logo
ホーム •  フォーラム •  日本語wikiトップ •  アカウント情報 •  サイト内検索 •  新規登録
 ログイン
ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録
 メインメニュー
 米国サイト
 オンライン状況
16 人のユーザが現在オンラインです。 (4 人のユーザが フォーラム を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 16

もっと...

Re: 植生図を利用したシーナリー製作

このトピックの投稿一覧へ

なし Re: 植生図を利用したシーナリー製作

msg# 1.10.1.1.1.1
depth:
5
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし | 投稿日時 2017-8-19 23:38
inomaty  長老   投稿数: 164
こんばんは。hideさん。
遅くなりましたが四国カスタムシーナリーをダウンロードしてUFOですがフラフラ飛んでみました。

瀬戸内海通って松山に向かったのですが小島がたくさん出来ており、せとうち SEAPLANESではないですがフロート付きの機体で適当に飛ぶのも楽しそうだと思いました。
松山空港のRNP ARアプローチにも挑戦してみたいと思います。素敵なシーナリーをありがとうございます。

さてvirt_flyさんのところで生じた問題ですが、どのファイルがどちらにあるか分かりませんが一部ファイルが関西シーナリーに入っているのではないかと思います。
四万十川の該当部分の境目が東経133度の線となっており、そこから西側が(1)、東側が(2)に入っているので、virt_flyさんの関西シーナリーフォルダにe132n〜やe133n〜というフォルダがあるために片方のみを読み込むと足りない部分が出るのではないかと思います。


GitHubでの公開の方ですがWebブラウザーにおいてGitHubのサイトから新規リポジトリ(New repository)を作成してからGitHubのアプリケーションなりコマンドプロンプトなりを使ってローカルファイルをアップロード(Add a local repository)する方法と、GitHubのアプリケーションなりコマンドプロンプトなりを使って新規リポジトリを作成と同時にローカルファイルのアップロードも行う(Create new repository)方法の2種類あります。関西の方は前者、仙台の方は後者で作った記憶がありますが大差無いかと思います。私のとこではデスクトップアプリケーション(GUI環境)が以前から使っている白地に紫色の猫のアイコンと紫地に白色の猫のアイコンの物があり、新しい紫地に白色のアイコンの方はもう一方と異なってリポジトリ作成時にライセンス付与も出来るようです。

--
OS:Win7 Pro 64bit
  Ubuntu14.04LTS
FG version:Win7:3.4,2017.3.1
      Ubuntu:2016.1.1,2016.2.0

投票数:0 平均点:0.00

投稿ツリー

  条件検索へ


 検索

高度な検索
 新しい登録ユーザ
yxitigyx 2019-5-24
onakiz 2019-5-24
atewys 2019-5-23
ubyduxuj 2019-5-23
yetozeb 2019-5-23
isijecy 2019-5-23
abovolizu 2019-5-23
quachcao28 2019-5-23
thethao10 2019-5-23
eripe 2019-5-23
 最近の画像(画像付)
空が真っ暗に (2019-5-18)
空が真っ暗に
植生図を使用した富... (2019-4-15)
植生図を使用した富...
春の嵐METAR回復 (2019-2-23)
春の嵐METAR回復
FlightGear 2018.3.2... (2019-2-14)
FlightGear 2018.3.2...
自作9機目 F-4EJ AD... (2018-12-25)
自作9機目 F-4EJ AD...
Powered by XOOPS Cube 2.1© 2001-2006 XOOPS Cube Project
Theme designed by OCEAN-NET