" include="Input/Joysticks/CH/pro-pedals-usb.xml"/>
-->
</PropertyList>

ところで、toshiさんがジョイスティック動作状況で追加された行を消してデフォルトのジョイスティック設定ファイルを読み込ませてラダーを操作した場合、[Joystick Information]のRudderのところはどうなりますか?

PS:X45の具合はどうでしょう?
投票数:0 平均点:0.00
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿.1 .2 | 投稿日時 2009-3-25 23:57 | 最終変更
toshi  長老   投稿数: 1124
sambarさん、こんばんは。
toshiです。

引用する順番をちょっと変えています。

引用:

sambarさんは書きました:
ところで、toshiさんがジョイスティック動作状況で追加された行を消してデフォルトのジョイスティック設定ファイルを読み込ませてラダーを操作した場合、[Joystick Information]のRudderのところはどうなりますか?
試してみました。
オリジナルのx45.xmlを使用した場合は、Aileron, Elevator, Throttleは数値が変わりますが、Rudderは0.00000で一定でした。

この時は、#FG_ROOT/Input/Joysticks/Default/joystick.xmlをロードしていますので、その中で定義していないRudder軸は反応しない、と私は理解しています。

引用:
PS:X45の具合はどうでしょう?
おかげさまで、なんら支障なく動いており、重宝させていただいております。
操縦のしやすさのみならず、ジョイスティックの設定方法についても、この1台を使うだけでとても理解が深まりました。
ありがとうございます!

引用:
joysticks.xmlを以下のように一時的にコメントアウトして[Joystick Information]を見てみたのですが、読み込んだ設定ファイル(Input/Joysticks/Default/joystick.xml)で定義されていない軸についての情報がまったく出ず、軸3以降は「操作しても何も反映されません」でした。
この場合、どうやって軸3〜5(とHATの2軸)を検出させればいいか悩んでいます。
(CH Pro Yokeは5軸+HATがあるのですが、デフォルトでは軸0はエルロン、軸1はエレベータ、軸2はスロットルに割り当てられていました。)
#今のところ、js_demoを使うのが一番楽ですが・・・

先ほどsambarさんに無理にお願いして、FGCOMを通じて直接お話しさせていただいたのですが、第3軸以降の情報が必要になるのは、「設定ファイルがFlightGearに付属していない」場合、とのことでしたね。

前回の投稿に書きましたように、そのようなケースについてどのように解説をすればよいのかは、私のほうではまだ考えていません。

ですので、そのようなケースに関しては、[Joystick Information]だけでなく、js_demo.exeを使って設定をする、というsambarさんのお考えに沿って進めていただいてよいのではないかと思います。

また最近、英語フォーラムに、「サポートされていないジョイスティックの設定ファイルを自作するには、Input/Joysticks/Default/four-axis-joystick.xmlを雛形としてやってみると良いよ」という投稿がありましたので、もしよろしければご参照ください。

Re: Joystick Control
http://www.flightgear.org/forums/viewtopic.php?f=2&t=3188#p28267

それと、Vistaの場合は、ジョイスティック名が
- Microsoft PC ジョイスティック ド (js_demoの場合)
- Microsoft PC*W***e*B*b*N *h (Joystick Informationの場合)
のようになるため正しく認識できないことを、sambarさんとr.nakaさんのご協力の下に以前調べましたよね。

英語フォーラムにあるFAQ記事には、この不具合はXPでも起こりえるかのような書き方をしています。
ただ、本当にXPでも起こりえるのかはちょっと私には分かりません。

FAQs: customizing joystick controls; XP/Vista joystick issue
http://www.flightgear.org/forums/viewtopic.php?f=2&t=2439 より引用:
2. The problem, as "caused" by Windows XP/Vista.
It seems as if Windows XP and/or Vista tend to report all joystick names as "Microsoft PC-Joystick Driver" regardless of what they are. This may or may not hold true if the user has taken the time to install the manufacturer's specific driver for that device; all feedback we have received so far seems to indicate that Windows defaults to a "generic" MS driver regardless, but your mileage may vary.

