logo
ホーム •  フォーラム •  日本語wikiトップ •  アカウント情報 •  サイト内検索 •  新規登録
 ログイン
ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録
 メインメニュー
 米国サイト
 オンライン状況
24 人のユーザが現在オンラインです。 (5 人のユーザが フォーラム を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 24

もっと...

Re: 植生図を利用したシーナリー製作

このトピックの投稿一覧へ

なし Re: 植生図を利用したシーナリー製作

msg# 1.8.1.1.1.1.1.1.1.1.1.1.1.1
depth:
13
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿.1 | 投稿日時 2017-7-10 0:54 | 最終変更
hide  長老 居住地: 兵庫県  投稿数: 634
inomatyさん、hideです。
 ご多用の中、さっそくご回答ありがとうございました。小松島基地の件は、再度試してみます。またMaterialsの取り扱いについては、私が不注意で正しく理解していなかったところ、お書きになった文章などを精読し直してやっと正しい方法に気がついた、という意味です(^^)。さらにElevationタブのExtra options につきましては、toshiさんが本トピック2017-6-7 23:59の書き込みで指摘された、
     scenery 2.0: terrafit -m 50 -x 20000 -e 5 (最大ノード数20000、許容誤差5m)
 という設定を使っています。なお測地系はベクタレイヤの分割前に、WGS84に変換済みです。

 一方、二つのシーナリーの継ぎ目に生じたギャップですが、私の説明不足でした。以下に少し詳しくお伝えしますが、発生したのは上下方向ではなく水平(東西)方向の大きなすき間です。投稿画像でお目に掛けますが、東西に約250mの空白域が出来ています。画像の右手がinomatyさんの関西シーナリーの51523タイルの西端で、左が私の四国北部シーナリーの5152522タイルの東端です。UFOをホバリングさせて緯度経度を実測してみると、関西シーナリーの端は正確に東経134度45分00分、四国北部シーナリー東端が134度44分50秒くらいですので、これは四国北部シーナリーが短すぎるために生じたギャップです。

 まだ断面に注目しますと、関西シーナリーが、パイ皮を包丁で切ったように、鋭利な切断面になっているのに対し、四国北部シーナリー側はほぼ一様な傾斜の断崖が生成されているようです。私の想像ですが、これはもしかするとTerraGearの仕様で、シーナリーの生成指定範囲よりもシェープファイルの方が小さい場合、地形が途切れた断面にフタをするように、自動処理をしているのではないでしょうか。もしそうであれば、私のシーナリーの東端に、新たにシェープファイルをタイル1枚分追加すれば、ギャップが埋められると考えた次第です。修正は次の週末以降になってしまいそうですが、何とか解決したいものです。
 またGitのご案内ありがとうございました。これも、いずれは勉強しなくてはならないのでしょうね。

※7月10日2300時に追記:文中「関西シーナリーの51523タイル」は、「関西シーナリーの5152523タイル」の誤記でした、済みません。
投票数:0 平均点:0.00

投稿ツリー

  条件検索へ


 検索

高度な検索
 新しい登録ユーザ
iselitavu 2019-11-17
ucybaqiz 2019-11-17
odaqo 2019-11-16
evawudyl 2019-11-16
ymapub 2019-11-16
liamalger 2019-11-16
dentistry 2019-11-16
yfiga 2019-11-16
jesicawang 2019-11-16
qufuzuj 2019-11-16
 最近の画像(画像付)
植生図を利用した北... (2019-6-16)
植生図を利用した北...
空が真っ暗に (2019-5-18)
空が真っ暗に
植生図を使用した富... (2019-4-15)
植生図を使用した富...
春の嵐METAR回復 (2019-2-23)
春の嵐METAR回復
FlightGear 2018.3.2... (2019-2-14)
FlightGear 2018.3.2...
Powered by XOOPS Cube 2.1© 2001-2006 XOOPS Cube Project
Theme designed by OCEAN-NET