logo
ホーム •  フォーラム •  日本語wikiトップ •  アカウント情報 •  サイト内検索 •  新規登録
 ログイン
ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録
 メインメニュー
 米国サイト
 オンライン状況
13 人のユーザが現在オンラインです。 (1 人のユーザが フォーラム を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 13

もっと...

Re: Atlasの最新版を使うには?

このトピックの投稿一覧へ

なし Re: Atlasの最新版を使うには?

msg# 1.2.1
depth:
2
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿.1 | 投稿日時 2012-5-27 13:04 | 最終変更
hide  長老 居住地: 兵庫県  投稿数: 635
toshiさん、こんにちは。hideです。
 Atlas問題につきまして、さらに詳しい調査と丁寧な解説を、大変ありがとうございました。

 さっそくあれこれ、調べてみました。まず「terrasyncで取得したシーナリーファイル群に何らかの問題があるのかも」とのご指摘に従い、Terrasyncフォルダの内容を全部待避させ、またAtlasフォルダ(地図画像入れ)も別名の新規フォルダを製作。Terrasyncモードを使ってRJOOで起動する際、prefechを実行し、シーナリーが正常に取得されるのを確認して、これから新たなMapデータを生成したところ、正常な地図画像のjpegファイルが、正方形の画像で得られました。つまりご指摘の通り、以前取得したデータそのものに、何かおかしな点があったようです(だとすると、恐らくv240用のデータだったはずですが、或いは現行v260に適合しない形式なのでしょうか)。
 またテスト用に新設したAtlasフォルダ内に、atlas-11-all\src\data 以下にあるファイルとフォルダ(パレットデータや、バックグラウンドの全世界地図など)を追加したところ、正常にAtlasが起動できました。

 今回のテストでうまく働いたMap.batは次の通りです。(途中改行。地図画像は「Atlastest」内)
"C:\FlightGear\bin\Win32\Map.exe" "--fg-root=C:\FlightGear\data"
"--fg-scenery=D:\FlightGear\terrasync" "--atlas=D:\FlightGear\data\Atlastest"
pause (ちなみに、toshiさんが作られたものには --verbose という記述がありますが、あれは何をするためのオプションなのでしょうか)

 また、今回のテストで起動に成功したAtlas.batは、以下の通りです。
"C:\FlightGear\bin\Win32\Atlas.exe" "--atlas=D:\FlightGear\data\Atlastest"
"--fg-root=C:\FlightGear\data" "--fg-scenery=D:\FlightGear\terrasync"
--udp=5500 --airport=rjoo
pause
 ついでに、以前から正常に起動している、DL版データ用のAtlas.batもお目に掛けます。
"C:\FlightGear\bin\Win32\Atlas.exe" "--atlas=D:\FlightGear\data\Atlas2"
"--fg-root=C:\FlightGear\data" "--fg-scenery=D:\FlightGear\scenery"
--udp=5500 --airport=rjoo
pause

      ●

 それから、地図問題の2番目…「正方形と長方形の地図画像が生成される件」ですが。実はこれ大失敗でして、再確認したところ、RJOO付近の国内地図画像はすべて正方形でした。
 長方形(東西ピクセル数が、南北方向の半分)の画像は、昨年11月にUFOを使って一晩がかりの無人探査飛行を行い、Terrasyncモードで、北緯60度線沿いに北半球一周のシーナリーを取得した際のデータだと思われます。テスト用のフォルダをリネームしてやりくりする際に入り込み、絵柄が化けていたために、ファイル名まで確認せずに即断してしまいました。ですので、国内の同一地域で「2種類生成された」わけではありません。不正確なお話をしまして、申し訳ありませんでした。
 改めて調べたところ、Atlasは緯度によって、生成する地図画像の縦横比を変えていることが確認できました。地球の緯度の線は、どこを取ってもほぼ等間隔ですが、経度の線は高緯度になるほど間隔が狭くなります。なので、仮に全画像を正方形に作ってしまうと、東西方向の解像度が大幅に過剰になるからですね。最も解像度の高い地図画像が入っている「10」フォルダについて、以下に緯度別のサイズをご覧に入れます。
(フォルダ名が、2のべき乗を表すとは…まったく思い至りませんでした)(^^;)
   赤道付近〜e130n45.jpg 1024×1024
e130n46.jpg〜e130n69.jpg 512×1024
e130n70.jpg〜e130n79.jpg 256×1024
e130n80.jpg〜e130n82.jpg 128×1024
e130n83.jpg〜e130n84.jpg 256×1024
e130n85.jpg 128×1024
それより北〜 存在せず
 …北緯83〜84度で解像度が逆に増えているのは、恐らく東西方向について、画像の枚数を間引いているのでしょう。また極点付近にはテクスチャーがありませんが、かつて極地横断飛行をした時の記憶では、このあたりは氷原が消滅して、景色は海だけでした。残念ながら…本来は高い山脈がある南極でも同様です。

 もう一つ、Atlasのビルドに関するお話も、大変ありがとうございました。これは先日来、いずれ絶対に教えて頂かなくては…と思っていたテーマで、今の私の能力では、残念ながら直ちに役立てることは難しそうですが、遅かれ早かれ非常に貴重、かつ強力な資料になるものと楽しみにしております。
投票数:1 平均点:10.00

投稿ツリー

  条件検索へ


 検索

高度な検索
 新しい登録ユーザ
yniwex 2020-8-15
ewydeja 2020-8-15
vunege 2020-8-15
unyryqog 2020-8-15
bobydaraka 2020-8-15
virtualcor 2020-8-15
ypyganugo 2020-8-15
amycufaj 2020-8-15
ilolywo 2020-8-15
aqowyz 2020-8-15
 最近の画像(画像付)
あきづきに着艦訓練 (2020-5-24)
あきづきに着艦訓練
反映確認飛行 (2020-5-17)
反映確認飛行
AI艦船 護衛艦あき... (2020-5-16)
AI艦船 護衛艦あき...
コックピット内の謎... (2020-5-16)
コックピット内の謎...
FA-200に180ps仕様を... (2020-2-22)
FA-200に180ps仕様を...
Powered by XOOPS Cube 2.1© 2001-2006 XOOPS Cube Project
Theme designed by OCEAN-NET