ちなみに上に書かれているメーカ製ジョイスティックドライバのインストールに関して、私から追加情報があります。
Saitek X45の場合なのですが、FlightGearから見えるジョイスティック名は、私の環境では以下のようになりました。

- Windows XP + Saitek ドライバ: Saitek X45 Flight Controller
--> これまでにお伝えしているように、x45.xmlの修正が必要

- Windows XP + OS標準ドライバ: Saitek X45 Flight Control Stick
--> 今回初レポートですが、何もしなくても自動認識できました

以下に、wikiに新たに作るページのラフな素案をまとめてみました。
とりあえず1台の場合で書いてありますが、2台の場合で書ければその方が良いかもしれません。
なにしろまったく推敲していませんので、ご参考程度にお読みいただけますと幸いです。

◎ (仮称ページ名)ジョイスティックの設定方法

* クイック設定ガイド


1. [Joystick Information] の確認

- ジョイスティックをつないだ状態でFlightGearを起動し、[Help] > [Joystick Information] をクリック
- グレー表示でクリック出来ない場合:
-- システムがジョイスティックを認識していないようです。
ジョイスティックが正しく接続されていることを確認してください。

1.1 Driver: 行の確認

- Driver: C:/Program Files/FlightGear/data/Input/Joysticks/メーカ名/機種名.xml となっている場合
-- 自動認識されているので追加設定は不要です。そのままお使いください。

- Driver: C:/Program Files/FlightGear/data/Input/Joysticks/Default/joystick.xml となっている場合
- 自動認識が正常に機能しなかったため、汎用のジョイスティック定義ファイルをロードしています。
このため、基本的な操作しかできません。
ジョイスティックの軸やボタンをフル活用するためには、次の手順に進んでください。

1.2 Joystick #0: 行の確認

- 文字化けしている場合:
-- Vistaでこの現象が発生するようです。
自動認識させることはできませんが、手はまだあります。
ひとまず手順2に進んでください。

- "Saitek X45 Flight Controller"のように正常に表示される場合:
自動認識させることができるかもしれません。
同じく手順2に進んでください。


2. ジョイスティック定義ファイルの調査

- FlightGear をインストールしたフォルダ内の
FlightGear/data/Input/Joysticks
フォルダをたどり、使おうとしているジョイスティックの機種に該当しそうなジョイスティック定義ファイル(メーカ名/機種名.xml)が存在するかどうかを探します。
-- 存在する場合: もうすぐ設定完了です。手順3に進んでください。
-- 存在しない場合:
--- 残念ですが、既存のジョイスティック定義ファイルを雛形とし、jsdemo.exe でボタン動作の確認をしながら自分用のジョイスティックファイルを作成しなくてはなりません。
--- 作成方法については、以下の「ジョイスティック定義ファイルの作成」をご覧ください。
-- 基本的な操作のみでも構わなければ、汎用のジョイスティック定義ファイルのまま使用する、という選択肢もあります。

3. $FG_ROOT/joysticks.xmlの修正

3.1 手順1.2でJoystick #0: が文字化けしていた場合:
- FlightGear\data\joysticks.xml ファイルをテキストエディタで開き、以下のように赤字部分を追加します。
<PropertyList>
<!--
	<js-named include="Input/Joysticks/Local/X45-modified.xml"/>

	<js n="0" include="Input/Joysticks/Local/joystick_0.xml"/>
-->
<js n="0" include="Input/Joysticks/Saitek/ST290-Pro.xml"/>
</PropertyList>
- 再び手順1.の [Joystick Information] を確認し、正しく設定ファイルをロードしていれば完了です。

3.2 手順1.2でJoystick #0: が"Saitek X45 Flight Controller"のように正常に表示されていた場合:
- 手順2で確認したジョイスティック設定ファイル(たとえばFlightGear/data/Input/Joysticks/Saitek/X45.xml)をテキストエディタで開き、たとえば以下の青字部分のような<name>行を追加します。

<PropertyList>
 <name>Saitek X45</name>
 <name>Saitek Saitek X45</name>
 <name>Saitek X45 Flight Controller USB</name>
 <name>Saitek X45 Flight Control Stick </name>
 <name>Saitek Saitek X45 Flight Control Stick </name>
 <name>Saitek X45 Flight Controller</name>

