logo
ホーム •  フォーラム •  日本語wikiトップ •  アカウント情報 •  サイト内検索 •  新規登録
 ログイン
ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録
 メインメニュー
 米国サイト
 オンライン状況
14 人のユーザが現在オンラインです。 (1 人のユーザが フォーラム を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 14

もっと...

Re: Atlasの最新版を使うには?

このトピックの投稿一覧へ

なし Re: Atlasの最新版を使うには?

msg# 1.1
depth:
1
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿.1 | 投稿日時 2012-5-7 23:56 | 最終変更
toshi  長老   投稿数: 1275
hideさん、こんばんは。
toshiです。

Geoff版Atlasを以下の手順で動作させることができました。
コンパイル済みバイナリが配布されていますので、自分でコンパイルする必要はありませんでした。

以下は、FlightGearのインストール先フォルダが
C:\Program Files\FlightGear
であるものとして記述しています。

1. ダウンロード
http://geoffmclane.com/fg/atlas-07.htm
より
2011/10/09 atlas-11-all.zip 38,425,606
をダウンロードする。

2. インストール
atlas-11-all\projects\msvc\bin 以下にある
Atlas.exe
AtlasD.exe
GetMap.exe
GetMapD.exe
Map.exe
MapD.exe
を、
C:\Program Files\FlightGear\bin\Win32
にコピーする。

また、atlas-11-all\src\data 以下にあるファイルとフォルダを
C:\Program Files\FlightGear\data\Atlas
以下にコピーする。

3. Map.exeの実行
cmd.exeを実行してコマンドプロンプト画面を開き、以下のコマンドを実行する。
※本例では動作確認のため、初期インストール済みシーナリーのフォルダのみを指定しています。

"C:\Program Files\FlightGear\bin\Win32\Map.exe" "--fg-root=C:\Program Files\FlightGear\data" "--fg-scenery=C:\Program Files\FlightGear\data\Scenery"

4. Atlas.exeの実行
cmd.exeを実行してコマンドプロンプト画面を開き、以下のコマンドを実行する。
※本例では動作確認のため、初期インストール済みシーナリーのフォルダのみを指定しています。

"C:\Program Files\FlightGear\bin\Win32\Atlas.exe" "--atlas=C:\Program Files\FlightGear\data\Atlas" "--fg-root=C:\Program Files\FlightGear\data" "--fg-scenery=C:\Program Files\FlightGear\data\Scenery" --udp=5500

以上の設定を行ってからFlightGearをKSFOで起動し、機体位置がAtlas上に表示されることを確認しました。
あまり深く調べていないので、より良いオプション設定があるかもしれませんので、いろいろ研究してみてください。

なお些細な問題ですが、Atlas実行時のコマンドプロンプト画面に
Airplane image file C:/FG/29/data/Atlas/airplane_image.png was not found.
というエラーが表示されます。
私の手順でインストールした場合、airplane_image.png ファイルはC:\Program Files\FlightGear\data\Atlas にあるのですが、Geoffの環境のフォルダから探そうとしてしまっているようです。
Atlasの起動オプションを何か追加すれば直るかもしれませんが、気にしなくても良いかもしれません。

また、Geoffの解説によると、Map.exeで生成する地図画像が変になることがあるようです。
私が生成したのはKSFO周辺のw122n37.jpgとw123n37.jpgの2つだけですが、特に問題はありませんでした。
もしうまく生成できない場合はグラフィックボードおよびドライバに依存する可能性があるかもしれません。
c.f. FlightGear Forum - Cannot generate maps.
http://www.flightgear.org/forums/viewtopic.php?f=31&t=14565

それから、atlas-11-all\projects\msvc の中には、atsetup.bat や runmap.bat、runatlas.bat といった、使いこなせば便利かもしれないバッチファイルが付属しています。
このうち、atsetup.bat と runatlas.bat は修正版が別途「atlas-11-bats.zip」として配布されています。
中身が複雑すぎてどこを修正すればよく分からないので、私は使いませんでしたが、runmap.bat には、htmlファイルを生成してブラウザで画像を見れる機能などもあるようです。
同じフォルダ内にreadmeファイルがいくつかあるので、読んでみると理解が深まるかもしれません。
投票数:5 平均点:6.00

投稿ツリー

  条件検索へ


 検索

高度な検索
 新しい登録ユーザ
vunege 2020-8-15
unyryqog 2020-8-15
bobydaraka 2020-8-15
virtualcor 2020-8-15
ypyganugo 2020-8-15
amycufaj 2020-8-15
ilolywo 2020-8-15
aqowyz 2020-8-15
kovofyro 2020-8-15
ylarodag 2020-8-15
 最近の画像(画像付)
あきづきに着艦訓練 (2020-5-24)
あきづきに着艦訓練
反映確認飛行 (2020-5-17)
反映確認飛行
AI艦船 護衛艦あき... (2020-5-16)
AI艦船 護衛艦あき...
コックピット内の謎... (2020-5-16)
コックピット内の謎...
FA-200に180ps仕様を... (2020-2-22)
FA-200に180ps仕様を...
Powered by XOOPS Cube 2.1© 2001-2006 XOOPS Cube Project
Theme designed by OCEAN-NET