logo
ホーム •  フォーラム •  日本語wikiトップ •  アカウント情報 •  サイト内検索 •  新規登録
 ログイン
ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録
 メインメニュー
 米国サイト
 オンライン状況
7 人のユーザが現在オンラインです。 (1 人のユーザが フォーラム を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 7

もっと...

Re: osm2cityの使い方

このトピックの投稿一覧へ

なし Re: osm2cityの使い方

msg# 1.7
depth:
1
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし | 投稿日時 2017-11-18 20:58 | 最終変更
radio01  常連   投稿数: 24
inomatyさんこんばんは

ubuntuを使っていながらbatファイルの事をよくわかっていませんでした。
おかげさまで拡張子が付いてない方を使うとうまく行きました
ありがとうございます

postgresqlデータベースへのアップデートもやっとの思いで無事完了し、Generating Elevation Dataのterrasyncでシーナリー取得も終わり、やっとbuild_tiles_db.pyを実行するだけだと思ったらpython3のモジュールが無いと言われ結局10〜20のモジュールをpipでインストールしました。

気を取り直しbuild_tiles_db.pyを実行するとずらーーっと出てくる中にタイルごとのelev.pklファイル(標高データ)が見つからないらしい表示が出るも完了して飛んでみると、札幌中心に設定したはずが南西の方向にある温泉街(定山渓周辺)に生成されてしまいました、一番都市部に近く生成されたのが手稲でした(お時間があれば検索してみてください)
案の定地下に生成されてました。

140.9_42.9_141.5_43.2(西_南_東_北) をboudaryに設定しましたがどうも実行すると大まかな座標に設定されるみたいでうまくログをコピーできたらここに載せます。

標高データも恐らくfgelevという実行ファイルが何かしら関係してくるはずなんですが、本家フォーラムでも実行されないとかメモリリーク等のバグがあるらしく、じっくり本家フォーラムを調べていこうと思います。
投票数:0 平均点:0.00

投稿ツリー

  条件検索へ


 検索

高度な検索
 新しい登録ユーザ
oxonuwum 2018-5-27
asufan 2018-5-27
abewaxu 2018-5-27
asudurog 2018-5-27
edozug 2018-5-27
uhimyw 2018-5-27
ehazudic 2018-5-27
avovice 2018-5-27
ywidas 2018-5-27
ufirykaf 2018-5-27
 最近の画像(画像付)
台北=羽田天測飛行 (2018-5-27)
台北=羽田天測飛行
「究極の天測技法」 (2018-5-18)
「究極の天測技法」
787のオートパイロッ... (2018-3-13)
787のオートパイロッ...
フロート改良テスト (2017-12-14)
フロート改良テスト
舞洲シーナリー改良 (2017-11-26)
舞洲シーナリー改良
Powered by XOOPS Cube 2.1© 2001-2006 XOOPS Cube Project
Theme designed by OCEAN-NET