- 再び手順1.の [Joystick Information] を確認し、正しく設定ファイルをロードしていれば完了です。


* ジョイスティック定義ファイルの作成

(sambarさん、お願いします!)
投票数:0 平均点:0.00
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿.1 | 投稿日時 2009-3-27 20:19
sambar  長老 居住地: 岡山  投稿数: 484
こんにちわ、toshiさん。
そういえば、fgjs.exeを利用すればある程度テンプレートを作れるはずだったんですが、「テンプレートの参照先が間違っていて、存在しないファイルを読み込もうとしている」ようなので、fgjsの事は書かないで置いたほうがよさそうです。

画面出力
Joystick #0 "Microsoft PC ジョイスティック ド" has 8 axes
Joystick #1 "Microsoft PC ジョイスティック ド" has 6 axes
Failed to open file
 at /FlightGear/Input/Joysticks/template.xmlYour joystick settings are in js0.xm
l and js1.xml.
Check and edit as desired. Once you are happy,
move relevant js<n>.xml files to $FG_ROOT/Input/Joysticks/ (if you didn't use
an attached controller, you don't need to move the corresponding file)

ファイル出力(js0.xml,js1.xml両方)
<?xml version="1.0"?>

<PropertyList>
  <name type="string">Microsoft PC ジョイスティック ド</name>
</PropertyList>

http://flightgear.jpn.org/modules/d3forum/index.php?post_id=310
投票数:0 平均点:0.00
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿.1 | 投稿日時 2009-3-28 21:54 | 最終変更
toshi  長老   投稿数: 1124
sambarさん、こんばんは。

fgjsが正常に動作しない件、レポートありがとうございます。
私のマシンでも同様に、template.xmlの読み込みに失敗する事を確認しました(FlightGear 1.0.0、1.9.1 for win)。

以下に、fgjsについていくつか調べてみたことをご報告しますが、fgjsの解説は書かない方向でも、特に問題ないと思います。

まず最初に、cvsにある fgjs.cxxの履歴、及びWindows用FlightGearインストーラが使用する FlightGear-1.9.iss の履歴 を確認してみました。

両者とも直近の変更は2009-01-31付けですが、その更新内容は、Windowsのスタートメニューの [FlightGear > Tools] から --fg-root オプション付のfgjsを起動できるようにする、というものでした。

これにより、template.xmlを正常にロード出来るようになるはずですので、次のリリースでは、この問題は解決しているのではないかと思います。

なお、FlightGear 1.0.0や1.9.1などでは、環境変数FG_ROOTを設定すると、template.xmlを正常にロード出来るようになります。

fgjs.batの例:
set FG_ROOT=c:\Program Files\FlightGear\data
fgjs
PAUSE

ただし、上記のようにFG_ROOTを設定しても、少なくとも私の環境では、fgjsで作成したxmlファイルは中途半端なものになってしまいます。
ですので、fgjsの起動方法は分かったものの、fgjsの解説を書くかどうかのご判断は、sambarさんにお任せいたします。

以下に、私の環境(Windows XP, FlightGear 1.9.1, Saitek X45)でfgjsを使ったときの状況を書いておきます。
実は、sambarさんのフォーラム初投稿記事「Re: FlightGear 0.9.10 for Windows インストールメモ」に書かれている問題が起きています。

その当時は、
引用:
また、何もボタン/軸の操作をしていないのに、スキップかどうか質問される。
という意味を理解できなかったのですが、約2年を経た今、ようやく理解できるようになりました。

まずは、fgjs.batを実行した様子を以下に示します。

fgjs.bat実行時の表示内容
C:\Program Files\FlightGear\bin\win32>fgjs.bat

C:\Program Files\FlightGear\bin\win32>set FG_ROOT=c:\Program Files\FlightGear\da
ta

C:\Program Files\FlightGear\bin\win32>fgjs
Found 1 joystick(s)

Now measuring the dead band of your joystick. The dead band is the area
where the joystick is centered and should not generate any input. Move all
axes around in this dead zone during the ten seconds this test will take.
Press enter to continue. <-- ここで一度ジョイスティック動かしてから、静止させるのがポイント。

10 - 9 - 8 - 7 - 6 - 5 - 4 - 3 - 2 - 1 - 0 <-- 不感領域を設定したい場合、この10秒間に
                                               不感領域範囲内で軸を動かす。通常は静止。
Joystick 0, axis 0: 0.000000
Joystick 0, axis 1: 0.000000
Joystick 0, axis 2: 0.000000
Joystick 0, axis 3: 0.000000
Joystick 0, axis 4: 0.000000
Joystick 0, axis 5: 0.000000
Joystick 0, axis 6: 0.000000
Joystick 0, axis 7: 0.000000

Dead band calibration finished. Press enter to start control assignment.

Joystick #0 "Saitek X45 Flight Controller" has 8 axes
Move the control you wish to use for Aileron right
Pressing a button skips this axis
Skipping control <-- 何も操作していないのにスキップしてしまう。
Is this correct? (y/n) $ n <-- 正しくないのでn。

Move the control you wish to use for Aileron right
Pressing a button skips this axis
Skipping control <-- 再び、何も操作していないのにスキップしてしまう。
Is this correct? (y/n) $ y <-- 仕方が無いのでy。

Move the control you wish to use for Elevator down/forward <-- 次の軸に移ってしまった。
Pressing a button skips this axis
Skipping control <-- またもや、何も操作していないのにスキップしてしまう。
Is this correct? (y/n) $ y <-- 仕方が無いのでy

(中略)

Move the control you wish to use for View Elevation upward <-- 最後の軸の設定
Pressing a button skips this axis
Skipping control
Is this correct? (y/n) $ y

Press the button you wish to use for View Cycle <-- ここからはボタンの設定
Moving a joystick axis skips this button

Assigned button 8 on joystick 0 to control View Cycle <-- 何も操作していないのにボタン8をアサインしてしまう。
Is this correct? (y/n) $ y

Press the button you wish to use for Brakes
Moving a joystick axis skips this button

Assigned button 8 on joystick 0 to control Brakes <-- 再び、何も操作していないのにボタン8をアサインしてしまう。
Is this correct? (y/n) $ y
。

(中略)

Assigned button 8 on joystick 0 to control Landing Gear Toggle
Is this correct? (y/n) $ y

Your joystick settings are in js0.xml.
Check and edit as desired. Once you are happy,
move relevant js<n>.xml files to $FG_ROOT/Input/Joysticks/ (if you didn't use
an attached controller, you don't need to move the corresponding file)

かくして作成されたjs0.xmlは、ボタン8にランディング・ギア トグルが割り当てられただけの、中途半端な設定ファイルになってしまいました。

js0.xml
<?xml version="1.0"?>

<PropertyList>
  <button n="8">
    <desc>Landing Gear Toggle</desc>
    <repeatable>false</repeatable>
    <binding>
      <command>nasal</command>
      <script>controls.gearToggle()</script>
    </binding>
    <mod-up>
      <binding>
        <command>nasal</command>
        <script>controls.flapsDown(0)</script>
      </binding>
    </mod-up>
  </button>
  <name type="string">Saitek X45 Flight Controller</name>
</PropertyList>

js_demo.exeで検証してみたところ、1つの軸と2つのボタンが、常時押された状態になっている事が分かりました。

js_demo.exe実行時の表示内容
C:\Program Files\FlightGear\bin\win32>js_demo.exe
Joystick test program.
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
Joystick 0 is "Saitek X45 Flight Controller"
Joystick 1 not detected
+---------------JS.0-----------------+---------------JS.1-----------------+
| Btns Ax:0 Ax:1 Ax:2 Ax:3 Ax:4 Ax:5 Ax:6 Ax:7 |       ~~~ Not Detected ~~~
    |
+------------------------------------+------------------------------------+
| 0000 -0.0 -0.0 -0.0 -0.0 -0.0 -0.0 +0.0 +0.0 |  .   .   .   .   .   .   .   .
| 0000 -0.0 -0.0 -0.0 -0.0 -0.0 -0.0 +0.0 +0.0 |  .   .   .   .   .   .   .   .
| 0000 -0.0 -0.0 -0.0 -0.0 -0.0 -0.0 +0.0 +0.0 |  .   .   .   .   .   .   .   .
(中略)
(註: 全ての軸とボタン表示が0になっているが、実はこの時点の値は、軸、ボタンの状態を
正しく反映していない。
ジョイスティックを何か操作する事で、初めて状態が反映される模様。
すると、次のようになる。)
| 0900 -0.0 -0.0 +1.0 -0.0 -0.0 -0.0 +0.0 +0.0 |  .   .   .   .   .   .   .   .
| 0900 -0.0 -0.0 +1.0 -0.0 -0.0 -0.0 +0.0 +0.0 |  .   .   .   .   .   .   .   .
| 0900 -0.0 -0.0 +1.0 -0.0 -0.0 -0.0 +0.0 +0.0 |  .   .   .   .   .   .   .   .

これは、ボタン8と11が押され、軸2が+方向に最大になっている状態を表しています。
ボタンや軸を操作すると、それに対応してjs_demoの表示が変わるのは確かなのですが、Saitek X45のあらゆるボタンや軸を操作してみても、全ての表示を0の状態にすることは出来ませんでした。
# どこか気づかないところにあるスライドつまみなどを感知してしまっている可能性も否定できませんが。

恐らくfgjsを実行しているときも、ボタン8と11が押されていると認識されてしまうために、軸の設定で勝手にスキップしてしまったり、ボタン8が勝手に割り当てられたりしてしまうのだろうと思います。
投票数:0 平均点:0.00
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿.1 | 投稿日時 2009-3-28 22:39 | 最終変更
sambar  長老 居住地: 岡山  投稿数: 484
詳しい情報、ありがとうございます。
js_demoの出力結果についても、書きかけの文書に反映させようと思います。

引用:
これは、ボタン8と11が押され、軸2が+方向に最大になっている状態を表しています。
ボタンや軸を操作すると、それに対応してjs_demoの表示が変わるのは確かなのですが、Saitek X45のあらゆるボタンや軸を操作してみても、全ての表示を0の状態にすることは出来ませんでした。
# どこか気づかないところにあるスライドつまみなどを感知してしまっている可能性も否定できませんが。

おそらく、ボタン8と11はモード切替スイッチとAUX切り替えスイッチを「ボタン」として検出しているんじゃないかと思います。
Input/Joystick/Saitek/X45.xml の上の方のコメント部分にボタンと軸の番号の一覧があります。
Linux/Windows/Mac Axis Numbers:
  0   	Roll (positive == right) 
  1  	Pitch (positive == down/back/nose-up)
  2/5/5 top "rotary dial" on the throttle (positive == CCW)
  3   	Rocker switch ("rudder" control) on the throttle (positive == right)
  4/2/2 Throttle (positive == back/down/idle)
  5/4/4 Bottom "rotary dial" on the throttle (positive == CW)
  	Strange this axis doesn't seem to exist on Mac OS X!
  6/6/6 Lower right hat horizontal axis (positive == right)
  7/7/7 Lower right hat vertical axis (positive == down (Mac positive is UP))

Button Numbers (Identical b/w Linux/Windows/Mac):
 0  Trigger
 1  Stick top "A" switch
 2  Stick top "B" switch
 3  Stick top "launch/fire" switch
 4  Throttle "D" switch
 5  Throttle "mouse" switch (tiny black thumb button)
 6  Stick "pinkie" switch
 7  Stick front "C" switch
 8  -+                                left position   ("M1")
 9   +- Throttle "mode" 3-way switch: middle position ("M2")
10  -+                                right position  ("M3")
11  -+                                left position
12   +- Throttle "Aux" 3-way switch:  middle position
13  -+                                right position
14  Upper left hat in "up" position
15  Upper left hat in "right" position
16  Upper left hat in "down" position
17  Upper left hat in "left" position
18  Throttle forefinger hat in "up/back" position
19  Throttle forefinger hat in "right" position
20  Throttle forefinger hat in "down/forward" position
21  Throttle forefinger hat in "left" position
22  Throttle thumb hat in "up" position
23  Throttle thumb hat in "right" position
24  Throttle thumb hat in "down" position
25  Throttle thumb hat in "left" position

ということは・・・もしかしたら、そもそもボタンの値はどうやってもゼロにできないのかもしれません。
(ボタン8〜10がそれぞれmode1〜3、ボタン11〜13がそれぞれaux1〜3に割り当てられているっぽいです。)

ところで、軸2はちゃんと0になりますか?あと、その場合どの位置で0になるんでしょう?



どちらにせよ、「切り替えスイッチをボタンとして検出してしまう」問題がある限りはfgjsの事を書くのはやめておきます。
#全然クイックじゃない「クイックリファレンス」になりそうですが・・・
投票数:0 平均点:0.00
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし | 投稿日時 2009-3-28 23:17 | 最終変更
toshi  長老   投稿数: 1124
sambarさん

ご指摘ありがとうございます。

なるほど、x45.xmlに軸とボタンの割り当てが詳しく書かれていたのですね。
ボタン8と11が解除できない原因はまったくおっしゃるとおりだと思います。
おかげさまですっきりしました。


軸2については、スロットルを中間の位置にすることで値が0になりました。
スロットル(軸2):
- 手前: +1.0
- 真ん中: 0.0
- 奥: -1.0

もうひとつ分かったこととしては、軸とボタンの違いは直感と異なる場合がある、ということです。

x45.xmlにもありますが、たとえば2つあるハットスイッチのうち、左下のハットスイッチは軸として認識されますが、右上のハットスイッチはボタンとして認識されます。

fgjsは、軸の設定時にボタンを押すと、あるいはボタンの設定時に軸を動かすと、その項目は何も設定せずに次の設定にスキップするのですが、この仕様は上記の理由で良くないです。
fgjsでジョイスティック設定ファイルを作るくらいなら、他のxmlファイル(template.xmlなど)を雛形にし、js_demoを見ながら手作業で雛形を修正する方が楽そうですね。

p.s.
js_demoでボタンの状態を見ると16進数で表示されるため、各ボタンの状態を知るためには2進数に変換する必要があります。
とりあえずwindowsでは、電卓を使うのが便利です。
o スタート > すべてのプログラム > アクセサリ > 電卓
- [表示] > [関数電卓] を選択
- [16進]を選択し、js_demoに表示された16進の値を入力
- [2進]を選択し、右からボタン0、ボタン1の順で読む。
-- 2進で0: ボタンオフ
-- 2進で1: ボタンオン
投票数:0 平均点:0.00
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし | 投稿日時 2009-3-29 3:28
sambar  長老 居住地: 岡山  投稿数: 484
今書きかけなんですが、こんな感じでどうでしょう?
#個人的にはジョイスティック・バインディング用xmlファイルの記述と編集よりは多くのことが説明できたらな、と思います。
#ジョイスティック定義ファイルを流用しようとしても、スロットルやエレベータの操作方向が違う、なんて場合の対処法や、スロットルレバーがidle位置で0にならない場合のカバーが全然出来てないので・・・

*4 ジョイスティック定義ファイルを実際に書く
**4.1 (解説上の前提条件、例えばFlightGearのインストール先はC:\Program Files\FlightGear とか)
**4.2 js_demoの入手方法

本来ならjs_demoはFlightGearに同梱されている(べき)なのですが、Windows版のFlightGear 1.9.0以降では省略されています。
筆者はMacを所有していないので、MacOSX版FlightGearにjs_demoが付属しているか知りません。MacOS版を使用している方、補足お願いします。

***4.2.1 Windows 
http://flightgear.jpn.org/modules/d3downloads/index.php?page=visit&cid=6&lid=20をダウンロードして、
C:\Program Files\FlightGear\binフォルダに保存してください。

**4.3 js_demoの起動
ここでは、js_demoの起動方法だけを書きます。出力結果の読み方は後で説明します。

***4.3.1 Windowsの場合
先ほど入手したjs_demoをコマンドプロンプトから起動してください。

 c:\
 cd "\Program Files\FlightGear\bin"
 js_demo.exe

*4.4 js_demoの出力結果の読み方と、操作割り当ての決定手順
(FlightGearマニュアル/第3章 3.6.1 内蔵されているジョイスティック・サポートとほぼ同じ内容なのでここでは省略)


**4.5 ジョイスティック設定ファイルを実際に書く
多くの場合、「既存のジョイスティック定義ファイルを元に・・・」と解説されますが、ここでは「イチからファイルを書く」場合を解説します。
もちろん、既存のジョイスティック定義ファイルの中に、あなたが使いたいジョイスティックとボタン/軸の数が同じで、割り当てられた機能が似通っていればそれを流用してもかまいません。

-まず、(メモ帳以外の)テキストエディタを開き、先頭に<PropertyList>と書いてください。
-次に<name></name>と書き、両タグの間に先ほどjs_demoで表示されたジョイスティックの名前を入力してください。<name>New Joystick USB</name>、といった感じで。
-以下の物を軸の数だけコピー&ペーストしてください。

 <axis n="">
  <desc></desc>
  <dead-band>0<dead-band>
  <binding>
   <command></command>
  </binding>
 </axis>

1まず、<axis n="軸番号">に変更して、どの軸か指定します。
2軸の概要を<desc>タグと</desc>タグの間に書きます。(<desc>Ailone</desc>
3デッドバンドを設定したい場合、<dead-band>と<dead-band>の間の数字を変更します。<dead-band>0.1<dead-band>とか。
4<command>と</command>の間に、使いたいコマンドを書きます。コマンドは大体以下の通りです。(軸で使うのに適さない、という理由で省略したものもあります)
--property-scale:生のジョイスティックの出力を加工してプロパティの値にします。オプションは以下の通りです。
--優先順位はdead-band,offset,factorの順です。別の表現をすれば、cooked_value = (( raw_value > dead-band ) + offset) * factor となります
---<property>設定したいプロパティ</property>で設定したいプロパティを選択します。
---<offset>オフセット量</offset>で0点をいくらズラすかを設定します。
---<factor>倍率</factor>で0点をずらした場合に操作範囲を調整する時や、軸を反転したい場合に使います
--property-adjust:一度実行される毎に値をstepだけ増やします。
---<property>設定したいプロパティ</property>で設定したいプロパティを選択します。
---<step>一度の動作で増やす量</step>(負の数を指定するとstepだけ減らす事ができます)
--nasal:nasalスクリプトを実行します。
-全ての軸の設定が終わるまで、これを繰り返します。

(これより先はまだ書いていません。)
投票数:0 平均点:0.00
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし | 投稿日時 2009-3-29 19:50
sambar  長老 居住地: 岡山  投稿数: 484
こんばんわ。sambarです。

to toshiさん
とりあえず、toshiさんの先ほどの投稿と、私が先日から書いていた文書をあわせて、ジョイスティックの設定方法を新たに起こしました。

まだtoshiさんが書かれた部分の査読どころか、自分のやった部分でさえ書きたいのに書けていない部分がある、もちろん全体の整形も出来ていない、といった状態ですが・・・

#PS:そろそろ話題が翻訳から外れてきたので、「JPオリジナルドキュメント」の方に新規トピック立ててそこで議論できたら、と思います。
投票数:0 平均点:0.00
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし | 投稿日時 2009-7-3 23:16
sambar  長老 居住地: 岡山  投稿数: 484
FlightGearマニュアル/第8章の翻訳が終わりました。

ただ、元々翻訳していたtakehiroさんも私も翻訳に自信が無かったり、誤訳している部分が例によってあると思いますので、添削をお願いします。
投票数:0 平均点:0.00

  条件検索へ


 検索

高度な検索
 新しい登録ユーザ
DewaBola 2019-9-15
eradus 2019-9-15
anosyzit 2019-9-15
owilubyqo 2019-9-14
enyhivux 2019-9-13
rohit 2019-9-13
eurekapop 2019-9-13
almostafa 2019-9-13
iqepif 2019-9-13
epygupusy 2019-9-13
 最近の画像(画像付)
植生図を利用した北... (2019-6-16)
植生図を利用した北...
空が真っ暗に (2019-5-18)
空が真っ暗に
植生図を使用した富... (2019-4-15)
植生図を使用した富...
春の嵐METAR回復 (2019-2-23)
春の嵐METAR回復
FlightGear 2018.3.2... (2019-2-14)
FlightGear 2018.3.2...
Powered by XOOPS Cube 2.1© 2001-2006 XOOPS Cube Project
Theme designed by OCEAN-NET